« 「おしるし」が出たら、睡眠をたっぷりと取れ! ~出産直前の長時間睡眠こそ、安産を決定づける~ | トップページ | 出産日当日の午前中には必ず体を動かしておくこと »

出産日当日は必ず排便をしておく

●排便の有る無しが出産の命運を分ける

 妊娠後期になると、お腹が大きくなり、お腹の赤ちゃんがただでさえ内臓を圧迫して便秘になるのに、更に出産の兆候が出ると、お腹の赤ちゃんは下方へとポジションを移すので、より大腸を圧迫して排便の出が悪くなり、最後のトドメは「おしるし」が出た後で、お腹の赤ちゃんがもっとも下方に下がってくるので、大腸を圧迫して、排便を困難にさせるのだ。

 結論から言ってしまうと、「おしるし」が出た翌日の排便の有る無しが出産の命運を分けてしまうのだ。安産で産む妊婦のほとんどが出産日当日にきちんと排便をしているのだ。これに対して難産になる妊婦のほとんどが出産日当日にきちんと排便が出てしないのだ。「おしるし」が出た後は、いつ破水が起こってもおかしくないので、この妊娠の最後の時期に排便を必ずしておくというのは、妊婦に課せられた最後の仕事なのだ。

 というのは、ウンコが大腸に詰まっていると、赤ちゃんを押し出す力が非常に弱まってしまうのだ。大腸にウンコがあると、丁度、子宮口の広がりを邪魔して、子宮口の広がりを遅くさせてしまうのだ。しかも、お腹の赤ちゃんが産道を通って行く際にも、産道の広がりを邪魔してしまい、巧く産道が広がらないようにさせてしまうのだ。

 大腸にあるウンコはただ邪魔だけではないのだ。大腸にウンコがあるということだけで、そこにエネルギーを取られてしまうのだ。出産のために自分の持っている力をすべて出し切れることがなくなってしまうのだ。便秘の女性に限って体を重く感じられ、パワーが出ないのだが、それは大腸の中にウンコがあるというだけでエネルギーを吸い取られてしまっているからなのだ。

 出産時には体は奇麗な水分を使って、出産を行っていくのであるが、便秘になってしまうと、大腸が汚れているので、奇麗な水分を供給できなくなってしまうのだ。そのため腎臓が機能を低下させ、体の各器官は汚い水分のために充分に動くことができず、しかも、疲労物質が出ても巧く回収してくれないので、疲労しきった状態で、出産を行わなくてはならなくなってしまうのだ。

●臨月に入ったら、朝の排便をきちんと行っておく

 こういうことが出産直前に起こらないためにも、臨月に入ったら、朝の排便をきちんと行っておくことだ。排便には習慣性があるので、臨月になっても、いつもどおりに排便をすることが出来ていれば、出産直前になって、いくらお腹の赤ちゃんが大腸を圧迫したからといって、いきなり便秘になるということはなくなるのだ。

 毎朝ウンコをすることこそ、臨月に入った妊婦の最重要の仕事なのである。大腸にウンコがなければ、破水が来た後、子宮口の広がりも良くなるし、産道も順調に広がってくれて、お腹の赤ちゃんは最短時間でお腹の中から出て行くことが可能になるのだ。出産にかけた時間が短ければ短いほど、妊婦にとっても、赤ちゃんにとっても、体力の損失が少なく、体力が有り余った状態で出産を終えることができるのである。

 特に「出産の兆候」が現れると、お腹が張った状態になるので、排便のリズムに乱れが生じるが、こういう時でも朝の排便をきちんと行っておくことだ。通常よりもウンコの量が少なくてもいいから、必ず朝食前にウンコをしておくことである。朝食前にウンコが出てさえくれれば、朝食後にも再びウンコを出すことができるのだ。

 「おしるし」が出た翌日以降は必ず排便をしておくことだ。「おしるし」が出た後は、いつ破水が起こるか解らないからである。一番多いのは「おしるし」が出た翌日の午後に破水するので、だからこそ必ず排便をしておくことだ。「おしるし」が出たその日の夕食には、食物繊維の多い食材を多く食べるとか、玄米の量を増やすとかして、排便が確実に出るような配慮をしておくことだ。

 排便には習慣性があるので、臨月に入ってから、便秘になってしまうと、ズルズルと排便が長引いてしまうのだ。それゆえ、排便が困難になってきたら、すぐさま手を打って、排便をスムーズにさせる努力をすることである。臨月になったら、「出産の兆候」や「おしるし」が出て来るというのは解っているのだから、今まで自分の人生で培ってきた便秘解消テクニックを駆使して、排便ができるようにしてしまうことだ。

●出産直前の便秘解消の方法

①「天日塩入り根昆布湯」を飲む

 出産直前の便秘を解消する方法といっては、なんといっても「天日塩入り根昆布湯」を飲むことである。出産直前には根昆布湯を飲みながら、根昆布を食べてしまうことである。根昆布に含まれるミネラル成分によって、より排便しやすくさせるのだ。天日塩は内臓を引き締めてくれるので、天日塩によって大腸が刺激され、排便を促すのだ。

