« 我が子をアトピー性皮膚炎にしないために | トップページ | 第六章 身重になったら、生活だって変わります »

妊婦生活の成功の秘訣は、致命的なミスをしないこと

●何事も最初から完璧に行くことはない

 初めて妊娠した女性にとって、妊婦生活を経験した中でもっとも大事な教訓は、「何事も最初から完璧にいくことはない」ということなのである。初めての妊娠なら妊娠や出産について知らないことばかりなのである。結果的に安産で健康な赤ちゃんを生めたとしても、多くの疑問が湧いてくるし、「あの時、こうすれば良かったな~」と後悔の念が生じてくるのは当然のことなのだ。

 だからこそ、多くの母親たちは子供を1人だけ産むということをしないのだ。数人の赤ちゃんを産むことによって、妊娠や出産の遣り方を習得していくのである。どんなに素晴らしい出産でも、一人目の赤ちゃんは実験台なのである。2人目でよりミスを少なくすることができ、3人目でやっと一人前になれるのだ。何事も3回以上繰り返さないと、習得できないものなのだ。

 妊娠で要注意すべきなのが、大学を卒業した女性たちなのである。大学に進学してくるような女性たちは、子供の頃から勉強する習慣がついており、試験で高得点を取ってきたために、一度の妊娠ですべてが完璧に行くと思ってしまいがちだ。しかし、妊娠などやってみれば、どんなに知能の高い女性であったとしても失敗の連続なのである。学校の勉強では、すべての問題に答えがあるから、何度も失敗し、試行錯誤しながら、遣り方を習得していくということが身についていないのだ。勉強ばかりしていると、頭でっかちになり、すべてのことが完璧にいけると思い込んでしまうから、妊娠や出産や育児のような絶対に完璧に行くことのないことを経験するとノイローゼになってしまうのだ。

 だからこそ、子供の頃に勉強ばかりしているのではなく、スポーツをすることが重要なのである。スポーツをやれば、「最初から完璧に出来ると思うな」ということを徹底的に教えられるからだ。スポーツを通じて、失敗を繰り返し、試行錯誤を繰り返して、一人前になっていくことができるのだ。この世のすべては、頭の中でいくら考えても決してその通りには動いてくれず、寧ろ、体を動かし、失敗と試行錯誤を繰り返すことで、巧く行くように成り始めるのだ。

 それゆえに、妊娠中はスポーツをやりまくった方がいいのだ。体を動かしていれば、自然と妊婦生活でやるべきことが解ってくるのだ。いくら自分で考えても、いくら妊娠マニュアル本を読んだ所で、妊婦生活が巧く行くことはないのだ。体を動かし、汗を流し、頭部に溜まった血液が下に降りてくれるからこそ、妊婦生活ですべきことが解ってくるのだ。

●妊婦生活における初期値の重要性

 実を言ってしまうと、妊婦生活の初期の20%で、妊婦生活の80%は決定してしまうのだ。妊婦生活で様々なことをやり、様々なことが起こっても、妊婦生活で重要なものは、僅か20%なのだ。妊婦生活を成功させることができた母親たちは、この重要な20%の存在に気づき、それをきちんと押さえていったからこそ、妊婦生活を成功させることができたのである。

 その妊婦生活でもっとも重要なのが、「妊婦生活の哲学」なのである。その妊婦が「明確な未来のビジョン」を持ち、自分たち夫婦の未来図をきちんと描き持っているかなのである。自分たち夫婦がこういう家族を築きたいと思い描いているなら、妊婦生活では横道に反れたりはしない筈だ。自分たち夫婦の未来図があるからこそ、「成功するための心構え」を持つことができ、「物事を継続することの重要性」に気づき、「アマからプロへと転換」し、日々いかなる時も「向上心」を以て自分を向上させていくことができるのである。

 そして、「栄養バランスの取れた食事」をきちんと食べることである。特に妊娠中は葉酸などの栄養素が必要となってくるので、それらを多目に摂取していくことだ。栄養に関する知識がなければ、妊娠ではいかなる悲劇が襲いかかってくるか解らないのだ。例えば、早産を防止するには、この栄養素が必要だと解っていれば、それを摂取して早産を予防していけばいいのだ。

