« 赤ちゃんはウンチをするのが仕事である | トップページ | 日中には薄着、夜間には厚着 »

赤ちゃんの便秘には母親自身が便秘をしないこと

●赤ちゃんといえども便秘をする

 新米ママにとっては、ウンチの処理に追われる日々が延々と続くものである。オムツ交換に疲労がないといえば嘘になる。誰だって面倒なものである。でも我が子がちゃんとウンチをしてくれることは「健康の証明」であって、赤ちゃんがウンチをしてくれなければ、それはオムツの交換以上に大変なことが起こってしまうのだ。

 それゆえ、母乳育児で赤ちゃんを育てている新米ママたちが、「赤ちゃんんといえども便秘をする」ということを他の母親たちから知らされた時は、ビックリしてしまうのだ。「えッ! 赤ちゃんって便秘するの~ッ!」という驚きに襲われてしまうのだ。ミルクで育ててしまうと、かなり高い確率で赤ちゃんが便秘をしてしまうことになる。これはミルクには腸内環境を整える乳酸菌がないからであって、このために定期的に便秘を起こしてしまうのだ。

 これに対して母乳で育てると、母乳には乳酸菌も含まれているので、母親がきちんとした母乳を出している限り、赤ちゃんは便秘をしない。かといって、母乳育児をして、全く赤ちゃんが便秘をしないとはない。母乳育児の場合、母親の心が赤ちゃんにダイレクトに伝わってきてしまうために、赤ちゃんは母親の態度の如何で便秘をしてしまうのだ。

 一番多いのは、母親が夫と揉めてしまう時であって、夫婦喧嘩でもしようものなら、赤ちゃんは便秘をしてしまうのだ。次に多いのが、母親が育児疲れで赤ちゃんに対して興味を失ってしまった場合、赤ちゃんは便秘をしてしまうのだ。この場合は、便秘だけでなく、高熱を発してしまい、母親に自分の育児環境の危険性を伝えてくるのだ。

 母乳育児を選択した以上、とにかく自宅内では平穏な日々を過ごせるようにすべきなのである。外で何があっても、自宅の中は平安だというようにしておけば、赤ちゃんは便秘をしなくなるのだ。赤ちゃんは自宅内の不穏な動きを必ず察知してくるのだ。夫婦喧嘩はなるべくしないようにし、夫婦で話し合いの場を設けるべきだし、育児疲れが生じたなら、早急に手を打って、赤ちゃんから離れて数時間でも自分一人で休憩できる時間を持てばいいのだ。

●まずは母親自身が便秘をしないこと

 家庭内が平安になっているのに、赤ちゃんが便秘をしてしまう時がある。その時は、赤ちゃんだけが便秘をしているのではなく、母親自身も便秘をしているのだ。母親が便秘をしているために、全身に老廃物や毒素が回ってしまい、そのために汚い母乳を出してしまい、その汚い母乳を赤ちゃんが飲まされるから、赤ちゃんも便秘をしてしまうのである。

 この母親が便秘を原因とする、赤ちゃんの便秘には、まずは母親自身が便秘を解消すべきなのだ。出産以後の便秘に対して効果があるものは、「オカラ」と「発酵食品」のコンビである。オカラは女性ホルモンも母性ホルモンも整える作用があり、発酵食品は腸内環境を整える作用があるので、オカラと発酵食品のコンビにすれば、便秘を解消させることが可能になるのだ。

 まずは「オカラ」を使った料理である。オカラをフライパンで炒めて、水分を飛ばす。人参やタマネギや油揚げを刻んで、鍋で煮込む。その中に炒めたオカラを入れて混ぜ合わせて、天日塩と醤油とゴマ油で味付ければ出来上がりだ。オカラ料理は地方ごとで違うので、自分の住んでいる地域色を生かしたオカラ料理を作った方がいい。

