« 一品パーティー | トップページ | ロマンスロードと喫茶店 »

「不妊症を悪化させるレストラン」と「妊娠に有益なレストラン」

【夫婦にとっての外食】

男性が結婚してから、変わってしまう態度の一つに、「妻を外食に連れて行きたくなくなる」というのがある。

夫は外で仕事をし、仕事仲間で外食をしたり、接待で外食をしたりするので、「さすがに家に居る時ぐらいは、家で家庭料理を食べさしてくれよ」と思うのが当然の反応なのだ。

そうしでもしなければ、栄養が偏ってしまい、病気になってしまうからだ。

事実、結婚しないでいると、どうしても外食の回数が大幅に多くなってしまうので、独身者は大抵早死にしている。

ところが、妻の方は、家で料理を食べる回数が多いから、どうしても「たまには外食に連れて行ってよ」と夫に対して思ってしまうのだ。

これは夫婦の行動パターンの違いからくるもので、よくよく夫婦で話し合い、互いに歩み寄らないと、抱え込まなくていい不満を抱え込んでしまうのだ。

まず、夫が理解しなければならないのは、「たまには妻を料理から解放してあげて、妻を休ませてあげ、しかもリラックスさせるために、外食をすることが必要なんだ」という考えを持つことである。

また、妻の方も、夫に外食に連れて行って貰うためには、ちゃんと家庭で家庭料理を作って、夫の健康に気を使うということが必要となる。

それらを理解した上で、外食に行くべきなのだ。

が、しかし、不妊症の夫婦にとって外食は地獄なのである。

【不妊症患者にとって絶対禁止のレストラン】

不妊症という観点から外食産業を見ると、客を不妊症にさせる料理を出すレストランが非常に多いのだ。

まずもっとも危険なのが「ファストフード」である。

ファストフードは食品加工の段階で、栄養分が落ちてしまい、栄養バランスが非常に悪いのだ。不妊症患者にとっては、不妊症を悪化させる料理なのだ。

特に、マクドナルドのハンバーガーは、肉に対して野菜が少なすぎるし、パンは白パンだし、ドリンクでコーラを飲めば、体は冷えるし、血糖値は上がるし、フライドポテトは酸化した油で揚げているから、体が酸化してしまうのだ。マクドナルドは確実に不妊症を発症させるメニュウばかりを載せているのだ。

日本にマクドナルドが出店して以来、不妊症患者が急増していったのも、心の奥底から理解できることなのだ。

次に危険なのが「中華料理」である。

中華料理は世界で最高の料理なのだが、中華料理のレストランで出される料理が問題なのである。中華料理のレストランで出される料理には、大量の化学調味料が使用されているからだ。化学調味料が体内に入ると、ホルモン分泌を狂わすので、妊娠が不可能になってしまうのだ。

しかも、化学調味料以外にも大量の食品添加物を使用しているし、食材の安全性も確保していないので、非常に危険な料理なのである。

不妊症患者にとっては、中華料理は絶対禁止である。

もしも、中華料理を食べたければ、自宅で作って食べるべきだ。

第三に危険なのが、「韓国料理」である。

韓国料理も中華料理と同様に、化学調味料を始め、食品添加物を大量に使用しているので、不妊症患者にとっては危険なのである。

スーパーで売られているキムチにも化学調味料が使用されているので、韓国料理はシャットアウトした方がいい。

だいたい、韓国料理は唐辛子を使いすぎているので、妊娠した場合には、余り妊婦の体にはよくないのだ。

第四に危険のが「ファミリーレストラン」である。

ファミリーレストランの料理は、工場で加工されて物を、店で温めるだけなので、加工食品を食べているのと変わらないのだ。

ファミリーレストランの料理は、見た目はよくとも、大切な栄養分が抜け落ちており、化学調味料を始めとする食品添加物を使用しているので、不妊症患者にとっては危険なレストランなのである。

第五に 「お寿司屋」である。

意外だと思われるが、お寿司は江戸時代のジャンクフードであり、その立場は現代のハンバーガーと変わりないのである。

お寿司はシャリに白砂糖が使用されて血糖値を上げすぎてしまうし、魚のネタに対して、野菜が少なすぎる。しかも、魚の身だけを食べて、内臓や頭を捨ててしまっているので、栄養が非常に偏ってしまうのだ。

これら「ファストフード」「中華料理」「韓国料理」「ファミリーレストラン」「お寿司屋」は、不妊症の夫婦にとっては、不妊症を悪化させるレストランなので、絶対に使用禁止だ。

【不妊症の克服に有効なレストラン】

では、不妊症の夫婦にとって、不妊症の克服に有効なレストランは一体なんなのか? 

