« 子供は子供なりに悩むからこそ成長していく | トップページ | 赤ちゃんを最低でも3人作る »

笑撃ヒートアップ:「タマティーのイカサマ健康法」 ~育児をしている母親に有効なイカサマ健康法~

●イカサマ健康法

 いつもは妊娠や出産や育児の情報を伝えているのだが、今回はちょっと嗜好を変えて、タマティーの個人的なネタを話してみたい。タマティーは健康に気を使い、風邪一つひくことのない健康な体を維持しているのだが、ここ1ヵ月ほど仕事が忙しくて、朝のウォーキングを除けば、大した健康法を実施できなくなってしまった。

 特に筋肉トレーニングはここ1ヵ月ほど全くしていないということになってしまったのだ。自宅の近くに公園があって、そこに筋肉トレーニングの施設があるので、いつもはそこで筋肉トレーニングをやって汗を流しているのだ。だが、仕事に忙しくなってしまうと、それができないのだ。

 そこでどういう症状が出て来たかというと、体が重し、体が疲れるようになった。体重は増えてはないのだが、筋肉量が減ったのかなというのは、なんとなく解るようになった。そして睡眠が浅くなってしまい、就寝したら3時間後には目が覚めてしまい、その後、布団の中で考え事をしていて、再び浅い眠りにつくようになtってしまった。この睡眠パターンが一番きつく、この睡眠だと前日の疲れが取れないし、朝起きても体が重たいのだ。運動をしていないからこそ、こういう浅い眠りになってしまうのだ。

 とはいっても、仕事が忙しいので、時間がなく運動ができないのだ。そこで、「このままではいかん」と思い、「イカサマ健康法」を実施することにした。イカサマ健康法とは、正統の健康法ではないのだが、イカサマを使うことで、正統な健康法と同じような成果を出す健康法なのだ。勿論、俺だって時間があれば正統な健康法を使いたい。しかし、時間がないからこそ、イカサマ健康法の出番なのだ。

 これから述べるのはタマティーがやってみて、実際に効果があったものばかりだ。こういうイカサマ健康法をやってみて、つくづく思ったのは、育児に追われている母親たちには是非とも必要な健康法だということだ。育児をしていると、子供が寝てくれない限り、自分の自由時間はないので、余り時間のかかる健康法を実施できないのだ。母親たちに必要な健康法は短時間ででき、尚且つ、効果の大きい健康法でなければならないのだ。

●簡易筋肉トレーニング

 まずは「簡易筋肉トレーニング」だ。通常の筋肉トレーニングだとなんだかんだといって1時間以上の時間を費やすのだが、この簡易筋肉トレーニングは短時間で終えてしまう筋肉トレーニングだ。短い時間でも巧く筋肉トレーニングをすれば、長い時間かけて行う通常の筋肉トレーニングと同じような効果が得られるのだ。

 最初に時間帯に拘ることだ。筋肉トレーニングは夕食後に行った方が効果が高いので、夕食後、食休みをしてから、筋肉トレーニングをするのだ。時間がない時は、就寝直前でも構わない。夕食後から就寝までの間なら、どの時間にやったとしても、きちんと効果が出て来る。

 筋肉トレーニング量は体が疲れない程度でいいということだ。夜は体が疲れているので、更に筋肉トレーニングで疲労するようなことはできないのだ。体が疲れる手前でやめてしまうことだ。その代わり、筋肉トレーニングをやる時は、集中して行うことだ。集中して筋肉トレーニングをした方が短時間で終えることができるからだ。

 メニューは「スクワット」「腹筋の折り曲げ」「背筋反らし」「腕立て伏せ」などである。それぞれ最低でも100回以上はやることだ。スピードを上げてメニューをこなしていけば、10分程度で終わってしまう。例えばスクワットを終えたら、少し休んでから腕立て伏せに行くという遣り方で、流れるようにメニューをこなしていくことだ。

 この簡易筋肉トレーニングの効果は絶大で、最初やった時などは翌日筋肉痛になったくらいに筋肉が鍛えれていたのだ。3日もやると、自分はボディービルダーになったのではないかと思ったくらいに筋肉がムキムキになってしまった。しかも、体は引き締り、体重は落ちたのだ。体が重いだの、体が疲れたのなどは、一発で吹き飛んでしまったのだ。

●1日1回汗をかく

 タマティーが昔からやっている健康法に、「1日1回汗をかく」というのがある。人間は汗をかかないと、体が水分過剰になってしまい、その水分過剰になると体が冷えるので、食事過剰になって体を温めようとし、そのtめに体重が増えて行ってしまうからだ。それゆえ1日1回きちんと汗をかくことで、その水分過剰を解消させるのだ。

 いつも何かしらの運動をやって発汗していたのだが、仕事が忙しくなってしまうと、運動ができないので、汗をかけないのだ。そこで、運動をしていなくても、日常の生活で汗をかいたのなら、別に運動などせずそれでいいとし、日常の生活で汗をかいていない時だけ、何か特別な対策を講じればいい思うようになったのだ。

