« 妊娠中の貧血について | トップページ | 妊娠末期の痔には気をつけて »

妊娠中の悪性便秘

●なぜ便秘ではなく悪性便秘なのか?

 妊娠してお腹が徐々に大きくなっていくと、妊婦は便秘がちになる。この便秘の原因は、通常の便秘とは違い、「黄体ホルモンの変動の影響」を受けて腸の動きが低下してまうこと、もうひとつは胎児が腸を圧迫すること、この2つが相乗効果を起こして便秘になってしまうのだ。

 この便秘が通常の便秘とは異なるのが、妊娠期間中は、妊婦は大量に食事を摂取しているのに、それなら必ず排便が出る筈なのだが、大量に食べているのに、なぜ排便が出ないからである。そのために、異様にお腹が張るのである。これは通常の便秘とは異なり、悪性便秘というべきもので、この悪性便秘になると、ウンコどころか、オナラすら出て来ないのだ。妊娠前に便秘が癖になっている女性は、妊娠してからは悪性便秘になる可能性が高いと見ていい。

 便秘も悪性便秘も決して病気ではない。しかし、この状態を放置すると、人体に重大な悪影響を及ぼしてしまう。人間は小腸から栄養分を、大腸から水分を補給するのであるが、便秘になってしまえば、この小腸と大腸に老廃物と毒素が詰まってしまい、栄養分や水分の補給が困難に成り始めるのである。そのため、栄養分不足と水分不足で体が疲労してしまい、老廃物と毒素が溜まってしまい、それを引き金になんらかの病気を発症してしまうことになるのだ。

 妊娠中に悪性便秘になると赤ちゃんがその被害の直撃を受けてしまうのだ。母親が悪性便秘になっていると、豊富な栄養分も奇麗な水分も供給されてこないので、すべてが不足した状態で遣り繰りせねばならなくなり、発育が充分でなくなってしまうのだ。しかも、出産する際に、膨らんだ小腸や大腸の妨害を受けて、難産という形で生まれて来ざるをえなくなってしまうのだ。

 妊婦は妊娠中には便秘薬や下剤をしようすることはできない。流産の危険があるからである。それゆえ、薬に頼らずに自然な形でうまく悪性便秘を解消していかねばならないのだ。妊娠すると便秘が起こりがちになってしまうために、便秘を放置したり、便秘になんの対策も講じない妊婦が多いのだが、悪性便秘は病気の一歩手前にあると思うべきであって、病気になる前に、悪性便秘を解消しておくことだ。

●食事の形態を変えてみる

 なぜ、女性が便秘や悪性便秘を引き起こすかといえば、それは「食物繊維の摂取が不足し、しかも食物繊維を摂取する時間帯に問題がある」のだ。人間は穀物を主食としてきたのであり、この穀物には便秘を解消するだけの充分な食物繊維が含まれているのだ。しかし、それなのに、精白穀物にしてしまうがために、食物繊維が不足し便秘になってしまうのだ。

 それゆえ、悪性便秘を解消したいなら、主食から精白穀物を除去し、無精白穀物に変えてしまうことだ。「白米」から「玄米」へ、「白パン」から「黒パン」へと変え、「玄うどん」や「玄ソバ」や「黒パスタ」というふうに食物繊維がたっぷりとある無精白穀物に変えてしまうのだ。特に玄米の場合、玄米と押麦が半々の割合になる「押麦入り玄米食」にすると、もっとも悪性便秘を解消する主食になるのだ。

 それと主食の摂取の時間帯である。悪性便秘になるような妊婦は、朝食時において主食を食べることが、内臓の負担になっているのだ。それゆえ、朝食時での穀物をなくしてしまい、フルーツ朝食にしてしまうことだ。フルーツ朝食なら内臓への負担が非常に少ないし、栄養も補給でき、しかも内臓の疲労を回復させてあげることができるのだ。

 悪性便秘になっている妊婦は、朝食後はとにかく動き回ることだ。フルーツ朝食でちゃんと栄養を摂取しているのだから、動き回ることで炭水化物を消化吸収してしまうのだ。家事でも仕事でも午前中に集中してテキパキとこなしてしまうのだ。そうすれば内臓も活発になって排便排尿しやすい状況になるのだ。

