« なんで幼児は飲み物を欲しがるのか? | トップページ | 子供が難病になったら、断食をさせて治す ~小児癌と小児白血病の治し方~ »

子供には白砂糖を食べさせるな

●オヤツは1日2回まで

 幼児に正式な食事が始まった後に、1日3回の食事を取っているにも拘わらず、オヤツを要求し出してくるのだ。人間の血糖値は、食事をした後には急上昇するが、その2時間後には下がって行き、蛋白質や脂肪の消化吸収を開始してくるのだが、まさにこの変わり目にお腹がすいてしまい、オヤツを要求し出してくるのだ。幼児の反応は本当に正確な反応を示しているといっていい。

 成長期の終わった大人がオヤツを食べると確実に太ってしまう。オヤツによって再び血糖値が上昇するので、蛋白質や脂肪の消化吸収が後回しにされてしまうからだ。自分がいつまでも美しい体でいたいのなら、まずはオヤツを抜いて、食事は食事の時だけで済ましてしまう生活を心掛けるべきなのだ。

 しかし、幼児にオヤツを与えても決して太らず、それどころか体がオヤツを消化吸収してしまい、成長に寄与することになるのだ。だからこそ、幼児は成オヤツを欲しがってくるのだ。もしも幼児にオヤツを与えるなら、1日2回と限定した方がいい。午前10時と、午後3時の2回だけにしておくのだ。それ以外でダラダラとオヤツを食べさせしてしまえば、それは幼児としても多過ぎなのだ。

 オヤツを与える時は、必ず母親と一緒に食べることを定めておくことだ。オヤツの時間に話をしてしまい、情報を収集していくのだ。幼児に一人でオヤツを食べさせてしまうと、幼児は無制限にオヤツを食べてしまい、そうなると今度は食事になっても血糖値が下がらないので、食事を余り食べなくなってしまうのだ。

 新米ママにとっては、この幼児と一緒にオヤツを食べる習慣こそ、自分を肥満にさせる最大の原因であると知っておいた方がいい。大抵の母親は、このオヤツを食べ始めることで太ってしまうのだ。だから、オヤツは幼児にとっても美味しく食べられ、自分が食べても太らないようなオヤツを作るようにしていくことだ。

●木の実がベスト

 幼児にとって健康に寄与し、母親が食べても太らないオヤツは、「木の実」である。木の実は血糖値をそれほど上げないくせに、歯ごたえが充分なので、オヤツを食べた満足感が出て来るのだ。しかも、木の実の栄養成分は非常に優れているので、木の実をオヤツに食べされば、成長にも寄与することになるのだ。

 母親にとって木の実は、いくら食べても太らないという最大の利点がある。これは木の実が栄養豊富なのに、血糖値を上げないからであって、蛋白質や脂肪の消化吸収を妨げないからなのだ。しかも植物性脂肪が充分に含まれているために、お肌に潤いが生じてくるのだ。

 和食では木の実を殆ど食べていない。縄文時代では木の実をちゃんと食べていたのに、弥生時代が始まると木の実を食べなくなってしまったのだ。稲作を遣り過ぎてしまったために、穀物中心の食事へと変わっていってしまったのだ。このため、和食だけを食べていると、決定的な木の実不足になってしまうので、意図的に木の実を食べるようにしていくことだ。

 木の実はスーパーなどで買うと非常に高価になってしまうので、問屋に行くなり、専門店に行くなりして、木の実を大量に買い込んでおくことだ。木の実は長期保存が効くので、親子でオヤツのたびにポリポリと食べておくことだ。また、たまには木の実を使ったお菓子を作ってみて、変化をに富ますようにしていくことだ。

 幼児に木の実をたべさせると、とにかく食べ物を噛む習慣が身につくのだ。それほど通常の食事は柔らかい物ばかりで、顎を鍛えているわけではないのだ。幼児の頃から木の実を食べさせておくと、しっかりとした顎ができあがるので、虫歯にならないし、頭蓋骨も発達して、脳が大きくなり、知能も高くなるのだ。幼児向けのオヤツで木の実以上に優れたオヤツはないといっていいくらいなのだ。

●白砂糖を使ったお菓子を食べさせるな

 いくら木の実がオヤツとして素晴らしいからといって、いつも木の実ばかりを出していくわけにはいかない。そのうち幼児の方が飽きてしまい、木の実を有難がって食べなくなってしまうからだ。それゆえ、たまには小麦を使ったお菓子を作って出せばいいのだ。あくまでもたまにである。

 小麦を使ったお菓子は血糖値をあげてしまうので、大量に食べさせたら、蛋白質や脂肪の消化吸収に遅れが生じてしまうのだ。それゆえ、小麦でお菓子を作る際は、少な目に作り、絶対に白砂糖を使わないことだ。白砂糖は血糖値を上げ過ぎてしまい、幼児に異常行動を取らせてしまうことになるのだ。

