« 『CanCam』専属モデル「ペコポン蛯原」に宣戦布告! | トップページ | 血糖値を下げる酢漬けは、子宮の着床率を上げる »

薬害C型肝炎患者への最終激励文書

緊急トピックス:福田首相の薬害C型肝炎患者への議員立法による一律救済措置の政治的決定

いつもは《不妊治療のカテゴリー》でブログを書いているのだが、前回、薬害C型肝炎患者のために「薬害C型肝炎の治し方」を《医療のカテゴリー》で書いたので、今回、薬害C型肝炎訴訟が決着を見ることが明らかになったので、この問題の総括をさせていただく。

【福田首相の政治決断の評価】

福田首相は薬害C型肝炎訴訟の原告団との和解を拒否し、議員立法によって薬害C型肝炎患者を政治的救済すると決断した。この福田首相の決断は首相として最善の選択をしたので、大いに評価したい。薬害C型肝炎訴訟の原告団も薬害C型肝炎患者の一律救済を要求していたから、結果的には同じ結果じゃないかと思われるけれど、そうではないのだ。

裁判というものは、訴訟当事者同士で争われるものであって、判決や和解によって訴訟当事者同士の利害関係に決着をもたらすものである。それなのに、薬害C型肝炎訴訟の原告団は裁判に関係のない他の薬害C型肝炎患者まで救済を要求していたのだ。これは薬害C型肝炎訴訟の原告団が明らかに近代国家の司法制度といものをまったく理解していないのだ。法の支配を覆す無法者の言動なのだ。

だからこそ、政府はこれまで原告団の不当且つ不法な要求を拒否し、あくまでも原告団の救済に限定しようとしてきたのだ.。それゆえ、政府の対応は正しかったし、マスコミから批判を浴びた桝添厚生大臣の態度も正しいのである。

ただ、この薬害C型肝炎問題を長引かせることは、薬害C型肝炎患者たちへの治療が緊急性を要しているため、福田首相は政治的な見地から、原告団の不当且つ不法な要求を退けつつも、薬害C型肝炎患者への議員立法による一律救済に踏み切ったのである。福田首相の政治的決断は立派だし、正当に評価されていいのだ。

【一番悪いのは製薬会社】

今回の事件で一番悪いのは製薬会社なのである。今回の事件の発端となったのは、止血剤として使用されたフィブリノゲン製剤にあるのではなく、フィブリノゲン製剤にC型肝炎が混入している欠陥品を製造・販売した製薬会社の〈三菱ウェルファーマ株式会社〉と〈日本製株式会社〉が製造物責任を負うべきなのである。この事件で最も悪いのはこの2社なのである。〈三菱ウェルファーマ株式会社〉と〈日本製株式会社〉が全面的に非を認め、すべての責任を負わなかった所に、この裁判が長期化した原因があるのである。

二番目に悪いのは、このフィブリノゲン製剤に薬害が出ていると知りながら、この薬を使用した病院や医者たちに使用責任があるのだ。フィブリノゲン製剤に薬害が出ていると真っ先に製薬会社に報告していたのは、このフィブリノゲン製剤を使用した医者たちなのである。なぜ、この医者たちは製薬会社に薬害が発生していることを伝えたのに、肝心の患者たちにはこれが薬害であると伝えなかったのだろうか? この責任追及は大いに行われてしかるべきである。

三番目に来るのが政府の監督責任なのである。政府が製薬会社から薬害の報告を受けていたにも拘らず、適正な措置を取らなかったのである。ただ、これは「故意」ではなく「過失」であり、「作為」よりも「不作為」としての責任が追及されるべきものであって、製薬会社や病院や医者たちが引き起こした責任よりも遥かに低いものなのである。

それなのに薬害C型肝炎訴訟の原告団が、まるで政府が最も悪いかのような訴訟戦略を取ったがために、この裁判が長期化したのである。明らかにこれは原告団の戦略ミスなのである。責任を追及される側に、この事件で一番思い責任があるなら、裁判は迅速に決着するものなのである。それを最も責任の低い相手に重点を絞って攻撃したら、纏まる裁判も拗れまくるはずである。

今年発生した「船場吉兆」の食品偽装を思い出してみればいい。食品偽装をやったのは船場吉兆である。食品偽装は従業員が勝手にやったと嘘の会見を行ったのは船場吉兆の経営者たちである。それなのに、船場吉兆を通り越して、船場吉兆を監督する政府や地方自治体に責任があると追及してくるようなものである。悪いのは船場吉兆だろうが! 一番悪い奴の責任を追及せずに、他のものの責任を追及したら、追及される方だって「ふざけるな!」と思うのは当然なのである。

