« 人類にとっての水の歴史 | トップページ | 元気な赤ちゃんを産む野菜ジュース »

リンゴ人参ジュースはまさに「妊娠ジュース」

実を言いますと、我が家の洗濯機が故障してしまい、洗濯機を買い換えることにしました。広告の品ということで、洗濯機を格安で買ったのに、リサイクル料と運送費が加わって、格安感が消えてしまった。買い換えるんだから、リサイクル料は販売店とメーカーが負担すべきじゃないか? リサイクル店に持っていけば、売れてお金が貰えるのに、なんで消費者が負担しなくちゃいけないんだ?

うちは家電といえば、「日立」の家電だったのだ。これは俺の母親が日立の家電は性能もいいし、壊れにくいという理由から、日立の家電製品を買っていたのだ。母親なりに自分の生活から導き出した結論だったのだ。

ところが、引越した際に、「シャープ」製の洗濯機に買い換えたのだが、これが失敗だった。販売店の店員がシャープ製の洗濯機は性能が一番いいというので買ってしまったのだが、確かにシャープ製の洗濯機は他社の製品に比べて性能が一番いいのだ。だが、故障するのだ。何回かシャープに頼んで修理してもらい、騙し騙し使っていたが、遂に完全に故障してしまい、今回、日立製の洗濯機に買い換えることにした。実際に「日立」製の洗濯機を使ってみると、性能もいいし、頑丈で故障しにくそうだし、俺は満足している。

そういう点では、販売店の店員の意見よりも、生活から導き出した俺の母親の意見の方が正しかった訳だ。家電は単なる消耗品ではないのだ。家電は10年以上は使うのだ。だから、良く調べてから買った方がいい。

これは不妊症妻たちに提案しいたいんだけど、「主婦の目から見た家電製品のランク付け」って、作れないだろうか? このメーカーの家電製品は、性能がいいとか、壊れにくいとか、ファッション性に優れているとか、使いやすいとか、主婦の観点からランキング付けするのだ。これがあると物凄く便利だし、本とかにしたら、結構、売れるんじゃないかな。

さて、俺の洗濯機買い換え騒動が一件落着したが、不妊症患者たちは「人類はほとんど水を飲まない動物」という事実の紹介は、未だに騒動をもたらしていることだろう。

人間は「水」をほとんど飲まないのなら、どうやって水分補給をすればいいのか? それは「フルーツ」であり、「野菜」からだ。フルーツや野菜に含まれている「酵素水分」こそが、人類にとってもっとも相応しい「水分」なのだ。不妊症患者たちは、酵素水分が不足しているからこそ、不妊症に悩まされているのだ。適正量の酵素水分を補給していれば、水分過剰は解消され、体が活発に動くようになり、妊娠することができるようになるのだ。

人間がもっとも水分補給をしておかなくてはならない時間帯は、「朝食時」だ。睡眠時に500ml.の水分が失われ、更に起床後の小便で500ml.の水分が失われるからだ。そして、朝の排便で更に水分が失われる。そこで、朝食にはたっぷりと水分を補給しておかないと、水分不足に陥ってしまうし、今日これからの活動にも支障を来たすであろう。

そこで不妊症患者たちにお勧めしたいのが、「リンゴ人参ジュース」だ。リンゴ人参ジュースは人間にとって必要な栄養素がすべて含まれているし、不妊症を治す効果があり、妊娠を可能にさせるジュースなのだ。まさに、リンゴ人参ジュースは妊娠ジュースなのだ。

リンゴ人参ジュースの作り方は、まず、人参をぶつ切りにしてミキサーに入れ、水をコップは半分程度入れてミキサーを回す。その後、リンゴをぶつ切りにして皮ごとミキサーにかける。そして、その中にバナナを千切って入れてミキサーにかける。それをコップに移し変えて、そこにゴマ油を入れて、スプーンで掻き回せば出来上がりだ。

