« 子供が3人できると、夫は育児を手伝いだす | トップページ | 本物の母親になるための試練 »

「子供優先という生き方」と「母親としての能力」

●自分中心じゃないからこそ、能力は伸びていくもの

 子供が一人や二人なら、まだ自分の時間は多少は確保できる。しかし、子供が3人以上いれば、自分の時間など殆どなくなる。子供はいつも母親の周りを付き纏い、母親も子供優先ですべてのことを進めて行かざるを得ないこの自分中心という考えがなくなった時に、母親としての能力は急激に伸びて行くのである。

 これこそが三人目以降の出産がそれ以前の出産とは異なることなのだ。三人目を出産した時には自分を下げるしかないのだ。自分を下げるからこそ、3人以上の子供がいても、育児が簡単に出来てしまうのである。不幸を呼び寄せる最大の原因である「我執」が奇麗さっぱりと消えてなくなってしまうのである。

 母親に我執が残っていると、出産しても1人目や2人目で打ち止めにしてしまうがちだ。3人以上産めば自分は完全に育児に追われてしまうから、決してそれ以上子供を作ろうとしなくなるのだ。だから、我執が残ってしまい、それが不幸を呼び寄せてしまうのだ。その不幸を母親自身が背負うならまだいい。その不幸が子供たちに及ぶことだってあるのだ。

 家族というのは、夫が仕事に出かけている時は、母親中心に回って行くものである。かといって、母親がその地位を乱用して、自分勝手に動かしてはならないものなのである。母親が自分中心ではなく、子供優先という考えをしっかりと持ち、それを実行してくれるからこそ、家族は母親を中心に回り始め、子供たちも健康に成長して行くことができるのである。

 そのためには我執を取り除き、自分が謙虚になって、育児を進めていくしかないのだ。自分の利益のために動くのではなく、子供たちの利益に動くからこそ、子供たちは莫大な利益を手にすることができ、成長に次ぐ成長を重ねて行くのである。こういう生き方をするからこそ、母親は母親としての能力を最大限にまであげてしまい、知らず知らずの内に莫大な利益を手にしてしまうのである。

●自分が育児に全力を投入している以上、夫優先は当たり前

 子供が3人以上いれば育児に追われてしまうのは当然のことなのである。自分が育児に追われている以上、夫がいる時は夫優先になるのが当たり前のことになるのである。夫も妻が夫優先になってくれれば、妻を大切に扱うようにし、妻と仲良くしていく筈である。こうなれば夫婦喧嘩は消滅してしまうのである。

 大抵の夫たちは仕事で全力を使い切っている。それゆえ、帰宅してから妻に喧嘩を吹っ掛けようなどという気は更々ないのだ。しかし、自宅に育児に全力を使い切っておらず、体力が有り余っている妻がいるなら、妻から些細なことを指摘され、それを引き金に夫婦喧嘩が勃発するものなのである。

 夫婦間暴力が社会問題化したり、地方自治体がDVシェルターを作る前に、まずは妻の方も育児に全力を投入して、夫が帰宅して来たら、喧嘩を吹っ掛けるだけの余裕がない状態まで育児をしてみるべきなのである。育児でヘトヘトになるまで疲れ切っていたら、夫に喧嘩を吹っ掛けようなどとは思わなくなるものなのである。

 妻が夫を優先させる生き方は、何か封建的だと思われて、常に批判の対象になっている。しかし、子供を3人以上産めば妻は夫優先にならざるを得ないのである。それ以外に取りようがないのである。子供を1人や2人しか産まないからこそ、昔のような結婚の仕方を取らずに、自分勝手に結婚を運営しようとしているだけなのだ。ただ、どんなに自分勝手に結婚を運営しようとしても、子供が1人や2人なら家族はまだまだ未熟なままなのである。未熟だからこそ、どのように運営しても、問題が発生して来てしまうものなのである。

