« 夫が家事をしないのであるならば、家政婦を雇うことをケチらない | トップページ | 臨月のセックスは基本的に禁止 ~臨月でもできる夫婦の夜の愛し合い方~ »

妊娠後期になったら、たまには母親に来てもらう

●妊娠における母親の有難み

 妊娠後期になって、お腹が明らかに大きくなったら、たまには自分の母親に来てもらうのがいい。今後の妊娠や出産や育児のことで、母親からじかに教えてもらうためだ。妊娠や出産に関することは、自分の母親に訊くのが一番早いのだ。母と娘なら、なんの差し障りもなく、訊くことができるからだ。義母となら、こうはならないからだ。

 いくら初めての妊娠だからといって、すべてのことを自分一人でやってしまわないことである。他人の手助けを使って、巧く自分の負担を軽減させることなのである。妊娠して、「大変だった」「苦労した」といっている既婚女性たちは、他人の力を使わず、すべてのことを自分一人でやってしまったからこそ、大変になってしまっただけなのである。妊娠は他人の手助けを借りれば、「梃子の原理」で僅かな力で簡単に成し遂げることができてしまうのである。

 いよいよ迫ってくる出産に関しては、出産経験者からじかに話を聞いてしまった方が早いのである。出産経験者と話していれば、出産時に何をすべきかが解るのだ。母親は自分にとって最高の出産経験者なのだ。なんせ自分を産んでくれた唯一の女性だからだ。妊婦にとってはこの世でもっとも貴重な女性なのだ。

 自分の母親から、「自分が出産した時はこのようにした」ということを聞いていれば、妊婦の頭の中で妊娠から出産に向けてのプロセスが整理され始め、出産時に自分がやるべきことが解り、出産に関する不安が激減するからだ。女性の脳というのは、プロセスが頭の中でできあがらないと、非常に不安になってしまうのである。男性の脳のように、結果さえ良ければいいというふうには行かないのだ。

 そのために、早産になったり、難産になったり、異常出産をしてみたりと、健康な体の筈の妊婦が、自分の妊娠を安産に持ち込めなくなってしまうのだ。安産に持ち込んだ母親たちは、出産前に妊娠から出産前のプロセスが頭の中にきちんと描かれていたからこそ、巧く安産に持ち込むことができたのである。妊娠や出産では、女性として女性脳をきちんと使いこなすことがいかに重要かが解るというものだ。

●自分の夫を父親として承認してもらう儀式

 妊娠後期に自分の母親に来てもらうことは、もうひとつ「自分の夫と仲良くしてもらう」ということ重要な役目があるのである。自分の母親が自分の夫と仲良くしてもらうことで、夫に父親としての自覚を促していくのである。「自分の娘を結婚し、妊娠させた以上、きちんとちゃんとした父親になってください」ということを、無言のうちに圧力をかけていくのである。

 こういうことをきちんとしておかないと、夫は妻が臨月になっても父親としての自覚を持てず、出産日には仕事を理由に駆けつけなかったり、育児には一切放棄をしかけてくるのだ。よく離婚の理由に夫の育児放棄が問題視されるが、それは妻や妻の母親が妊娠中に夫を父親として育てていかなったことこそが、原因なのである。妊娠時にやるべきことをやらなかったツケが出産後に現われたにすぎないのだ。

 人間は自己完結することは有り得ないのである。自分が存在していくためには、自分よりも上位にある人の手助けが絶対に必要なのである。夫は男として、自分の父親から支配を脱し、結婚することによって新たな家族を構えた以上、夫の父親や母親から、一人前の父親として承認されるのは不可能なのである。夫を一人前の父親として承認することができるのは、妻の父親であり、母親なのだ。

 結婚に関しては、妻の父親が自分の娘をくれてやるという承認を与えたのである。そして、妊娠に関しては、妻の母親が「自分の娘の夫を新たに生まれてくる赤ちゃんの父親として認めます」という承認を与えねばならないのだ。この二つの承認が揃って、初めて夫は父親として承認されるのである。