まず筆頭が「イタリア料理」である。

イタリア料理は、日本人に圧倒的に不足している食物油をたっぷりと使用しているし、野菜はふんだんに使用しているし、他のヨーロッパ人たちが食べないイカやタコまで食べるので、日本の食生活と似通っているのだ。

イタリア料理は日本人に違和感のない外国料理なのだ。

イタリア料理は、不妊症克服のための食材が使用されているので、不妊症の克服には有効なのである。

次が「フランス料理」である。

フランス料理は素材をうまく変化させて料理するので、中華料理と同じパターンだ。和食やイタリア料理は素材を生かして料理する料理である。

フランス料理はヨーロッパの料理では最高峰にあるので、味や見た目も雰囲気も最高レベルである。和食は味や見た目が良くtも、店の雰囲気に問題があるのだ。部屋が狭いのだ。人間は大きな部屋で食事をすると、美味しく感じてしまうという感覚が備わっているのだ。

第三が「ギリシャ料理」である。

ギリシャ料理は魚を料理するのが非常にうまいので、日本人にとってはこういう料理の仕方もあるのかと感心させられる料理だ。しかも、オリーブオイルの産地だとあって、オリーブオイルをふんだんに使用しているので、植物油不足の日本人には非常に効果があるのだ。

【気候を見よ】

不妊症を克服するのに有効な料理として「イタリア料理」「フランス料理」「ギリシャ料理」を上げたのには、ちゃんとした理由がある。

そえは「気候」だ。

イタリアもフランスもギリシャも、日本と同じく温暖な気候なのだ。だから、日本人にとって食べやすく、栄養的にも共通するものがあるのだ。イギリスやドイツでは日本人にとって寒すぎるのだ。だから、味覚がかなり違ってしまうのだ。

だったら、中華料理や韓国料理も、日本と気候が同じだから、いいのではないかと思ってしまうのだが、もう一つの理由がそれを阻むのだ。

それは「湿度の違い」だ。

日本は湿度が高く、イタリアやフランスやギリシャでは湿度が低いので、栄養的に共通項がありながらも、まったく違う料理を作ってくれるのだ。

だから、日本人にとって新鮮でありながら、健康的なのだ。

【内臓疲労を克服するための外国料理】

我々日本人は、子供の頃から和食を食べているので、成人する頃には、和食に対して内蔵が疲労してしまうのだ。

そういう状況下で外国の料理を食べると、内臓が新しい料理に対応するために、必死に働いて、内臓が活性化するのだ。

この「料理のリセット」を図ることで、不妊症を克服するのである。

不妊症患者に、「イタリア料理」「フランス料理」「ギリシャ料理」を食べさせると、不妊症を克服したりすることがあるのは、そのためだ。

便秘に悩まされていた女性に、ギリシャ料理を食べさせたら、「ありえない量の糞が出た」と本人が言っていたが、それほど内臓を活性化させるのである。

勿論、ギリシャ人がギリシャ料理を食べた所で、こういう効果は出ないのだ。

最近、アメリカやヨーロッパで和食がブームになっているのだが、これも「料理のリセット」をうまく使用したからであって、アメリカ人ははっきりと「和食はヘルシーだ」と言っているのは、理にかなった発言なのだ。和食が健康的なのではなく、アメリカ料理を食べ疲れたアメリカ人が和食を食べるから、健康的なのである。

この「料理のリセット」は国際結婚では当然のごとく起こる現象で、日本人男性と結婚した外国人女性に不妊症の患者が発生しないのも、まったく同じメカニズムで起こるものなのだ。

【気候の変化を遣り過ごす料理】

この料理のリセットを、不妊症患者たちはうまく利用して欲しい。

例えば、日本の冬は寒いのだが、そういう時は、「ロシア料理」や「ドイツ料理」を食べて、体を温めると同時に、内臓の疲労を取り除いて、妊娠を可能にさせるとかすればいい。

