« 妻だからこそ出来ること | トップページ | タマティー復活! 「猛暑の中での妊娠の仕方」 »

子供が欲しければ家族全員で墓参りにいく

●まずは子供ができたことの報告

二人目不妊で苦しむ女性に意外と多いのが、家族で墓参りに行ったことがないという女性たちなのだ。

こういう家族の場合、妻が墓参りに行きたくないのではなく、夫が墓参りとかに興味を示さないのだ。

理屈っぽい男性とか、科学を万能と看做す男性とか、イデオロギッシュな男性の場合、必ずといっていいほど、墓参りを軽視するか、否定してくる。

そのため、1人目の子供が生まれたのに、墓参りに行って先祖に報告したことがないのだ。

それが原因で、二人目不妊で苦しむことになるのである。

先祖がせっかく1人目の子供をもたらしてあげたのに、挨拶に来ないから、怒っているのである。

だから、まずは1人目の子供ができたことの報告を、家族全員ですることなのである。

●いつ墓参りに行けばいい?

墓参りは一体いつ行けばいいのか?

思い立ったら、いつでも行けばいいのである。

家族全員で行ける日を確保できたら、すぐさま行けばいいのである。

ちなみに、日本における墓参りの時期の説明をしておく。

日本人が墓参り行く日は、「春分の日」「お盆」「秋分の日」の三つである。

「春分の日」と「秋分の日」は、古代日本では「太陽暦春秋年法」を採用していたために、「春分の日」と「秋分の日」が年始だったのである。恐らく古代日本人たちは、年始に墓参りに行っていたのだろう。

「お盆」は、ペルシャ人たちが行っていた先祖祭祀の風習が、仏教とともに日本に流れてきたものである。日本では氏神を祀る「御霊祭り」と融合して、全国的に広まったのだ。だから、お盆は本来、神社のお祭りの日なのである。

ちなみに「盆踊り」を発明したのは、踊り念仏で有名な「時宗」である。

「表盆」「裏盆」があるが、これは太陰暦と太陽暦の違いがもたらしたもので、盆は8月に行われる「裏盆」こそが本当のお盆である。表盆は日本では梅雨の時期に当たるので、こんな時期にお祭りや墓参りをするわけがないのだ。

要は、年に1度、墓参りに行けばいいのだ。1年に1度、行く習慣を、家族で身につけることだ。

●墓参りの日は墓参りだけ行う

「仕事で忙しい」と言っている夫には、無理矢理に墓参りに行かせよう。

年に1度、仕事を休んで、仕事中毒から解放するのだ。

但し、墓参りの日は、墓参りだけを行うこと。

自宅から日帰りで行ける墓のある家族は、夕飯を前もって作っておいて、温めれば食べられるようにしておくこと。

墓参りに行った日は、外食は避けることだ。

自宅で夕食を食べることによって、先祖の霊力を自宅に落ち着かせるのだ。

夫の実家に行かなければならない家族は、夕飯を夫の母親と妻が作ることになる。

夫は自分の母親に宿泊代と食事代を支払っておくことだ。最低でも「1万円」ぐらいは包んでおいた方がいい。裕福なら、もっと出すべきだろう。

「家族だからそんな水臭いことを!」と思うのではなく、もう結婚して独立しているのだから、こういう仁義はきちっと切っておくべきだ。

●墓参りの仕方

墓参りに行く時は、「スポンジ」「タオル」「お線香」「ロウソク」「白い菊の花」「ゴミ袋」を持っていく。

墓参りの仕方は、まずは墓所に入る前に一礼する。

それから、家族全員で、墓の掃除をする。雑草があれば毟り取り、ゴミなどはゴミ袋に入れていく。

墓石をスポンジで水洗いし、タオルで拭いていく。

白い菊の花を挿し、ロウソクに火をつけ、線香を供える。

そして、夫が家族を代表して、

「1人目の子供を授けてくださいまして、ありがとうございました」

と、ちゃんと声に出していうことだ。

墓参りの場合は、「二人目の子供が欲しい」と祈願するのではなく、あくまでも先祖への感謝の意を述べることだ。

先祖への感謝が足りなかったからこそ、二人目不妊で苦しんでいるのである。

墓参りの時は、先祖に感謝しまくることだ。

●夫の両親に感謝の意を述べる

夫の実家から墓参りに行った時は、妻が家族を代表して、夫の両親に感謝の意を述べることだ。

「本当に素晴らしい息子さんを産み育ててくれて、本当にありがとうございます。ご両親には感謝しても尽きることはありません」

とかいう内容のことを、妻は自分の言葉でいえばいい。

こういう時は、夫が家で家事を手伝わず、家でゴロゴロして、しかも給料が安いことなど忘れて、とにかく感謝しておくことだ。

夫は、自分の妻が、自分の両親に感謝の意を述べてくれると、心機一転して、家では妻に優しくなり、仕事を頑張るようになるからだ。

大半の夫婦が、夫の両親に感謝の意を述べるということをしないのだ。そのために夫婦のイザコザや不幸や病気が絶えないのだ。

自分の夫の欠点をあげつらうのではなく、まずは夫をこの世に存在させてくれた夫の両親に感謝の意を述べておくことだ。

そうすれば、その夫婦に幸福が雪崩のごとく押し寄せてくるのである。

|

« 妻だからこそ出来ること | トップページ | タマティー復活! 「猛暑の中での妊娠の仕方」 »