 だからこそ、結婚後に妻の両親と会う機会を取っていかないといけないのだ。夫婦で妻の実家を訪れるなり、自宅に来てもらうなどして、親交を温めておくことが肝要なのだ。自分の両親と会う機会が多くなければ、夫は自分の両親と仲良くしてくれないのだ。人間の絆が形成され、強まるためには、たくさんの時間が必要なのである。結婚したからといって、何もしなかったら、夫は自分の両親と仲良くしてくれるわけがないのである。

●出産時に備えておく

 母親には出産時に来るのか訊いておいた方がいい。出産時に母親の手助けを借りることができれば、出産は非常に楽になるからだ。義母が来てもらうのもいいが、義母に対しては気兼ねしてしまうのである。やはり、自分の母親だからこそ、気楽になれ、リラックスした状態で出産することができるのである。

 勿論、出産には助産婦が手助けをする。その助産婦の手助けと、自分の母親の手助けを借りることによって、より良い出産を作り出すことができるのである。産湯の用意や、食事の用意などは、やはり自分の母親がやってくれた方が、安心できるのだ。そして何より、母親にとっては、孫の顔を一刻も早く見ることができ、至上の幸福を味わうことができるのだ。

 母親が出産日に来てくれるというなら、出産時に何をやってくれるのかを確かめ、母と娘でシュミレーションをしておくことだ。このシュミレーションというのが非常に大事で、出産前に出産の遣り方が出来上がっていれば、妊婦はなんの不安もなくなり、スムーズに出産することができるようになるのだ。

 助産婦から、出産する時はどうするのかということを教えられても、それは「知識」であって、それがあれば確かに有難い。しかし、母親が娘に教えているのは、「知恵」であって、母親がこのように実際に経験することによって得られた知恵を自分の娘に与えることによって、その娘は出産を頭で考えるのではなく、自分の体で理解できるようになるのだ。

 妊婦の頭の中で、出産の知識があったとしても、その妊婦はちゃんと出産できるわけではないのである。自分の母親から、自分も母親になっていjくために、継承すべきものをきちんと継承しなければ、巧い具合に出産することはできないのである。なぜなら、この継承を果たさなければ、妊婦は出産日を迎えても、未だに娘のままだからだ。母子手帳や妊娠マニュアル本の最大の落とし穴は、まさにここにあるのである。出産に関して、本当に大事なことは、決して文字化されることはないのである。女性が妻の地位に立つためには、結婚式という儀式必要なように、妻が母親になっていくためには、出産という儀式と、出産日前には自分の母親から自分が母親になるために何をすべきかを継承していく儀式が必要ななのである。

●母親としての最後の役目

 女性は赤ちゃんを産めば、そのまま母親になれるわけではないのだ。それはあくまでも肉体上の母親であって、自分が精神的に母親になっていくためには、自分の母親から母親になるために何をなすべきjかをきちんと継承していないと、ちゃんとした母親になることはできないのだ。この儀式をきちんとしておかないと、育児放棄をするは、児童虐待を働くは、子供がいるのに離婚してしまうは、子供が大きくなってもいつまでも子離れできない母親になってしまうのだ。

 妊娠や出産や育児の仕方や楽しみを教えるのは、母親としての最後の役目なのである。自分の母親が母親としての最後の役目をきちんと果たしてくれるからこそ、女性は母親になっていくことができるのである。結婚の本当の楽しさは、そうやって継承されていくのである。

 最近は、この母親としての最後の役目をきちんと果たさない母親が非常に多いのだ。「結婚は大変だ」「妊娠は大変だ」「出産は大変だ」「育児は大変だ」と、何をやらしても「大変だ!」「大変だ!」と言いまくるのである。自分の母親から、母親としての知恵を継承していないから、何をやらしても大変になってしまうのである。そして、こういう母親のもとで娘が育ては、結婚に希望を見い出せないから、結婚なんてせず、独身を貫いてしまうことであろう。自分の母親が母親失格なら、その娘は妻にも母親にもなれないのである。自分の娘が結婚しないということは、その母親が母親としての責任をきちんと果たしてこなかったということなのである。