 オカラ料理にはまだまだある。より深刻な便秘に対しては、「オカラのハンバーグ」がお勧めである。作り方は。まずオカラをフライパンで炒めて水分を飛ばす。ジャガイモを擦り下ろしてしまう。そしてオカラとジャガイモを混ぜ合わせて、そこに片栗粉を入れて、天日塩を少々入れて、それをハンバーグ状に固める。それをフライパンで弱火で焼けば出来上がりである。これを大量に食べると、翌日の朝には物凄い量のウンコが出まくることになるのだ。

 自宅でジャガイモのコロッケを作り、その中にオカラを入れて、それに衣をつけて、油で揚げれば、「オカラのコロッケ」の出来上がりである。この「オカラのコロッケ」は通常のコロッケよりも美味しいので、美味を味わいながら、コロッケを食べた時以上にウンコが出まくるのだ。

 「オカラのハンバーグ」も「オカラのコロッケ」も、オカラをフライパンで炒めて、水分を飛ばすというひと手間を忘れないことだ。オカラをそのままで使ってしまうと、オカラには少し臭みがあるので、その臭みがどうも違和感を感じさせてしまうのだ。オカラは非常に安い値段で売られているので、オカラ料理は便秘解消に効果があるだけでなく、お財布にも効果があるのだ。

 発酵食品に関しては、とにかく毎日食事に糠漬けを出すことだ。米食をする時は、必ず糠漬けを出して食べていけば、便秘になることなどなくなるのだ。夕食時に糠漬けを大量に食べて、翌朝の排便をスムーズにさせるのだ。できれば、キュウリの糠漬けを3本程度食べてしまうとかすればいい。更には、キムチやヨーグルトを自宅で作り、それを食べていけばいいのだ。発酵食品を自宅で作る喜びを覚えると、料理が楽しくなっていくのだ。

●赤ちゃんが起きたら、体を動かしてあげる

 赤ちゃんが便秘をしていないのだけど、どうも排便がイマイチだなと思う時は、赤ちゃんの血行が悪くなっている証拠だ。赤ちゃんは1日の殆どを寝て過ごすために、血行が物凄く悪くなるのだ。そのため、赤ちゃんが起きたら体を動かしてあげて血行を良くしてあげるのだ。

 赤ちゃんが目を覚ましている時は、母乳をあげるだけではなく、赤ちゃんの体を動き回して、赤ちゃんを使って遊ぶことだ。母乳を与えて、オムツを交換して、眠らすだけでは、赤ちゃんは運動不足になってしまうのだ。母親が赤ちゃんを使って遊んでいれば、赤ちゃんにとって充分に体を動かしたことになり、排便もきちんと行えるようになるのだ。

 夫婦三人で出かけた時は、その翌日に赤ちゃんはかなり多くの量のウンチをするものだ。赤ちゃんも体を動かせば、ウンチの量が多くなるのだ。平日は外気浴とか、買い物で外に出かけるとかしかできないものだが、休日になれば夫婦3人で出かけることだ。自宅の中に閉じ籠っていたら、どんなに健康な赤ちゃんでも排便がおかしくなってしまうものだ。

 赤ちゃんのウンチがイマイチになったら、赤ちゃんのお腹にマッサージをしてあげることだ。赤ちゃんのお腹に手を当てて、時計回りに手をグルグルと動かしてお腹にマッサージをしていくと、それだけで赤ちゃんにとっては充分すぎるマッサージが施されたことになる、排便がスムーズに行くようになるのだ。オリーブオイルを使ってマッサージを行うと、より効果がある。

 赤ちゃんに便秘をさせないためにも、日々のオムツの交換で赤ちゃんのウンチの具合をきちんと見ておくことだ。便秘になる前に、赤ちゃんのウンチに異常が出ている筈なのだ。赤ちゃんを便秘にさせてしまう母親は、大抵この前兆を見逃してしまい、赤ちゃんを便秘にさせてしまうのだ。

