« 「黒酢」の恐るべきパワー | トップページ | 三種の「醤油」を揃えると、妊娠が可能な食事を作ることができるようになる »

不妊症を治す「味噌汁」の作り方

ペコポン蛯原が進めている『人類冷え症化計画』。この計画の実行によって、着々と人類に「冷え性」に感染した人々が急増中である。この中に『CanCam』専属モデルのピンキー西山茉希がいる。ピンキー西山茉希は、今年も冷え症に悩まされまくっている。ペコポン蛯原の魔力に犯される人々はすべて冷え症になってしまうのだ。

ファッションモデルの仕事というのは、朝が早く、特に『CanCam』では「午前6時スタート」というのが多いのだ。この真冬に午前6時スタートといのは、メッチャ寒い。しかも、ファッション誌の撮影は季節がずれているので、冬に春物の撮影を行うのである。真冬の寒空の中で、春服を着て、にこやかな笑顔で撮影すれば、当然、冷え性になっていく。

だったら、ちゃんと冷え性対策をしているのかといと、そうではなく、大抵が、カイロを張るとか、家に帰って熱い風呂に入るとかいう程度なのである。これではその日の冷えが取れても、冷え性は治らない。

かくて、『CanCam』専属モデルたちは、「冷え性」という職業病に侵されてしまったのである。

恐るべし!ペコポン蛯原!!

とかいいつつも、俺も今年は冷え症に罹ってしまったのだが、これはブログを遣り始めたために、パソコンの電磁波で冷え症になってしまったためだ。そのため、この冬は湯タンポを使って冷え性を治したのだ。

俺がこれまで冷え性に罹らなかったのも、毎朝、必ずといっていいほど、「味噌汁」を飲んでいたからだ。味噌汁は体を非常に温めるので、冷え性とは無縁の体になるのだ。

冷え性に罹るファッションモデルたちは、必ずといっていいほど、朝食で「味噌汁」を飲んでいないのだ。体を味噌汁で温めていないのに、冬空の中で薄着をさせられれば、冷え性になって当然だろう。

味噌汁の効果は、体を温めるだけではない。

味噌は大豆を発酵させているので、ただでさえ大豆が知能を上げる効果があるのに、それを更に発酵させるので、知能を上げる効果は倍増するのだ。日本人の知能が高いのは味噌のお蔭なのだ。

しかも、味噌は女性ホルモンと似たような成分が含まれているので、肌は艶々で美しくなっていくのだ。日本人女性の肌の美しさは、毎朝、味噌汁を飲んでいるからなのだ。

味噌には、「米味噌」「麦味噌」「豆味噌」の三種類がある。

米味噌が日本の味噌の主流で、麦味噌は九州や愛媛県や山口県や広島県、豆味噌は愛知県と三重県で食べられている。

米味噌は甘くなるが、主食がお米の場合、血糖値を上げ過ぎてしまう傾向があるので、余り好ましいものではないのだ。甘いので美味しいのではあるが。米味噌で味噌汁を飲むときは、パンや麺など小麦系の主食を食べよう。

麦味噌は、麦が入っているので、血糖値を上げすぎなくてすみ、しかも、麦の効果によって、合理的に物事を考えることができるようになるのだ。明治維新を引き起こした薩摩藩と長州藩の人たちは麦味噌を食べていたし、福岡県や広島県は芸能人が大量に排出している地域だ。ペコポン星で生まれたペコポン蛯原も、宮崎県で育っているのだ。

豆味噌は、愛知県と三重県で食べられているが、なんといっても、織田信長や豊臣秀吉や徳川家康といった戦国時代の覇者たちが出てきた所であり、豆味噌は知能をより高める効果が実証されているのだ。現在でも、女子フィギュアスケートは名古屋出身の者たちが多いいのは、豆味噌のお蔭であろう。

味噌を買う時は、必ず原材料の表示を見て、食品添加物が入っていたら買わないことだ。「調味料(アミノ酸)」とか、「酸化防止剤」「保存料」とかが入っていたら、インチキ味噌だ。味噌はそもそも調味料なので、「化学調味料」が添加されることが異常なのだ。「酸化防止剤」や「保存料」も、味噌が発酵食品で腐らないものだたと解れば、こういうものが入っている味噌は、インチキ味噌だというのが理解できるだろう。

