« 妊婦生活に幸運をもたらす「幸運の波動」 | トップページ | 第四章 妊娠期間中の特別な病気 »

自分に「神の子としての自覚」があれば、妊婦生活はすべてうまくいく

●デイゴの花が咲く頃に

 新婚当初は何もかも初々しく、結婚した男女にはすべてが驚きで、面白く、楽しい日々の連続になる。 しかし、その新鮮さは持って3年で、既婚女性にとって、夫の或る習性に気づいてしまう。それは「人前でオナラをする」ことだ。通常、女性は人前でオナラをしないし、しかも、自分が結婚した相手の前でしようということすら想像すらできない。

 この夫のオナラ、男兄弟がいる家庭で育った女性ならまだ許せるものらしいが、女兄弟や一人っ子で育った女性はどうも許せないものらしい。或る妊婦から「あの~、夫のオナラ、どうにかなりませんか?」と相談を持ちかけれれても、俺は知らんて。俺は妊娠や出産や育児について答えることはできても、あなたの夫のオナラのことまで関与できるかって! そういうことは夫婦二人で話し合って決めればいいことじゃないか!

 とは思いつつも、相談を持ちかけられた以上、どうもその相談のことが頭から離れず、何かしらのアドバイスをした方がいいと方々に訊いて回ったみた。その結果は、既婚男性でも、妻の前で平然とオナラをする男性と、妻の前ではオナラをしない男性とにくっきり分かれたということである。そしてもうひとつ気づいたことは、妻の前でオナラをする男性は、妻の言葉遣いが汚いと、オナラをしてくるということである。妻が上品ぶるのではなく、愚痴や悪口や汚い言葉を使わないと、その夫は妻の前ではオナラをしないということなのである。

 ということで、妻の前で夫にオナラをしてほしくないのであるならば、夫婦で話し合って妻の前ではオナラをしないと決めることと、もうひとつは妻が言葉遣いを汚くしないことだ。妻の言葉遣いと、夫のオナラには直接的な因果関係はない。しかし、確かに言葉遣いの悪い妻の夫は、妻の目の前でなぜかオナラしているのだ。直接的な因果関係ではないけれど、経験則上の因果関係ではあるのだ。

 沖縄県には「デイゴの花」という花がある。ハイビスカスの花よりは有名ではないが、このデイゴの花は、実は沖縄県民にとって非常に大事な花なのだ。それは「このデイゴの花がたくさん咲いた夏には、台風が多く発生する」と昔から言われており、デイゴの花がたくさん咲いた夏には、沖縄県民は台風の襲来に用心するのだ。そのためか、沖縄県は台風の通り道なのに、沖縄県で台風の死者は滅多に出ないのだ。このデイゴの花と台風の襲来には、直接的な因果関係はない。だが、経験則上の因果関係はあるのだ。科学的には証明されなくても、この経験則上の因果関係を解っていれば、台風での被害を最小限に食い止めることができるのだ。

●「神の子」と「人の子」

 学問の世界では、「理性」や「論理的思考」や「科学」を使うことは確かに大事である。しかし、人間がこの世で実際に生きていくためには、「知識よりも知恵」なのだ。夫婦関係でも、妊娠でも、出産でも、育児でも、いくらそれらをうまく行える知識を持っていてもしょうがないのだ。知識を突き抜けて、知恵を持たないと、うまく行えず、夫のオナラひとつで苦悩せざるをえなくなってしまうのだ。 

 頭のいい女性ほど、言い訳がうまく、できない理由を上手に探し出し、自分の責任なのに、誰かのせいにするものだ。夫婦二人の場合、妻が責任を擦り付ける相手は、夫以外にないのだ。そのため、家庭内で発生した問題はすべて夫の責任になってしまうのだ。それゆえに、多くの既婚女性も、既婚女性向けの雑誌でも、テレビやラジオでも、夫への悪口のオンパレードになってしまうのだ。

 我々は子供の頃に母親から「いい子」になるように育てられる。この「いい子」とは母親の言いつけを守りなさいということなのだが、成長していく真っ盛りの時期である子供の頃ゆえ、この「いい子でいる」ということが脳に深く刻み込まれてしまうのだ。そして、そのいい子が学校に行ってしまうと、勉強ができる生徒を目指し、進学の時期になると偏差値の高い高校や大学に進学しようとし、就職の時期になれば給料の高い会社に就職していくのだ。そうやっていい方向で「いい子」で生かしてくれればいいのだが、ところが結婚するとなぜかそのいい子は「悪賢さ」を身につけてしまうのだ。