●最終手段は綿棒を肛門に突っ込む

 赤ちゃんが便秘になってしまい、3日以上もウンチが出て来ない場合、最終手段として、綿棒を肛門に突っ込み、強制的に排便を行わせるのだ。この最終手段を使わないように、事前に便秘を解消させていくべきだが、赤ちゃんの排便が3日以上出なければ、それはそれで危険なので、この最終手段を覚えておいた方がいい。

 まず夫に赤ちゃんを持って貰い、赤ちゃんの足が床につく程度の高さまで上げる。妻が綿棒をオリーブオイルで濡らして、それを赤ちゃんの肛門に優しく突っ込む。巧く肛門内を掻き回していくと、ウンチが出る。便秘の場合、ウンチが一気に噴き出してくるので、床には新聞紙を多目に広げておくことだ。

 母親が一人でこれをやろうとすると、横になっている赤ちゃんの肛門に綿棒を突っ込むことになるので、飛び出してくるウンチに要注意だ。赤ちゃんといえども便秘になれば、ウンチの量も多くなってくるので、服や床にウンチが飛び散ってしまい、大変なことになってしまうのだ。赤ちゃんへの最終手段は、夫婦が一緒になってやる方が無難である。

 よく、母乳とミルクを比較して、ミルクの方が栄養がいいと医者たちは説明してくるのだが、母乳の優れている点は、その排便力にあるのだ。母乳育児をしていれば、赤ちゃんはまず便秘をしないのだ。これに対してミルク育児だと、必ずといっていいほど、赤ちゃんは便秘をしてしまうのだ。母乳には赤ちゃんの腸内環境を整える乳酸菌があるが、ミルクにはないのである。そのために母乳育児の赤ちゃんは便秘をせず、ミルク育児の赤ちゃんは便秘をしてしまうのだ。

 人類は火食を覚えてしまったために、他の哺乳動物であるならば、食事をしたら必ず排便をしているのに、それができなくなってしまったのである。1日3食を食べているなら、1日に3回排便をするのが、当然なのだ。しかし、この回数は、超健康体の人以外にはできないのだ。殆どの人たちが1日1回の排便しかないのだ。それに比べれば、赤ちゃんは授乳の後に必ず排便をしてくるので、非常に健康なのである。母親の方も育児ばかりに追われていないで、自分の排便を1日3回に持っていけるようにすればいいのだ。便秘をするなど以ての他なのである。ウンチは汚いとか、オムツ交換は面倒臭いと思うのではなく、人間にとってウンコをすることは非常に大事なのだということを理解しながら行えば、オムツ交換の重要性が解ってくるし、赤ちゃんの排便がイマイチになったり、便秘になったりしなくなることだろう。

|

« 赤ちゃんはウンチをするのが仕事である | トップページ | 日中には薄着、夜間には厚着 »

不妊治療」カテゴリの記事

妊娠」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

タマティーさま

こんにちは。ゆきねこです。レスのコメントありがとうございました。

ゆきねこは布おむつ派です。紙おむつも使っていたのですが、
赤ちゃんがうんちをすると水分だけが紙おむつに吸収されて
しまい、うんちょすのカスがおしりにこびりついて、取るのが
大変なんです。あと、すごいゴミの量ですね。
布は洗たくが大変ですが、私がお風呂上がりにうんこを軽く
洗いながして、洗剤につけて、洗濯機にかければ良いだけ
ですからね。しかも良い天気だと2時間もあれば、
おむつが乾きます。
赤ちゃんのうんこの量はうちですと、S、M、L、スーパーサイズ
となっており、スーパーサイズのうんこがでると、ゆきねこ
の場合、耳かきでおおきな耳くそが取れた時のような快感
があります。とはいえ、おむつ交換がめんどうな時もありますけどね。
(特に眠いときに。)

