« 精子増強アミノ酸「アルギニン」 | トップページ | 受精能力改善ミネラル「セレン」 »

衝撃の暴露ネタスクープ:「インターフェロンは大半のC型肝炎には効かなった!」

俺が先日、薬害C型肝炎被害者のために、このブログで「C型肝炎の治療法」を紹介したのだが、こともあろうに、名無しの医者が俺のブログに無礼きわまりないコメントを寄せてきたのだ。俺はこの医者の卑劣な行為に激怒している! 俺は薬害C型肝炎被害者を救済するために、その治療法を公開したのに、その医者は俺に罵詈雑言を浴びせたのだ! 今回、俺はその報復措置として、医者たちが行っている「C型肝炎治療の秘密」を暴露してやる!

【実はC型肝炎患者の75%には効果がないインターフェロン】

C型肝炎は、「輸血」「血液製剤」「人工透析」などでC型肝炎ウィルスに感染した病気で、「医者」「製薬会社」「日本赤十字社」が引き起こした「医療公害」である。C型肝炎は感染力が非常に弱く、通常の人間の生活では感染しない。C型肝炎の症状それ自体は弱いが、「慢性肝炎」→「肝硬変」→「肝臓癌」へと80%の確率で移行する恐ろしいウィルスである。

しかし、肝炎を発症してから「10年」で慢性肝炎に移行し、慢性肝炎を発症してから「10年」で肝硬変に移行し、肝硬変を発症してから「10年」で肝臓癌に移行する。C型肝炎ウィルスの症状の進行は非常に遅いのである。だから、C型肝炎患者に対して即座に治療を開始する必要性はないのである。

C型肝炎ウィルスには、「1a」「1b」「2a」「2b」の4種類がある。「1a」の患者は僅少で、「1b」の患者が75%、「2a」の患者が25%、「2b」の患者は少数である。

C型肝炎の唯一の治療薬であるインターフェロンは、C型肝炎の患者が肝硬変になり、しかも、5年以内に肝臓癌になる人のみ投与すべき薬である。それゆえ、C型肝炎患者だからといって、やみくもに投与すべき薬ではないのである。

しかも、インターフェロンが効くのは、C型肝炎の患者でも「2a」「2b」の患者のみであって、「1a」「1b」の患者には効果がない。要は、C型肝炎患者の25%にしか、インターフェロンは効果がないということである。

インターフェロンの副作用は、主に「発熱」であり、その他「鬱状態」「甲状腺機能異常」「脱毛」である。インターフェロンは人間を極度の鬱状態にさせるので、実際に治療を受けたC型肝炎患者の中には自殺者が出ている。

インターフェロンの有効率は最大で30%程度で、C型肝炎ウィルスの30%を駆除できる。しかし、C型肝炎ウィルスは投与後、僅か3日で回復してくるという強い復元力を持っている。そのため1回では完治できないので、3年~4年間にわたって長期間投与され続ける。現場の医者たちは「まるでゲリラ戦のようだ」といっている。

インターフェロンが効く「2a」「2b」の患者でも、完治できるのは「25%」しかなく、肝臓癌への進行を止めた状態が「40%」で、効果がなかったのは「35%」と、粗悪な薬なのである。

【「インターフェロンは肝臓癌に効く」って?】

C型肝炎治療を行っている医者たちが、ブログなどで「インターフェロンは肝臓癌に効く」と言っているが、インターフェロンはそもそも肝臓癌への移行を阻止するために、非常手段として使用している薬なのである。医者たちはスタート地点から完全に間違っているのである。

C型肝炎治療を行っている医者たちは、インターフェロンについての基本的な知識を欠いているのだ。

【「病院経営改善のためにインターフェロンを使いましょう」って?】

インターフェロン使用の最大の問題点は、C型肝炎の「1a」「2b」の患者に効果がないのに、医者たちは患者の医学的無知をいいことに、インターフェロンを投与していることなのである。

或る医者がブログで「病院経営改善のためにインターフェロンを使いましょう」と、他の医者たちに呼びかけていたが、こんなことは言語道断である。

インターフェロンの実際の病院での使用は、病院の金儲けのために使用されているのである。

インターフェロンは抗癌剤と違って、副作用が凄まじいものではなく、しかも、C型肝炎患者は癌患者のようにすぐ死ぬのではなく、かなり長生きをしてくれるので、病院にとってはいいカモなのである。

C型肝炎患者は肝炎を発症してから30年間は生き続けるから、病院にとってはビッグビジネスなのである。

インターフェロンは抗癌剤についで現れた新しい金脈なのだ。

【完治後の後遺症の問題点】

インターフェロンはC型肝炎患者の「2a」「2b」の患者の25%しか治せないが、インターフェロンでC型肝炎を完治させても、患者に「鬱状態」や「無気力状態」という後遺症が長期間にわたって続くのである。

鬱状態や無気力状態になってしまえば、C型肝炎を完治させても、他の病気を発症させる可能性が非常に高いのだ。

【基礎体温と高温期】

肝炎は本来は男性がかかる病気なのである。働いている男性の「暴飲暴食」や「寒すぎる冷房」や「運動不足」がたたって、そういう状況で病院で治療を受けた際に、病院内でC型肝炎に感染してしまい、そして肝臓癌になってしまうのである。