 知識を大量に持っても、知恵がないから、結婚というもっとも大事な人間関係で揉めてしまうのだ。人間は人の子である以上、人の子は利己的と悪を成しがちなのだ。だから、夫といえども、人の子なのだから、自分のことしか考えず、平然と悪をなしてくると思えば、別にオナラ程度のことで苦悩することはないのだ。いくら愛したとしても、悪をなしてくると解っていれば、それを受け止めることができるし、それへの対処法を自分で考えて実行に移していけばいいのだ。

 そして、夫は人の子であると同時に、霊的には「神の子」でもあるのだ。神の子は完全円満で聖なることを成し遂げるものなのだ。だからこそ、自分と結婚してくれたし、妊娠だってできたのだ。夫婦関係や妊娠や出産や育児をうまく行っていきたいと思うなら、「私の夫は神の子なんだ」という≪本当の知恵≫に目覚めることだ。自分の夫が神の子であると思うなら、夫の命や存在や働きを尊ぶことができるし、いかなることがあっても愛の絆が切られることはないのだ。

 夫が神の子である以上、妻である自分だって「神の子」なのだ。だからこそ、自分の命や存在や働きは尊いし、自分が純粋無垢な心を持っていれば、完全円満で聖なることを成し遂げようとするのだ。だが、自分の心が曇り、汚れ、悪しきものになってしまうと、人の子としての悪行が出てきてしまうのだ。自分だって夫に対して悪行を働いているのだ。

 人間は人の子としての行為に惑わされがちだ。夫婦関係でも、実母や義母に対しても、 友人に対しても、その人の長所よりは、欠点を見つけだし、その人の善行よりも悪行ばかり目が行ってしまうのだ。しかし、人間は利己的で悪を成しがちと思えば、苦悩は生じないのである。自分は神の子で、本来はすべてうまくいくようにできていると思えば、すべてのことがうまくいくのだ。自分が神の子であることを忘れて、人の子の世界に閉じこもり自分で何かをやろうとするからこそ、失敗するのである

●神様から流れてくる「祝福の霊波」に合わせる

 いくらいい学校を出ようと、いい大学を出ようと、いくら高年収の企業に勤めていようとも、知識だけでは結婚生活はうまくいかないのだ。結婚をうまく進めていくためには、生活の知恵が必要であり、私たち夫婦は神の子であるという≪本当の知恵≫がなければ、夫婦関係をうまく進めていくことはできないのだ。

 「生活の知恵」や≪本当の知恵≫がなければ、夫婦関係で現われてくる様々な現象の前で夫婦の愛が破れてしまうのだ。愛は決して万能ではないのだ。愛は多くのことを成し遂げるけれど、自分自身に≪本当の知恵≫がなければ、愛は儚く消え去ってしまうものなのだ。

 この世という現象界に囚われると、自分がどんなに頑張った所で、いつの日か限界がやってくるのだ。結婚生活や、妊娠や出産や育児といったものは、自分だけの力に頼れば倒れてしまうのだ。結婚も、妊娠も出産も育児も、誰かの手助けなくして、行えるわけがないのだ。

 いくら自分が妊娠したとはいえ、「妊娠は神の代理人としての行為」として自覚して行った方がうまくいくのだ。昔も今も「子宝を授かる」という表現をする。子宝を授かるって、遺体誰から授かったの? それは「神様」からだ。神様は全知全能なんだから、自分があれこれ思い悩まずに、重荷をおろして、神様に任せてしまえばいいのだ。そうすれば、すべてうまくいくようになるのだ。

 自分の小賢しい考えに取りつかれるのではなく、神様から流れてくる「祝福の霊波」に合わせることだ。結婚できたこと自体、神様から「祝福の霊波」が届いていることなんだ。増してはその上に妊娠までできてしまったんだから、更に神様から「祝福の霊波」が自分のもとへ届いてきているのだ。

 夫婦のトラブルは、決して漠然と起こりはしない。「あなたの考えや行いは間違っているよ」という神様からのサインなんだ。夫婦という人間関係でトラブルが生じても、それは「あなたが変わりなさい」というサインなのだ。そう! 自分が変わってしまうと、夫婦の関係に変化が起こり、夫も変わってしまうのだ。それなのに、自分を変えずに夫を変えようとしているからこそ、苦しみが延々と続くのだ。

●投げ出さなければ道は開ける

 何事も物事を途中で投げ出すから、失敗してしまうのだ。結婚だって、妊娠だって、出産だって、育児だって、途中で投げ出せば失敗してしまうのだ。「そんなこと当たり前じゃん!」と言い返されても、途中で投げ出す輩が絶たないからこそ、結婚でも妊娠でも出産でも育児でもトラブルが発生し続けるのだ。

 もしも、自分が産んだ我が子がたとえ身体障害者であったとしても、途中で投げ出す母親はいない。それなのに、堕胎したり、捨て子が絶えないのは、途中で投げ出してしまうのが、絶えないからなのだ。どこかの病院が捨て子のために「赤ちゃんポスト」を作っても、それは解決策にはならないのだ。寧ろ、こういう行為は、我が子を捨て子にする無責任な大人たちを助長させる行為になってしまうのだ。知恵のない善意は、常に悪い大人たちに悪用されるものなのである。