ゆきねこは出産のときに産道付近で赤ちゃんの心音が下がって
しまい、急きょ会陰切開をしました。
先生は次の日からは傷もくっついているので、大便しても
大丈夫ですよ。とおしゃっていたのですが、なんとなく、
大便をすると傷口が裂けるような気がして恐ろしくて、
うんこができませんでした。下剤を飲んでも5日間うんこ
がでませんでした。5日目にとうとうギブアップして、
看護師さんに指で掘ってもらい(人生最大の恥辱)、
浣腸をしてうんこをだしました。
そんなことが影響していたのか、先月に便意を催して
トイレで踏ん張っていたところ、赤ちゃんが泣いてしまい、
急いでうんこを出してしまったところ、肛門の内側が
裂けて、出血してしまいました。便器が赤くなって、
紙でおしりを拭いたら紙が日の丸になってしまいました。(泣:笑)
それ以来、大便をするのが恐ろしくなってしまい、
どんなに繊維質のものを取っても便意を催さないように
なってしまいました。頭と腸ってつながっているんですね。
母乳だから異様にのどが渇きます。水分はこまめに摂って
いるのですが、便秘になってしまいます。

ゆきねこは旦那が白米を食べたいと言っているので、
炊飯器が使えないので、玄米をミキサーにかけて、お粥
にして食べています。マッシュポテトみたいになります。
浸水しなくてもいただけますので、お勧めです。

あと、ゆきねこのおっぱいピコピコタイマーは
乳首にカラシを塗ったような感じになります。
うちの赤ちゃんはおっぱい星人になってしまい、
おっぱい星に帰還すると安心します。(ウルトラマンの
ようです。)

質問なのですが、赤ちゃんがくしゃみをすることがあるのですが、
薄着にしても大丈夫でしょうか?(ほこりのせいかもしれませんが)

あと、旦那が疲労体質というか疲れやすいのでなんとか
元気になってもらいたいのですが、どうしたら良いでしょうか?
なかなか話し合うことができません。
もともと旦那は体力がなくて、精力もあんまりないほうです。
妊娠できたのも奇跡のようです。(そのために私は基礎体温
を測ったり、不妊治療はしなかったのですが、結構、努力しました。)
ちなみに夜の授乳、おしめ替えは私がやっていて、旦那は起きて
いません。それでも朝はなかなか起きれないみたいです。とはいえ、
仕事には行きますけどね。旦那は東大卒で頭はいいのですが、
体力がありません。ネットばっかりしています。
鉄ヲタでメタボな宇宙人のような感じです。
40さいですからね。でももっと元気のある油ぎったおやじさんは
いるのですから元気になってもらいたいものです。)

あと、乳母車ですが、ゆきねこも欲しいと思っていました。
でも、高い(プスプス8万円くらい)です。泣 
ベビーカーより大きいので、乳母車でバスは乗れないかもしれません。
(そんなに出歩くことはありませんが。)
その場合、だっこ紐の出番ですね。
国産の乳母車に国が補助を出して、乳母車を作る人の雇用を
作ればよいのになー。とか思ってしまいました。

あと、うちの近くの川辺の桜を三人で見に行ったら、
カワセミを見ましたよ。初めて見ました。きれいでした。
では、失礼します。

投稿: ゆきねこ | 2009年4月14日 (火) 09時06分

 「ゆきねこ」さん、コメント有難うございます!happy01
 「ゆきねこ」さんからの真面目なコメントなのに、朝っぱらから大爆笑してしまいました。
 しかも、こんな生々しいコメントを公開してもいいのかなと思ったけど、「ゆきねこ」さんと同じような悩みがある新米ママさんも居ると思うので、勇気を持って、公開しますね。
 今回はコメントの量が多いので、3回か4回に分けて返答します。そのため、すべての返答が終わるのに3日から4日かかるので、ゆっくりと見てくださいね。

 今回は旦那さんの疲労回復に重点を当てたいと思います。

 ネットをやり、白米を食べ、運動しなかったら、それはメタボになるし、体力も落ち、疲労気味になりますよ。
 まずは生活を変えていかなくちゃね!