人参もリンゴもバナナも新鮮な方がいい。なぜ、ジューサーではなく、ミキサーかというと、ジューサーでは食物繊維が取れないからだ。食物繊維を大量に取っていれば便秘になどならないのだ。これで不妊症妻たちの多くが便秘気味という異常事態を一気に解消できるのだ。

人参はできるだけ葉つきのものを買い、葉は夕食時にサラダや炒め物にして食べればいいだろう。リンゴは糖度が高い高級なリンゴではなく、糖度の低い通常のリンゴでいいのだ。リンゴをデザートで食べるのではなく、あくまでも水分補給のためだからだ。農薬を使って大きくしたものよりも、無農薬の小さいリンゴの方がいいのだ。皮ごと食べるので、農薬を使われたら困るのだ。バナナを使うのは、リンゴ人参ジュースにバナナを入れると、ミルクセーキのようなまろやかさが出て来て、毎日飲めることができるのだ。しかも、朝食時にバナナを食べると、毎朝快便になるので、非常にありがたいのだ。

「ゴマ油」を入れるのは、ビタミンの中にはビタミンAのように油溶性のものがあるので、ビタミンの吸収をよくするために入れるのだ。ゴマ油に飽きたら、「シソ油」を入れてみるとか、「オリーブオイル」を入れてみるとかして、味にチャレンジしてみるといい。ただ、使っていい油は、「ゴマ油」「シソ油」「オリーブオイル」「ひまわり油」「紅花油」だけだ。これらの油は不妊症を治すのに効果がある油だからだ。

俺は毎朝、リンゴ人参ジュースをコップ2杯飲んでいる。俺はこのリンゴ人参ジュースを飲んで、医者が治せなかった慢性疲労症候群を治したのだ。不妊症患者にこのリンゴ人参ジュースを飲ませると、確実に不妊症が治り、妊娠してしまうのだ。ということは、慢性疲労症候群も不妊症も根は同じ病気なのだ。慢性疲労症候群と不妊症とでは、全然別の病気と思いがちだ。しかし、俺も不妊症患者たちも、「酵素水分」が圧倒的に不足していたのだ。酵素水分さえ手に入れば、病気は治っていくのだ。

酵素水分が体内に入ってくれば、体が正常に働き、体内の過剰な水分を排出して、水分過剰という人体の異常事態を解消させて、健康にさせてくれるのだ。人体が不健康な状態だからこそ、妊娠できなかったんであって、人体が健康な状態になれば、簡単に妊娠できるのだ。

|

« 人類にとっての水の歴史 | トップページ | 元気な赤ちゃんを産む野菜ジュース »

不妊治療」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。2度目の投稿です。それも本日午前中に投稿して、また投稿してしまいました・・・すみません。

午前中は、過去のブログの見方が分からず、もやもやしてたんですが、どうしても過去ブログが読みたくて頑張りました!

私、感動しました。人のために自分の知識を無料で開放されるタマティーさんを。本当にありがとうございます。どれだけの人がタマティーさんのおかげで救われたかわかりません。

今はこのブログまで読み進め、すごく納得でした。私も毎朝果物を食べてました。ただ、朝1で水(常温)を1杯飲んでからですが・・・・そして果物、ヨーグルト。それでもまだお腹がすいていれば何かを食べてました。フルーツを食べる習慣がなかったのですが、新しい病院で食べるように言われ始めました。

「人体が健康な状態になれば、簡単に妊娠できるのだ。」

このお言葉に本当に感銘を受けました。本当にそうですね。
先日妊娠した時(流産しましたが)は水泳もし、食事にも気をつけていました。美容師さんにも髪質が綺麗になったと言われ、体に良い変化がいたるところに表れていました(肌も綺麗になりました)。

それで1つ質問なのですが、ジュース以外は朝、摂取してはいけないのでしょうか?

