« 初乳は必ず「黄金の母乳」を | トップページ | 産後の母乳の出が悪ければ、出産後に「ビタミンC」を大量に摂取しよう »

赤ちゃんに母乳を与える意味

●赤ちゃんが泣くから母乳が出る

 母親が育児をするということは、母乳を赤ちゃんに与え続けるということである。母乳育児こそが、育児の基本中の基本である。母親が母乳を赤ちゃんに与えることよりも重要なことなんて、育児には存在しないのだ。母親が赤ちゃんに母乳を与えれば、育児は軌道に乗り始め、母親が赤ちゃんに母乳を与えるのを拒否すれば、育児は基本を外して、様々なトラブルが生じ始めるのだ。

 赤ちゃんにミルクを与えようとしたら、赤ちゃんがミルクを飲むたびに料金がかかってくるが、母乳は赤ちゃんがいくら飲んでも無料である。しかも、いくらでも出て来るのだ。母乳は赤ちゃんが泣くと、母親の脳内から母性ホルモンが分泌され始め、それが乳房を刺激して、母乳が出るようになっているのだ。乳房の大きな女性であるならば、赤ちゃんが泣き声を聞いただけで、母乳が乳首から水平発射されるほどに、勢いよく大量に出て来てしまうのだ。

 それゆえ、新米ママにとっては赤ちゃんの泣き声は非常に重要で、赤ちゃんが泣いてくれれば泣いてくれるほど、自分の脳内を刺激してくれて、母性ホルモンがより多く分泌されるようになるのだ。赤ちゃんの泣き声は決して無駄な泣き声ではないのだ。母親にとって自分をちゃんとした母親にしてくれる大事な声なのだ。

 それゆえ、授乳は「定時授乳」ではなく、赤ちゃんが泣くたびに授乳していけばいいのだ。赤ちゃんが泣けば自分の脳内から母性ホルモンが分泌され、それによって母乳が出て来るのだから、赤ちゃんにとっても充分な母乳を得ることができるようになるのだ。赤ちゃんは大人のように定時にになって食事をする習慣などないのだから、授乳は不定時に成らざるをえないのだ。

 生まれてからは当面の間、赤ちゃんが泣くたびに授乳をしていくという形になるが、授乳に慣れていけば、赤ちゃんの顔や仕草を見るだけで、赤ちゃんが母乳を欲しているかが解り、それ以降は赤ちゃんのサインを基準に母乳を与えていけばいいのだ。母性ホルモンの分泌が順調に成り始めると、そういうサインすら母親として見分けられるようになるのだ。

●赤ちゃんにとって母乳がどうしても必要な理由

①免疫学的理由

 赤ちゃんにとっては母乳はどうしても必要である。その中でも最大の理由が、「免疫力をつける」ことである。赤ちゃんがこの世界で生きていくためには、母乳から母親の抗体を貰って、免疫力をつけていくことでしか、免疫力を得ることができないのだ。これだけは母乳以外に変えられないのだ。

②栄養学的理由

 次には赤ちゃんにとって母乳は栄養学的に優れた飲み物であって、赤ちゃんは母乳によってのみ、健康的な成長が可能になってくるのである。母乳は最初から濃い物が供給されるのではなく、薄い物から、段々濃くなっていって、濃い物が提供され、その間に赤ちゃんは内臓を母乳に対応できるよう変えていくことができるのだ。

 しかも、母乳には赤ちゃんにとって必要な栄養素がすべて含まれていて、赤ちゃんは母乳であるなら、なんの栄養素も不足することなく育つことができるのである。ミルクがどんなに栄養価の高い飲み物であっても、ミルクは所詮、母乳に近づけようとして作ったものなのである。それゆえ、生後6ヵ月を過ぎてしまうと不足する栄養素が出始め、だからこそ、生後6ヵ月から離乳食が必要となってきてしまうのである。赤ちゃんにはまだ1本の歯も生えていないというのに、無理矢理に離乳食を飲みこませようとするようになってしまうのである。