①ネットサーフィンの恐怖を知れ
 恐らく仕事から帰ってきてから、ネットサーフィンをやっているのだと思うけど、仕事から疲れて帰ってきて、ネットをやってしまうと、集中力がないので、エンドレスにネットをやってしまうんですよ。
 そうすると仕事での疲労に加えて、ネットでの疲労が加わり、慢性疲労症候群になってしまんです。
 仕事で疲れたなら、まずはお風呂に入って疲れを取ることですよ。
 ネットをやるなら夜にやるのではなく、朝にやった方が、制限時間があるので、集中力を発揮しながらネットをすることができるようになります。

②読書の習慣
 旦那さんは東大卒で頭がいいのに、現在は余り頭を使っていないんだと思います。
 読書をすると、脳は炭水化物を消費してくれるので、結構、痩せていくんです。
 そのため、旦那さんに本を買わせ、読書をするように仕向けるんです。
 ちなみに、タマティーは最低でも1日3冊は本を読んでいます。多い時は1日10冊くらいは読んでします。そうすると、全く太らないんですよ。それだけ読書する際にエネルギーを使っているんですね。
 仕事をしているなら、せめて1ヵ月に10冊程度は読んだ方がいいです。豊かな生活を送りたいのであるならば、生活費を削ってでも、書籍代は最優先させた方がいいです。読書への投資は絶対にハイリターンを引き起こしてきます。

③スポーツをさせる
 40歳を過ぎると、徐々に太っていくんです。要は代謝が悪くなり、それに追い打ちをかけての運動不足ですよ。
 まずは、1日1時間のウォーキングをさせることです。
 電車通勤なら歩く時間があるのでその際にやってしまえばいいのですが、自動車通勤だと歩く時間がないので、意図的にウォーキングの時間を取った方がいいです。
 また、休日には親子3人で出かけることです。休日の当日になって「どこか行こう」と頼むのではなく、事前にどこに行くかを予定しておいて行けば、なんの苦痛もなく行けることができます。日頃の運動不足を休日に解消してしまえばいいんです。

④痩せるお茶を飲む
 疲労を感じているなら、珈琲は危険です。珈琲はビタミンやミネラルを奪ってしまうので、疲労を更に疲労させるんです。疲労している時は、珈琲を控えた方がいいです。
 珈琲に代えて、いろんな薬草茶を試してみることです。
 例えば、肥満解消に効果があるのは、「クマザサ茶」です。これを飲むと便秘は解消されるし、適正体重まで痩せていくます。今の旦那さんにはこれが最も必要なお茶だと思います。
 
⑤食事の改善
 40歳を過ぎると、食事のパターンを変えた方がいいです。1日3度の食事を真面目に取っていたら、肥満になり疲労するだけなんです。
 平日は朝食をフルーツ朝食にして軽くしてしまい、昼食は外食で、夕食は自宅で多目に食べるようにすればいいんです。
 残業で帰宅が10時を過ぎるなら、自宅で夕食を食べるのではなく、外食で済ますようにした方が、内臓に負担がかからなくなるんです。午後10時以降はいかなる者でも休息モードに入り、食事を取る時間帯ではないんです。
 休日は昼食に重点を置き、昼食に大量のご飯を食べるようにし、夕食は少な目か、食べないようにして、内臓を休ませてあげるんです。
 
 それと白米をどうしても食べたいというなら、まずは白米を出してあげることです。
 そして頃合いを見計らって、押麦入り玄米食を焚いて、それを混ぜご飯にして出せばいいんです。混ぜご飯であるならば、白米好きの人でも玄米を食べられると思います。
 白米で育ってきた人にいきなり玄米だけのご飯はきついと思います。
 徐々に馴らしていくことです。
 無精白穀物を食べると、排便の量が多くなるんです。そして体重が落ちて、適正体重までに下がっていくんです。

 happy01 happy01 happy01

投稿: タマティー | 2009年4月15日 (水) 06時43分

 「ゆきねこ」さん、今回は赤ちゃんがクシャミをするのに薄着にさせてもいいのかという質問に答えますね。

 赤ちゃんがクシャミをするというのは、寒いわけでも、「ゆきねこ」さんの家が汚いわけでもなく、免疫力が付き始めた証拠なんです。
 赤ちゃんは生後6ヵ月までに母乳から抗体を貰って、全身に張り巡らしていきます。
 そうやって免疫力を高めるからこそ、クシャミも出るし、目ヤニも耳垢も鼻水も出てくるんです。赤ちゃんのヨダレも免疫力があるからこそできるものなんです。

