« 妊娠をもたらす珈琲の飲み方 | トップページ | ウォーキングは子作りの始まり »

不妊をもたらす危険な水

おじゃる丸糖尿病疑惑発覚!

おじゃる丸とは、NHK教育テレビで放送中の子供向けアニメ番組の主人公。おじゃる丸は毎日1個のプリンを食べ、碌な運動をせず、ほとんど座りっぱなしで、感情がキレやすく、お風呂が嫌い。まさに糖尿病患者の生活そのものである! 

中高年が糖尿病になるのはまだしも、子供が糖尿病になるなんて昔では考えられなかったが、今では、それが社会問題化するくらい当たり前の現象になってしまった。子供達は、外で遊ばず、家の中でテレビゲームに耽り、食べ物の好き嫌いが激しく、甘いお菓子をたくさん食べ、清涼飲料水をガブ飲みしている。子供がこんな生活をしいていれば、当然に糖尿病になることだろう。

清涼飲料水は糖尿病をもたらす危険な水なのだが、不妊症患者たちにとっても不妊をもたらす危険な水なのである。白砂糖が入っていて高血糖にしてしまい、保存料という食品添加物が入っていて肝臓にダメージを与え、ビタミンやミネラルがほとんど入っていないという人体が排出困難な重たい水なのである。清涼飲料水は成分上ただでさえ体を冷やすのに、それを冷やして売っている訳だから、余計に体を冷やしてしまうのだ。清涼飲料水をガブ飲みしていれば、当然に不妊症になってしまうのだ。

清涼飲料水の中でも最も危険なのが、「コカコーラ」である。コカコーラは物凄く甘いので確実に糖尿病になってしまうし、コカコーラを飲むたびにカルシウムを奪って骨を脆くしてしまうので妊娠が不能になってしまうのだ。コカコーラの販売量の増加と、糖尿病患者や不妊症患者の増加がピタリと一致しているのからみても、コカコーラが人間にとっていかに危険な水なのかは理解できるはずだ。不妊症患者にとってコカコーラは「悪魔の水」なのである。

コカコーラを始めとして清涼飲料水がこれほどまでに危険なのだから、テレビで批判されて然るべきではないかと思うのだが、コカコーラ社を始めとして清涼飲料水を製造している各社のテレビCMによってテレビ局はお金を貰っている以上、清涼飲料水の危険性などテレビでは絶対に放送されないのだ。テレビCMは「商品の広告」であると共に、「テレビ局への口止め料」でもあるのだ。

不妊症患者にとって清涼飲料水と共に危険なのが、「ミネラルウォーター」である。医者たちは「ミネラルウォーター」が健康にいいというが、「ミネラルウォーター」が健康に良いなどまったくの嘘である。人間はほとんど水を飲めない動物である以上、水をそのまま飲むということはほとんどしないのだ。飲んでいいのは、起床後に飲む1杯の水だけである。水はそのまま飲むと体を冷やすので、下剤としての効果を利用するのである。

我々は人間は水を飲むものだということを思い込まされている。例えば、テレビ番組でレポーターが山間部に行き、そこで天然の湧き水を見つけ、「うまい!」とゴクゴクと飲んでいるシーンを見て、視聴者もその行為を真似て水をガブ飲みしてしまうのだ。ただ現実をはっきりと言わしてもらえば、天然の湧き水を飲んでいるのは余所者だけで、その山間部に住んでいる住人たちは湧き水を飲まずに、お茶を飲んでいるのだ。嘘だと思うなら、その民家を訪れてみればいい。そこの主人はお客にお茶を出してくれることだろう。

人間が水をそのまま飲むと、酵素やビタミンやミネラルが圧倒的に不足しているがゆえに、腎臓に強烈な負担をかけてしまい、排出が困難になってしまうのだ。「水太り」という言葉もあるくらいで、水を大量に飲むと太ってしまうのだ。ミネラルウォーターを飲む人は小便が良く出るようになったから健康だと思っているが、ミネラルウォーターを飲むと体を冷やしてしまうので、体が強制的に水分を排出して体温の低下を防いでいるだけなのだ。だから、ミネラルウォーターを飲んだ後の小便は、通常の小便と違って無色透明なのである。強制的に排出したがゆえに、老廃物をほとんど含んでいないのだ。小便が出たからといっても、老廃物が体内に蓄積される異常な状態になっていくのだ。

これは老人たちがかかる「夜間頻尿症」と同じ現象で、強制的に尿を出して体を温めているだけなのだ。老人たちは加齢による体温低下であるが、ミネラルウォーターを飲む人たちは加齢ではなく、ミネラルウォーターを飲むことによっての体温低下である。不妊症患者たちがミネラルウォーターをガブ飲みしていれば、体温は低下するし、子宮は機能が低下するし、水分過剰でまともな羊水が作れなくなって、妊娠が不可能になってしまうのだ。

