« 妊娠したからこそ、ウォーキングをする | トップページ | 自転車は妊婦を鍛える ~自転車を漕げば漕ぐほど安産に近づいていく~ »

妊婦御用達の筋肉トレーニングとストレッチ

●妊婦のための筋肉トレーニング

 出産する際には、「足」「腰」「腹筋」を使って出産するのだが、これらの筋肉がしっかりとついていれば、簡単に安産に持ち込めるのだ。しかし、これらの筋肉は、通常の生活でついたものでは、足りないのだ。出産するためには、自分の筋肉にに対して筋肉トレーニングをして、増強する必要性かあある。

 まず、「足首」。足首の筋肉は、膣や子宮に繋がっており。足首の筋肉がしっかりとついている妊婦は、膣や子宮をうまく動かしやすい女性であるということだ。安産に持ち込むほどの足首の筋肉は、通常の生活をしていたのでは、絶対につかない。足首を鍛えるためには、「足首スクワット」をすることだ。足首スクワットは、踵を上げ、背伸びをすることを何度も繰り返す動作をいう。足首スクワットは、いつでもできるので、暇を見つけては、毎日行うことだ。

 次は、「腰」である。腰の筋肉は、出産する際にスタミナがあるかないかに直結してくる。腰の筋肉がしっかりとついている妊婦は、スタミナがついているので、陣痛が始まってから出産まで、タフな状態のままで過ごすことができるのだ。腰の筋肉がついていないと、出産の際、疲労困憊になってしまうのだ。腰の筋肉を鍛えるためには、「中腰スクワット」である。「中腰スクワット」は、膝を屈伸することを繰り返すスクワットである。中腰スクワットを毎日きちんと行っていくと、腰にしっかり筋肉がついてくるのだ。

 第三番目が、「腹筋」である。腹筋は、お腹の中の赤ちゃんを押し出すためには、絶対に必要なきんにくである。「力んで」と言われて、力めるか否かは、腹筋がちゃんとついているか否かで決まってしまうのだ。腹筋がしっかりとついていれば、ちゃんと力めるので、陣痛から出産まで、短時間で済ますことができるのだ。腹筋を鍛えるためには、「腹筋スクワット」である。腹筋スクワットは、仰向けになって寝て、膝を立て、そして何度も上半身を起こしていく動作を繰り返す動作をいう。腹筋スクワットは、妊娠中、特に何度も行うことだ。

 筋肉トレーニングの目安としては、「足首スクワット」と「中腰スクワット」は、1000回ずつ、「腹筋スクワット」は、300回程度であいいだろう。最初からこの回数をやると、筋肉痛になってしまうので、最初は自分ができる回数でいいのだ。まずは100回でいいのだ。そして次の日には200回と増やしていき、1000回まで持っていけばいいのだ。但し、1000回まで達したら、それ以降はいかなることがあっても、この回数を行い続けることだ。途中でやめると、自分の精神力がぷっつりと切れて、その後、やらなくなってしまうからだ。

●階段の駆け上り

 もっとも簡単に足腰腹筋の筋肉がつくのが、「階段の駆け上り」だ。階段を上るということは、重力に逆らって上っていくので、もっとも足腰腹筋に筋肉がつきやすいのだ。マンション暮らしの妊婦なら、自分が住んでいるマンションの階段の駆け上りを繰り返すことだ。10階建て以上のマンションなら、この階段を駆け上るだけで、汗がびっしょりになるくらい、汗をかけるのだ。それだけ足腰腹筋の筋肉がついたということだ。

 マンション暮らしでない妊婦は、階段がある場所を見つけて、そこで階段の駆け上りを繰り返すことだ。階段を上るということは、自分が感がえる以上に、足腰腹筋を鍛えるのだ。階段の昇り降りを何度も繰り返していけば、汗が噴き出るくらいに、汗を大量に流すことができるのだ。

 近くに階段がないような平地に住んでいる妊婦は、休日になったら、夫婦でハイキングにでも行き、山にある階段を踏みしめながら、上っていくことだ。平地に暮らしているような女性は、重力に逆らうことをしたことがないので、僅かな階段でも汗をびっしょりとかけるのだ。それだけ、足腰腹筋に筋肉がついたということなのだ。

 デパートに買い物に行った時や、電車に乗る時など、できる限りエスカレーターやエレベーターを使わないことだ。日常の生活の中で、階段の上り下りをすることを入れておくと、自分が無理をせずに、自然のうちに、足腰腹筋の筋肉をつけていくことになるのだ。エスカレーターやエレベーターは、勿論、生活には便利であるけれど、その反面、足腰腹筋の筋肉を衰えさせてしまい、難産にさせてしまうのだ。

 鯉は瀧登りをすると龍になるが、妊婦は階段登りをすると安産になるのだ。昔の女性たちは、農業や漁業や林業で体を鍛えていたから、ちゃんと足腰腹筋に筋肉がついていたが、現代の女性はそういう過酷な労働に従事したことがないので、足腰腹筋に筋肉がついえていないのだ。そのために難産になってしまうのだ。だから、階段の駆け上りを行って、足腰腹筋を鍛えていくのだ。