 だから、赤ちゃんがクシャミをしても、薄着にしても大丈夫です。
 要は、夜間は厚着にして夜の寒さを防ぎ、昼間は薄着にして熱が籠らないようにすればいいんです。
 但し、薄着にも限度ってのがありますから、そこは常識の範囲内でやってくださいね。
 1日に2着の服を着れれば、体が蒸れることなく、多くの赤ちゃんたちを悩ましている「アセモ」がなくなるんです。

 赤ちゃんは朝起きた時に寝汗をかいているものだし、日が暮れる頃にも昼間の暑さで汗をかいているものなんです。
 だから、沐浴は朝と夕の2回がベストなんです。
 沐浴の際には温冷水浴をやって、温水に浸した後に、冷水をかけてしまうんです。これを何度か繰り返します。
 これをやると、赤ちゃんの毛細血管が活発になって病気をしにくくなるんです。
 赤ちゃんをいつも温かいお湯に浸けていると、毛細血管が発達せず、増えすぎた血液が行き場を失ってしまい、免疫力を落としてしまい、突如として高熱を出すようになるんです。
 これは世の母親たちが赤ちゃんをいつも厚着にさせ、沐浴の際に温かいお湯だけに浸けてしまうからなんです。
 それから、沐浴する際は、そんなに大量に石鹸を使用しないで、赤ちゃんの肌を破壊しないという配慮をしておくと、赤ちゃんの肌荒れのトラブルが激減します。

 後は、家の掃除のことですが、いつも掃除をしておくのは当然ですが、余りにも奇麗にしすぎるというも、これはこれで問題なんです。
 自宅内が適度に汚れていた方が、赤ちゃんの免疫力を高めることができるようになるんです。
 掃除の仕方は、田舎のお婆ちゃんたちがやっているような掃除の仕方で充分なんです。適度に掃き掃除と拭き掃除をすればいいんです。

 赤ちゃんの服は小さいし、構造も簡単なので、自分で作ってしまうというのも優れた選択肢です。
 ベビー服は、裁縫が下手な女性でも簡単に作れてしまいますよ。
 自分のハンドメイドの服を赤ちゃんに着せることができたら、育児の楽しみも大いに広がると思います。
 
 happy01 happy01 happy01

投稿: タマティー | 2009年4月16日 (木) 06時44分

 「ゆきねこ」さん、今回は便秘解消の話です、

 女性は出産してしまうと、黄体ホルモンが大量に分泌されるようになってしまい、その影響でどうしても便秘気味になってしまうんす。
 黄体ホルモンが出産で疲労した子宮の修復を促すと同時に、次の妊娠に向けて準備をしているんです。
 この黄体ホルモンを整えたいなら、「ヨモギ茶」がお勧めです。ヨモギ茶には黄体ホルモンを整える効果があるんです。

 それから母乳育児で喉が渇くからといって、水を飲むのは、まずいです。
 朝の時間帯以外で水をのむと、内臓を冷やしてしまい、便秘になってしまうんです。
 母乳で喉が渇いた際には、「タンポポ茶」がお勧めです。「タンポポ茶」には母乳の出を良くする効果があるので、母乳の出も良くなります。

 育児をしていても、それほど体を動かしていないんです。
 そのため、運動不足で便秘になってしまうんです。
 外気浴に行く際は、より多目に歩いて、1日1時間ぐらいはきちんとウォーキングをすることです。
 歩けば歩くほど、血行が良くなり、便秘が解消されていきます。

