« 特別講義:『子育て中の主婦でも解る経済学』 | トップページ | 本物の夫婦になってしまうと、突然に資産が集まり出す »

本物の夫婦になるための試練

●人間の生き方は十年が限界

 人間の生き方は10年間しか持たない。10年も生きていれば、環境が変わってしまうことだろうし、自分の考えも根本的に修正しなければならなくなってくることだろう。生まれて来て10歳前後に幼稚さが抜け始めて思春期を迎え始めるし、20歳前後では大人の仲間入りを果たして行くし、30歳前後なら女性は結婚適齢期の真っ最中である。人間は10年ごとに大きく変わって行くのだ。

 結婚も結婚してから10年経てば、夫婦の愛の形を変えて行かざるを得なくなるのだ。結婚当初のような溌剌として気分はもうないし、かといって結婚を御破算にする必要もないのだ。夫婦双方が今まで遣り続けて来た生き方を根本的に修正することで、結婚を新たなものにしなくてはならないのだ。

 結婚して10年も経てば、子供たちは大きくなり、第一子は小学生になっている頃だろう。まだまだ子供ではあるのだけれども、子供の将来の進路をもうそろそろ決めねばならない時期に差し掛かっているものだ。子供を子供扱いしなくなる時期こそ、夫婦もその幼稚さを捨て、じっくりと将来を見据えねばならぬ時期になっているのである。

 気をつけなければならないのは、夫婦の愛の形が限界に達していることに、先に気付くのは大抵、妻の方だということである。そのため、妻の方が悲観してしまい、結婚を破壊する方向へと自分の意思で導いてしまうことだ。はっきりと言っておくが、結婚の愛の形が限界に達しているだけであって、結婚そのものが駄目になっている訳ではないのだ。

 10年間も結婚して来て、しかも子供たちがいるなら、離婚という選択肢は絶対に取るべきではないのである。その夫婦はそれがどうであれ、運命の出会いを果たして出会った二人であり、今更、離婚するには余りにも代償が大きくなりすぎてしまうのだ。結婚の愛の形を変えればいいだけであって、配偶者まで変える必要性はないのだ。

●出産と育児で自分の精神レベルが上がる

 要は出産と育児によって、妻の方の精神レベルが上がってしまったのである。毎日、子供の面倒を見てくれば、どんな馬鹿な女性といえども、生命の尊さや、人を育てて行くことの素晴らしさが解り、それによって自分の精神レベルが上がり過ぎてしまい、もう昔のような生き方が出来なくなってしまっているのだ。在り来たりの夫婦から、本物の夫婦に変わって行かざるを得なくなっているのである。

①条件は子供3人

 本物の夫婦になるためには、子供が3人以上は必要なのである。子供を3人以上産み育てないと、妻の方が不自然な生き方をしてしまい、どうして育児の仕方をきちんと学ぶことができなくなってしまうのだ。本来なら妻の方が精神レベルが上がらなければならないのに、その上昇が起こらなくなってしまうのだ。

②育児や家事に追われる

 妻の方が育児や家事で追われる日々をすごしているこということは、非常に重要な条件である。暇を持て余しているような既婚女性であれば、邪念が頭の中に蔓延ってしまい、自分の精神レベルを上げるどころではなくなってしまうからだ。育児や家事に追われる日々を過ごしていない既婚女性に限って、日々のニュースで流れる殺人事件がどうのこうの、政治問題がどうのこうの、社会問題がどうのこうのと言い出し、「それではあなたは一体何をやりましたか?」という問いには一切答えることができなくなってしまうのだ。

③大喧嘩

 本物の夫婦になるためには、夫婦が大喧嘩することも必要なのである。夫婦によっては怒鳴り合いの喧嘩になったり、殴り合いの喧嘩になったり、口を聞かない喧嘩になったりと、様々であるが、大喧嘩することで、夫婦のそれまでの愛の形が壊れてしまい、新たな愛の形を作り出して行くことが可能になるのだ。