 自分の子供を頭のいい子に育て上げたいのであるならば、子供に白砂糖を絶対に与えないことだ。白砂糖は人間が作り出した食品の中で、最も純度が高い純粋物だからだ。白砂糖は糖分の塊ゆえにすぐさまエネルギーに変わってくれるという利点を持つが、そのために体内のビタミンやミネラルを大量に奪ってしまい、そのためにビタミンやミネラルが決定的に不足してしまうことになり、脳の機能が衰えてしまうのだ。白砂糖を食べると、確実に馬鹿になると思っておいた方がいい。白砂糖を食べ続けると、非常に感情が激しくなり、キレ易くなり、そして頭の中が真っ白になってしまい、勉強どころではなくなってしまうのだ。

 昭和憲法体制下の幼児や小学生や中高生の異常行動は、その殆どが白砂糖を食べていることに起因しているといっていいのだ。白砂糖を食べ続けていれば、誰であろうとも感情を制御できなくなってしまい、すぐにキレるようになり、いくらでも犯罪を犯してしまうようになるのだ。麻薬が人間にとって悪い物であるように、白砂糖も人間にとって悪い物であるのだ。

 お菓子を作る時は、必ず「黒砂糖」や「蜂蜜や「メイフルシロップ」を使うようにすることだ。これらの甘味料には糖分だけでなく、ビタミンやミネラルがちゃんと含まれているがゆえに、健康を害さないし、知能を高くさせていくことができるのである。しかも味がまろやかになるので、白砂糖を使ったお菓子のように、ただ甘いだけということにはならなくなるのだ。

●たまにはオヤツ抜きも必要

 いつも幼児の要望に対してオヤツを出していれば、幼児は忍耐力の弱い子供に育ってしまう。幼児の忍耐力を鍛えるためにも、たまにはオヤツ抜きが必要であって、オヤツを抜かすことで空腹を覚えさせるのだ。幼児といえども空腹になれば、その空腹を耐えなければならなくなるので、忍耐力が付き始めるのである。

 豊かな国の人たちになぜ忍耐力が失われてしまうかというと、それは食事過剰になっているからなのだ。食事過剰になってしまえば、体は四六時中、消化吸収に追われることになってしまい、内臓が勤続疲労を起こしてしまい、常に疲れきった状態になってしまうのだ。その中でも副腎が衰えてしまうと、副腎皮質ホルモンが分泌されなくなり、ストレスに対抗していくことができなくなってしまうのだ。

 幼児といえども、1日3度の食事を食べ、1日2回のオヤツを食べ続けてしまえば、副腎が衰えてしまい、忍耐力のない子供になってしまうのだ。何をやらして集中力が続かないし、中途半端に物事を放り投げ、何に対しても諦めモードになってしまうのだ。母親がオヤツを与え過ぎてしまったばっかりに、子供らしくない子供に育っていってしまうのである。

 また、幼児にオヤツを無制限に認めておくと、好き嫌いの激しい子供になるのだ。これはオヤツによって血糖値が下がらないためであるのと、副腎の機能低下によって嫌いな物でも食べるという忍耐力が失われてしまったからなのだ。子供の好き嫌いをなくすためにも、たまにはオヤツ抜きで幼児の副腎を鍛えておくことだ。

 自宅にいればオヤツを要求されるので、親子でハイキングにでも行って、歩き続けてしまえばいいのだ。運動していればお腹がすかなくなり、しかも肝臓からグルコーゲンが放出され、更には脂肪が燃焼し始めるので、そのエネルギーで充分に活動できるのである。こうなると幼児もオヤツを請求することなく、副腎を鍛えることができるのである。これだけ運動すれば、夕食時にはお腹がペコペコになるので、好き嫌いをすることなくなんでも食べてくれるようになるのだ。

|

« なんで幼児は飲み物を欲しがるのか? | トップページ | 子供が難病になったら、断食をさせて治す ~小児癌と小児白血病の治し方~ »

不妊治療」カテゴリの記事

妊娠」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/496414/31312387

この記事へのトラックバック一覧です: 子供には白砂糖を食べさせるな:

» 不眠症 [不眠症]
不眠症は普段よりも睡眠時間が短くなり、身体や精神に不調が現れる病気で、睡眠障害の一種です。不眠症をよく理解し不眠症を克服するための挑戦の様子を紹介してます。 [続きを読む]

受信: 2009年9月17日 (木) 08時52分

» 天然水 [天然水]
天然水はミネラルが豊富で身体に優しい水です。天然水には、たくさんの種類があります。そんな天然水の良さや効能を紹介するブログです。 [続きを読む]

受信: 2009年9月19日 (土) 13時54分

» ウエストダイエット方法 [ウエストダイエット方法]
ウエストダイエットを最短で出来た方法。ウエストの部位は一番脂肪がつきやすく、肥満の始まりの場所でもあります。効率よくウエストダイエットに成功した方法を紹介します。 [続きを読む]

受信: 2009年9月30日 (水) 11時30分

« なんで幼児は飲み物を欲しがるのか? | トップページ | 子供が難病になったら、断食をさせて治す ~小児癌と小児白血病の治し方~ »