« 身重になったら、裸足で芝生の上を歩くべし | トップページ | 安産をしたければ、テレビを見るな ~テレビの視聴時間が長いと確実に難産になる~ »

妊婦にとってタブーな色は「黒色」

●新米妊婦の心の不安を映し出す色:「青色」と「水色」

 新米の妊婦にとっては、妊娠は初めてのことなので、妊婦の心の中には何かと不安がある。その妊婦の不安を現してくるのが、「青色」であり、「水色」であり、それらの色の服を知らず知らずのうちに着てしまうのだ。「青色」や「水色」は、妊婦にとって不安の象徴の色なのだ。

 しかし、妊婦が青色や水色のワンピースやマタニティードレスを着ていると、凄まじい「腰痛」や「頭痛」に襲われることになる。青色や水色の服は、その服を着ている本人の体温を下げてしまうので、どうしてもタチの悪い腰痛や頭痛を引き起こしてしまうのだ。初めての妊娠をした場合、既婚女性は青色や水色の服を敢えて選んでしまうので、自分が日々の服選びをする時は注意が必要なのだ。

 青色や水色の服は、何も妊婦だけが着ているのではない。若い女性なら青色のGパンを穿くことがオシャレになっている。だが、このGパンを穿く女性に限って冷え性で悩まされるのだ。なぜなら、青色のGパンは体を冷やしてしまうからだ。それ以外にも青色のGパンを履き続けると、「便秘」「盲腸」「生理不順」「子宮内膜症」「子宮筋腫」「子宮癌」を発症してくる。なんだか現代の若い女性を襲っている病気のオンパレードだが、青色のGパンを長期間にわたって穿き続けたために、下半身の体温が低下してしまい、それでその体の冷えを引き金とする様々な病気を発症してしまうのだ。

 確かに、下半身が青色のGパンで定まっていると、服選びが非常にしやすくなるのだ。毎日、全身の服を考えると非常に服選びが困難になるのだが、下半身が青色のGパンで定まっていると、考えるのは上半身の服だけなので、服選びの負担が軽減してくれるのだ。それでついつい青色のGパンを穿く習慣から抜け出せなくなってしまうのだ。しかし、その代償は非常に高くつくのだ。女性が青い色のGパンで体を冷やしてしまえば、いくらでも病気はやってくるのだ。

 もしも、独身時代に青色のGパンを穿く習慣を持っていたなら、妊娠してもそのまま青色のGパンを穿いてしまったり、青色や水色のワンピースやマタニティードレスを選んでしまいがちだ。元々、低体温になっているので、妊娠しても自分の体温を下げる服を無意識のうちに選んでしまうのだ。しかし、この悪い習慣に染まってしまうと、妊娠中に凄まじい腰痛や頭痛で苦しんでしまうことになるのだ。

●早産や難産に成り易い色:「黒色」

 様々な色の中でも、妊婦にとってタブーな色がある。それは「黒色」だ。早産や難産をしでかす妊婦たちは、黒色を好んで使っているのだ。「服」だけでなく、「バッグ」や「靴」や「マニュキア」や「アクセサリー」など、至る所で黒色を使っているのだ。確かに黒色のスーツは決まっているし、黒革の財布はオシャレではある。しかし、その代償が早産であり、難産であるのだ。

①黒色はもっとも体温を下げる

 黒色はすべての色彩の中でもっとも体温を下げてしまうのだ。高体温を必要とする妊婦にとっては絶対に使用してはならない色なのである。黒色は低体温を引き起こすのに、その女性の体温が低体温で固定されてしまうと、敢えて黒色を使ってしまうのだ。低体温の身だと、低体温にしてくれる黒色がもっとも落ち着くのだ。女性は33以降はどの女性も体温を徐々に低下させていくので、オバサンに限って黒色の服を好んで着ているのだ。

②女性にとっては運気を下げてしまう

 男性にとって黒色は自分の精神を高め、指導者の地位に立つという意味を持った色である。そのため男性は好んで黒色の服を着ることになる。しかし、女性にとっては黒色は運気下げてしまう危険な色なのだ。妊娠も安産も運がいいからこそできるものなのである。それなのに妊娠中に運気を下げる黒色の服を着てしまえば、その妊婦の運気は下がり、早産や難産になってしまうのだ。ひどければ流産になってしまうのだ。流産を引き起こす女性も、やはり黒色の服を好んで着たり、黒色のバッグを持ち歩いていたりしているのだ。

 三十路を過ぎても独身でいる女性は、服やバッグや財布にやたらと黒色を使っている。だから運気が上がらず、結婚運が低下してしまい、結婚ができなくなってしまうのだ。不妊症の女性もやはり黒色の服やバッグや財布を身につけてしまっている。だから、普通の既婚女性ならば難なく妊娠できるのに、不妊症で苦しんでしまうことになるのだ。