②食事を多目に摂取する

 「おしるし」が出た日の夕食は、必ず「押麦入り玄米食」にし、そのご飯を多目に食べることだ。ご飯を大量に食べると、それだけ大腸は活発に動かざるを得なくなるので、ウンコが押し出されてしまうのだ。しかも、押麦にも、玄米にも、食物繊維が豊富に含まれているので、大量に食べれば大腸の内部を掃除してくれて、ウンコを吐き出してくれるのだ。

③スポーツをする

 ウォーキングをするとか、筋肉トレーニングをするとか、ストレッチをするとかして、とにかく体を動かして、血行を良くして、排便がしやすいようにさせてあげることだ。妊娠も妊娠が最終段階に入って、体重は重いし、お腹も出ているだろうが、こういう時こそ億劫がらずに、きちんと体を動かして、排便しやすいようにさせてあげることだ。

④睡眠時間を長くする

 睡眠時間が短ければ、内臓は巧く作動することができない。それゆえ、睡眠時間を長くして、内臓を巧く作動させて、翌朝の排便を確実にすることである。妊娠も最後になれば、午後9時には就寝してしまうことである。この時間に床に入って眠れば、睡眠中に内臓はきちんと機能してくれて、翌朝には大量のウンコを出すことができるのだ。

⑤大腸を刺激する

 「おしるし」が出た翌日になっても、ウンコが出ない場合、大腸のある所を、指で押して、大腸を刺激することだ。大腸にウンコが入っていれば、そこがパンパンに膨らんでいるので、そこを左上から右下へと大腸をなぞるように、指で押していくことだ。これを何度も繰り返していると、便意がやってきて、ウンコが出るようになるのだ。

●浣腸の使用

 「おしるし」が出た翌日以降から、いつでも破水が起こる可能性があるので、もしも、どうしてもウンコが出ない場合、そのままの状態で出産に及んでしまうと、出産時に力んだ時に、ウンコが出てしまうのだ。勿論、こういうことが起こらないように、助産婦は事前に肛門に栓をしてくれるのだが、かといってやはり大腸にウンコを溜め込んで出産に臨むべきではないのだ。大腸にウンコがあれば、出産の邪魔だし、妊婦もエネルギーを全開にして出すことができないのだ。

 そこで提案なのだが、「おしるし」が出た翌日以降に排便が困難になった場合、浣腸の使用を考えてもいいのではないか? 妊婦に浣腸をして、ウンコを強制的に排出させれば、出産時は非常に楽な状態になり、子宮口も産道も順調に広がってくれて、妊婦のパワーを全開にできるのだ。

 そして何より、出産時に便意を催したり、排便をしてしまうことを避けることができるのだ。出産時に排便する妊婦もいるけど、できれば出産時にはウンコをしたくないものだ。出産時にウンコをしてしまうということは、それだけ出産に邪魔な物を大腸に溜め込んでいたということにすぎないのだ。

 10代や20代の妊婦なら排便が困難になるということはないが、妊婦が30代や40代になってしまえば、どうしても便秘になってくる妊婦が出て来るので、そういう妊婦たちにも肛門に栓をするという方法のままでいいのかということに関しては大いに疑問である。出産日当日に浣腸をしてしまい、強制的に排便させてしまった方が、出産中に便意に襲われることもなくなるし、出産を安産に持ち込むことができるのだ。

 勿論、出産直前の妊婦たちは、浣腸のお世話にならないように、日頃から排便をきちんと行えるようにしておくことだ。毎朝、きちんとウンコをしてさえいてくれれば、いつ破水が来ても、自分の出産力を最大にすることができ、自分の出産を安産にすることができるのだ。出産日当日の排便こそ、妊婦に残された最後の仕事なのである。

|

« 「おしるし」が出たら、睡眠をたっぷりと取れ! ~出産直前の長時間睡眠こそ、安産を決定づける~ | トップページ | 出産日当日の午前中には必ず体を動かしておくこと »

不妊治療」カテゴリの記事

出産」カテゴリの記事

妊娠」カテゴリの記事

コメント

タマティー様heart01

お久しぶりです。タマティー様のおかげで無事妊娠&出産することができましたheart04
でも出産中肛門が外れそうな痛みがありました。
私は直腸瘤があるみたいで排便は会陰を指で押さないと全部はできらないですsweat02
できてしまった直腸瘤ですが、便秘を改善すれば元の形に戻りますか?

投稿: プミポン | 2014年3月19日 (水) 16時12分

プミポンさん、出産おめでとうございます!heart04lovelyheart04bellbell

多分、腸内環境が悪かったのでしょう。
お腹をマッサージして、ウンコが出易いようにすることですよ。
それと発酵食品を食べて腸内細菌を増やした方がいいです。
糠漬けとか納豆とか味噌汁とかを多めに食べるといいです。

とにかく便秘をしないように。
便秘さえしなければ、自然と治るものですよ。

投稿: タマティー | 2014年3月19日 (水) 18時36分

タマティー様shine
分かりました!アドバイスありがとうございます。
便秘に気をつけて様子をみてみようと思います。
治すぞ~!

投稿: プミポン | 2014年3月21日 (金) 21時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/496414/27339021

この記事へのトラックバック一覧です: 出産日当日は必ず排便をしておく:

« 「おしるし」が出たら、睡眠をたっぷりと取れ! ~出産直前の長時間睡眠こそ、安産を決定づける~ | トップページ | 出産日当日の午前中には必ず体を動かしておくこと »