【西洋医学と薬害】

薬害C型肝炎患者のみならず、すべての日本国民が知っておくべきことは、西洋医学で使用される薬は人間にとって「毒」なのである、といことである。医学部や薬学部で使用される教科書には「薬は毒」とはっきりと書かれているのである。それなのに日本国民は漢方薬を飲む感じで西洋医学の薬を服用しているのである。漢方薬は基本的に薬草だから薬害が発生しないが、西洋医学の薬は毒である以上、薬害が発生するのは当然の出来事なのである。

西洋医学の薬は不純物を取り除いた薬なので、純粋物であるがゆえに効果が非常に強力であると同時に、非常に強力な副作用や薬害が出てくるのである。漢方薬のように不純物を大量に含んでいれば、効果は弱いが、副作用も弱く、薬害もないのである。しかも、西洋医学の薬は純粋物であるがゆえに、その製造過程で今回のC型肝炎が入り込む危険性があるのだ。

即ち、西洋医学では薬害が発生するのは予定されているのである。

【製薬会社の再犯可能性】

今回の事件の処理は、政府が製薬会社の尻拭いをしたようなものである。製薬会社は今回の事件で前面に出なかったし、責任の自覚も低いであろう。今後、この製薬会社は再犯を行う可能性は極めて高いであろう。

【マスコミの責任】

前回、このブログで薬害C型肝炎原告団の弁護人の鈴木利廣が実は厚生労働省に通じており、この裁判は八百長裁判だという情報にびっくりされた方も多いことであろう。なぜ、これほど大事なことが報道されなかったといえば、テレビ局が製薬会社からCMという形で口止め料を貰っていたからである。恐らく、製薬会社は早い段階でこの問題を政府に責任を擦り付けるという戦略を取っていたのであろう。

それゆえに、どこのテレビ局も製薬会社の責任を追及する報道をまったく取っていないのだ。これでよくジャーナリストを名乗れるよ。「ペンは剣よりも強し」といいながら、日本のマスコミは戦前は軍部に屈服し、戦後は大企業に屈服している。

今回の事件で最も罪が重いのは、「表現の自由」を標榜しながら、「表現の自由」を悪魔に売り渡したマスコミにあるのかもしれない。

【薬害C型肝炎の治療法】

最後に薬害C型肝炎患者にC型肝炎の治療法を教えておく。C型肝炎は病院で行われる治療ではまず治らない病気なのだ。インターフェロンを使用されれば、更なる薬害を引き起こすことになるのだ。しかし、C型肝炎は治せない病気ではないのだ。

まずは、「体を温めることだ」。朝は42℃以上の熱い朝風呂に入って汗を流し、夜は39℃ぐらいの風呂に入って体を温めるのである。スポーツをして汗を流し、体温を上げるのである。赤ワインを熱燗にして飲み、体を温めるのである。

次に「肝臓を鍛える」のである。肝臓を鍛える食材である「レバー」や「インゲン豆」を食べるのである。「黒酢」をお湯で薄めて飲み、肝臓の機能を向上させていけばいいのである。ドクダミ茶を朝食と夕食の後に飲んで解毒を助けてあげるのである。

第三に「便秘をしないようにする」ことである。便秘こそが最も肝臓の機能を衰えさせるから、便秘にならないように、日々快便に心掛けるのである。便秘解消の仕方は、毎日、朝食時に「バナナ」を食べるのである。できれば3本ぐらい食べると、確実に快便になるのだ。排便は起床後に1回と、朝食後にもう1回する。出ない時は浣腸器を使って強制的に排便させる。こういうことをしていくと、C型肝炎は簡単に治ってしまうのだ。

最後に、薬害C型肝炎患者のみなさんの現在の状況は厳しいものだが、自分の心の中で憎しみの炎を燃やすより、一刻も早くC型肝炎を治して健康な生活を送れるようになることの方が先決です。自分の苦しみを嘆くより、自分が幸せのために動くことの方が大事です。

それでは! 俺はあなたがたのC型肝炎が完治することを祈ってます。

|

« 『CanCam』専属モデル「ペコポン蛯原」に宣戦布告! | トップページ | 血糖値を下げる酢漬けは、子宮の着床率を上げる »

医療」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 薬害C型肝炎患者への最終激励文書:

» 田場隆司■自然妊娠を貴方に!幸運な皆様!! [妊娠術]
沖縄で [続きを読む]

受信: 2007年12月25日 (火) 02時59分

» 強度近視(近眼)改善 [,薬害C型肝炎患者への最終激励]
いろんなブログがあって楽しいです! [続きを読む]

受信: 2007年12月25日 (火) 16時47分

« 『CanCam』専属モデル「ペコポン蛯原」に宣戦布告! | トップページ | 血糖値を下げる酢漬けは、子宮の着床率を上げる »