清涼飲料水とミネラルウォーターと続いて、「牛乳」も不妊症患者たちにとって危険な水である。牛乳は清涼飲料水やミネラルウォーターよりも遥かにましな飲み物であるが、牛乳はこの世の飲み物の中で最も体を冷やす飲み物なのである。しかも、ただでさえ冷える飲み物を冷蔵庫で冷やして飲むのである。これ以上、危険な飲み方はないであろう。

牛乳は栄養的に最もバランスの取れた理想的な飲み物である。それゆえ、人間が満2歳以降から満19歳という成長期には必要なのである、しかし、成長から成熟に変わってからは不必要になる飲み物なのである。成熟期に入ると、牛乳を分解する酵素が急激に減少してしまうからだ。牛乳は子供の頃には飲めても、大人になってからは飲めない飲み物になってしまうのだ。

だから、満19歳を過ぎたら牛乳を飲むのをやめて、バターやチーズやユーグルトにして食べるのである。牛乳を分解する酵素が減少した大人でも食べられるように加工するのだ。但し、チーズは乳化剤の入っているプロセスチーズではなく、ナチュラルチーズだ。ヨーグルトも市販されているものではなく、自宅で生乳から発酵させたヨーグルトだ。牛乳を飲む訳ではないので、殺菌処理する必要はなく、生乳でいいのだ。最近、生乳も売られるようになってきたので、自宅でヨーグルトを作ってみると楽しいのでやってみるのもいいだろう。

妊娠中はお酒を飲むことは禁じられるが、かといって不妊症患者にもお酒を飲むことを禁じるのは過酷であろう。人間は通常の生活でお酒を飲むべきではないが、祝い事がある時はどうしても飲まざるを得ない。そういう時に飲んでいいのは「醸造酒」だけだ。不妊症患者なら「赤ワイン」がいいだろう。赤ワインは体を温める効果があるからだ。赤ワインは必ずコルクつきのものにすること。キャップ式のものは酸化防止剤として亜硫酸塩が使用されているからだ。この亜硫酸塩は小児性白血病の原因になるからだ。「リンゴ酒」にも体を温める効果があるので、飲んでいいだろう。日本酒は「玄米酒」のみで、必ず熱燗にすること。玄米酒は成分表示をちゃんと見て、玄米と米麹のみから作られたものを選ぶことだ。

不妊症患者たちが絶対に飲んではならないお酒は「蒸留酒」だ。蒸留酒は揮発させてアルコール分を集めた危険なお酒であり、溶解酸素が含まれていない沸騰水分だからだ。蒸留酒を飲むと、体内の酸素が欠乏して人体の機能が急激に低下して、しかも、人体からの排出が困難になるのだ。だから、蒸留酒を飲んで健康な人など一人もいない。蒸留酒を飲んでいれば遅かれ早かれ、脳卒中や心筋梗塞や癌に犯されることになるであろう。不妊症患者が蒸留酒を飲めば、ますます妊娠が不可能になるのは火を見るよりも明らかだ。

不妊症患者のみならず人間たちは危険な水を飲まないことだ。「リンゴ人参ジュース」や「野菜ジュース」や「緑茶」や「紅茶」や「ハーブティー」や「珈琲」を飲んで、体内の水分をクリーンにし、適正水分値にして、健康を保つことだ。人間はほとんど水を飲まない動物であることを認識して、水分摂取の基本は「フルーツ」と「野菜」で水分を取るということを決して忘れないことだ。

「清涼飲料水」をガブ飲みし、「ミネラルウォーター」をガブ飲みし、「牛乳」をガブ飲みし、「蒸留酒」をガブ飲みして、病気から逃れようとするのは無理な注文なのである。人間が人間にとって不自然なことをやっていれば、確実に病気になるのである。不妊症患者たちが不妊症で苦しむのも、不妊症患者たちの体が不自然な状態にあるからなのである。その人体の不自然な状態を解消せずに、薬物や人工授精や体外受精で不妊症を治そうというのは、無理な注文なのである。

今、不妊症患者に必要なものは排卵誘発剤ではないのだ。自分の体が不自然にあるということを認識することなのである。自分の体が不自然だから「赤ちゃん」ができないのである。

|

« 妊娠をもたらす珈琲の飲み方 | トップページ | ウォーキングは子作りの始まり »

不妊治療」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 不妊をもたらす危険な水:

» 【新商品】アルティンゼロの詳しい商品情報 [【新商品】アルティンゼロはアルコール分解薬品です!]
【新商品】アルティンゼロの詳しい商品情報 商品名 アルティンゼロ 内容量 20g×1袋×20 【原材料】 植物抽出物(アロエベラゲル、緑茶エキス、ヨムギエキス、アスパラガスエキス、グアバエキス、松葉エキス、梅エキス、金銀花、等)サイクロデキストリン、フラクトオリゴ糖、クエン酸、葉酸、増粘剤(キサンタンガム)、保存料(安息香酸ナトリウム)、甘味... [続きを読む]

受信: 2007年12月17日 (月) 18時08分

« 妊娠をもたらす珈琲の飲み方 | トップページ | ウォーキングは子作りの始まり »