« 妊婦の見えざる敵「ストレス」 ~ストレスが妊婦をダメにする~ | トップページ | 早期胎盤剥離 ~妊娠中毒症の慣れの果て~ »

軟産道未熟型難産 ~腰の細い女性は難産に気をつけて~

●都市生活が産んだ軟産道未熟型難産

 出産時に帝王切開など必要ない。帝王切開手術の99%以上は、医者が昼間に出産を終えておきたいという、個人的な要求から行われるものなのだ。しかし、それほど不要な帝王切開手術でも、帝王切開手術で唯一必要となるのが、「軟産道未熟型難産」を引き起こしてくる妊婦たちの出産である。

①腰が細く、妊娠中に足腰を鍛えていない妊婦

 「軟産道未熟型難産」というのは、難しいような用語に聞こえるが、要は、妊婦の中でも腰が細く、しかも、妊娠中に足腰を鍛えていない妊婦が引き越してしまう難産なのだ。腰が細くて、ただでさえ赤ちゃんが産道を通りにくいのに、妊娠中に足腰を鍛えていないために、出産に耐えられるだけの体力がなく、そのために難産になってしまい、しかも、赤ちゃんが産道を通ることができないという難産になってしまうのだ。そのために、こういう妊婦にだけは帝王切開手術が必要となってくるのだ。

②腰が細く、X脚の妊婦

 もうひとつ「軟産道未熟型難産」を引き起こす妊婦のタイプは、腰が細く、足がX脚の妊婦である。この手の妊婦は、通常の女性たちよりも身長が高く、常に猫背をしているのだ。そのためいつも前屈みの姿勢でいるので、足元がハの字の形になっていて、爪先に体重をかけず、踵に体重がかかっている状態になっているのだ。この生活を続けてきたために、子宮が子宮後屈になってしまい、産道の距離が通常の女性よりも長く、しかも、非常に狭いのだ。だからこそ、お腹の赤ちゃんが出て来れなくなってしまい、帝王切開手術が必要となってくるのだ。

 「軟産道未熟型難産」を引き起こすような妊婦は、妊娠発覚当初から解っているので、助産院に行ったら、必ず助産婦から改善策を施される筈だ。助産院では帝王切開手術ができないので、この手の妊婦には、妊娠中に足腰を鍛えさせて、帝王切開手術をしないで産まざるえないのだ。

 しかし、病院に行ってしまうと、この手の妊婦は帝王切開手術を必要としてくれる貴重な妊婦でなるために、妊娠中になんの指導もせず、それどころか安静指導を行って確実に「軟産道未熟型難産」になってくれるように仕向けるのだ。この部分は、助産院と病院の違いがはっきりと解る箇所なのだ。

軟産道未熟型難産の原因

①都会生まれで都会育ち

 「軟産道未熟型難産」の原因は、その女性が都会生まれの都会育ちであるということである。農村や漁村、林業や酪農業を営んでいる家庭で育ってきた女性たちに、こうまで腰が細くなる女性たちは絶対に生まれ育ってこない。都会だからこそ足腰を鍛えておらず、それどころかファッションモデルの姿を見て憧れて、更に腰を細くして、美しくなろうとし続けてきたからこそ、腰がより狭まってしまったのである。

②生活で足腰を使っていない

 「軟産道未熟型難産」を引き起こしてくる妊婦は、日頃から生活で足腰を使っていないのだ。そのためにまったくといっていいほど足腰が発達していないのだ。生活が余りにも便利になってしまったために、家事ですら敢えて足腰を使わないし、それなのに、外食の回数が多いから、足腰をまったく使っていないのだ。

③異常な座り方

 「軟産道未熟型難産」を引き起こしてくる妊婦は、異常な座り方をしているのである。椅子に座る時には、腰を立てず、腰を斜めにし、猫背になるような座り方をするので、骨盤が変形してしまっているのである。しかも、床に座る時は、正座をせずに「アヒル座り」をしてしまい、そのためにX脚になり、産道が狭まってしまうのだ。

④運動不足

 腰が細くてあっても、妊娠中に足腰を鍛えれば、「軟産道未熟型難産」にはならない。しかし、妊娠中になんら運動をしてこなっかたために、産道が狭まった状態のままになってしまい、そのために、「軟産道未熟型難産」になってしまうのだ。腰が細いからといっても、必ずしも「軟産道未熟型難産」にはならないのだ。

⑤足を組んでいると、骨盤がずれ、産道が狭まってしまう

 基本的には病気を何一つせず健康なのに、どうも腰痛がしたり、肩コリがひどかったり、頭痛がするというような女性は、いつも足を組んで座る習慣が身についているので、骨盤がずれてしまい、産道が狭まった状態になってしまい、「軟産道未熟型難産」になってしまうのだ。

軟産道未熟型難産は確実に難産が予想される

 「軟産道未熟型難産」を引き起こしてくる女性たちは、人類の歴史で、人類の体が想定していないような生き方をしているのだ。人類の歴史の中で、女性の骨盤がここまで、狭まるとは想定していなかったのだ。人類の歴史というのは、人類がいかに繁殖してきたかの歴史である。女性が赤ちゃんを自然分娩で産めなくなるという体が、もはや人類の歴史の中で異常事態なのだ。