 朝食に穀物やオカズを食べなかった分、昼食や夕食時には朝食の分まで大量に料理を食べてしまうことだ。その際、食物繊維の多い食べ物を多く食べてしまうことなのだ。バナナを食べたり、サツモイモをたくさん食べるようにすることだ。バナナは排便に物凄く効果があるし、サツマイモも翌日の朝の排便をスムーズにさせることであろう。味噌汁にはワカメをたっぷりと入れてしまうことだ。こういう料理を食べていると、悪性便秘が解消できるのだ。

●悪性便秘の対応策

①「朝1杯の水」と「天日塩入り根昆布湯」

 悪性便秘の対応策としては、まず何よりも朝起きたらコップ1杯の水を飲むことだ。そして「天日塩入りの根昆布湯」を飲むことだ。こうすることで内臓を刺激してやり、朝の排便をスムーズにさせるのだ。この些細なことを習慣化するだけで、悪性便秘は解消されていくのだ。朝食は朝の排便が終わらない限り、絶対に食べないことだ。

②便秘に効く食材

 次に便秘に効く食材を食べまくることだ。俺が多くの妊婦に試した結果、もっとも便秘に効果があるのは、「蒟蒻」なのだ。できれば、市販されている蒟蒻ではなくて、「手作りの蒟蒻」なのだ。市販されている蒟蒻は蒟蒻芋の成分が少ないみたいなのだ。手作り蒟蒻は自分で勝手に作らないことだ。手作り蒟蒻を作ったことのある「調理師」さんや「お料理教室の先生」や「農家のおばちゃん」に頼んで、作り方を教えてもらうことだ。手作り蒟蒻は教えてもらったとおりにやらないと、必ず失敗してしまうのだ。「手作り蒟蒻」を「刺身蒟蒻」にしたり、「味噌田楽にしたり、「煮物」に使ってもいい。この手作り蒟蒻を大量に食べさせると、いかに悪性便秘に悩まされていた妊婦でも、確実に悪性便秘を解消できるようになるのだ。

 「寒天ヨーグルト」も悪性便秘には絶大な効果がある食材である。便秘になる女性は、腸内でビフィズス菌が極端に少ないので、どうしても便秘になってしまうのだ。そこで寒天ヨーグルトを食べ、ビフィズス菌を補給してあげるのだ。寒天を水で戻し、そこに自家製のヨーグルトを入れ、その上に蜂蜜をかけて食べるのだ。寒天でなくとも、トコロテンでも構わない。ヨーグルトは市販されいるものを買ってくるのではなく、自宅でヨーグルトを作ることだ。低温殺菌牛乳を買ってきて、自宅でヨーグルトを作れば、翌日の朝にはちゃんと出来上がっているのだ。

 忘れてはならないのが、「キンピラゴボウ」である。キンピラゴボウは腸内を掃除してくれるので、悪性便秘になったら、食べまくることだ。「ヒジキ」も腸内を掃除してくれる優れ物である。ワカメと大根とタマネギをスライスにして「ワカメサラダ」にしてしまえば、加熱して料理することなく、大量の食物繊維が取れ、これらの食材が腸内を掃除してくれることだろう。また、妊娠中の悪性便秘は、黄体ホルモンの変動の影響をも受けているので、「大豆料理」をたくさん食べることだ。

③今まで食べたことのない外国料理を食べてみる

 悪性便秘になる妊婦の内臓は、今まで酷使され続けてきたために、内臓が疲労しきっているのだ。それゆえ今まで食べたことのない外国料理を食べ、その刺激によって内臓を活性化させるのだ。外国料理といっても、アメリカ料理やフランス料理やイタリア料理や中国料理や韓国料理は駄目である。例えば、「モロッコ料理」なんて日本人なら食べたことがない筈だ。こういう見知らぬ外国料理を食べると、内臓が活性化され、翌朝、大量の排便が出ることになるのだ。

④ウォーキング、そして裸足ウォーキング

 悪性便秘になったら、ともかく動きまくることだ。1日1時間以上のウォーキングは絶対に欠かさないことだ。歩けば血流が良くなり、それが腸の活動を活発化させ、排便に繋がるのだ。また、足の裏には便秘を解消する反射区があるので、晴れた日には裸足になって芝生の上を歩き回ることだ。裸足で歩くと反射区が刺激され、足の裏はポカポカになり、排便を促すようになるのだ。雪国の妊婦たちは、冬には裸足で歩けないので、風呂上りに足の裏をマッサージして、反射区を刺激すればいい。