不妊治療」カテゴリの記事

コメント

タマティーさん、こんばんは。
タマティーさんがおすすめ下さった本読みました。
早朝or夕暮れウォーキングや入浴の前に烏骨鶏の卵酢も飲んでいます。
情報ありがとう!! タマティーさんのお陰で毎日の生活にやる気が出ています。また是非アドバイスお願いします。

今日は七夕様ですね。
タマティーさんの願いも叶います様に…

投稿: じゃがまる | 2008年7月 7日 (月) 21時50分

 タマティーさんお久しぶりです。しばらく更新がないので、気になって出てきました。

 以前の様に体調を悪くされていないか心配です。

 久しぶりなので、私の近況をお知らせします。今回はタイミングや自分の心境等、いろいろな意味でオメデタを期待していたのですが、きっちり28日周期で赤いお客さんが来てしましました。

 周期が全くブレないのはありがたいことだ!また楽しみを持ち越せた〜!と相変わらず楽観的にとらえています。

 記事の更新がないので、過去の記事を読み返していました。
また新たな発見がありそうです。

 これから暑くなりますが、どうぞお体にご自愛下さいね。

 では、また。

投稿: さんにん | 2008年7月10日 (木) 21時39分

タマティーさん、こんばんは&お久しぶりです。

先日から何度かコメントしておりますがPCの調子が悪い様で、表示されないものですから改めてトライしています。

最近記事の更新がないので淋しいです。

以前の様に体調を崩されていないか心配しています。

どうぞ無理をなさらず、しっかり休んで下さいね。

それまで、過去の記事をお復習しています。

では、また。

投稿: さんにん | 2008年7月13日 (日) 00時42分

タマティーさん、大変ご無沙汰しております。
お仕事が忙しいとか・・・梅雨も明けて本格的な夏となり、
体調など崩されませんよう、お過ごしくださいね。

さて、残念なことに7月中にこの不妊症バトルロワイヤルを終了されるとのこと・・・すごく寂しいです。(もう終了したのかな?)
今まで毎日当たり前のように記事が更新されて・・・それを読むのが日課になっていた私にとって、この上なく寂しい気持ちになりました。タマティーさんのブログに本当に勇気づけられていたので、心の支えがポッカリなくなってしまうかのように・・・

でも、タマティーさんには本業があるし、もちろんそれが一番大切ですものね! 本業が忙しいということは、今の世の中ありがたいことだから・・・
体には気をつけて、お仕事がんばってくださいね!

タマティーさんにいろいろ教えていただいたお礼として、懐妊報告することができたらどんなに良かったことか・・・・・★
それだけが心残りです。

個人的には、約3ヶ月試してみて成果がでてきていると思っています。健康にも良いと思っているので、これからも継続していきたいです。今は、精神的にも身体的にも大変落ち着いています。神様が私達夫婦に赤ちゃんを授けてくださるのであれば、いつか・・・そのうち・・・きっと!!!  と、思っているので焦りは不思議なほどありません。
何も変わらない平凡な、でも旦那と一緒に過ごせる日々に本当に感謝しています。

タマティーさん、どうもありがとう★
本当にありがとう!

投稿: みかん | 2008年7月19日 (土) 21時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 子供が欲しければ家族全員で墓参りにいく:

» アダルトマンガの秘法館 [アダルトマンガの秘法館]
アダルトマンガの秘法館 [続きを読む]

受信: 2008年7月 4日 (金) 14時26分

» 不妊の原因ー射精編 [不妊治療と不妊症の解消法 A to Z]
妊娠には精子と卵子が必要なので最初に子宮内に精子を送り込まなければなりませんが、不妊の原因が送り込む精子に問題がある場合がありますし性交時に勃起せず射精まで至らない場合(ED)も男性不妊の原因となりますので 男性の問題としてはED(勃起障害・勃起不全)、 非閉塞性無精子症 、閉塞性無精子症 、無精子症 、男性不妊症 があげられます。... [続きを読む]

受信: 2008年7月25日 (金) 14時21分

« 妻だからこそ出来ること | トップページ | タマティー復活! 「猛暑の中での妊娠の仕方」 »