味噌に使われている塩も、天日塩と表示されているものを買おう。「塩」と表記されているものは、「化学塩」だから、腎臓に大きな負担をかけてしまうのだ。

味噌は自家製でも充分に美味しいオリジナルな味噌が作れるので、自宅で作ってみよう。「大豆」と「麹」と「天日塩」を、市場か問屋で買ってきて、自宅で作るのだ。手前味噌は意外と簡単に作れるので、お勧めだ。発酵期間は6ヶ月程度。豆味噌は2年以上、発酵させると、より美味しくなる。

既婚女性たちでグループを作って、大量に大豆や麹や天日塩を仕入れて、公民館やお料理教室を借りて、味噌を作るのも、非常に楽しいので、お勧めする。味噌作りを通じて、一気に仲良くなれるはずだ。

味噌汁を作る時は、ダシに鰹節や煮干しや昆布を使うのもいいが、不妊症妻たちが不妊症を治すためには、ダシに「豚骨」や「鶏ガラ」を使用することをお勧めする。

人間は進化の過程で、骨から骨髄を取り出して食べて、脳を大きくしていったのだが、現代人はこの骨髄の摂取量が少なすぎるからだ。

そこで、味噌汁のダシに「豚骨」や「鶏ガラ」を使って、骨髄を摂取するのだ。

これをやると、味噌味の味は、味噌味の豚骨ラーメンや味噌ラーメンのような味になる。

「豚骨」や「鶏ガラ」はスーパーで、驚くほど安い値段で売られているので、購入しよう。商品の安全性を気にする人は、養豚場や養鶏場の業者から直接仕入れるのもいいだろう。

「豚骨」を使った味噌汁の作り方は、「豚骨」と「ニンニク」「生姜」「長ネギ」「タマネギ」を入れて煮込み、アクを取りながら、煮詰めていけば、ダシは完成。それを漉し、そこに具材を入れ、火を止め、味噌を溶かせば出来上がり。味噌は発酵食品なので、沸騰させると成分が破壊されてしまうので、必ず火を止めてから、味噌を入れること。

「鶏ガラ」を使った味噌汁の作り方は、「鶏ガラ」と「ニンニク」「生姜」「長ネギ」「タマネギ」を入れて煮込み、アクを取りながら、煮詰めていけば、ダシは完成。それを漉し、そこに具材を入れ、火を止め、味噌を溶かせば出来上がり。

ダシ汁に、鰹節や煮干しや昆布を入れるのもいいし、鶏肉や豚肉を入れるのもいいだろう。自分で色々なことを試しながら、自分に気に入ったものを作ればいい。

作ったダシ汁を冷蔵庫や冷凍庫に入れておけば、保存できるので、朝忙しい時は、作り置きのものを、冷蔵庫から取り出して、火で温めて具材と味噌を入れれば、すぐさま味噌汁ができる。

不妊症患者が不妊症を治したければ、毎朝、必ず味噌汁を飲むべきだ。体を温めるし、女性ホルモンを活発にさせるし、不妊症には非常に効果があるのだ。

|

« 「黒酢」の恐るべきパワー | トップページ | 三種の「醤油」を揃えると、妊娠が可能な食事を作ることができるようになる »

不妊治療」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 不妊症を治す「味噌汁」の作り方:

» 健康、美容、ダイエット、アウトレット、教育他 [生きるのに為になるブログ]
売れる、儲かる、稼げる商材がザクザクあります。 ブランド品、健康、美容、フィットネス、教育等 [続きを読む]

受信: 2008年1月16日 (水) 14時04分

» 【不妊症】の口コミ情報を探しているなら [人気のキーワードからまとめてサーチ!]
不妊症 に関する口コミ情報を探していますか?最新の検索結果をまとめて、口コミや評判、ショッピング情報をお届けしています… [続きを読む]

受信: 2008年1月22日 (火) 18時01分

« 「黒酢」の恐るべきパワー | トップページ | 三種の「醤油」を揃えると、妊娠が可能な食事を作ることができるようになる »