夏なら、「タイ料理」や「インドネシア料理」を食べて、火照った体を冷やすと同時に、内臓の疲労を取り除いて、妊娠を可能にすればいい。、

勿論、ロシア料理やドイツ料理を年柄年中食べていたら太ってしまう。タイ料理やインドネシア料理を年柄年中食べていたら、冷え性に悩まされてしまう。

その外国料理のいい点をうまく利用して、気候の変化を遣り過ごし、不妊症の克服に役立てていけばいいのだ。

【妊娠に有益なレストラン】

外国料理は不妊症を克服するために使用するのだが、積極的に妊娠するためには、妊娠に有益なレストランを使用して欲しい。

まず筆頭に上げられるのが、「オーガニックレストラン」だ。

普通のレストランでは、食品添加物が使用されたり、農薬まみれの食材が出されるのだが、オーガニックレストランでは、それらを除去して、有機無農薬野菜を使用しているので、妊娠のためには非常に良いのだ。

第二が、「郷土料理のレストラン」だ。

和食のレストランは都市部に行くと、食品添加物を使用したり、白砂糖を使用したり、美味しさを追及するあまり栄養バランスが崩れてしまっている。それに対して、郷土料理のレストランだと、昔ながらの味を大切に守っているので、こういう料理を食べると、内臓が活性化して、妊娠が一気に可能になっていくのだ。日本人の舌に沁みこんだ味は、子宮をも感動させるらしい。

第三が、「夫婦で経営するレストラン」だ。

レストランは規模が大きくなると、どうしても営利追求の経営になっていしまい、そのために味が落ち、食品添加物を使用してしまう傾向にある。

その点、夫婦で経営しているレストランだと、利益を二の次にして、味に拘っている店が多いので、こういうレストランの料理を食べていると、妊娠しやすいのだ。

【高級レスストランの注意点】

結婚する前にデートで高級レストランを使用していた夫婦には注意が必要である。

これは意外と知られていないことなのだが、高級レストランはかなり多くの食品添加物を使用しているのである。しかも、高級レストランの洗剤は合成洗剤である所がほとんどだ。

高級レストランをよく使用する夫婦は、不妊症を発症していることが非常に多いのだ。

高級レストランだからだといって、安全な料理が出てくるとは限らないのだ。

但し、これには例外がある。帝国ホテルのレストランは、高級レストランでありながら、食品添加物の使用が少ないし、洗剤も天然石鹸を使用しているのだ。帝国ホテルのレストランが日本のレストランのトップに君臨するのも、ちゃんとした理由があるのだ。

【本当にいいレストランは1代限りである】

食品添加物の使用の多さという点では、老舗の料亭も同じである。

料亭に行くような人は、これだけは覚えていて欲しいのだが、本当にいいレストランは1代限りなのである。

「吉兆」の例でも解るように、初代の時は安全で美味しいのに、2代目以降になれば、味は落ち、料理の安全性を無視し、食品添加物を使用して、利益の追求をし始めるのだ。

老舗の料亭など、いい味を出せるレストランではないのだ。

フランス料理が世界最高峰の味を確保しているのは、名店は1代限りという原則を貫いているからである。

創業者の息子や娘が世襲するような料亭は、名店ではないのだ。

こういう料亭を利用していると、不妊症が悪化するので、使用しない方がいいだろう。

【行きつけのレストランを持つ】

夫婦で食事に行く時は、事前に、妻の方が行くレストランを選んでおくべきだろう。

不妊症を克服するためには、自らが安全なレストランを選ぶべきだろう。

人間は料理だけを食べるのではなく、店員の接客態度とか、店の雰囲気をも味わうものなので、自分がなんとなく厭だなという店は除去して行き、自分たち夫婦が心から楽しめるレストランを探していこう。

そういうことを繰り返して、夫婦で憩える行きつけのレストランを持つべきだろう。

行きつけのレストランがあると、夫婦の愛は深まるし、そこの料理人から料理のうまくなるコツを教えてもらえたりして、自分の料理の腕も上がるのだ。

行きつけのレストランはそこのオーナーが味に拘っており、しかも落ち着いた雰囲気の方がいいだろう。

こういう行きつけのレストランがあると、夫婦でうまい気分転換ができ、気持ちが楽になって、気軽に妊娠することができるのだ。

|

« 一品パーティー | トップページ | ロマンスロードと喫茶店 »

不妊治療」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「不妊症を悪化させるレストラン」と「妊娠に有益なレストラン」:

« 一品パーティー | トップページ | ロマンスロードと喫茶店 »