« 食事におけるマナーは料理を作った人に敬意を払うことである | トップページ | 幸運のテーブル »

後片付けのひと工夫

【倖田來未の受難】

かわいそうに、倖田來未がマスコミからイジメを受けまくっている。事の発端は、深夜のラジオ放送で、「35歳すぎると、お母さんは羊水が腐るんですよ。いや、穢れるんですよ。だから、35歳くらいまでに子供を作りたい」といったことらしい。

ところが、なぜか「羊水腐る」が一人歩きしてしまい、マスコミに徹底的に批判され、新アルバムのプロモーション活動は自粛、彼女が出演したCMは放送中止と、倖田來未バッシングが嵐のように吹き荒れている。

羊水が腐ることはないけど、倖田來未がいうように、35歳を過ぎると、羊水が穢れるというのは、科学的に見てもありえることなのである。

女性は33歳で女性ホルモンがピークに達するから、それ以降は羊水のパワーが落ちていくのである。高齢出産になれば、流産の確率も高くなるし、身体障害者の赤子だって生まれやすくなるのである。

倖田來未の表現方法には多少問題があるが、彼女が言わんとすることは大まか正しいのである。倖田來未は常識的な感覚で発言したにすぎないのだ。倖田來未は35歳までに赤ちゃんが欲しいと言ったにすぎないのである。

が、倖田來未は日本のマスコミにはフェミニストが多数潜んでいることを理解していなかった。これが彼女の不覚なのである。フェミニストたちは妊娠も出産もしたことがないくせに、妊娠ネタや出産ネタに異様に飛びついてくるのである。

今回、マスコミは「倖田來未の発言で、傷ついている不妊症の女性たちがいっぱいいる」といっていたが、俺が「不妊症のカテゴリー」をチェックした中で、倖田來未の発言に傷ついている不妊症の女性なんか1人もいないのである。不妊症の女性たちは、こんな発言で傷つくほどヤワではないし、だいたい不妊症の女性たちは不妊治療に真剣に取り組んでいるんであって、倖田來未の出ている深夜のラジオ放送なんて聞きゃぁしないだろう。しかも、倖田來未のファンの年齢層と、不妊症の女性たちの年齢層は、ダブらないだろう。

今回の倖田來未の事件ではっきりしたことは、子供を産まないフェミニストたちは、輝いている女性たちに凄まじい憎悪をぶつけてくるということだ。今回、倖田來未はフェミニストたちによって犠牲者に祭り上げられたというだけだ。

くーちゃん、ガンバレ!

【母親の出産年齢で子供は変わる】

俺が子供の頃、「この子はおとなしい子だね」と言われたもんだが、俺は母親が30代前半の時の子供だから、周囲の子供たちと比べれば、確かにおとなしかったのであろう。

考えてみれば、母親が10代の時に生まれた子供たちは、ともかく元気だったような気がする。やはり、母親が10代なら羊水だってパワーに溢れているわけだから、生まれてくる子供だって元気な訳である。

それに比べて高齢出産では、子供は余り元気がないような気がする。俺の小学生の時の友達も、母親が40代の時の子供だった子がいたが、その友達はすべてが爺臭く、おとなしすぎていたと思う。

母親の出産年齢で子供は変わるのだから、不妊症の女性たちは、一刻も早く妊娠を急ぐべきであろう。、

【不妊症の女性の二つのタイプ】

不妊症を克服するのに大事なことは、食事過剰を解消する一方で、妊娠に適した食事に変えていくということなのである。

食事は大量に取っているくせに、妊娠のために必要な栄養分が不足しているのだ。「食事過剰の栄養不足」という現象が体内で起きているのだ。

そのためには、料理がうまくならなければならないのだが、ここで重大な問題が発生してしまう。

それは不妊症の女性たちには、「几帳面すぎる女性」と、「グータラな女性」が、大量にいるということである。

ここで問題になるのは、グータラな女性の方である。

グータラな女性たちは、料理が物凄く下手なのである。しかも、美味しい料理を作ろうとする意欲がないのである。

これは食事過剰の典型的な症状である。満腹になっているから、「美味しい物を食べたい!」という欲望が消えてしまっているのである。

こういうグータラな女性たちには、俺は必ず「断食」を進める。断食させて、空腹感を出さない限り、このての女性たちは何事も面倒くさがって、物事に真剣に取り組もうとしないからだ。