③心理学的理由

 赤ちゃんにとって母乳を貰い続けるということは、母親が母親として成長していってくれるので、赤ちゃんは母親に守って貰えるという「赤ちゃんなりの安心感」を獲得でき、ストレスを最大限低下させることができるのだ。赤ちゃんは1人の女性しか母親として選ばない。いくら祖母であっても叔母であっても駄目で、他の母親では代わりが効かないのだ。

 人間の赤ちゃんはどんなに健康な姿で生まれようとも、すべて未熟児状態で生まれてくるのである。なぜなら、進化の過程で脳を巨大化させてしまったから、生後すぐに歩行できる体をしていないのだ。それゆえ赤ちゃんが歩けるようになるまで、ズーッと母親の庇護のもとにいなければならないのであって、赤ちゃんにとって母親に守られるということは、ストレスを軽減させて、自律神経を正常に作動させていく大事なことなのである。

●母性ホルモンの活躍

①自分の体型が出産前の体型に戻る

 母親にとっても、母乳を授乳し続けることは非常に重要な意味を持ってくる。まずは赤ちゃんに授乳させることで母性ホルモンが分泌され、それによって妊娠と出産で膨らみに膨らんだ体型が、出産前の体型に戻るのだ。これは非常に重要な作業で、これが起こらないと、子宮や腰の具合が悪くなってしまい、その後の生活で重大な支障を来たし始めるのである。赤ちゃんが母乳を飲んでくれるからこそ、自分は体型を元に戻すことができるようになるのである。

②母親らしい体型になっていくことができる

 それととも、徐々にではあるが、自分の体型を「母親体型」に変えていくことができるようになるのだ。女性は出産することで、育児をしやすい体型に体を変えていき、母親体型になることで育児を最善の形で行おうとするようになるのだ。出産した女性が、いつまでも未婚のような女性の体型でいるのは褒めたものではなく、そういう女性は育児を手抜きして、育児をちゃんと行っていない母親なのだ。

 但し、母親体型になって気を付けるべきことは、正坐をなるべくしないこと、それに歩く習慣を常に持っておくことである。なぜなら、母親体型になることで、少し体重を増やし、体の重点を下げてくるので、それによって育児をしやすい体型になれるのであるが、その反面、膝に体重がかかってしまい、膝の故障で悩む可能性が出て来るのだ。

 出産した女性に限って膝の痛みで悩むのは、自分の体型が変わったのに、それに対応する生活習慣を整えなかったからなのである。出産した女性が膝を故障してしまうと、歩けなくなってしまい、肥満が加速していくので、まだ若いうちから正坐をするのを避け、日頃からウォーキングをして、体を鍛えておくことだ。

③乳癌や子宮癌の防止

 女性ホルモンは女性の体を女らしくして美しくしていく反面、体を冷やしてしまうという副作用があるので、女性は出産しないと乳癌や子宮癌になってしまう危険性が高くなってしまうのだ。赤ちゃんを出産した女性には、母性ホルモンが分泌され始めるので、その母性ホルモンの作用によって体が温まり、女性ホルモンの副作用を緩和してくれ、乳癌や子宮癌の発症を防いでくれるのだ。

 乳房も授乳することで使用されるので、癌細胞が発生する余地がなくなってしまい、子宮も妊娠と出産を経験することで、癌細胞が発生する余地がなくなってしまうのだ。人間のどの器官も使用すれば細胞が活性していくので、癌細胞が発生してくる余地がなくなるのである。だからこそ、乳癌や子宮癌を防ぐことができるのだ。