お忙しいとは思いますが、教えていただけるとありがたいです


投稿: ちか | 2013年2月 8日 (金) 13時23分

今回、引っ越しのため大変なことになっているので、ちかさんだけに返答します。

ちかさん、精子がどうのこうの、卵子がどうのこうの言い出すのは、不妊症の女性たち特有の現象で、そうなってしまうと妊娠できないんだって!

病院での不妊治療は「短期決戦」のために、治療を開始してから2年後には急激に成功率が下がります。
排卵誘発剤のために卵巣がヘトヘトになってしまうんですよ。

今は不妊治療に焦るよりは、夫婦でのんびりと温泉にでも行った方がいいです。
不妊治療を受け続けてたために、自律神経が交感神経にシフトしっ放しなんですよ。
リラックスして、それを緩めてあげないと。
自宅の近くにスーパー銭湯とかあるなら、そこに行って汗を流し、体を温めることです。
毎日行かなくてもいいけど、週に1回か2回ぐらい行った方が妊娠する確率は高まりますよ。
とにかく体を温めることですよ。

朝食は和食でもいいです。
果物でお腹がいっぱいにならなければ、普通の和食でもいいんですよ。
ただ、その際は果物を食べて下さい。
パン食だと体を酸化させてしまうので、妊娠する確率は下がります、
それと糠床を作って下さいね。
発酵食品を食べると腸内環境が良くなり、それで良質の水分を補給でき、妊娠することが可能になるんです。

投稿: タマティー | 2013年2月 8日 (金) 18時18分

タマティー様

お忙しい中、本当にお返事ありがとうございます。

タマティーさんの心の温かさが身に染みました。ありがとうございます。

タマティーさんの過去の不妊関係ブログを五分の三ほど読みました。

なるほど~と思うことがいっぱいでした。今回妊娠に至ったのは、タマティーさんがおっしゃることを自然にやってました。

温泉も、私の住んでる県は沢山あって、月に2~3回主人と言ってました。

調味料も高いものを選んだり、料理酒も普通のお酒を使い、みりんもみりん風は嫌で避けてましたし、筋肉をつけたり、主人と一緒にウォーキングをしたりしてました。

それで思ったのが、妊娠って、偶然ではないんだなぁって事です。生活や食事、運動でかなりの確率まであげられるんだなぁと思いました。

流産したことが本当に悔やまれますが、何とかもう一度妊娠したいので、タマティーさんのおっしゃっていることを色々やってみようと思います。

私は主人が大好きで愛おしくてしかたないんです。
だから、やれることなんでもやってみます。

これからも質問をさせていただくと思いますが、どうかご指導いただけるとうれしいです。

よろしくお願いします。

質問ですが、私は自然妊娠できる確率はやはり低いでしょうか?やはり、しばらく休んで不妊治療をした方がよいでしょうか?

投稿: ちか | 2013年2月 8日 (金) 19時29分

タマティーさん、何度もすみません。

先ほどの私のメッセージは誤解されると思い再度書きます。

私は妊娠は神の領域だと思っています。授かりものだと。

ただ、赤ちゃんは元気なお母さんのところに行きたいと思うから、体を整え、健康的になると、赤ちゃんに会える確率が増える(妊娠)と思ってます。

決して人工的な事だと思っておりません。

気分を害されたらすみません。

投稿: ちか | 2013年2月 8日 (金) 19時43分

とっても参考になりました!
有難うございます。

投稿: 朝子 | 2013年4月 5日 (金) 08時35分

こんにちは。
ブログ読ませていただいてます。大変納得する点がたくさんあり、参考にしております。
ウォーキング、日中断食、できることからやっております。
一つ質問ですが、リンゴ人参ジュースは、リンゴと人参の量はどれくらいですか?量もしくは比率を教えてください。

投稿: もか | 2015年11月18日 (水) 08時14分

もかさん、有難うございます。
できる事からやってみて下さいね。
五郎丸ポーズみたいに、できる物はできます。

割合は自分の体が欲する物で異なります。
体が人参を欲している場合は人参の量を多くした方が美味しくなるし、リンゴを欲している時はリンゴの量を多くした方が美味しくなります。
但し人参の量が多いと、苦みが出て来てしまうので、或る程度は制限した方がいいです。

通常、リンゴ1個、人参1本、バナナ1本なんだけど、人参の量だけは微妙に調整する事が必要です。
リンゴも人参もバナナも出来不出来があるので、グラムがどうのこうの言い出すと、巧くないです。

投稿: タマティー | 2015年11月19日 (木) 05時50分

返信ありがとうございます! なるほど!個人で欲する物が変わってくるんですね!量を変えて試してみます!