 昔の日本は、現在の日本より遥かに貧しかった。それでもどの夫婦も3人以上の子供を産み育てていたのである。大抵の夫婦には5人の子供たちがいるのは当然のことだったのだ。だからこそ、妻として成長し、母親として成長することができたのだ。子供が5人いれば、子供を優先するのは当たり前だし、夫を優先するのは当たり前なのだ。夫唱婦随と言われれば、そんなの当たり前なのである。そうやって生きたからこそ、その家族は有り得ないほどのエネルギーを発し始め、発展して行くことができたのである。

●自己中心的な生き方では能力は伸びない

 子供が1人や2人しかいなければ、その家族に問題が続出するのは当たり前のことなのである。母親に自己中心的な生き方が残っているので、それが家族の中で至る所に出始め、夫や子供たちを圧迫し始めるからなのである。母親が家族を運営していくために必要な愛を発してこないから、家族の中で愛が巧K循環せず、夫も子供たちも愛の不足ゆえに、トラブルを引き起こしてしまうのだ。

 結婚適齢期を過ぎても結婚しない女性たちが、能力を伸ばせないのも同じ理由だ。自己中心的に生きてしまうと、それは若い時には良くても、或る年齢を超えた頃からはその生き方では全然能力を伸ばすことができなくなり、いつも同じような日程を繰り返す日々になってしまうのだ。

 既婚女性が幼馴染みの友達と話していると、既婚女性の友達となら会話が弾むのに、独身女性の友達となら会話が陳腐なものになってしまうことがあるものだ。結婚すれば、妻として母親としてやらねばならぬことがたくさんあるから、別に仕事をしていなくても、自然と能力を伸ばして行くことができるのである。ところが、結婚せずに働いても、職場で行う作業は限られたものだから、大して能力が伸びて来ないのである。その差が如実に現れて来てしまうのである。

 若い時は自己中心的に生きたとしても構わないのである。自己中心的にならなければ、自分の能力を伸ばすことはできないからだ。しかし、それは飽くまでも若い時であって、結婚適齢期を過ぎた頃にはもうその自己中心的な生き方を捨て、他人優先の生き方をしていくべきなのである。他人を優先させるからこそ自分の能力は飛躍的に伸びるようになるのである。

 要は「競争の原理」から「慈愛の原理」に生き方を変えたということなのだ。この生き方の変更は或る日突然にいきなり起こって来るのではないのである。徐々に変化を起こして来るものなのである。女性は結婚することで変わり、初めての赤ちゃんを産むことで変わり、子供を3人以上作ることで変わっていくのだ。気付いてみれば、慈愛の原理に基づいて生きており、他人に慈愛を注ぐことができるような母親に成長してしまったのである。

●気付いてみれば、実力はついていた

 母親力など育児に追われていれば自然とついてしまうものなのである。育児や家事はテリトリーが広いので、それを一々教えても、巧く教えられる訳がないのだ。問題がある箇所ならそれを治すために教えることはできても、育児や家事のすべてを教えることなどできないものなのだ。とにかく結婚をしてやってみることなのである。子供を3人以上産んで育ててしまうことなのである。気付いてみれば母親としての実力がついていた。実力というのはそういうものなのである。

 世の中には自分のペースで学んでいくからこそ、きちんとした形で学べると勘違いしている人たちが大勢いるものなのだ。実力というのは、滅私奉公のような状態になってこそ、最大レベルで実力が付き始めるのである。学校のカリキュラムにしても、学校の授業でチンタラ受けるより、塾や予備校で内容の濃い講習を受けてしまった方が、実力はついてしまうものなのである。

 男性なら軍隊に入って軍事訓練を受ければ、いかに軟弱な男性でも短期間で男らしい男に変わってしまうものなのである。軍隊に入れば自己中的な生き方など木っ端微塵に砕けてしまうから、軍事訓練に追われる日々に中で実力があっという間についてしまうものなのである。

