« すべてに満足しようとするのではなく、不満を残しながら満足する | トップページ | 育児で悩んでいるのは、自分一人だけじゃない! »

家族というチームワークの力を使う

●個人の力とチームワークの力

 育児というものは母親が独裁でやってしまった方が、最高レベルで巧く行く。独裁を取らずに、夫に頼ろうとするからこそ、破綻するのである。育児ではその母親が新米ママだとしても、夫よりも妻がやってくれた方が何かと便利だし、結果をきちんと出せるものなのだ。赤ちゃんを産んだら、新米ママがヘトヘトになるくらいの活躍が要求されることは当然なのである。

 しかし、そうやって新米ママが育児を行っていれば、育児や家事で手助けが欲しくなる。夫の手助けとは、この時期になって初めて出て来るものなのである。日中、育児をやってきたわけだけから、夫が帰宅したら、夫が赤ちゃんをあやすことで、その間、新米ママが赤ちゃんから離れて他の作業を自由に行えることができるのだ。育児を真剣にやっていれば、一時的に赤ちゃんと離れて他のことをしたいという思いが生ずるのは当然のことなのだ。

 育児に於いても家事に於いても、夫婦が平等に行うより、新米ママが中心的にやった方が、遥に生産性が高くなるのだ。但し、育児でも家事でも新米ママだけでは人手が足りないからこそ、その際に始めて夫の手助けが必要となるのだ。育児でも家事でも、新米ママが中心となりつつ、協業と分業を巧く取り入れるからこそ、生産力を最大限に拡大させることができるのだ。

 どうしても経済的な事情で共働きにならざるをえない兼業主婦は、いくら一生懸命にやっても育児では赤ちゃんに充分に構ってあげられなかったという慙愧の念を持ってしまうものなのだ。育児に於ける独裁を行えなかったからだ。妻が働いていれば、夫が育児の手助けをかなり行わざるをえなくなるが、妻がその優しさに感謝しておかないと、結婚までがギクシャクしてしまうものなのだ。

 そういった意味では、専業主婦は理想的な育児環境を作り出せるのだ。母親が育児で独裁を行えるし、夫にも手助けをして貰える。専業主婦はフェミニストたちから散々に批判されまくったが、専業主婦は育児でも家事でも圧倒的に優位に立つことができるのだ。現在では、専業主婦に対して否定的なムードが漂っているために、この世の専業主婦たちは自分たちが非常に恵まれている立場にあるということが理解できていないのだ。結婚は、夫は仕事に集中し、妻は家事や育児に集中した方が、巧く行くのだ。結婚における分業がはっきりしているから、夫婦双方が自分のやるべきことがきちんと解り、夫婦双方が手助けをし易いのだ。

●まずは自分の仕事をこなす

 自分がいくら努力しても、個人の力には限界がある。だからチームワークの力を使うのである。しかし、チームワークに頼る前に、まずは自分の仕事をこなすことだ。新米ママなら育児でも家事でも自分の仕事はきちんとこなすべきなのだ。自分の仕事をきちんとやっていないのに、夫の手助けを期待するというのは、本末転倒になってしまうのだ。

 育児でも満点を取ることはないのだ。家事でも満点を取ることはないのだ。妻として普通のことをやる。母として普通のことをやる。狙うべきは合格点であって、完璧にこなすことではないのだ。例えば、料理でなら、夫は高級レストランで出されるような料理を望んでいるわけではないのだ。ごく平凡な家庭料理を望んでいるだけなのだ。妻が夫の健康のことを考えて栄養バランスを考えて、味付けを良くし、奇麗に盛り付ける。外食での料理と家庭での料理の何が違うかといえば、家庭料理には「妻の愛情」が入っていることなのだ。

 育児でならハイハイを充分にさせ、一人歩きさせることを急がない。常に赤ちゃんに語りかけて、赤ちゃんの脳を刺激して、赤ちゃんの脳の発達を促す。育児で失敗するのは、ごく当たり前の育児をしないからこそなのである。普通の育児をしないからこそ、育児で失敗が起こるものなのだ。

 ハイハイは赤ちゃんにとって体の発達を促す非常に重要な行為なのだ。このハイハイを充分にやっていれば、赤ちゃんは体を成長させることができるから、非常に健康に成るし、病気に成りにくくなるのだ。特にハイハイを終え、一人歩きができるようになると、口呼吸を覚えてしまう危険性があるので、オシャブリで口呼吸を禁止するようにしなければならないのだ。出生直後から、赤ちゃんが起きている時に、母親が語りかけていけば、赤ちゃんは脳が刺激されるので、喃語の喋りが早くなり、言葉を喋れるのも早くなるのだ。赤ちゃんの時期は脳細胞が猛スピードで成長していくから、この時期に脳を刺激すれば、いくらでも高い知能を持たせることが可能になるのだ。

 育児でも家事でもまずは新米ママが自分でやるべきことをやる。そうしなければ、夫が手助けしようにも、「これくらいのことは自分でやれよ!」と怒りながら手伝う羽目になるのだ。チムワークというのは、まずは自分がやるべきことをやったからこそ、他人の手助けを借りることができるのである。自分がやりもしなかったら、チームワークを巧く使いこなせないのだ。

 育児に於いて政府の介入をすることがなぜ危険なのかといえば、政府の介入を求める母親たちは、自分でできることをやっていないのだ。要は出産したが、育児を放棄している状態なので、いくら政府が育児に介入しても、政府の支援が巧く行かず、破綻してしまう結果になるのだ。政府が社会保障を推進して以来、政府が手を出した福祉はすべて失敗している。それは社会保障によって国民の自助努力を弱めてしまい、国民個人が自分でやるべきことをやりもしないからこそ、いくら政府が手厚い福祉を施しても、破綻してしまうことになってしまうのだ。