タマティーさんのブログを見つけて感銘を受けました。

アルコール、食べ過ぎ、間食をやめ、朝は人参リンゴジュース、味噌汁とおかゆを摂り、1時間ウォーキング、日中断食、夜は野菜中心の食事にしたところ、ホントにみるみる体重が減っております。
身体に余分なものがたくさんあったんだなーと痛感しております。 
週末には2日間のファスティングもやろうと思ってます!
体質が改善して赤ちゃんが来てくれるといいなーと思います(^^)

投稿: もか | 2015年11月19日 (木) 11時02分

はじめまして。不妊治療をしていて、流産経験もありなかなか良い結果が出ず悩んでいる時に
タマティーさんのブログをみつけました。ほぼ、全部読ませていただき実践している事がたくさをあります。人参りんごジュースもほぼ毎日摂取しています。タマティーさんは果物の果糖は白砂糖とは違うので、摂取しても大丈夫だと仰ってますが、果糖のとりすぎは不妊に良くないという意見もたくさん聞きます。りんご一個、バナナ一本は多いのではないかと思いますが
1日に摂取していい果物の量はどの位が妥当なのでしょうか?私は、果物を控えていましたが、タマティーさんのブログを読んで多く取る様になりました。また、果物は午前中に取った方がいいのですか?時間帯はありますか?長くなりましたが、ご解答いただけますと光栄です。

投稿: Muffine | 2016年5月30日 (月) 15時34分

Muffineさん、リンゴ1個とバナナ1個を全部1人で取る訳ではなく、夫婦2人でって事ですよ。

果物は午前中取るといいです。

果物の内、甘すぎる物、例えば「夕張メロン」なんかは食べない方がいいです。
食っている内に、なんか甘すぎるな、ってのは、もう体が欲していないって事ですよ。

もしもMuffineさんの体温が低いのなら、りんご人参ジュースと共に、天日塩を使用したお味噌のお味噌汁も飲んだ方がいい。

酵素水分と塩分が充分にあれば、妊娠は可能になってきます。

投稿: タマティー | 2016年5月30日 (月) 17時14分

こんにちは。

このジュースを飲むと本当に便通がいいです。

ミキサーもあるし、これなら出来そうです(^-^)有難うございますm(_ _)m

投稿: ゆか | 2019年9月15日 (日) 16時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リンゴ人参ジュースはまさに「妊娠ジュース」:

» ■ 不妊で5年悩んだ私が、あっという間に大家族を持つ事ができた!【病院に行かなくても赤ちゃんができる魔法の妊娠術】 [情報商材紹介所,リンゴ人参ジュースはまさに「妊娠ジュース」]
女性心理と妊娠との関係は実に微妙なのです。「赤ちゃんはまだなの?」と言われただけで、傷つき、人間関係に亀裂が入る場合も少なくはありません。また、「赤ちゃんができないだけ」と思っている女性に対して「不妊」という言葉を使うだけでも案外傷つくものなのです。病院にも行っておらず、治療もしていない女性は決して自分を「不妊症」だとは思っていないのです。また、1回流産をした女性に対し、「ああ、不妊症ですね」と言った医師がいると嘆いていた人もいました。あなたは「不妊症」とは、病院へ行って治療...... [続きを読む]

受信: 2007年12月 5日 (水) 11時56分

« 人類にとっての水の歴史 | トップページ | 元気な赤ちゃんを産む野菜ジュース »