 食事を摂取したら、「家事とスポーツに精を出す」ことだ。妊婦にとって家事はどれをとってもいい運動になるのだ。「料理」「掃除」「洗濯」、どれをとっても、妊娠には効果のある運動になるのだ。スポーツも妊娠には効果があって、1日1時間のウォーキングや、筋肉トレーニングや、水泳などをし続けていれば、妊婦の体にしっかりと筋肉がつき、安産ができる体になっていくのだ。

 日中、体を動かしていれば、「睡眠が深くなり、熟睡できる」のだ。現代人は睡眠時間を短くする傾向にあるので、妊婦がその悪習に染まったら、妊娠の悲劇の危険性が高まってしまうのだ。お腹の赤ちゃんは母親の睡眠時にこそ、成長することができるので、母親が早寝をして、充分な睡眠を取ってくれないと、充分な成長ができなくなるのだ。

 更には、「妊婦の人間関係」である。妊婦の人間関係でもっとも大事なのは、夫であり、自分と夫との関係をいかに良好にしていくかということが、妊婦生活を幸せにできるかの分かれ道なのである。夫との関係さえ良好にしておけば、姑との関係もよくなるし、友達や職場での人間関係も良くなるし、優れた助産婦や妊婦フレンドにも巡り合うことができるであろう。

●妊娠をバラ色に考えるよりも、致命的なミスをしないことを考えよ

 妊婦生活で重要なものは、僅かこれだけなのだ。これらをきちんと押さえていけば、妊婦生活の80%は幸せにできてしまうものなのだ。学校の勉強の成績が良かった女性ほど、すべての分野に手を出して張り切ってしまい、妊婦生活において重要なものが一体何かが解らなくなってしまうのだ。

 妊婦生活を結果的に失敗させてしまい、妊娠の悲劇を起こしてしまう女性たちは、決して頭の悪い女性たちではないのである。寧ろ、頭のいい女性たちほど、妊娠の悲劇を起こしてしまうのだ。嘘だと思うなら、病院で流産してしまった女性や、早産で産んでしまい、我が子を保育器に入れてしまった女性たちの顔を見てみればいい。その女性たちも、知能が高い顔をしている女性たちがほとんどなのだ。

 成功とは、自分の夢を実現するだけでなく、致命的なミスをしないことでもあるのだ。学校の勉強のように、多くの科目があって、それらのすべてにおいて高得点を取ろうとするような勉強の仕方をしていると、自分にとって何が重要かということが解らなくなってしまうのだ。子供の頃から自分の得意分野を伸ばしていくような生き方をしていれば、すべての分野に手を出し、エネルギーを分散させてしまうというようなことはしない筈だ。

 人間はスーパーマンではないのだ。そしてスーパーマンになる必要性もないのだ。人間には無限の可能性も、無限のエネルギーもないのだ。人間には限定された可能性しかないし、有限のエネルギーしかないのだ。だからこそ、限られた可能性の中で、有限のエネルギーを有効利用していくしかないのだ。そうすれば、物事は成功することができるのだ。

 頭のいい女性たちほど、今まで学校の勉強が巧く行ってきたのだから、妊娠も巧く行くだろうと、思ってしまいがちだ。しかし、だからこそ、妊婦生活を失敗させ、妊娠の悲劇に襲われてしまうのである。妊婦生活をバラ色に考えるよりも、致命的なミスをしないことを考えた方が、結果的に巧く行くのである。こうすれば妊娠が失敗してしまうと解っていれば、それを回避して、自分が持っているエネルギーを集中させていくことができるのだ。そうやって妊娠にとって何が大事で、何が危険なのかが解ってくれば、自分のエネルギーを分散することなく、妊婦生活に有効的なものに自分のエネルギーを投入していけばいいのだ。だからこそ、妊婦生活の成果が大きくなっていくのである。