女性には生理があるので、基礎体温が「36.5℃」ある女性の場合、高温期には「36.8℃」になるから、たとえC型肝炎ウィルスに感染しても、肝臓がC型肝炎を撃退するか、または進行を停止させるのである。

肝臓は高体温になると活発に活動してC型肝炎ウィルスを撃退するが、低体温になると肝臓の機能が低下し始め、C型肝炎ウィルスの餌食になるのである。

女性は閉経すると体温が急激に下がるので、それでC型肝炎が急激に悪化するのである。今回の薬害C型肝炎事件で問題なのは、薬害被害者たちが閉経しているからなのである。

薬害被害者たちの基礎体温は、おそらく「36.5℃」はないはずである。それなのに、薬害C型肝炎被害者の政治的救済を求めて、この冬の寒さの中でデモ行進をするというのは自殺行為に等しいのだ。

【生活改善型療法のC型肝炎治療法】

だから、C型肝炎の治療の基本は「体温を上げること」である。基礎体温を「36.5℃」に戻すことなのである。

まずは「ウォーキング」。1日1時間以上散歩して、体を温めるのである。ウォーキングは血行を良くし、肝臓の機能を向上させるのだ。

次に「風呂」。朝に42℃以上の風呂に入り、夜は39℃の風呂に入り、体を温めるのである。この入浴法だと朝風呂で交感神経にシフトし、夜風呂で副交感神経にシフトさせるので、免疫力を最大限に引き出せ、C型肝炎ウィルスを撃退させるのだ。

そして「熱燗のワイン」。この熱燗のワインは名無しの医者から槍玉に挙げられたが、女性が生理の高温期で「36.8℃」になる以上、体温をその体温にさせるためには、体を温める効果のあるワインを熱燗にして飲ますのが効果的なのである。

できれば「サウナ」。体を温めるには風呂がいいが、体温を上げるにはサウナの方が効果がある。

閉経後の女性は太りやすいので「便秘解消」も必要である。毎朝「バナナ」を3本食べると、翌日には排便がスムーズに行く。排便は習慣性があるので、必ず毎朝排便をすること。

食事は朝食にフルーツや穀物をしっかりと取り、夕食の炭水化物の摂取を禁止させる。こうすると、肝臓からグリコーゲンが大量に放出され、肝臓の機能が最大化するのだ。夕食後の時点で血糖値を「60±5」の範囲に留めさせると、C型肝炎ウィルスも癌細胞もピタリと活動を止めることが解っているのだ。後はC型肝炎ウィルスを白血球に撃退してもらえばいいのである。

その上で「肝臓を鍛える」のである。肝臓を鍛える食材である「レバー」や「インゲン豆」や「緑色野菜」を食べるのである。「黒酢」をお湯で薄めて飲み、肝臓の機能を向上させていけばいいのである。

それから、肝臓に負担となる「食品添加物」を徹底的に除去する。

体を冷やす「砂糖」や「清涼飲料水」や「ビール」は絶対に禁止だ。

C型肝炎治療でもっとも注目すべき点は、「体温」と「血糖値」なのである。

【石原クリニックでの成功例】

日本で唯一、C型肝炎を完治させている医師である石原結實医師も、基本的には俺と同じ治療法でC型肝炎を完治させている。

石原クリニックではC型肝炎患者に「プチ断食」に「ウォーキング」に「風呂」に入らせてC型肝炎を治している。食事を減らし、運動させ、体温を上げさせると、C型肝炎は簡単に治るのだ。

【癌ワクチンの転用での成功例】

日本では日本医師会の反対により「癌ワクチン」の使用が認められていないが、今回、癌ワクチンがC型肝炎に効くかアメリカの医者に確かめたところ、「癌に効くのだから、C型肝炎に効くのは当たり前だろう!」とのことである。

しかし、癌ワクチンは国民健康保険の適用を受けないので、数百万円の費用がかかるのだ。

【薬害被害者への最後のアドバイス】

薬害被害者たちに最後のアドバイスをしておくが、医者たちは薬害被害者たちの医学的無知をいいことに、あなたがたの体を使って金儲けをするつもりである。インターフェロンは75%のC型肝炎の患者には効果がない薬なのである。しかも、残りの25%の患者も肝硬変になって5年経過しない限り、まったく不必要な薬なのである。

薬害被害者たちにC型肝炎を感染させたのは「医者」「製薬会社」「日本赤十字社」であり、その薬害被害者たちに効きもしないC型肝炎治療を行うのも「医者」「製薬会社」「日本赤十字社」なのである。

薬害被害者たちへの「医療公害」は死ぬまで続くのである。

最後に! 俺のアドバイスが薬害被害者たちに届きますように! C型肝炎は簡単に治る病気ですよ!

|

« 精子増強アミノ酸「アルギニン」 | トップページ | 受精能力改善ミネラル「セレン」 »

医療」カテゴリの記事

コメント

わたしの場合は、1b、ウイルス量7Mil,発症後35年たっていましたが72週間のペグリバ治療でめでたくSVRを得ました。このような例も多々あるようです。但し、副作用は想像を絶するほどひどいものでした。

投稿: 漣 権太 | 2010年11月 8日 (月) 12時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 衝撃の暴露ネタスクープ:「インターフェロンは大半のC型肝炎には効かなった!」:

« 精子増強アミノ酸「アルギニン」 | トップページ | 受精能力改善ミネラル「セレン」 »