何をやらしても、「後でやる」といって先延ばしにして、結局やらず、問題を山積ににしてしまうのだ。

こういうグータラな女性の台所を見ると、必ずと言っていいほど、台所が汚いのだ。

もし、万が一、台所が綺麗であったなら、台所で料理をしたこがないのだ。

【片付け上手は料理上手】

これは俺の人生の経験則が言わせるのだが、「後片付けの上手い人は、料理もうまい」のだ。

というか、後片付けがちゃんとできる人は、何をやらしても仕事をきっちりとこなしてくるのだ。

料理人の修行の最初が「皿洗い」というのも、理に叶っているのだ。皿洗いのきちんとできる人は、料理もきちんとできてしまうのだ。

不妊症妻たちの中で、台所の流し場に使った皿が山積になっていたら、いくら不妊治療を受けようとも、不妊症は治ることはないであろう。

後片付けができない女性は、妊娠ということすらできないのだから。

【料理をしながら食器洗い】

後片付けを疲れると思ってしまうのは、後片付けの工夫が足りないからなのである。

これはピアニストの中村紘子さんから教えてもらったアイデアなのだが、食事を食べ終わってから皿洗いをするのではなく、料理をしている最中に、流し場で鍋や食器を洗っていくのである。

こうすると、食事を食べ終わった後でしなければならない食器洗いは、テーブルに上がったものだけになるのだ。

たとえば、鍋を煮込んでいる間に、鍋や食器を洗えばいいのだ。料理をしているからといって、料理だけをするべきではないのだ。

料理中に鍋類を洗っていくことで、食後に洗う物が少なくなるばかりではなく、料理の段取りがテキパキとなり、料理が一段と上達してくるのだ。

さすがにピアニストで一流の女性は、料理をやらせても一流の料理を作ってくる。

【自分で食べたものは自分で片付ける】

日本の上流階級では、家庭料理が発達せず、料亭料理が入り込んでしまったため、家庭の食事の風景が、料亭での食事の風景になってしまったのだ。

一番ひどいのが、食事を食べ終わってしまうと、そのまま席を去ってしまい、自分が使った食器がそのままになってしまうことだ。

家庭は料亭じゃないんだから、自分が使った食器は流し場に持っていくべきだろう。

妻が料理を作ることに億劫になるのは、「後片付けが大変」ということがあるからなのだが、その後片付けが大変という中でも、一番疲れるのは、食べ終わった食器をすべて流し場に持っていかなければならないということなのである。

だから、夫に食べ終わった食器は流し場に持ってきてもらう。これをやるだけで妻の負担は非常に軽くなるのだ。

鍋類はすでに洗ってあるんだから、夫婦二人の使った食器などたかが知れているのだ。

【台所用洗剤】

食器を洗う時は、合成洗剤を使用しないことだ。合成洗剤は洗い流しても、皿に微量だがこびりつくので、それが体内に入ると、流産する可能性が高くなるのだ。

流産経験者に共通することは、みな合成洗剤を使用していることなのだ。

合成洗剤の主成分の界面活性剤は、石油から作られており、これが体内に入ると、受精卵の育成を阻害し、流産させてしまう恐ろしい毒物なのである。

日本の小川には至る所にメダカがいたのだが、メダカを絶滅危惧種に追い込んだのは、家庭で使用される界面活性剤入りに合成洗剤なのである。

だから、テレビCMで流れている「ライオン」や「花王」や「P&G」の製品は使用しないことだ。

台所用洗剤は、絶対に「天然石鹸」を買うべし。天然石鹸なら流産の危険性などまったくなくなるからだ。

お勧めの会社は、「玉の肌石鹸」「ミヨシ」「太陽油脂」などである。

台所用洗剤を購入する時は、必ず原材料をチェックすることだ。

食器洗いもすべてに洗剤をつけて洗うのではなく、油汚れの食器以外は水で洗い流した後に、スポンジで洗う程度で充分に汚れは落ちるのである。これは意外と知られていないが、事実なのである。