 古来より、日本では夫婦が余りにも仲良くし過ぎることを戒めて来たのは、夫婦仲が余りにも良すぎると、夫婦双方が互いの精神レベルの上昇に気づけず、新婚当初と変わらない生活をし続けてしまうからなのだ。夫婦仲が冷え切ってしまうのは、それはそれで問題だが、夫婦は双方、互いに少し距離をおくことで、相手を冷静に見ることができ、本物の夫婦へと成長して行くことが可能になるのである。

●問題ある既婚女性たち

 本物の夫婦になるためには、これら3つの条件を収めてしまえば、自然と変化が起こって来るものなのである。だが、これらの条件を収めた筈なのに、どうしても変化が起こってこない夫婦がいる。こういう夫婦は夫の精神レベルが余りにも低すぎるか、それとも妻の方に問題があるか、2つに1つなのだ。

①なんでも夫任せの妻

 子供を3人以上産み育てて行くのは、精神的に独立していないとできるものではない。ところが、子供の世話をしている日々の中で、妻の方が幼稚化してしまい、夫に従属するようになってしまい、なんでも夫任せにする妻が出て来るのだ。こうなると、いくら条件を満たしていても、本物の夫婦に変化して行くことができないのだ。

②頑張り過ぎる妻

 一方、精神的にはきちんと独立しているのだが、何事にも自分で頑張り過ぎてしまう妻たちも出て来るものである。妻が頑張ることで家事も育児も巧く行くことがいいことなのだが、しかし、頑張り過ぎる女性ほど、夫に甘えるということを忘れているのだ。自分が必要以上に力を出しているために、相手のことをきちんと思いやって、正しく愛するということが出来なくなってしまったのだ。そして何より、自分の心を開いて、相手と真剣に向かい合い、話し合うことを忘れているのだ。

③温和すぎる妻

 性格的に余りにも温和すぎるために、夫婦喧嘩を一切しない妻というのも、この期に及んでは問題となってくるのだ。人間は誰でも喧嘩すべき時は喧嘩しなければならない。それなのに、自分の性格から争いを避けてしまい、自分に変化を引き起こすということをしないのである。そのために、本物の夫婦になれる機会を失ってしまうのである。

 結婚して10年経ったのに、何も変化が起きない方が危険なのである。なぜなら、その夫婦が本物の夫婦になっていないから、表面的には平穏無事に過ごしているように見えても、実は結婚そのものを破壊してしまうような危険な火種を持っているのである。本物の夫婦になれなければ、離婚してしまう可能性も出て来るし、結婚jを続けても利益を得ることが非常に少ないものになってしまうのだ。

 自分たち夫婦が本物の夫婦に変わることができないなら、第三者の手助けを借りることだ。既に本物の夫婦になっている既婚女性から何かしらのアドバイスを受けることだ。本物の夫婦になれた既婚女性なら、自分の根本的な過ちを的確に指摘してくれて、それによって自分なりに激変が起こり、本物の夫婦になって行くことだろう。

●身も心も夫婦になる瞬間

 夫婦というのは、結婚式を挙げればそれで完成なのではない。結婚当初はまだまだ未熟者なのだ。しかし、結婚して10年も経てば、ベテランの域に達するほど、急成長して行くものなのである。自分たち夫婦が成長し過ぎたからこそ、新婚当時のような夫婦の愛の形では最早不可能になり、夫婦の愛の形を刷新することで、新たな未来を切り開こうとするのである。

 本物の夫婦になっていなければ、夫婦愛が巧く流れていないから、配偶者をきちんとした形で愛せないし、夫婦にとって大事なことを他人に話して解決の糸口を掴まざるを得なくなってしまうのだ。結婚しているのに、非常に無駄なエネルギーの遣い方をするのであって、だからこそ、結婚が重苦しいものになってしまうのである。

