« 妊娠しているからこそ、自宅をイヤシロチにする | トップページ | 下手な胎教より自分で歌を歌え ~赤ちゃんの脳の発達に母親は絶対に欠かせない~ »

妊娠中に、土いじりをすると、免疫力が高まる

●文明化は実は疫病との戦いなのである。

 人類は文明化される前は、地面にじかに寝起きしていた。そのため人間の体は、地面の硬さや温度に適した形になってしまい、今でも地面にじかに寝っ転がると気持ちいと感じてしまうのだ。だが、地面にじかに寝るということは、冬場の寒さでは体温を奪ってしまい、文明以前の人類の寿命は平均30歳代と恐ろしいまでに短命だったのだ。

 そのため、どこの民族でも地面にじかに寝起きする生活を捨て、板の上で生活することが文明の始まりとなったのである。日本では神代に出雲王国の大王であった素戔鳴男尊が、西日本において穴居抜けを行い、人々に住宅に住むようにさせ、これが日本の文明化の始まりとなった。そのため素戔鳴男尊は「神祖」の称号を得、今でも日本全国の神社で祀られる存在となっているのである。日本の歴史ではその後、九州から勃興してきた天孫族が日本の支配階級になり、記紀を編纂して、日本の神話を整えたために、素戔鳴男尊が悪役になってしまっているが、素戔鳴男尊は日本で初めて古代国家らしい国家を建国し、日本民族を文明化させた英雄であったのだ。

 素戔鳴男尊が登場する以前、それまでは地面の上で寝起きしていた日本民族は、文明化されたことによって、冬の寒さを撃退できたことは、多くの者たちを短命から救い出したことであろう。その後、弥生時代の後期に現われてくる邪馬台国の女王であった卑弥呼は、長寿で80歳を超えていたといのだから、約3倍近く寿命が延びたのである。寿命が3倍も延びれば、人間の活動時間も3倍に増えるのだから、文明は飛躍的に発展していった筈だ。

 しかし、歴史書を紐解いてみると、人類が住宅に住むようになって寿命が延びたが、それとともに「疫病」の流行を幾度も受けることになったのである。崇神天皇の御世では、国民が絶滅してしまうくらいの疫病が発生したし、奈良時代でも平安時代でも疫病が京から発生している。江戸時代にはコレラやハシカが大流行し、大正年間にはスペイン風邪という、インフルエンザが大流行し、大量の死者を出しているのだ。

 明らかに疫病は都市部から発生してきているのだ。ということは、都市部では免疫力が落ちているのだ。人間は文明以前は地面の上で寝起きしていたために、自然と地面から出てくる細菌を吸ってしまうことになり、それによって体内の免疫力が細菌を撃退しようとして活性化し、結果的に免疫力の強い人間になってしまったのである。しかし、文明化し、住宅に住むようになって、その一連の作業が行われなくなったために、人間の免疫力が低下してしまったのである。

●免疫力の強化

 妊婦も都市部に住んでいれば、免疫力が下がってしまい、妊娠中に病気をしてしまうこともあるだろうし、生まれてきた赤ちゃんも非常に免疫力の弱い赤ちゃんになってしまう可能性があるのだ。なぜなら、都市部に住んでいる人々は、地面の上には寝ないし、土いじりもしないからなのである。

 農村では住宅で寝起きしても、農耕で土いじりをしているので、土の細菌が人間の免疫力を活性化させるのだ。そのために、妊婦も赤ちゃんも免疫力が強く、病気とは無縁でいられるのだ。疫病だけでなく、難病や奇病が発生してくるのは、いつも都市部からである。妊婦が出産中に大量出血したり、生まれてきた赤ちゃんが聞いたこともないような病気に罹ってしまうのは、いつも都市部に住んている人たちなのだ。

 だから、都市部に住んでいる妊婦たちは、妊娠中に土じりをするべきなのだ。妊娠中に土いじりをすると、母子ともに免疫力を高めることができ、疫病や難病や奇病などに罹らなくなるのだ。都市部に住んで、オシャレに暮らして、ブランド品に囲まれて、美食にうつつを抜かし、土とまったく無縁の暮らしをしていると、免疫力が急激に低下し、出産時や出産後に悲惨極まりない目に遭ってしまうのだ。

 人間はいくら文明化されても、人間は決して土から離れて生きることができない動物なのだ。ユダヤ教やキリスト教のように、自然は人間たちが征服するために存在していると考えていると、逆に自然から復讐を受け、絶滅していってしまうのだ。自然は人間たちが征服するものではないのだ。人類は大自然の中で生存しているのだ。人類がいくら文明化しても、その文明の中に、うまく自然を持ち込んで、自然の力を生かし続けることこそが大事なのである。

 ユダヤ教徒やキリスト教徒が多く生息している地域では、いつも難病や奇病が多く発生しているが、これは大自然の報復措置なのである。まるで神様が「お前たちの宗教は間違っているよ」と言っているかのように。日本でもいくら都市部に住み、豊かな暮らしをしても、大自然に対しては謙虚になり、決して土から離れないようにすることだ。そうやって自分の免疫力を高めていくことだ。

