« 妊娠後期になったら、夫に家事の仕方を教えておく | トップページ | 妊娠後期になったら、たまには母親に来てもらう »

夫が家事をしないのであるならば、家政婦を雇うことをケチらない

●家事を手伝うか否かは、夫の育ってきた環境が決める

 世の中には、妻が妊娠後期に入って体が自由に動かせなくなると、積極的に家事を手伝う夫や、妻に頼まれたとだけはする夫や、妻に頼まれたことの半分だけする夫や、一切家事を手伝わない夫や、本当に様々な夫たちがいるものなのである。夫婦がいれば、夫婦の数の分だけ、夫婦の有り様があるのだ。

 夫が家事を手伝うか否かは、夫婦が決定して決められるだけでなく、実は夫の育ってきた環境が決めてしまう部分が大きいのだ。結婚とはその夫婦が勝手気儘に作り出せるのではなく、実は夫婦双方が知らず知らずのうちに、自分たちが育ってきた家庭環境を再現しようとしてしまうのだ。

 だから結婚は、似たような家庭環境で育った者同士が結婚するのが一番いいのだ。金持ちは金持ち同士、貧乏人は貧乏人同士で結婚するのが、結婚後のトラブルを最大限に少なくする最善の方法なのだ。夫婦関係で致命的なトラブルを起こしていない夫婦は、ほとんどが同じ家庭環境で育ってきた夫婦なのである。愛は万能ではないのだ。いかに激しい恋愛をした所で、それが結婚に発展するとは限らないのだ。人間は愛の「出し方」「貰い方」も、両親の育て方にもっとも影響されてしまうのだ。

 妊娠後期に入った後で、揉め易い夫婦は、妻が夫といえども家事を手伝うのは当たり前と思い、夫は妻が家事をするのは当然であると思っている夫婦である。妻の方が、母親の権限が父親よりも強い家庭に育った場合、妻は夫といえども家事をするのは当然と思ってしまうのだ。夫の方も、母親が専業主婦だと、夫は家事をしない傾向にあるのだ。

 このような家庭環境の違う家庭で育った夫婦は、結婚すれば当然に家事の分担で揉めてしまうことだろう。妊娠後期に現われてくるトラブルは、ただ単に夫が家事を手伝ってくれないという問題ではなく、その夫婦が今後、結婚を維持していくには、余りにも育って家庭環境が違いすぎるという根本的な問題なのである。

●夫が家事をしないのであるならば、家政婦を雇う

 こういう場合、妻が妊娠後期に入っても、夫が家事を手伝ってくれないのであるならば、家政婦を雇ってしまえばいいのだ。夫が家事を手伝ってくれないことに腹を立てても、それは夫に妻への愛が不足しているわけでも、嫌がらせをしているわけでもないのだ。そういう習慣がないだけなのだ。

 しかも、家政婦を雇うのは、意外と安い。夫婦のトラブルを家政婦を雇うことで回避できるのであるならば、非常に安い出費なのだ。経済的に裕福であるならば、妊娠後期に入ってから雇えばいい。家政婦を選ぶ時のポイントは、「相性がいいこと」「命令をちゃんと聞くこと」「料理が旨いこと」が最低条件である。まだ新婚生活冷めやらぬうちなので、家政婦は住み込みではなく、通いの家政婦で充分である。

 妊婦にとって家政婦が本当に必要になるのは、出産日前後だけでなので、経済的に余裕のない夫婦も、夫が家事を手伝わないのであるならば、出産日前後だけ特別に家政婦を雇ってしまえばいいのだ。家政婦を雇うだけで、出産日前後のドタバタが非常に解消されまくるのだ。

 家政婦の料金は、夫のお小遣いから出す。これは当然の措置だ。夫に家事を手伝ってほしいといっているのに、家事を手伝わないのだから、夫は家政婦を雇って自分の代行役にすればいいのだ。妻が家事を手伝ってほしいといっているのに、家事を手伝わなければ、夫婦喧嘩に発展しやすい。お金で夫婦喧嘩を回避できるなら、非常に安い出費なのだ。

 夫が家事をする習慣がないのに、家事をさせようと改造することは絶対にしないことだ。家事をしない男性は、往々にして仕事で全力を投球してくる男性なのだ。こういう夫には家事でエネルギーを使うより、仕事で稼いでくれた方が、家族の所得が上昇していくことになるのだ。

●家事は男女平等ということは絶対に有り得ない

 男女平等に取りつかれて、家庭内の家事の分担を平等に負担するより、自分たちの夫婦にとってベストな選択肢を選ぶことだ。自分たち夫婦がどのような選択肢を選んでしまうかは、その夫婦の育ってきた家庭環境にあるのだから、まずは自分たちの両親の姿を参考にするのが、もっとも優れた選択肢を選ぶことができるようになるのだ。

 家事の分担を平等にした所で、将来、夫が妊娠するわけでもないのだ。いかなる夫婦であったとしても、やはり家事は妻が主導権を持って行ってしまった方が、家事と仕事の双方で生産性が上がるというものだ。ただ、妻が困った時には、夫が手助けをしてくれればいいというだけなのだ。もしも、夫に家事を手伝う習慣がないのなら、家政婦を雇って夫の代役にすればいいのだ。