 便秘をしているのに、1日3食というのは多すぎです。
 朝に排便が出ないのであるならば、朝はフルーツだけにし、排便を優先させます。
 その分、昼食や夕食を多くすれば、栄養も充分に賄うことができます。
 特に、夕食時に充分な穀物を摂取することです。できれば食事の6割は穀物にしてしまい、1口30回以上は噛んで、消化吸収しやすいようにさせると、内臓の負担が軽くなります。

 夕食を食べて終えて、ひと段落したら、お風呂で汗が出るまで体を温め、そこにお腹と腰の部分に天日塩を塗ります。
 天日塩の力によって汗が大量に出ます。そして乾いたら冷水で洗い流してください。冷水によって毛細血管を刺激するんです。
 これをやると内臓が天日塩によって充分に刺激され、翌日に排便が出るようになります。

 最後に早起きをすることです。
 大腸jは午前5時かtら午前7時の間に活発に動くので、午前5時頃には起床して、コップ1杯の水を飲み、その後、天日塩湯を大量に飲みます。できれば1ℓくらいです。
 そしてなるべく立ち仕事をして、重力の力を利用して、ウンコが出やすいようにするんです。
 こうすれば排便ができると思います。

 便秘解消のためには、便秘解消に効きそうなものをなんでも試してみることです。
 大量のウンコが出た時は、感動ものです!

 happy01 happy01 happy01

投稿: タマティー | 2009年4月17日 (金) 06時56分

タマティーさま
またまたコメントです。すみません。
旦那の対応策を教えていただいてありがとうございました。
運動をするように言ったところ、腰と肩が痛くてそれどころではないと、
肩こりは前のブログで対策が書いてあったのですが、腰は運動をして痩せれば治るのでしょうか?(旦那の家系の人びとは大抵腰が悪いのです。)
あと、朝、旦那は目を覚ますためコーヒーを毎朝飲んでいました。クマ笹茶に変更します。玄米は最初臭いが嫌だったみたいですが、意外とうまいということで食べてくれました。
ひとつまた疑問が解けました。病院、旦那の実家から自宅に帰ってきてから(生後4週間後くらいです。)赤ちゃんの鼻がぐずぐずしだしたんです。それを知った義理母が「ホコリのせいだ。嫁の掃除がなっていない。」と言われました。(泣)私は出産のために病院に3週間入院していたし、旦那ももともと掃除をするほうではなかったので、家が結構、汚かったんです。動けるようになってからちまちまと掃除をしていたのですが、免疫のおかげと知って安心しました。ちなみに今は鼻はぐずっていません。
ネットもおしゃる通りですね。テレビを見なくともネットをだらだらやっていたら、意味ないですね。あと、タマティーさまがおしゃるように旦那が読書をしているのを見たことがありません。本を読んでもらいます。食事のパターンも変えたいと思います。
私はどちらかというと、母乳が出すぎるみたいです。朝やるときにぴゅーとあかちゃんの顔にかかってしまうことがあります。あかちゃんもおっぱいにあるおちちを全部飲んでくれないときもあり、だれかにあげたいです。貰い乳ドットコムでもやるかー。
あと、便秘も解消して立派なうんこを出します。(確かに立派なうんこを出すと人に見せたくなるほどうれしいですね。)

投稿: ゆきねこ | 2009年4月17日 (金) 13時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/496414/28813146

この記事へのトラックバック一覧です: 赤ちゃんの便秘には母親自身が便秘をしないこと:

» 乳酸菌と便秘 [乳酸菌と便秘]
乳酸菌は便秘にいいとよく言われています。乳酸菌は、ヤクルトとかヨーグルトに多く含まれていますが、効率よく摂取するには薬局に行けばサプリメントなどもあります。 [続きを読む]

受信: 2009年4月 8日 (水) 22時10分

« 赤ちゃんはウンチをするのが仕事である | トップページ | 日中には薄着、夜間には厚着 »