②黒色はリセットの色

 女性にとって黒色の服はまったく使わないわけではない。黒色の服は、「ファッションのリセット」の服なのだ。女性は黒色の服を着て、自分のファッションをリセットし、ファッションレベルを上げていくのだ。これは女性ファッション誌を見ても、1年に1度か、数年に1度の割合で、必ず黒色の服の特集を打っている。ファッショナブルな女性ほど、たまには黒色の服を着て、自分のファッションのリセットを行ってしまうのだ。

 しかし、だからといって妊婦が黒色の服を着てしまえば、妊娠までリセットしてしまうことになりかねないのだ。黒色の服には勿論、利点はある。それは体をスリムに見せるということだ。26歳以降、女性は徐々に太り始めるので、女性が意図的に使い出してしまうのだ。そのため、26歳を過ぎている妊婦は、自分の体をスリムに見せるために、無意識のうちに黒色の服を着てしまい、妊娠をリセットさせる危険性を高めてしまうのだ。

●結婚と妊娠で女性の意識も変わる

①結婚すると保守的になる。妊娠すると更に防御的になる。

 独身の頃はファッショナブルな女性でも、結婚してしまうと、ファッションは落ち着いたものになってしまう。それは女性は結婚すると保守的になってしまうからだ。いい意味で捉えるなら、大人の女性になったということであり、悪い意味でいうなら冒険を冒さなくなったともいえるのだ。

 更に既婚女性が妊娠すると、女性はお腹の赤ちゃんを守るために防御的になってしまうのだ。結婚で保守的になった上に、妊娠で防御的になってしまえば、ファッショナブルとはいかなくなってしまうのだ。そのため、マタニティードレスなどは、若い頃の服とは違って、ひどすぎるくらいにトーンが下がった服になっているのだ。

 そういう服を日々着ていれば、自分の気持ちのトーンも下がってしまい、青色や水色や黒色を敢えて選んでしまうのだ。こういうことを繰り返していると、低体温になってしまい、度が過ぎれば、引っ込み思案になってしまうのだ。そしてより暗い服を選んで着てしまうようになるのだ。

②女同士で張り合うことがなくなった。

 女性が結婚することによって生じる大きな変化は、女同士で張り合うことがなくなってしまったということである。男性は女を巡って、他の男性たちと争うことによって強くなろうとするが、女性も男を巡って、他の女性と争うことによってオシャレになっていこうとするのだ。女性がオシャレであればあるほど、男性の愛を貰いやすくなり、愛を貰えば気分が高揚して、赤ちゃんを孕みたいという気持ちになるからだ。女性がこの生存競争に勝ち抜かないと、その女性のファッションが垢抜けないのだ。

 しかし、女性も結婚してしまえば、この競争がなくなるので、ファッションが落ち着いたものになってしまうのだ。それゆえ、結婚したら、夫婦二人きりだけでいるのではなく、ちゃんと女性の友達を作ったり、意図的に正装で出席する会合やパーティーに出席しておかないと、ファッションレベルが上がらなくなってしまうのだ。

③夫の服の色に釣られてしまう。

 結婚すれば夫婦は同居するし、妊娠中は夫に守られたいという願望が強くなる。そのため、妻が夫の服の色の釣られてしまうのだ。男性の服の色は黒色や紺色といった暗めの服が多い。それは男性であるがゆえだし、夫の服が暗めだからこそ、妻の服を明るくできるのだ。それなのに、妻が夫の服の色に釣られて、暗めの服を着ていたら、妻の体温は低下し、気分まで落ち込んでいくのだ。

●ストレスの発生源は自分がオシャレではないから

 既婚女性は、結婚することで、妊娠することで、女性の意識も変わるのだ。しかも、大いに変わるのだ。既婚女性が独身女性の気分のままで結婚生活をしていたら、トラブルは続出してしまうし、既婚女性が結婚や妊娠で自分の意識が変わったことを無視してしまえば、更なるトラブルが続出してきてしまうのだ。

 妊婦が妊娠中に人間関係でトラブったら、相手の対応ではなく、自分のファシッョンを疑ってみた方がいい。恐らく、黒色の服やバッグや財布を身につけている筈だ。妊婦が妊娠中に体がどうも不調で、腰痛や頭痛に悩まされているなら、自分のファッションを疑ってみた方がいい。恐らく、青色や水色の服やバッグや財布を身につけている筈だ。

 自分が暗い服を着ていれば、人間関係で揉めてしまうものだ。自分が暗い色のバッグや財布を見つけていれば、体調だっておかしくなっていくのだ。初めての妊娠の場合、妊娠中のストレスの発生源は、自分がオシャレではないことにあるのだ。余りにも妊娠に気持ちが奪われて、自分のファッションを置き去りにしすぎてしまったのだ。

 勿論、その女性は結婚前にはそれほひどいファッションをしていたわけではないのだ。寧ろ、オシャレな女性であった筈だ。オシャレな女性でない限り、結婚などできないからだ。しかし、結婚することで、妊娠することで、自分の意識が変わったことに、本人が気づいていないのだ。