 出生率の低さや少子化の問題が、マスコミでは何か政府が育児支援をしていないからという方向で報道がなされているのだが、出生率の低さや少子化の原因は、女性の体がもはや出産できる状態になっていないこそが原因なのだ。女性の骨盤がしっかりと発達していれば、その女性は年頃になれば結婚し、妊娠し、出産しようとするのだ。

 しかし、女性が大人になっても、正常に出産できるよう骨盤が発達していなければ、政府がどんなに育児支援をした所で、決して子供を産もうとしないのだ。骨盤が細いために、赤ちゃんが産道を出られないのだ。確実に難産が予想され、しかも、赤ちゃんが産道を通れないほどの難産なのだ。だから、帝王切開手術で産まざるを得なくなり、そのために、産みの喜びなど、まったく感じられないのだ。

 あなたが日本の都市部と地方を見比べてみればいいのだ。いかに都市で生活している女性たちの足腰に筋肉がついていないかが解る筈だ。実際に都市部で開業する整体師たちは悲鳴を発しており、最近の女性たちは、成人しているのに、骨盤自体が小学生や中学生レベルの骨盤しかしていないというのだ。これでは赤ちゃんを産む環境が整っていないから産まないということではなくて、女性の体が赤ちゃんを産める体になっていないからこそ、産まないのだ。

 骨盤が発達していない女性に無理矢理に出産させても、骨盤が発達していないために、出産後に急速に老化してしまうのだ。骨盤は血液を製造している器官なので、骨盤が発達してくれなければ、充分な血液を製造してくれなくなり、出産後に急速に老化してしまうようになるのだ。

軟産道未熟型難産の予防の仕方

 出産時に 「軟産道未熟型難産」を引き起こしてくる女性は、妊娠発覚当初から解っている。骨盤が発達していないのだから、臨月までに徹底して足腰を鍛えることだ。妊娠中に足腰を消えて行けば、確実に足腰が出産に耐えられるように発達して、帝王切開手術でなく自然分娩でちゃんと産めるのだ。

①腰パワーアップ運動

 腰パワーアップ運動とは、足腰を鍛え、足腰をパワーアップさせる運動である。遣り方は、スクワットを10回してから、寝転がり、両足の足の裏をくっつけて、腰のあたりまで持ってきて、それを両手で抱えて、更に前方に持っていくのである。そのままの姿勢で、深呼吸をし、息を吐ききったら、両手を離し、足を元の位置に戻すのだ。これを何度も繰り返していくと、無理なく骨盤を開かせることになり、産道が大きくなっていくのだ。

②四股を踏む

 四股を踏む動作も足腰を鍛えることになる。テレビを見ている時など、ただ座ってテレビを見ているのではなく、四股を踏んで、その場で腰の上げ下ろしをやったり、腰を捻ってストレッチを行ったりすればいい。足腰の筋肉が手に取るように鍛えられるし、ストレッチもできて、出産し易い体に変えていくことができるのだ。

③階段の駆け上がり

 腰の細い女性は、腰が細いだけでなく、足自体にも筋肉がついていないので、階段の駆け上がりを行って、足に筋肉をつけていくことだ。自宅から近い所に階段があるなら、そこに行って、階段を駆け上がればいいのだ。腰の細い女性は、階段を駆け上がるだけの筋肉がついていないので、これを繰り返していけば、足にしっかりと筋肉がついてくるのだ。

④ウンコ座りで歩く

 原っぱにいって、ウンコ座りをし、手で踵を持って、その姿で歩くのだ。こうすると、股間の筋肉が最大限につき、そのために産道が充分に鍛えられ、赤ちゃんが出やすいようになるのだ。このウンコ座りで歩くトレーニングは、臨月になったら特に強化して続けた方がいい。そうすれば出産時に踏ん張りが効く体にすることができるのだ。

⑤肉体労働を行う

 「軟産道未熟型難産」は筋肉トレーニングだけで防止するのではなく、家事や仕事で体を使って体を鍛えていくことによって防止した方がいい。家事も仕事も体を使う作業は自分から積極的に行い、家事や仕事をしながら体を鍛えていけば、「軟産道未熟型難産」を予防することができるのだ。

 また、家庭菜園を持って農業をしてもみたり、牧場に行って酪農を手伝ってみたり、手打ちウドンや手打ち蕎麦を作ってみたりして、足腰を鍛える作業を繰り返していくことだ。夫婦で行えば、楽しみながら、自分の足腰を鍛えていくことができるのだ。「軟産道未熟型難産」はそれだけ日頃から足腰を使っていないだけのことなのだから、出産までに足腰を鍛えていけば、ちゃんと無事に自然分娩することができるようになるのだ。

|

« 妊婦の見えざる敵「ストレス」 ~ストレスが妊婦をダメにする~ | トップページ | 早期胎盤剥離 ~妊娠中毒症の慣れの果て~ »

不妊治療」カテゴリの記事

出産」カテゴリの記事

妊娠」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/496414/26345035

この記事へのトラックバック一覧です: 軟産道未熟型難産 ~腰の細い女性は難産に気をつけて~:

« 妊婦の見えざる敵「ストレス」 ~ストレスが妊婦をダメにする~ | トップページ | 早期胎盤剥離 ~妊娠中毒症の慣れの果て~ »