④更年期障害や骨粗鬆症の防止

 女性は女性ホルモンの分泌が低下し始めると、体調が急激に悪化し、その過程で更年期障害を発症したり、骨粗鬆症を発症してしまうのだ。更年期障害を発症してしまうと、女性は自分の精神になんら問題を抱えていないのに、鬱状態になってしまい、自分のすべての人間関係を破壊していってしまうのだ。そのため、40代や50代といった人生の爛熟期に様々なトラブルを自分から発生させ、自分の人生を窮地に陥れてしまうようになってしまうのだ。母性ホルモンの分泌は、その急激な女性ホルモンの低下を緩和して、更年期障害を阻止してくれるのだ。

 女性が50歳を過ぎると骨折しやすくなるのは、女性ホルモンが分泌されなくなったために、骨を維持するホルモンがなくなってしまったからなのである。だから、女性はちゃんと赤ちゃんを産んで、母性ホルモンが分泌されるようにし、骨粗鬆症が発症しないようにするべきなのだ。

 但し、赤ちゃんを産んでも骨粗鬆症になる女性は、日頃から「白米」を食べ、甘いお菓子が大好きな女性たちなのだ。白米を食べ続けると、体が酸化してしまい、それによって骨からカルシウムが流出しやすくなり、甘いお菓子を食べ続けていると、歯からエナメル質が溶けてしまうので、出産したら白米をやめ玄米に変え、甘いお菓子を控え、どうしても甘いお菓子を食べたいのであるならば、白砂糖ではなく黒砂糖や蜂蜜でお菓子を作って食べればいいのだ。

●母性愛を育んでいく

⑤母性愛を育み、自然と育児の仕方が解るようになる

 そして、母親が赤ちゃんに母乳を授乳させる最大の効果は、母性愛を育み、自然と育児の仕方が解るようになることである。赤ちゃんを産んだ母親にとって、赤ちゃんが母乳を飲んでくれるたびに、自分の脳内から母性ホルモンが分泌され続けるので、自然と自分が母親らしい母親に成長していくことが可能になるのだ。

 母性愛は母親らしい母親になれたからこそ、自分の心の中から湧き出してくるものであって、その母性愛が出て来るからこそ、自然と赤ちゃんへの対応の仕方が解り、赤ちゃんにとって最適な育児の仕方が解ってくるのだ。育児の仕方なんて、育児マニュアル本を読んだ所で、巧くできるものではないのだ。母親が赤ちゃんに母乳を与え続ければ、自然と育児の仕方が解ってくるのだ。

 母性愛は育児の中でもっとも大事なものである。母性愛は「絶対肯定の愛」である。赤ちゃんに何か価値があるから愛そうとするのではなく、赤ちゃんがこの世に生きていてくれるだけで嬉しくなってしまい、赤ちゃんに無条件で注いでいってしまう愛なのだ。この母性愛があるからこそ、赤ちゃんをいかなることがあっても守ることができ、赤ちゃんの不具合や病気をすぐさま察知して対処することができる母親になることができるのである。

 母親は赤ちゃんを産めば、その赤ちゃんが五体満足で健康な赤ちゃんだろうが、難病を抱えて生まれてきた赤ちゃんだろうが、五体不満足で身体障害者の赤ちゃんだろうが、いかなる赤ちゃんだったとしても母性愛を注ごうとするのだ。なぜなら、母性愛は絶対肯定の愛だから、赤ちゃんが生きていてくれるだけで嬉しいのだ。

 ほとんど人々は恵まれた状態を当たり前と思いこんでいるのだ。難病のある赤ちゃんがいる母親を「大変だ!」と思ったり、身体障害者の赤ちゃんがいる母親を「可哀想に!」と思ってしまったりして、自分を高い場所に置いて、高慢になっているのだ。母親であるならば、その赤ちゃんがどんな赤ちゃんであったとしても、愛を注ぐのは当然なのだ。なぜなら、母性愛は無条件で愛を注ごうとするからだ。