 夏は気温が高いので、自然と汗が出るものだ。そこで夏場はクーラーなどつけずに、猛暑や酷暑をそのまま受け止めて、汗を流すのだ。夏以外の季節でも、仕事で汗をかいた場合はそれで良しとするのだ。だから、「秋」「冬」「春」の内、仕事で汗をかかない場合だけ、何か対策を講じて汗をかくようにすればいいのだ。

 タマティーがこういう時にやるのは「44℃の風呂に入り、汗をかく」ということだ。タマティーはいつもは温めのお湯に入るのだが、汗をかいていない時だけ、非常に熱いお湯に入ることにしているのだ。このお風呂に入ると、5分以内に汗をかきだし、10分でびしょびしょになるので、汗をかいたら、湯船から上がり、冷水シャワーを浴びて、汗を洗い落せばいいのだ。

 これをやるとどうなったかというと、体重が落ちるし、体が軽くなったのだ。余分な水分が体の中にないために、そういう現象が起きるのだ。それから、体臭がなくなのだ。男性は男性特有の男臭さがあるものだが、1日1回汗をかくようにしておくと、体臭は臭わなくなるものなのだ。後、お肌の張りがいいのだ。余分な水分がないと、お肌もきちんと張りが出て来るのだ。

 既婚女性なら夫とメイクラブというのも、充分に汗がかける行為なのだ。女性はオルガズムに達すると、セックシュフラッシュという現象が起き、それで汗をかくのだ。結婚しているなら、絶対に夫とのメイクラブを軽んじないことだ。セックスレスになるというのは、自分が美しくなれる機会を破壊しているようなものなのだ。

 タマティーの場合、最低でも7回以上はオルガズムに行かせるようにしているので、女性の体は汗でびしょびしょになってしまう。それゆえ、メイクラブが終わり次第、シャワーを一緒に浴びるようにしているのだ。だから、映画やドラマでメイクラブが終わり、そのまま寝てしまうというシーンはどう考えても納得が行かないのだ。汗をかいて、そのまま寝たら、風邪をひくだろうと思ってしまうのだ。

●良質の脂肪をつける

 タマティーは横浜市生まれのヘビメタ育ちなのだが、横浜市の冬は雪が降らない癖に異様に寒いのだ。冬になるとシベリア寒気団が南下して来て、新潟県で大雪を降らせた後、湿度の低い寒気団として関東に流れ込んで来るのだ。そのために関東地方には空っ風が吹き、雪が降らないのに、異様に寒くなってしまうのだ。

 この湿度が低い寒気団こそが、風邪の原因であり、毎年、冬になるとインフルエンザが大流行するのだ。それ以外にも冬になると、「脳卒中」や「脳梗塞」や「心筋梗塞」などを発症して死ぬ人たちが跡を絶たないのだ。我が家でも冬になると、タマティー以外、家族の者たち全員が風邪になるということもあったのだ。それなのに、なぜタマティーが風邪に罹らなかったといえば、タマティーはこの湿度の低い寒気団の対策をいていたからだ。そtれは緑茶に梅干しを落として、それを箸でグチョグチョにしてから飲むのだ。この梅干し入りの緑茶自体も風邪に効果があるのだが、この箸でゴチョグチョにしている時に、お茶の湯気を嗅いでいる時に、その湿気で鼻が湿度の低い空気に耐えうるようになるのだ。このお蔭で昔から風邪をひかずにいたのだ。

 それともう一つ、良質の脂肪をつけることを心掛けていたのだ。脂肪は体に備わった防寒着のようなもので、脂肪が或る程度あれば、寒さに耐えられるからだ。タマティーは中学生の頃からスポーツに打ち込んでいたが、それでも脂肪を落としてアスリート体型になろうという気は一切なかった。あそこまで脂肪を落としてしまうと、乾いた寒さが厳しい横浜市では病気になってしまうからだ。

 よくダイエット本などでは、脂肪を目の仇にして、脂肪を落とすことに躍起になっているのだが、タマティーはこれに対して反対の意見を持っている。というのは、昔、或る患者さんの静脈瘤を治すために、脂肪を落とすお茶を飲ませたのだが、ついでに自分も飲んでみたのだ。そうするとそのお茶の効果で脂肪は確かに落ちたのだが、脂肪がなくなってしまったので、冬の寒さに堪えてしまい、風邪をこじらして肺炎になってしまったのだ。この肺炎は自分は死ぬんではないかと思ったくらいに重症化してしまったので、肺炎が治り次第、今後絶対に脂肪を落とし過ぎるダイエットだけはしないようにし、また他人にも勧めないようにした。

 脂肪には悪い脂肪もあるので、良質の脂肪をつけていくことを心掛けることだ。タマティーは昔から植物性脂肪を食べるよう心掛けていた。子供の時から好きだったのは「クルミ」で、クルミを定期的にポリポリと食べていた。それから「落花生」や「アーモンド」や「ナッツ」も食べていた。今では朝にリンゴ人参ジュースを飲む時は、たっぷりとオリーブオイルを入れて飲んでいる。