 人間は物事を途中で投げ出そうと思えばいくらでもできるのだ。結婚だって、妊娠だって、出産だって、育児だって、「お金が足りない」「自分の自由な時間がなくなる」「夫の喋り方が気に食わない」「夫のあの行為が許せない」などといくらでも投げ出す理由を見つけだすことができるのだ。

 お金が足りないって? あなたのお財布にも、預金通帳にもちゃんとお金はあるじゃないか!? 自由な時間がなくなるって? あなたに自由な時間を与えた所で悪行しかしてこなかったじゃん。夫の言動を誹謗中傷するのは結構だけれど、あなたは結婚式の時に永遠の愛を誓い合った仲だよね。それなのに、あなたの永遠の愛は、結婚して数年経つと、相手を誹謗中傷するものに変わってしまうのか?

 その人の知識量が過剰に増えすぎてしまったり、科学が異常に発達してくる世の中になってしまうと、どうしても無神論者が増えてきてしまうのだ。そのため、その人から、「生活の知恵」や≪本物の知恵≫が失われてしまうから、結婚や妊娠や出産や育児がどうしてもうまくいかなくなってしまうのだ。昔の男女なら平然とできたものが、「頭でっかち」になってしまったばっかりに、失敗してしまうのだ。

 宗教心がなければ、現象界の出来事に潰されてしまうのだ。特に「金銭問題」と「人間関係」に押し潰されてしまうのだ。宗教心がれば、お金なんていくらでも獲得できるのだ。宗教心があるこそ、人の生命を尊ぶことができるのだ。困ったことがあっても、宗教心をちゃんと持っていれば、神様はちゃんと助けてくれるのだ。自分の雑念を捨てて、神様から流れてくる「祝福の霊波」に合わせよう! 「祝福の霊波」に合わせていれば、妊婦生活はすべてうまくいくようになるのだ。

heart01heart01heart01heart01heart01≪タマティーからのお知らせ≫heart01heart01heart01heart01heart01

 妊婦の人間関係について、くどいくらいに述べてきたけど、これは妊婦にとって、妊婦生活のテクニックより、実は自分の人間関係こそが大事だからです。

 妊娠中に妊婦がやるべきことは、実は赤ちゃんを産むことではないのだ。絶対にやらなければならないことは、夫婦の仲を妊娠や出産や育児に耐えられるように、新たな枠組みを構築していくことなんだ。

 女性は赤ちゃんを産んだら、当分の間、赤ちゃんのことに付きっ切りになってしまうから、出産する前に、夫を始めとする、自分の人間関係を良好にしておかないと、出産後にはどうしようもできなくなってしまうんだ。出産後に離婚してしまう夫婦は、妊娠中にこの大事な作業を怠ったからこそ、夫婦で憎しみ合い、離婚してしまったにすぎないんだ。

 幸せにというものは、誰かを幸せにするからこそ、自分も幸せになれるんです。しかし、自分の幸せだけを追い求めると、幸せは消えてしまうんです。

 妊娠で手一杯だからといって、自分のことだけ考えていると、いつの日にか「悪魔のツケ」を払うことになるんです。妊婦生活の遣り方など、妊娠していれば、自然と解ってきます。だから、まずは自分の人間関係を良好なものに作り替えることです。妻にとって、自分の幸せの鍵を握っているのは、常にあなたの夫です。それをくれぐれもお忘れなく。

|

« 妊婦生活に幸運をもたらす「幸運の波動」 | トップページ | 第四章 妊娠期間中の特別な病気 »

不妊治療」カテゴリの記事

出産」カテゴリの記事

妊娠」カテゴリの記事

コメント

いや~、さすがタマティーさん!今週のブログはいつにも増して素晴らしいですね。プリントアウトして持ち歩きたい位です。

沖縄では、子供は「自分の子」ではなく、天からの「預かりもの」と考えられています。だから、育児は子供を育てるのではなく、神様を育てるのに他なりません。神様からの預かりものですから、大事にして当たり前、わがまま言われても、手がかかっても当たり前なんです。

 育児を通して親への感謝や忍耐強さを学ぶのですから、本当に子供は神様なのだと思います。ですから、方言で子供を〔童神(ワラビガミ)〕と呼びます。そんな風に子供を大切にしているから、沖縄は子沢山なのかもしれません。
 私の妹は、結婚して7年間で子供を4人生んだツワモノです。その点では頭が上がりません。負けてられないですね。


 タマティーさんは本当に日本の歴史だけでなく沖縄の食物や歴史、民習まで造詣が深くて驚いてしまいます。

 私もタマティーさんのブログからいいことをいっぱい吸収して、いい報告ができるように頑張りまっす!これからもよろしくお願いします。

投稿: さんにん | 2008年11月26日 (水) 13時36分

 「さんにん」さん、コメントありがとうございます!