 身も心も本物の夫婦になると、夫婦双方の心の壁が崩れ落ちて、夫婦愛が最高レベルで流れ出して、夫婦の間から爆発的なエネルギーが湧き出して来るものなのである。どの夫婦も本物の夫婦に変わって行く時期は、夫は働き盛りに差し掛かっているし、妻も家事や育児が最も充実した日々を過ごす時期に差し掛かっているのだ。

 どのような夫婦になるかは、夫婦それぞれなのである。今まで亭主関白でいた夫婦が嬶天下になってまったり、今まで嬶天下だったのに亭主関白になってしまったりすることもあるのだ。今まで対等な夫婦関係を築いていたのに、夫婦のどちらかが主導権を握ってしまうこともあるのだ。結婚して10年も経てば、夫婦の力関係に於いて最善と思えるような形に変化して行くものであって、そのような形を受け入れることなのである。夫婦はこういう夫婦にしなければならないということは、絶対にないのである。夫婦は本当に人それぞれなのである。

 本物の夫婦になってしまったら、後は夫婦双方が足を引っ張り合うのではなく、外に向かって攻撃を仕掛けて行くべきなのである。最早、夫婦の至らないもののために、エネルギーを浪費するべきではないのだ。自分たち夫婦の間から湧き起こって来たエネルギーを物理的な豊かさを実現して行くために使用すべきなのである。だからこそ、本物の夫婦は今までとは有り得ないような豊かさを実現することができるのである。

|

« 特別講義:『子育て中の主婦でも解る経済学』 | トップページ | 本物の夫婦になってしまうと、突然に資産が集まり出す »

子育て」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

ほんとそうですねぇ。喧嘩して言わなくていいことまでゆったり失敗したり相手を傷つけたり若気のいたりをしながらも反省したり後悔したりしながら成長しますよね夫婦は。
10年あればそんなことも分かるのでしょう。10年越えても幼稚な事をしていると呆れられて相手にされなくなりますからね。危機ですね。
恋愛感情はもうありませんが(笑)お互い認め合いつつ悪い所は直しながら必要とされる様になりたいですね。それを見て子供は育つ訳ですから。
夫婦は鏡なので欠点がほぼ一緒なので指摘したくても中々出来ないんですよねぇ〜。自分にゆっている様で(笑)

投稿: さえ | 2009年11月18日 (水) 10時48分

初めまして。いつも興味深く拝読しています。私たち夫婦は今年結婚10周年で、春に第3子が誕生しますので今回の内容はとても身につまされるものでした。

わたしは、愛情が強烈過ぎる実母の下で育ちました。第2子出産後に少し精神的なバランスを崩し、地域の保健婦さんにカウンセラーさんを紹介され、子供たちを健全に育てるためには実母との関係を断ち切りなさいとアドバイスされたことがあります。

主人は温厚ですが自分の生き方に物凄く自信とプライドのある人です。出会った瞬間に「この人と生きて行きたい」と強く願ったのは、主人は知らないかもしれませんがわたしの方です。母は主人をいつも非難します。世間的な条件は一番良いけれど兄妹で一番可哀相な結婚生活をさせられていると憐れんでは、わたしの家庭に立ち入りたがります。子供たちには良いお祖母ちゃまなので、結局わたしも断ち切る事は出来ず、今まで何とかやってきました。

第3子のお産は、主人を頼る事、目の前の家族を大切にする事を学ぶ良い機会を与えられたのだと、今、視界が開けたような気持ちです。いつも色々なヒントを頂いていますが、今回はどうしてもお礼を申し上げたくて、コメントいたしました。お体に気をつけ

投稿: smile-larch | 2009年11月18日 (水) 12時03分

 「さえ」さん、コメント有難うございます!happy01

 結婚して10年も経てば、相手を変えようと躍起になるのではなく、相手の欠点をそのまま承認して、長所を伸ばして行った方がいいですよ。
 どうしても嫌な箇所に関しては改めて貰わないといけないけど、それ以外なら、もう無視してしまった方がいいです。
 夫婦は変わる時は自然に変わって行きますからね。