 動物性脂肪は、危険と思われているのだが、野菜をしっかりと取っているなら、それほど危険ではないのだ。野菜が少ないからこそ、動物性脂肪が危険になってしまうのだ。動物性脂肪を食べる時は野菜をたっぷりと使うことだ。魚は動物性脂肪を持っているが、大半の魚では体にいい脂肪がなかなかつかない。タマティーの経験則では、鮭だけが体にいい脂肪がつくので、鮭が出回る冬には、「鮭鍋」というのが我が家での定番なのだ。それから鶏のトリカワを使って、野菜炒めを作り、食べていた。

 悪質な脂肪は、オヤツを食べてつく脂肪だ。人間の体は食べ物を食べ終わると消化吸収が始まるのだが、炭水化物の消化吸収が終わると、脂肪と蛋白質の消化吸収が始まるのだ。炭水化物の消化吸収が終わる血糖値が下がるので、どうしてもお腹がすいた感じになってしまうのだ。午前十時頃や、三時のオヤツや、夜食などは、この時間帯にピタリと合っているのだ。このオヤツや夜食を食べてしまうと、その炭水化物がそのまま脂肪になってしまうのだ。

 俺は未成年者の時は別だったが、成人以降は、オヤツや夜食を食べないようにしている。だからこそ、悪質な脂肪がつかないのだ。体に脂肪があっても、それは良質な脂肪なので、病気を引き起こさないし、体もスリムに見えるのだ。育児をいている場合、子供に釣られてオヤツを食べてしまうので、母親たちは肥満になって行ってしまうのだ。オヤツを食べる時は、木の実を食べるようにしておくことだ。木の実であるなら、悪質な脂肪にはならないのだ。

 イカサマ健康法は、育児で時間がなくなってしまっている母親たちには、是非とも必要な健康法だ。これら三つをやることで、充分に体重は落ちるし、スリムになることができるのだ。出産後、或る程度まで太るのは仕方ないのだが、太り過ぎて雌豚状態にまでならないことだ。イカサマ健康法を使ってしまえば、必ずスリムになり美しくなれるのだ。

|

« 子供は子供なりに悩むからこそ成長していく | トップページ | 赤ちゃんを最低でも3人作る »

子育て」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

過去記事にたくさん知りたいことが書かれておりました!が、がんばります(*^_^*)素晴らしいイカサマだ〜♫

投稿: メギー | 2016年7月 1日 (金) 01時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/496414/31872702

この記事へのトラックバック一覧です: 笑撃ヒートアップ:「タマティーのイカサマ健康法」 ~育児をしている母親に有効なイカサマ健康法~:

» 携帯マイmy箸運動販売情報ネットナビ [携帯マイmy箸運動販売情報ネットナビ]
携帯携帯マイmy箸運動販売情報ネットナビ運動販売情報ネットナビの情報です。 [続きを読む]

受信: 2009年10月28日 (水) 15時19分

» 水虫治療 [水虫治療]
最近、水虫治療している若い女性が増えているそうです。水虫治療に必要な水虫の知識や治療法、予防法などを紹介するブログです。 [続きを読む]

受信: 2009年10月30日 (金) 11時22分

» 糖尿病食 宅配の口コミ 糖尿病の食事は宅配でラクラク安心! [糖尿病食 宅配の口コミ 糖尿病の食事は宅配でラクラク安心!]
糖尿病になったら食事に注意が必要です。本格的な糖尿病食はレシピ選びや作り方を習得するのも大変。毎日の糖尿病食の献立の準備に疲れたり飽きてしまった時には宅配の糖尿病食を利用すると楽ですよ。 [続きを読む]

受信: 2009年10月31日 (土) 13時50分

» 妊娠中のおなかの張り [子育てナビ]
妊娠中のおなかの張りや痛みは日常生活上、切っても切り離せないものだった記憶があります。 [続きを読む]

受信: 2009年11月 3日 (火) 22時39分

» ダイエットの効果・口コミ・感想 [ダイエットの効果・口コミ・感想]
いろんなダイエット方法がありすぎて、どれを始めていいのか迷っている日へ、効果や口コミ、感想などを紹介していきます。 [続きを読む]

受信: 2009年11月11日 (水) 08時15分

» 與古田光昭(よこだ みつあき)のセックスレス解消、夫婦、男女の夜の営みのお悩みを円滑にする方法(女性編)について [與古田光昭(よこだ みつあき)のセックスレス解消、夫婦、男女の夜の営みのお悩みを円滑にする方法(女性編)]
與古田光昭(よこだ みつあき)のセックスレス解消、夫婦、男女の夜の営みのお悩みを円滑にする方法(女性編)は、夫婦関係でお悩みの妻である貴女が夫や彼に心よく受け入れられ、精神的にも身体的にもストレスのないセックスレス解消に向けて、具体的な実践方法で、悩みを解消・改善してくれるセックスレス解消マニュアルです。 そんな與古田光昭(よこだ みつあき)のセックスレス解消、夫婦、男女の夜の営みのお悩みを円滑にする方法(女性編)の特徴や効果、口コミ情報などをお伝えします。... [続きを読む]

受信: 2009年11月25日 (水) 15時19分

« 子供は子供なりに悩むからこそ成長していく | トップページ | 赤ちゃんを最低でも3人作る »