●妊娠では新しさよりも、古さを貫く

 そして妊婦生活の平凡な日々を楽しめばいいのだ。妊婦生活では体が不自由になるし、行動範囲も狭まるが、妊婦生活において楽しいことはいくらでもあるのだ。妊娠して笑顔が少なくなってしまっている妊婦は、妊娠のことだけに拘るからこそ、自分の顔から笑顔がなくなってしまうのである。どんなに正しく過ごしても、妊娠で100%満足できることばどないのだ。出産でも育児でも100%満足できることなどないのだ。人間は何をやっても不満はあるのだ。かといってその不満に注目して、自分を不幸と考えるべきではないのだ。

 妊婦生活で不機嫌になっている女性たちには、「夢」がないのだ。自分たちは夫婦は将来こういう家庭を築き、所得と資産はどれくらい欲しいというのが明確になっていないのだ。夢がないからこそ、新しいことにチャレンジしていくということをしなくなってしまうのだ。初めての妊娠なら、その女性にとってすべてがチャレンジの連続である。新しい発見が相次ぐ日々なのである。それなのに夢がなく、チャレンジをしなければ、妊婦生活を楽しむことなどできないのだ。

 人間は知能を高くしすぎてしまうと、人間としての本能が衰えてしまうのだ。人間は完成された進化を遂げた動物ではなく、進化の途上にある動物なのだ。確かに人間の高い知能は文明を創造する最大の原動力になった。しかし、その高い知能こそが、人間を不幸にさせてしまうのだ。知能が高くなれば本能が衰えるから、妊娠する喜びや、出産していく喜びや、育児をしていく喜びが失われてしまうのだ。なぜ、高学歴の女性ほど結婚もせず、妊娠もしないのか? なぜ高学歴の女性ほど帝王切開で出産しようとするのか? なぜ高学歴の女性ほど、子供を過保護に育てたり、児童虐待を働くのか? 答えは簡単である。知能を高くしすぎたからなのである。頭がいいばっかりに、人間としての本能が衰えてしまったのである。

 妊娠に新しいことはない。妊娠は既に経験済みなのだ。しかも、1人や2人の女性たちが経験済みなのではなく、何十億という女性たちが経験済みなのだ。だからこそ、妊娠でその女性の頭の良さなど必要ないのだ。大事なのは、経験者たちの経験則に従うことなのである。医者の最新の医学情報よりも、「母の知恵」なのだ。「老婆の知恵」なのだ。妊娠や出産や育児のことで、医者に聞いた所で、大事なことを知っている筈がないのだ。病院に勤務している医者が、自分の家庭で妊娠や出産や育児に精を出しているわけがないのだ。精を出してきたのは、母親であり、お婆ちゃんたちなのだ。

 妊娠では新しさを追求するよりも、古さを貫いてしまった方がいいのだ。神社で貰う腹帯だって古臭いものだ。しかし、多くの母親たちがそれを大事だと思ったからこそ、今に至るまで守り続けてきたのである。経済活動なら、新しさを追求して、別の手段を考えるものいいかもしれない。しかし、妊娠という大事な作業では、新しさを追求するから、大事な時にひっくり返ってしまうのだ。自分は頭がいいのだから自分勝手に歩くのではなく、母親や祖母たちの歩きに歩調を合わせるべきなのだ。その歩みの中にこそ、妊娠や出産や育児の本当の楽しさが隠されているのだ。

|

« 我が子をアトピー性皮膚炎にしないために | トップページ | 第六章 身重になったら、生活だって変わります »

不妊治療」カテゴリの記事

出産」カテゴリの記事

妊娠」カテゴリの記事

コメント

よーく解りました。妊娠・出産に学歴なんて必要ないんですね。
自分はたかだか短大ですが、「頭がいい人・勉強のできる人」に
価値をおいていました。
だから、生きていくうえで本当に大切なことは何かが見えて
いなかったんですね。
今では、私より「生活力」のある主人を尊敬しています。