⑤筋肉トレーニングとお風呂

 悪性便秘になる妊婦は、とにかく筋肉量が不足しているのだ。それゆえに、夕食後に筋肉トレーニングをしまくることだ。まずは「中腰スクワット」を100回以上やるのだ。次に仰向けになって寝て、足を垂直に上げ、10秒間制止する。そして、徐々に角度を下げながら、10秒間ずつ止めていくのだ。この「足上げフリーズ」をやると、腹筋がプルンプルンして鍛えられ、身重になっても、腹筋を鍛えることができるのだ。更に起きあがって、四股を踏むのだ。股間の筋肉を鍛えて、排便の際に踏ん張りがきく体にしてあげるのだ。

 筋肉トレーニングがおわったら、41℃のお風呂に入って、体を温めることだ。こうすると、筋肉がつきやすくなるのだ。また、お風呂から上がったら、頭と足をマッサージして、血流をよくさせるのだ。頭部は自分でマッサージをすればいいが、足は夫にやってもらおう。足のマッサージは必ず足元からマッサージしていくことだ。こうすると下半身に溜まった血液が上半身に流れてきて、全身の血流が非常に良くなるのだ。 

●睡眠時間を増やす

 悪性便秘をする妊婦は、とにかく睡眠時間が少ないのだ。人間の体は睡眠中に体を修復させて、活性化させるとともに、その際に生じた老廃物や毒素を排出させようとするのだ。それだからこそ朝起きたら排便が起こるのであるが、睡眠時間が少ないと、その修復作業ができず、体は修復されず、活性化されることがなくなってしまうのだ。そのために、腸が機能を低下させ、悪性便秘という形でその危険性を知らせているのだ。

 それゆえ、悪性便秘になったら、午後9時か午後10時には就寝してしまうことだ。この時間に寝てしまうと、睡眠時間を7時間30分以上取ることができるのだ。しかも、午後10時から午前2時までの間に成長ホルモンが分泌されるので、この成長ホルモンをフルで使えることができ、体の修復に使用でき、腸が活性化して、悪性便秘を解消させてくれるのだ。

 悪性便秘を患う女性はテレビを見すぎているのだ。夜に何か見たいテレビ番組があるなら、ビデオに録画してしまえばいいのだ。夜は夜更かししてテレビを見る習慣をやめ、早く就寝してしまう習慣が身につけば、低俗なテレビ番組を見ることもなくなるし、熟睡もできるし、悪性便秘も解消できるのだ。

 睡眠時間をたっぷりと取れば、排便は出てくるものなのだ。悪性便秘が解消され始めたら、追撃をかけるように、脇腹とお腹にカイロを貼ることだ。脇腹は肝臓の近辺で、お腹は臍の陰部の間あたりでいい。身重にになったら、腰にカイロを貼るようにすればいい。こうすると内臓が温まり、排便が順調にいくようになるのだ。

 悪性便秘はとにかく早目に手を打って解消させてしまうことだ。悪性便秘は悪化すると、最終手段は「浣腸」しかなくなってしまう。浣腸すれば、悪性便秘は確かに解消されるが、妊娠中は刺激の強い浣腸はなるべく控えるべきものだろう。浣腸する羽目にならないためにも、日々の食事をちゃんと摂取し、日々運動し、日々入浴し、そして毎朝排便することを心掛けることだ。

|

« 妊娠中の貧血について | トップページ | 妊娠末期の痔には気をつけて »

不妊治療」カテゴリの記事

出産」カテゴリの記事

妊娠」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/496414/25590120

この記事へのトラックバック一覧です: 妊娠中の悪性便秘:

» 追跡者('76)(追跡者ハリー・オー) [アメリカテレビ映画・テレビドラマ ふぉーえばー]
ハリー・オーウェルはサンディエゴ署の刑事だったが、犯人に銃撃され、背中の弾丸が取り出せないまま退職し、今は海辺のコテージに住み、リハビリを兼ねてこつこつと「ジ・アンサー号」を手作りする毎日を送っている [続きを読む]

受信: 2008年12月 2日 (火) 08時10分

« 妊娠中の貧血について | トップページ | 妊娠末期の痔には気をつけて »