●妊婦のためのストレッチ

 女性の体は柔らかいが、柔らかいがゆえに、膣を大きくして、赤ちゃんを生み出すことだができるのだ。体の柔らかさと、出産時の痛みの少なさは、比例しているのだ。だから、体が固ければ、出産時には激痛が走ることになる。それゆえ、毎日ストレッチを行い、体を柔らかくしておくことだ。

 ストレッチに関しては、とやかく言うよりも、自分でメニューを考えて、毎日行っていけばいい。自分で考えたメニューこそが、毎日ストレッチできる秘訣なのだ。妊婦向けには「妊産婦体操」というのがあるので、これをやってみるのもいいし、スポーツ選手がやっているのを見て、それを取り入れるのもいい。

 但し、絶対に入れてほしいストレッチが、股間の筋肉を伸ばすストレッチである。これは「四股を踏む」動作で行えるのだ。四股を踏んだ際に、腰を落として、股間の筋肉を伸ばすのである。そして、その際に上半身を左右に捻れば、背筋も伸ばすことができるのだ。股間の筋肉が柔軟であるならば、膣や子宮が動きやすくなるのだ。

 朝起きたら、「ラジオ体操」をするというのも、体を柔軟にさせるものになる。NHKでは、教育テレビで、朝の6時30分から10分間、ラジオ体操の番組をやっているので、この番組を見ながら、ラジオ体操をしてしまえばいい。ラジオ体操は、スポーツ科学の観点から、もっとも体に効果があるように作られているので、妊婦といえども、これを見逃す手はないのだ。

 ストレッチも、とにかく出産するまで毎日行うことである。1日でも休むと、自分の精神力がぷっつりと切れてしまうのだ。だから、平日は本格的なストレッチを行い、土日は手軽なストレッチで済ますというふうにしていけばいい。ラジオ体操が優れているのは、僅か5分でできるからなのだ。いくら健康にいいかrといって、長すぎるストレッチのメニューは、挫折の原因になるので、必要なメニューだけを行っていくことだ。

●夕食後に行うと熟睡できる

 朝起きたら、軽くストレッチを行って、体を目覚めさせ、体を柔らかくしておくべきだろう。こういう習慣をつけておけば、臨月の際、いつ陣痛が来ても、体が柔らかいままで出産に臨めるのだ。妊娠中に体が重いとか言い出す妊婦は、このストレッチを行わないからこそ、体が硬くなってしまい、体が重く感じられてしまうのだ。愚痴を垂れる暇があったあら、ストレッチをすることだ。

 筋肉トレーニングは、日中に行うのではなく、夕食後に行うと、効果的に筋肉がつくのだ。夕食後、後片付けが終わったら、テレビを見てダラダラと過ごすのではなく、筋肉トレーニングを行っていくことだ。テレビは筋肉トレ-ニングをしながらでも見れるのだ。夕食後に筋肉トレ-ニングを行うと、筋肉がしっかりとついてくるので、自分の筋肉が増えていく喜びを感じなら、続けていこう。

 夕食後の筋肉トレーニングを行うと、熟睡できるようになるのだ。身重になってくると、どうしても睡眠が浅くなってくるのだ。だから、そういう時は、夕食後に筋肉トレーニングを行うのだ。睡眠前に筋肉トレーニングをやって、ちゃんと体を動かしておくと、その反動で、一気に熟睡が行えるように体ができているのだ。

 睡眠する前には、軽いストレッチを行って、体の疲れを取ることを忘れないことだ。この僅かな作業が、その日の疲れを取ってくれるのだ。毎日、「疲れた」「疲れた」と言っている女性は、必ず睡眠前に軽いストレッチを行うことだ。軽いストレッチを行えば、疲労は取れていくのだ。

 妊娠中は、どうしてもお腹の中の赤ちゃんを大事に思うあまり、多少は緊張状態が持続してしまっているのだ。そのため、大したことをしていないにも拘わらず、体が疲れてしまうことがあるのだ。これは精神的な疲労であるので、こういう時は体を動かして、お風呂に入って、体をほぐしていくことだ。体をほぐしていけば、精神的な疲労は取れてしまうのだ。

|

« 妊娠したからこそ、ウォーキングをする | トップページ | 自転車は妊婦を鍛える ~自転車を漕げば漕ぐほど安産に近づいていく~ »

不妊治療」カテゴリの記事

出産」カテゴリの記事

妊娠」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/496414/24575355

この記事へのトラックバック一覧です: 妊婦御用達の筋肉トレーニングとストレッチ:

« 妊娠したからこそ、ウォーキングをする | トップページ | 自転車は妊婦を鍛える ~自転車を漕げば漕ぐほど安産に近づいていく~ »