●夫婦で話し合う機会をちゃんと持つ

 夫婦がチームワークを巧く使う時は、夫婦それぞれが自分がやるべき作業をやって、その上で相手の手助けを借りるようにすることだ。夫は仕事をして収入を稼ぐことに重点を置き、妻は育児や家事をすることに重点を置いてくれなければ、夫婦のチームワークなど巧く活用できるわけがないのだ。

 その上で、夫婦が話し合う機会をちゃんと持つことだ。話し合わなければ、チームワークを活用できないのだ。特に、何かを始める際には、事前に話し合う習慣を持つことだ。何かを始める前に情報を交換し合うことが、最も夫婦の誤解をなくさせ、夫婦の関係を円満に行うことができる最大の秘訣なのだ。この夫婦の「戦略情報会議」があればこそ、夫婦双方が相手のことを思いやることができ、巧く手助けし合うことができるのである。

 夫婦が事後に話し合っても、実りある話し合いなどできず、「どうして私に知らせてくれなかったのよ!」とか、「今更言われても変更することができないんだ!」と、夫婦双方が怒鳴り合う結果になってしまうものなのだ。夫婦が事前に話し合う習慣を持っていれば、夫婦喧嘩の大方は消滅してしまうものなのだ。

 夫婦で話し合う時は、テーブルの上を奇麗にし、茶菓でも出して、双方がエキサイトしないような配慮を施すべきだろう。テーブルの上で物が散乱している状態であるなら、いくら会話をしても纏まりがつかない話し合いになってしまうことだろう。夫婦がきちんと向かい合い、目を見つめあって話せば、いかなる深刻な問題でもきちんと処理できるものなのだ。話し合いの場を持たないからこそ、夫婦双方が意志疎通を欠き、チームワークを巧く利用できなくなってしまうのだ。

 「困った時はお互い様」なのだ。妻が困っている時は夫に手助けしてほしいし、夫が困っている時は妻に手助けしてほしいものなのだ。恥じることなど何もない。寧ろ、手助けをしてくれれば、感謝の念が湧いてくるものだ。もしも、夫から手助けして貰ったら、今度は妻が夫の手助けをしてあげればいいのだ。

●互いの思いは伝染し合う

 夫婦である以上、その人間関係はいかなる人間関係よりも濃密なものなのだ。だから、お互いの思いは簡単に伝染し合うものなのだ。妻が育児に専念していなければ、恐らく夫の方も仕事に専念せず、遊び呆けているのであろう。妻がきちんと家事をこなしていなければ、夫も仕事をきちんとこなさず、うだつの上がらない仕事しかしていないものなのだ。

 何事もまずは自分からなのだ。自分がやるべき作業をきちんとこなす。それができなければ、何事も始まらないのだ。育児は自分でやってみれば、いくらでも新たな発見があるし、面白いことなどいくらでもあるものなのだ。育児を始めれば、まだ育児に慣れていないのだから、育児をすることは最初は大変である。しかし、その大変さを乗り越えてしまえば、母親として相当タフになり、自信がついていくものなのだ。

 その過程で失敗することはあるし、余りの悲劇に戸惑うことだってあることだろう。しかし、そういう状況でも夫の手助けを巧く借りて、乗り切っていけばいいのだ。夫婦が双方自分の作業をきちんとこなし、力を合わせてしまうことができれば、何事もできてしまうものなのだ。

 結婚に於ける「一体感」は夫婦が自分たちで作り出していかなければならないものなのだ。何もしていないのに、偶然に訪れるわけがないのだ。夫婦が努力して人為的に作るからこそ、「一体感」が生まれてくるのだ。自分がやるべきことをやり、その上で夫婦が話し合う機会を持ては、簡単に作り出すことができるのだ。

 一体感を生み出せれば、夫婦の力は相乗効果を起こして、自分一人ではできないことでも簡単にできるようになるのだ。不可能が可能に成っていくのだ。一体感と相乗効果が起きれば、結婚は爆発的なエネルギーを発し、家事は最高に機能し出し、育児は最高の感動に包まれるものなのだ。結婚に内蔵されている「秘密の力」を使ってしまえば、結婚は楽しくて仕様がなくなるものなのだ。

|

« すべてに満足しようとするのではなく、不満を残しながら満足する | トップページ | 育児で悩んでいるのは、自分一人だけじゃない! »

不妊治療」カテゴリの記事

妊娠」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/496414/29944571

この記事へのトラックバック一覧です: 家族というチームワークの力を使う:

» 初めて中に出してきたwww [鳥皮塩男]
暇つぶしに入ってみたら、マジでヘンタイなOLに逆えんしてもらったw 中に出してってあえぎまくるから三回出したら30マンくれたしwwwww [続きを読む]

受信: 2009年6月19日 (金) 06時14分

» 三沢光晴リングに散る!斎藤彰俊土下座!週刊プロレス大増刷 [三沢光晴リングに散る!]
三沢光晴リングに散る!斎藤彰俊土下座!バックドロップ連続写真の週刊プロレス大増刷 [続きを読む]

受信: 2009年6月19日 (金) 08時33分

» ★大不況の今こそ!即金毎回5万!★ネット実績No.1の確実収入 [【夢恋人 即収入CLUB】]
只今キャッシュバックセール中! 収入システム明瞭・実績23年の高収入プランを複数選べます!PC知識一切不要で初心者安心。全面サポート。これ程の条件の高収入ビジネスは他にありません!今すぐお問合せください!    [続きを読む]

受信: 2009年6月19日 (金) 16時25分

« すべてに満足しようとするのではなく、不満を残しながら満足する | トップページ | 育児で悩んでいるのは、自分一人だけじゃない! »