●プランターや庭や畑を持つ

 いままで土いじりをしたことのない妊婦が、免疫力を高めるには、「プランター」でも買ってきて、そこで腐葉土を敷き、種を蒔き、花や野菜を育ててみよう。プランターなら、大きな庭がなくても、ベランダでもできるのだ。毎日、水をやり、土に触ったりしていれば、これで充分に免疫力が高まるのだ。但し、プランターの場合、花を咲かせたり、野菜を収穫した後には、必ず肥料が必要になる。肥料を与えないと、次回からは実らなくなってしまうのだ。

 庭のある家に住んでいるなら、庭の土を掘り返し、そこに種を蒔き、花や野菜を育てていこう。1日に1度は、庭に出て、花や野菜を眺めているだけで、リラックスできるし、免疫力も上がっていくのだ。妊娠中に種を蒔いておけば、赤ちゃんが生まれる頃には、花も咲いているし、野菜も取れていることであろう。

 もっと土いじりをしたいのであるならば、「畑」を借りたり、買ってしまうのも、一計である。畑があると、本格的に野菜作りができるし、安全で新鮮な野菜を手に入れることができるのだ。また、赤ちゃんが生まれて、母親が畑仕事をしているのを見て育てば、好き嫌いをいう子供には決してならない筈だ。野菜作りの大変さを目の前で見て育つと、自然と野菜を大切にし、ちゃんと食べるような子供になるのだ。

 都市部に住んでいて、近くに畑が手に入らないという夫婦は、いっそのこと、田舎に「畑つきの別荘」を買ってしまうのもいいだろう。平日は都市部で暮らし、休日は田舎で暮らすのだ。こうすれば生活にメリハリが出てくるし、何よりも健康的に暮らせるようになるのだ。田舎での新鮮で奇麗な空気は、都会に住んでいれば、決して買えないものなのだ。

 妊婦が土いじりをするのは、とにかく毎日、土いじりをしておくことである。毎日、土をいじっていれば、日々、土の細菌を吸い込むことで、体内の免疫力が活性化され、非常に強い免疫力を手にすることができるようになるのだ。土の香りを嗅ぎ分けられるようになったら、無病息災の身でいられるようになることだろう。

●赤ちゃんが生まれた土いじりをさせる

 人間の基本的な免疫力は生後2年で決まってしまうのだ。勿論、その後の養生で免疫力を少しは上昇させることはできるが、基本的な免疫力は生後2年で決まってしまうのだ。だから、赤ちゃんが生まれたら、土じりをさせて、免疫力をアップさせることだ。特に都市部に住んでいる母親は、意識的に赤ちゃんの土じりを促した方がいい。

 芝生の上をハイハイさせるだけでも、赤ちゃんの免疫力は高まるのだ。赤ちゃんは放っておくと、土のついた手を口に入れ、土を舐めてしまうのだが、これを大抵の母親は、「ばっちいいから、駄目!」といって、やめさせるのだが、実はこれは赤ちゃんにとっては非常に必要な行為で、赤ちゃんは土を舐めることで、自分の免疫力を上げているのだ。人間の子供は言葉を話すようになる前までは、ちゃんと必要な行為を自ら取ってくるのだ。

 子供たちが公園で砂遊びをするのも、自分の免疫力を上げるためなのである。子供たちは遊びを通して、自分の免疫力を上げて行っているのだ。但し、公園の砂場は、猫の糞とかで非常に危険な汚さを持っているので、赤ちゃんには不適切な場所なのだ。それゆえ、赤ちゃんを産む前から、赤ちゃんが安全に土じりをできる場所を確保しておくべきだろう。

 日本全国を見渡しても、都会の子供ほど病弱で、田舎の子供ほど健康である。これは土いじりをするチャンスがあるかないかの差なのである。人間は幼少の頃は、土いじりに始まり、川遊びや野山を駆け回ったりする時期が、どうしても必要なのである。都市部に住んでいる夫婦には、どうにかして自分の子供たちに、そういう環境を確保していってあげることが求められているのである。

 どんなに文明化され、最先端の物を追い求めたとしても、人間は決して土から離れて生きていくことはできないということを忘れないことだ。妊娠中は特に土から離れて生きてはいけないということが、非常に重要になってくるのである。妊婦が土から離れてしまえば、妊婦の免疫力が下がってしまうのだ。その結果が、出産時や出産後の悲劇なのである。自分の免疫力が低いばっかりに、出産時に死亡してしまったり、生まれてきた赤ちゃんが難病や奇病に侵されていては、折角のお目出度も悲惨極まりないものになってしまうのだ。土じりなど、すぐさまできることである。母子ともに、健康な体で出産や育児を迎えたいのであるならば、地道に土をいじっていくことである。

|

« 妊娠しているからこそ、自宅をイヤシロチにする | トップページ | 下手な胎教より自分で歌を歌え ~赤ちゃんの脳の発達に母親は絶対に欠かせない~ »

不妊治療」カテゴリの記事

出産」カテゴリの記事

妊娠」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/496414/24779417

この記事へのトラックバック一覧です: 妊娠中に、土いじりをすると、免疫力が高まる:

« 妊娠しているからこそ、自宅をイヤシロチにする | トップページ | 下手な胎教より自分で歌を歌え ~赤ちゃんの脳の発達に母親は絶対に欠かせない~ »