 自分の精神の変化に、自分のファッションが対応しきれていないのだ。何も結婚してファッションにかけるお金が少なくなったとかいう理由ではないのだ。お金の問題ではないのだ。お金がいくらあっても、自分の精神の変化に気付かなければ、ファッションはチグハグなものになってしまうのだ。

●妊娠してもオシャレを忘れないこと

 妊娠中でもオシャレはできるものだ。自分の精神の変化に気づき、それによって自分を変えていこうとするなら、お金の多寡に関わりなく、オシャレはできるのだ。そして、妊婦の場合、黒色は基本的に避けることだ。青色や水色も可能な限り使用を控えることだ。放置しておくと、ついつい選んでしまう色彩なので、意識して制限を設けておくべきだろう。

 妊娠中は肌が健康的になっているので、化粧は乗らないのだ。だから、服に重点を置いてオシャレをするのだ。できれば、「ピンク色」や「赤色」の服を着ることだ。自分が妊娠できた喜びを、自分の服で表現すればいいのだ。ピンク色のマタニティードレスを着れば、どんな妊婦だって気分がウキウキになってしまうことだろう。赤色のマタニティードレスを着れば、どんな妊婦だって情熱的になってワクワクする出来事がたくさん訪れてくることだろう。

 自分の家事や仕事がどんなに忙しくとも、毎朝、日々の自分の姿を鏡でチェックすることだ。自分が暗めの服を着ていたら、すぐさま着替えることだ。結婚して未だに子供が生まれていない場合、自分の服にとやかく注文つけてくれる人は、自分の夫しかいない。しかし、その夫が自分の服に注文をつけてくる周期は、ハレー彗星が地球を訪れてくる周期でしかないのだ。自分の夫が自分の服にとやかくいうようだったら、自分の服は相当ダサい服を着ていることになるのだ。

 バッグや財布も明る目のものにしよう。妊娠中はとにかく黒色のバッグや財布は避けることだ。バッグは着ていく服で大いに変動するものなので、バッグの手持ちが少ないと、どうしてもバッグのファッションレベルが上がらず、それに引き摺られて、自分のファッション全体もレベルが下がってしまうのだ。ファッション誌や店先でいいバッグがあったなら、経済的に許す限り、買っておくことだ。バッグは女性がファッションの仕上げの最後に最大に迷う部分なので、バッグのアイテム数が多い女性の方が、オシャレになってしまうのだ。

 財布も黒色は避けるべきだし、青色や水色も避けておいた方がいい。青色や水色をの財布を持っていると、それこそ湯水のようにお金が流れ出ていってしまうのだ。かといって財布が赤色だと、家計は火の車になってしまう。財布の色は、「黄色」がベストで、「黄土色」や「茶色」がそれに次ぐようになる。財布の寿命は「3年」なので、古い財布をいつまでも使っておかないことだ。買い物をしたら、その夜に必ず財布を整備して、レシートや領収書をどけておくことだ。財布を奇麗にしておくと、財運が良くなるので、新たなるお金が入ってくることになるのだ。

 妊娠中は革靴には気をつけておいた方がいい。革靴は黒色が多いので、妊婦の場合、どうしても足元から冷えてしまうのだ。特に、妊娠後期に足元を冷やすと、早産や難産の確率を高めてしまうのだ。革靴は黒色以外の靴を履くことだ。日常生活では明るい色の運動靴を履いて、とにかく動き回って、自分の体温を上昇させていくことだ。

 赤ちゃんが生まれる前までに、明日着ていく服やバッグや靴は、前日の夜に準備しておくという習慣を身につけておこう。前日の夜のうちに準備をしておけば、睡眠中に明日やるべきことが頭の中で整理されて、起床後直ちに労力や時間を無駄にすることなく、活動することができるからだ。朝になって今日着ていく服選びをして迷っているようであったなら、労力と時間の無駄だし、しかも、その後の活動が巧くいかないのは目に見えているのだ。

 赤ちゃんの子育てをして疲労困憊になっている母親たちは、ほとんどすべてが前日の夜に明日着ていく物の準備をしていないということでは共通しているのだ。赤ちゃんの子育てが巧くいっている母親たちは、どれも前日の夜に明日着ていく物を準備していく習慣がちゃんと身についているのだ。些細なことかもしれないが、妊娠中に明日やるべきことの準備は前もってしておくという習慣が身につけてしまえば、出産後の育児は非常に楽しいものになるのだ。

|

« 身重になったら、裸足で芝生の上を歩くべし | トップページ | 安産をしたければ、テレビを見るな ~テレビの視聴時間が長いと確実に難産になる~ »

不妊治療」カテゴリの記事

出産」カテゴリの記事

妊娠」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/496414/26894624

この記事へのトラックバック一覧です: 妊婦にとってタブーな色は「黒色」:

« 身重になったら、裸足で芝生の上を歩くべし | トップページ | 安産をしたければ、テレビを見るな ~テレビの視聴時間が長いと確実に難産になる~ »