油汚れの食器は、まず水で洗い流した後に、スポンジに石鹸をつけて洗って重ね置きして、その後、一気に水で洗い流していけばいいのである。

ちなみに、天然石鹸は合成洗剤よりも、汚れがよく落ちるのである。

【食器洗い機はいらない】

オシャレを気取って食器洗い機を買ったりする夫婦がいるが、夫婦二人の暮らしで、食器洗い機などは必要がない。

食器洗い機は子供が沢山できて、食器洗いの時間が足りなくなった時に買うべきであって、夫婦二人なら手で洗った方が便利なのだ。

また、食器洗い機は水を大量に使うので、経済的にみても、環境的に見ても、褒めれる商品ではないのだ。

家電ショップの販売員の甘い言葉に惑わされないように。

【包丁の洗い方】

包丁は食器と一緒に洗うのではなく、包丁は使い終わったら、すぐに洗って、フキンで水分を吸い取り、包丁入れにしまうことだ。

包丁はそのまま放っておくと、怪我をするし、錆びてしまうのだ。

包丁だけはいつも特別扱いをするべきである。

【食器は平日と休日で使い分ける】

食器は毎日同じ物を使っていると飽きるし、飽きれば食器を割ってしまう確率も高くなっていく。

そこで、食器は平日と休日で使い分けるのだ。

平日はなるべく質素な料理で通常の食器を使用し、休日は料理を豪勢にし、食器も豪華な物を使用するのだ。

こうすると、料理にメリハリがつくし、食器も割らずに済むのだ。

【妻は台所管理、夫は便所掃除】

夫婦二人暮らしだと、妻が料理をして、夫は食器洗いをするという分担をしてしまう夫婦がいるが、これは非常に良くない。

こういうことをやっていると、妻の料理の腕が上がらなくなるからだ。料理は後片付けをきちんとできると、飛躍的に料理が上手になるという逆説的な現象をみせるからだ。

じゃぁ、「夫は食べるだけ?」と不満を漏らすあなた!

夫にはちゃんとやるべき場所があるんです!

それは「便所掃除」だ。

考えてもみればいい。妻は口から入る物を作っていくんだから、夫は人体から出て行く物を処理すればいいのだ。

運命聖学的に、便所掃除は財産運をアップさせる効果があるので、夫にやらせよう。夫が便所掃除をすれば収入もアップすることだろう。

億万長者になってくる人物たちは、みな便所掃除をしているのだ。

便所が汚いと、収入が増えないし、たとえ増えてもそのお金を維持することができなくなってしまうのだ。

だから、夫に便所掃除をさせる。夫に「便所を掃除すると、財産運がアップするから、収入が増えますよ」と囁いて、便所掃除をさせるのだ。

こういう分業が成立すれば、妻は料理に専念できるし、夫は便所掃除に専念できるのだ。

【疲れた時は外食】

料理は毎日作っていると飽きる。

そういう時は、無理して料理を作らず、外食を食べに行く。

夫婦における「外食の効用」の第一は、妻を休ませるということなのである。

妻もたまには休まないと、ダレテしまうのだ。

「外食の効用」の第二は、美味しい料理のアイデアを見つけてくることだ。

外食で美味しい料理を見つけたら、自分のレパートリーに入れてしまうのだ。

こういう時はただ食べるのではなく、すぐさまメモをしてしまうことだ。そして何日か経った後に、自宅で再現してみせる。こういうことの積み重ねで、料理はうまくなっていくのだ。

自宅で料理をしていないと、外食でいくら食べても、ただ食べるだけである。その料理の美味しさもほとんど理解できないままである。

自宅で料理をちゃんと作っているから、外食も美味しくなるのだ。

【メリハリはグータラを駆逐する】

グータラな妻たちは、日々平凡で過ごそうとするから、ますますグータラになっていくのである。

料理にしても、後片付けにしても、外食にしても、メリハリをつけることなのである。メリハリをつければ、何事も面白くなるし、テキパキと物事が進むのだ。

メリハリはグータラを駆逐するのだ。

|

« 食事におけるマナーは料理を作った人に敬意を払うことである | トップページ | 幸運のテーブル »

不妊治療」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 後片付けのひと工夫:

« 食事におけるマナーは料理を作った人に敬意を払うことである | トップページ | 幸運のテーブル »