 男女平等の理念が正しく、男女平等の遣り方が間違っているのではないのだ。男女平等の理念そのものが間違っているのである。男女は明明白白なまでに不平等に創られてしまっているのである。人間を不平等にしたのは、人間の力でも、政治やや経済や社会が作り出したものではないのだ。神様が人間を不平等に作ったのである。それゆえ、男女の平等を実現するのは、いかなる者であっても不可能なのだ。いかに強力な国家権力を用いても、男女平等を実現することは不可能なのだ。平等を唱えれば、神の祝福が拒絶され、人間は誰もが悪魔になっていくだけなのである。

 我々にできることは、人間の不平等性を受け入れ、男女の性差を巧く利用しながら、有益なものを作り出していけばいいのだ。人間は不平等にできているという「神の摂理」に従い、男女の性差を巧く利用して、男女双方が能力を発揮できる公平な社会や経済や国家を築き上げていけばいいのである。そういった意味では、男女は「公平」なのである。「平等ではなく公平」という、この世の真理に目覚めれば、人間は自分の人生が成功し始めるのである。

 我々日本民族は、結婚すれば、夫を家長にし、妻が家庭内の実権を握ることで、家庭内の平安を保ってきたのだ。その家庭内の平安を、なんの実績もない男女平等という理念でブチ壊してはならないのだ。我々の祖先が築き上げてきたものを頑までに守り続けることなのである。男女平等を唱える国ほど、夫婦間暴力や児童虐待や離婚や殺人が多いものだ。男女平等は結局、結婚や夫婦や家庭といったものを破壊せずには気が済まないのだ。なぜなら、男女平等は異性に対して凄まじいまでの憎しみを持っているからだ。では、どうして人はこれほど危険な男女平等を唱えてくるのか?

 それは、「人間は自分に夢がないと、必ず平等を唱え始める!」のだ。

 自分に夢がないゆえに、すべての人間を平等にするという異常極まりない夢を持ち始めるのである。人間を平等にするなどというのは、自分の本当の夢ではなく、「偽りの夢」でしかない。その「偽りの夢」で自分の頭を洗脳してしまうのである。だからこそ、平等を唱えると、自分の精神的な成長がピタリと止まるのである。なぜなら、自分が本当にやりたい夢がまったく存在しなくなってしまうからだ。

●最高レベルの幸せと豊かさ

 「自然的マテニティーライフ」では、最初に妊婦が「明確な未来のビジョン」を持つことの重要性を説いた。なぜなら、それこそがその妊婦を幸せにし、豊かにしていくことに、最大の効力を発揮するからだ。人間は目標が定まっていれば、いずれそこに到着できるが、目標がなければ、いずれは脱線してしまい、自分の幸せや豊かさを破壊することを平気でやってしまうのだ。だからこそ、自分たち夫婦の将来のビジョンを明確にし、そこに向かって夫婦二人で歩き出すべきなのである。

 大事なことは、妊娠や出産や育児で、夫婦双方がウキウキワクワクの状態を作り出してしまうことなのである。この状態になれば、妊娠も出産も育児もすべてが巧く行き始めるのである。それなのに、男女平等を唱えて、夫婦がいがみあう状況になってしまったら、妊娠も出産も育児も最悪になってしまうのである。幸せな人生を送りたいのであるならば、「平等イデオロギーの洗脳」に引っかからないことである。

 人生における最高レベルの幸せと豊かさは、夫婦の二人の心が、調和し、明確な目標の達成に向かって動き出した時に生まれるのだ。夫婦の将来のビジョンを、夫婦二人で共有し、共鳴し、協調し合うと、爆発的なエネルギーが生まれてくるのだ。これこそが、太古の昔より、無数の夫婦が引き出してきたエネルギーなのであり、それによって無数の幸福を創り上げ、国家を繁栄に導き、文明を発展させてきたのだ。

 夫が後顧の憂いなく、夫が仕事で活躍できるように努め、仕事で成功がもたらせるように仕向ける妻は、その人生において最高の幸運の連続になる。妊娠したからといって、何も自分の持てるエネルギーのすべてを、妊娠に投入する必要性はないのだ。妊婦期間において、妻が自分の全エネルギーを投入するのは、出産日当日だけなのである。

 何もかも夫に頼むのではなく、自分でできることは自分で処理してしまうことだ。いくら妊娠後期に入ったとはいえ、家事を行うのが不可能になるような妊娠など起こりはしないのだ。自分がやるべきことをやたt上で、もしも、自分で処理しきれないことがあるなら、その時は夫に頼んで、夫の力を借りればいいのだ。そして、家事の分担の問題で、夫婦二人の心が離れ離れになってしまうような時は、家政婦を雇って他人の手助けを借りればいいのだ。家事の分担の問題とは、実は僅かな金額で済む問題なのである。

|

« 妊娠後期になったら、夫に家事の仕方を教えておく | トップページ | 妊娠後期になったら、たまには母親に来てもらう »

不妊治療」カテゴリの記事

出産」カテゴリの記事

妊娠」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/496414/27087998

この記事へのトラックバック一覧です: 夫が家事をしないのであるならば、家政婦を雇うことをケチらない:

« 妊娠後期になったら、夫に家事の仕方を教えておく | トップページ | 妊娠後期になったら、たまには母親に来てもらう »