 勿論、この世のすべての母親がまともな母親ではない以上、自分の母親が母親として失格の場合、自分の母親の代わりとして、自分の祖母や義母から「母親の知恵」を継承して母親になっていかねばならないのである。人間は自分の母親が母親として駄目なら、それを補完するシステムはきちんと存在しているのである。

 人間は自分独りで生きているのではないのだ。「お独りさま」を気取って生きる人生は傲慢以外の何物でもなく、人間の本質からもっとも反れた邪悪な生き方なのである。人間は群生動物である以上、自分独りだけで成長していくことは不可能なのである。自分が成長していくためには、常に自分よりも上位にある他人の手助けを必要とするのである。

 人間は勝手に自分独りで産まれてきたわけでもなく、勝手に自分独りで成長していけるわけでもないのだ。だからこそ、独りで生きていこうすれば成長がピタリと停止し、平等を唱えれば成長が完全に停止してしまうのだ。自分の心の中をいくら探っても、自分がいくら働いても、自分を成長させてくれるものなどないのだ。自分を成長させるものは、常に自分の外からやってくるのである。

 自分の母親からきちんと「母親の知恵」を継承して自分もきちんと母親になれた女性は、自分が産んだ娘が大きなれば、自分も自分の母親がやってくれたように、自分の娘に「母親の知恵」を継承し、自分の娘を一人前の母親にしていくのである。そうやって、「母親の知恵」は秘密の相続者限定の相続財産として、母系相続がなされているのである。現在の日本の家族形態の大半は、父系家族であるが、その父系家族は純粋な父系家族ではなく、母系家族的要素の加わった家族形態であり、父系家族に母系家族的要素が加わることによって、非常に壊れにくく重厚で強靭な家族形態を作り出しているのである。

 母親は育児を通じて一人前の母親になっていくのではないのである。最初の段階で一人前の母親として承認されるからこそ、育児を巧くこなしていくことができるのである。勿論、育児を通して学ぶことはたくさんある。しかし、子育ては母親育てというような馬鹿げたことには決してならないのだ。そういう母親は母親ではないのだ。いくら子育てをしても、母親になれるわけではないのだ。

 今回の妊娠と出産で、自分の母親からきちんと「母親の知恵」を継承できて、自分が一人前の母親になれたなら、自分も将来、自分の娘に対しては、「母親の知恵」を継承させていかねばならないのだ。それが母親としての最後の「聖なる義務」なのである。あなたなら、きちんとこの最後の「聖なる義務」をきちんと果たすことができるであろう。

|

« 夫が家事をしないのであるならば、家政婦を雇うことをケチらない | トップページ | 臨月のセックスは基本的に禁止 ~臨月でもできる夫婦の夜の愛し合い方~ »

不妊治療」カテゴリの記事

出産」カテゴリの記事

妊娠」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/496414/27088055

この記事へのトラックバック一覧です: 妊娠後期になったら、たまには母親に来てもらう:

» 出産予定日 [出産予定日]
出産予定日は出産の目安となる日のことです。最終月経の初日から数えて280日目(妊娠満40週)が出産予定日になります。最終月経の初日がわかっている人は、そこから280日数えれば出産予定日がわかります [続きを読む]

受信: 2009年1月23日 (金) 14時34分

» 育児放棄 [育児・ノイローゼ・相談ブログ]
妊娠後期になったら、たまには母親に来てもらうこういうことをきちんとしておかないと、夫は妻が臨月になっても父親としての自覚を持てず、出産日には仕事を理由に駆けつけなかったり、育児には一切放棄をしかけてくるのだ。よく離婚の理由に夫の育児放棄が問題視されるが、..... [続きを読む]

受信: 2009年1月23日 (金) 17時42分

« 夫が家事をしないのであるならば、家政婦を雇うことをケチらない | トップページ | 臨月のセックスは基本的に禁止 ~臨月でもできる夫婦の夜の愛し合い方~ »