 難病の赤ちゃんがいる母親や、身体障害者の赤ちゃんがいる母親を蔑んででしまうのは、もはやその人の心の中に母性愛の蓄積がなくなっているということなのである。人間の心の中から母性愛がなくなってしまえば、自分を絶対に肯定することができず、自分を絶対的に否定するようになり、他人をも絶対的に否定するような生き方しかできなくなってしまうのである。

 いくら恋愛至上主義に徹して恋愛を賛美するのは構わない。イケメンに「キャーキャー!」言うのも構わない。しかし、そういった愛は価値ある者にしか注げない愛であって、母性愛よりも遥かに劣るものなのである。人間が持てる愛で、母性愛よりも価値ある愛など、この世には存在しないのである。

 女性が結婚して、妊娠して、出産して、やっと自分の心の中から母性愛が出て来るのである。自分が産んだ赤ちゃんがどのような赤ちゃんであったとしても、母性愛が出て来ている母親は、母性愛を注いでしまうのである。このような本当に素晴らしい愛を出すことができるからこそ、自分の精神が成長していき、今まで見えなかったものが見えるようになり、今まで解らなかったものまでもが解るようになっていくのである。母性愛を出せるようになるということは、自分の精神に偉大なる変革が起こっているということなのである。

|

« 初乳は必ず「黄金の母乳」を | トップページ | 産後の母乳の出が悪ければ、出産後に「ビタミンC」を大量に摂取しよう »

不妊治療」カテゴリの記事

出産」カテゴリの記事

妊娠」カテゴリの記事

コメント

いつも貴ブログにて勉強させて、頂いております。
今日の母性愛の話は感動して涙がでました。
私は先週に出産したのですが、病院を退院したのちに義理の家族の家にお世話になり、母乳以外は義理母に赤ちゃんを取り上げられ、取り上げる割には、オムツの処理、沐浴の準備などを私にさせて、新しいオムツをするのや、着替えなどいいとこどりをされて嫌だな。と思っていたところです。
あと家の雑用をいろいろと頼まれ、義理母のほうが赤ちゃんの本当の母親みたいになっていました。でも今日のブログで元気でました。
本当にありがとうございました。

投稿: ゆきねこ | 2009年2月20日 (金) 11時56分

 「ゆきねこ」さん、コメント有難うございます。そして出産おめでとう! 赤ちゃん生まれて本当に良かったですね!!happy01

 「ゆきねこ」さんの気持ちは非常によく解ります。
 10ヵ月間、妊娠し続けたら、やっぱり自分で育児をしたいものですもんね。育児って失敗してもいいでんすよ。育児なんて、実際にやってみれば、失敗の連続ですよ。でもその失敗があるからこそ、徐々に育児が巧くなっていくんです。
 お姑さんがいくら育児の仕方を知っていても、自分が手出ししちゃいかんのです。アドバイスだけでいいんですよ。そうしないと、お嫁さんはいくら時間が経っても育児が上達しないんです。お姑さんは育児の仕方を知っていても、息子の嫁の育て方を知らんのですな。

 そこでタマティーからのアドバイスです。

1,夫婦でこのことを話し合うこと
 自分の旦那さんに、お姑さんの行動はストレスになっていることをきちんと告げて夫婦で話し合うことです。できれば、夫婦と赤ちゃんの3人で暮らした方がいいです。
 嫁姑のトラブルが発生するのは、同じ家の下で暮らすからこそ発生するのであって、別々に暮らせば、嫁姑双方はきちんと距離を取れるようになるんですよ。

2,お姑さんに感謝すること
 お姑さんがいれば人間関係で揉めるけど、お姑さんがいなければ孤軍奮闘ですよ。自分の思い通りの育児ができなくても、お姑さんの手助けがあるからこそ育児が楽になっているという面もあるんです。だから、お姑さんの行動を肯定的に見て、感謝することです。そして、感謝は必ず口に出して言うことです!
 出産して母性愛が出て来ると、赤ちゃんに母性愛を注げると同時に、絶対に肯定したくない人が現われてくるんですね。これこそ母性愛の試練ですよ。自分の母性愛が本物かどうか神様が試しているんですよ。でも、そういう人にはすぐさま肯定なんてできやしないもんですよ。
 しかし、自分が絶対に肯定したくない人を肯定できるようになると、自分の精神レベルが上がって、より多くの母性愛を出せるようになり、そして、今の自分では想像できないくらいのたくさんの幸福がやってくるんです。