実は昨日も失敗してしまいました。ある言葉の意味を聞かれ、
なんとなく想像で答えてしまいましたところ、一緒に居合わせた
方に「わからないなら、わからないって正直に言ったほうが好感がもてるわ。」と言って頂きましたcoldsweats01
どうやら、私はいつもそうらしく、知ったかぶりしているように
映るみたいです。は、恥ずかしかった・・・sweat02

こういうのも、下手な学歴とプライドを身に着けてきたからなんでしょうね。人に嫌われる要素をしっかり持っている・・・down

タマ様のブログを読ませて頂いて、しっかり人間関係能力を
身に着けていかないと、周りの人と巧くやっていけませんね。
今までどれだけ変なことしてきたんだろう・・・。恐ろしい。

投稿: ゆきりん | 2011年6月 3日 (金) 19時21分

 ゆきりんさん、ブリ大根は美味しいけど、知ったかぶりはおいしくないですな~。happy01

 女性が高学歴を持つことが、本当にその女性に幸福をもたらすかは疑問なものですよ。
 女性の体は19歳でピークに達するので、もうその時点から働くなり、結婚してしまった方がいいですからね。
 体力が最もあるあの時期なら、幾らでも無理が効きますから、なんだってできるもんですよ。
 
 知ったかぶりを阻止するためには、何か解らないことがあったら、辞書で調べる癖をつけることですよ。
 タマティーの書斎では一番使用頻度が高いのはズバリ「辞書」ですからね。
 それと恥を忍んで、相手に訊いてみることですよ。
 その場では恥になるけど、聞いてい仕舞えば、それで解決ですからね。

 最後に妊娠情報!
 胎児に必要な成長ホルモンは午後10時から午前2時の間に分泌されるので、午後10時には寝ておいた方がいいのですが、前置胎盤の場合はそれよりももっと早く、午後9時くらいに寝てしまうと、母親の体の疲労が十二分に取れて、それで前置胎盤が治る可能性が出て来るみたいです。
 妊娠9カ月目となると眠たくなると思うのですが、睡魔が襲ったら寝てしまった方がいいみたいです。
 前置胎盤は母親が睡眠中に治るみたいなので、眠りまくった方がいいみたいです。
 その分、起きている時は活発にうごきまくればいいんです。

投稿: タマティー | 2011年6月 4日 (土) 06時50分

また、素敵な情報有難うございますcrying
早速9時に寝れるよう、生活改善してみます。

うちは主人が無類のテレビ好きなので、遅くまで視ているんですが、何でもかんでも禁止にしてしまうと可愛そうなので、まだ
「やめなよ」とかの類は言っていません。その代り、私が疲れて早く寝るとか言っても文句も言わないですし・・・。

主人は8~9時くらいに帰ってきて、バラエティやスポーツニュースを視てから寝るのが日課です。
それも奪ったら可哀そうかなと・・・。テレビの危険性は徐々に
伝えていけたらと思っています。

今日は梅雨前の貴重な晴天sun!!
娘たちの土曜日学校が終わり次第、皇居の東御苑に行き、
芝生を思う存分フミフミrundashしてくるつもりです!!
大地のパワーを借りて、安産目指してまっしぐらです。
明日は、お墓参りに行ってまいります。

辞書ですか・・・。思いもつかなかったです。やっぱり基本が
大事なんですね。原点に返っていちからやりなおします。
あ~恥ずかしいcoldsweats01

月並みですが、いつも本当に有難うございます。
今週も有難うございましたheart02

投稿: ゆきりん | 2011年6月 4日 (土) 08時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/496414/26511413

この記事へのトラックバック一覧です: 妊婦生活の成功の秘訣は、致命的なミスをしないこと:

» みかん果汁で避妊余裕でしたwww [新年早々オレ早漏!]
河川敷でコートで隠してフェラとかクンニとかしまくって、最後はごっくんしてもらったw 気がついたら周りを気にせず立ちバックで中出しやったけどwww それで20万もらうとかオイシすぎw... [続きを読む]

受信: 2009年1月 7日 (水) 07時07分

« 我が子をアトピー性皮膚炎にしないために | トップページ | 第六章 身重になったら、生活だって変わります »