 まさに「さんにん」さんの言うとおりなんです。
 自分の子供といえども、神様の預かりものと考えるからこそ、ちゃんとした子育てができるんです。
 それなのに、自分のお腹を痛めて生んだ子供だからって、自分の所有物のごとくに扱うから、育児で悲劇が起こりまくるんです。

 結局、理性の力が強くなりすぎてしまうと、どうしても人間は邪悪なことしかしてこないんです。
 確かに理性は大事ですよ。しかし、人間は理性だけで生きているわけではないんです。
 人間の赤ちゃんが神様からの預かりものだなんて、非科学的な見解ですよ。しかし、その非科学的な考えを持っているからこそ、育児をちゃんと行えるんです。
 科学的に書かれた育児書をいくら読んでも、まともな育児ができるわけがないんです。
 科学が発達していなかった昔でも、母親たちはちゃんと育児をしてました。その母親たちの経験の積み重ねの方が科学よりも遥かに大事なんです。

 そういう点では沖縄県は圧倒的に有利ですね。この世で本当に大切なことを教えてくれる母親たちやお婆ちゃんたちがいるんだから。

★★追伸★★
 それにしても、「さんにん」さんの妹さんはスゴイですね。7年間に4人も産んだんですか。
 「さんにん」さんも負けずに頑張ってくださいねsmile

投稿: タマティー | 2008年11月27日 (木) 06時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/496414/25380733

この記事へのトラックバック一覧です: 自分に「神の子としての自覚」があれば、妊婦生活はすべてうまくいく:

» 大学 偏差値 は入試・受験に有効 [大学 偏差値 は入試・受験に有効]
なぜ、偏差値が良く分からない人が多いのでしょう? [続きを読む]

受信: 2008年11月24日 (月) 09時50分

» 長谷川潤のこと [日々の気になるキーワード]
楽天から検索された商品限定期間の特大SALE中!★バカ売れ美脚ジーンズ★長谷川潤着用♪ViVi10月号掲載レッドペッパ…¥ 13,980オススメ度:★★★★  ※この商品はレビューを書くだけでクーポン券がもらえます。12月25日迄  素材 綿100% カラー ウォッシュインディゴ(画像...... [続きを読む]

受信: 2008年11月24日 (月) 14時28分

» 驚きの妊娠する方法 [不妊症の悩みはこれで解決!失敗しない妊娠術。]
たった3ヶ月間で妊娠できるってほんと?以前、苦労に苦労を重ねた上でやっとの思いで妊娠することができた、わたしの噂を聞いて、そんな質問がきたのです。そのとき、私はこう答えました。はい、誰でも99.9%妊娠できます。その方法をレポートにまとめ、今だけ全額返金保障特典きで差し上げています。手に入れたい!という方は、このページをじっくり読んでください。「失敗しない妊娠術」不妊治療経験者の92.7%(※)が犯しているある致命的な間違いから生まれた驚きの妊娠する方法※不妊治療経験者1,7... [続きを読む]

受信: 2008年11月24日 (月) 23時46分

» 妊娠初期は自覚症状がない [妊娠の兆候と妊娠中に気をつけたいこと]
はじめて妊娠した人はほとんどその初期には自覚症状はありません。風邪でもひいたのかなと思う程度の不快感はありますが、妊娠に気づくほどではありません。しかしなんとなくけだるく、敏感な人は、妊娠したのではないか、という予感を持ちます。ランキングに参加しています。... [続きを読む]

受信: 2008年11月25日 (火) 08時07分

» 大学 偏差値 は入試・受験に有効 [大学 偏差値 は入試・受験に有効]
なぜ偏差値が良く分からない人が多いのでしょう? [続きを読む]

受信: 2008年11月26日 (水) 07時25分

» 職場の人間関係改善マニュアル「メッセージ for スマイル」 [これが答えだ]
もしあなたが職場での人間関係にストレスを抱え死にたくなるほど悩まされているのなら・・・【職場の人間関係改善マニュアル】職場でのコミュニケーションが上手くとれていないなら・・・あなたが、口下手で、おとなしく、人と接することが苦手でも、相手の方から話しかけられたり、食事や飲み会に誘ってもらえるくらいに、コミュニケーションが上手くできるようになりたいのなら・・・。と思われるくらいに、状況に応じた話し方や...... [続きを読む]

受信: 2008年11月26日 (水) 20時09分

« 妊婦生活に幸運をもたらす「幸運の波動」 | トップページ | 第四章 妊娠期間中の特別な病気 »