 2つのアドバイスはまったく矛盾しているように見えるアドバイスですが、「ゆきねこ」さんがこのどちらを選択しても、今の「ゆきねこ」さんが抱えている問題はすべて解決できるようになっています。

 ちなみに、赤ちゃんがお姑さんになついているように見えるのは錯覚だと思います。赤ちゃんは自分の母親の香りを記憶して、母親を一人しか選ばないからです。赤ちゃんも、この「お婆モンスター」の攻撃に慣れるのに必死になっているだけです。smile

投稿: タマティー | 2009年2月21日 (土) 06時47分

タマティー様
温かいありがたいコメントありがとうございました。
確かに義母が赤ちゃんを抱っこしているときなど「取られた」という感じがして嫌だと思っていたんです。
この感情を醸し出していたのが母性愛だったんですね。
沐浴の後に義母の方針で白湯を赤ちゃんに飲ませていたのですが、いつも私に「白湯持ってきて」と催促し、ミルトンのくさい臭いのするほ乳瓶で義母が赤ちゃんに無理やり飲ませていて、納得のいかないものがあり、思い切って、旦那のいるところで「クールダウンのために母乳を飲ませたい」と言ってみました。そうしたらそうさせてくれました。
おもしろいことに母乳を飲ませると赤ちゃんのほてった体があっという間に平熱に戻りました。
話はそれましたが、私は二番目の選択肢でいきたいと思います。
義母だって悪気はないですし、何よりも狭義の母性愛から赤ちゃんと自分のためにも社会的な人間関係を包括する広義の母性愛というものを体験したいからです。
コミュニケーションを密にして私の意見をガマンしないで述べ、義母のことも肯定していく。
軌道にのるまでギクシャクすると思いますが、頑張ります。赤ちゃんからは毎日学ばさせてもらっています。
本当にあ

投稿: ゆきねこ | 2009年2月22日 (日) 07時01分

タマティー様
母乳育児を楽しんでるプミポンです!
母乳で子供にアレルギーが出ないか心配しているのですが
卵や牛乳や大豆(豆乳等)を食べても大丈夫でしょうか?
食べてはいけないものや控えた方がいい食べ物ってあるのでしょうか?


投稿: プミポン | 2014年4月 9日 (水) 04時47分

プミポン さん、母乳育児は楽しいので、どんどん楽しんで下さい。happy01

食べてはいけない物は食品添加物が入っている物ですよ。
食品添加物を摂取してしまうと、体内からなかなか排泄されないので、それで母乳を通して赤ちゃんの方へ行ってしまうんです。

それと同時に果物や穀物や根菜類、植物油、肉や魚、という正食になる物をしっかりと食べておくことです。

育児をしている時は多少太るから、太るを気にして体を痩せようとすると、とんでもない目に遭ってしまうので、そういうことはやらないように。
ご飯をバクバクと食べるくらいが丁度いいです。

投稿: タマティー | 2014年4月 9日 (水) 07時13分

タマティー様
分かりました!ありがとうございます!
食品添加物に注意してバランス良く食べるようにしてみます。
体形…気になりますが、栄養をしっかりとることを重視で頑張ります。ありがとうございます。

投稿: プミポン | 2014年4月 9日 (水) 18時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/496414/28040317

この記事へのトラックバック一覧です: 赤ちゃんに母乳を与える意味:

« 初乳は必ず「黄金の母乳」を | トップページ | 産後の母乳の出が悪ければ、出産後に「ビタミンC」を大量に摂取しよう »