 それよりも、夫婦で資産を貯め込んで行くことに主力を投入していくべきですよ。
 丁度、資産が形成され、資産が増大して行く時期に差し掛かっていますからね。
 自分たち夫婦愛の価値は、自分たちの資産で証明して行くべきですよ。
 夫婦で仕事に精を出し、預金通帳見ながら、ニタニタしていた方が、余程健全な夫婦というもんです。
 夫であり、父親であると同時に、ビジネスパ^ートナーだと思った方が、より夫婦は巧く行くし、夫婦愛も増大して行きますよ。

happy01 happy01 happy01

投稿: タマティー | 2009年11月19日 (木) 07時13分

 「smile-larch」さん、初コメント有難うございます!happy01

 アドバイスをくれた保健婦さんやカウンセラーの方は、正論を言っていますので、恨まないように。
 ただ、その正論が実行不可能ということだけなんです。

 こういう場合、寧ろ、母親に感謝してしまった方がいいです。
 母親が結婚を反対してくれたからこそ、自分の結婚は巧く行き、夫婦の絆が深まったというものですよ。
 普通の夫婦では誰かから批判されることなんてないから、勝手気儘に過ごしてしまうもんですよ。
 その点、「smile-larch」さんは母親が批判してくれたことで、身勝手な行動を自制することができた筈ですよ。

 母親が何に反対しているかは解らないけど、要は母親の方が子離れができていないということです。
 自分の娘が結婚して10年も経ち、子供も3人いるなら、祝福するのが、親としての義務ですからね。
 母親の介入を阻止するためにも、自分たち夫婦がしっかりとパワーを持つことですよ。
 経済的に優位に立ち、家事や育児をきちんと行って、家庭内に秩序が形成されていれば、そう簡単に手出しをしてくることはできませんよ。
 自分たち夫婦にどこか弱い所があるからこそ、母親が付け込んでくるんであって、それを改善してしまえば、母親といえども結婚を認めざるを得なくなるでしょう。
 まあ、強がることはないけど、強くなることですよ。

happy01 happy01 happy01

投稿: タマティー | 2009年11月19日 (木) 07時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/496414/32232131

この記事へのトラックバック一覧です: 本物の夫婦になるための試練:

» 本物の夫婦になるための試練 [離婚]
[続きを読む]

受信: 2009年11月18日 (水) 08時37分

» 本物の夫婦になるための試練 [離婚]
[続きを読む]

受信: 2009年11月18日 (水) 09時32分

» リスクゼロでガンガン稼ぐ方法を知りたくないですか? [リスクゼロでガンガン稼ぐ方法]
最初に、言っておきます!! この不景気では信じられないぐらいお金を稼ぐ方法を あなたは知りたくないですか?? ある作業をするだけで、あとはほったらかしで大丈夫です。 私はこの方法だけで、登録してから現時点までに 100万円以上稼ぎ 今でもほったらかしで収入が入り続けています。... [続きを読む]

受信: 2009年11月18日 (水) 11時30分

» 海外出産 [出産情報ナビ]
海外出産についての情報や注目のコンテンツを紹介しています。いろんな知識や情報を学べる、役立つ情報を目指しております。 [続きを読む]

受信: 2009年11月18日 (水) 22時45分

» 晩秋の雨の日の、いやな記憶・離婚届提出 [うつ病ブログ(メンタルヘルスの広場)]
きょうは、晩秋の雨の日です。 いやな天気です。 わたしが離婚届を役所に提出したの [続きを読む]

受信: 2009年11月19日 (木) 22時08分

« 特別講義:『子育て中の主婦でも解る経済学』 | トップページ | 本物の夫婦になってしまうと、突然に資産が集まり出す »