 女性なら結婚して育児に追われれば、自己中心的な生き方が破壊されてしまい、いつの間にかに母親としての実力がついてしまうのである。だから、子供は1人や2人では駄目なのである。子供を3人以上産んで、育児に追われることで、自分を立派な母親として成長していかなければならないのである。

 日本は半世紀以上に亘って平和が続いているために、経済は豊かになり、文化が爛熟してしまっているのだ。そのため、本来なら正しいものが否定され、どうやっても無理なものが正しいと思うような間違った考えをする人々が多数現れてくるようになってしまったのだ。「男女平等に基づいて結婚を行おう」などと、実際にやってみれば絶対に不可能なことを言い出すのだ。結婚を実際にやってみれば、夫を家長として立て、妻が家庭内の実権を握ってしまうことで落ち着くものだし、機能するものなのである。これ以外の遣り方ではどうやっても巧く行かないものなのである

 男らしい男が消えれば、女らしい女も消えてしまうものだ、逆に女らしい女が消えてしまえば、男らしい男も消えてしまうものなのだ。男性が男らしい男になっていくためには、軍隊のような過酷な試練を受ける場所が必要なのである、女性が女らしい女になっていくためには、結婚して育児という過酷な試練を受けることが必要なのである。そうしなければ、男は男になれないし、女は女になれないのだ。

 母親として成長して来ると、「宗教の大切さ」がはっきりと解って来るものだ。宗教は「神の絶対性と人間の相対性」を求めて来るので、神をきちんと崇敬できれば、自分自身を相対化することができ、いくらでも成長して行くことができるのである。自分が成長したければ、自己中心的にならないことである。自分を絶対化してはならないのだ。常に神様を戴いて、謙虚になって生きて行くべきなのである。そういう生き方こそ、自分を無限に発展させていくことができる生き方なのである。、

|

« 子供が3人できると、夫は育児を手伝いだす | トップページ | 本物の母親になるための試練 »

子育て」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。さらりと書かれていましたが宗教の必要性とゆうのは全くその通りですね。原点は宇宙との調和だと思いますがそれなしで人は生きられないですよね。上手く調和してこそ子宝に恵まれるわけですから。そう私は思います。
所で、私のなかではこうではないのか?と確立しつつ?(笑)ある想いがあるのですが…それは赤ちゃんの性別にまつわる事です。最近産み分けする方が多いとはおもいますが(一人二人しか産まないので当然したい気持ちは分かりますが)私は完全に信じていません。タマティーさんはどう思いますか?

投稿: さえ | 2009年11月 5日 (木) 14時57分

 「さえ」さん、お久しぶりでございます!happy01
 さすがは3人も産んでいる母親だと、考え方が立派です!good
 タマティーが神様の下で謙虚になれということと、「さえ」さんが宇宙の調和と言っていることは、要は同じことです。
 我執が取れてしまえば、必ずその境地に辿りついてしまうんです。
 そして自己中心ではなく、他人を優先することができるから、他人を幸せにすることができ、それによって自分も幸せになれるようになるんです。

 男女の産み分けに関しては、『幸せ色の出産ラブストーリー』では述べていなんですよ。
 タマティーに言わせれば、「自分の赤ちゃんが男の子だろうが女の子だろうがきちんと育てろ」ということです。
 ただ、草稿段階では男女の産み分けに関して情報を集めていました。
 或る若い助産婦さんが男女の産み分けのことをきちんと論じていたんですけど、それは科学的に立証されたものではなかったんです。
 巷で溢れる男女の産み分けの情報は、飽くまでも多少は確率を上げる程度のものなんです。

 男女の産み分けに関して、一番大きな流れというのは、「家系」なんです。
 どの家族も男系家族か女系家族かどちらかの特徴が出て来ます。
 男系家族なら男の子が産まれ易いし、女系家族なら女の子が産まれ易いということです。
 その家系が絶家に向かう時は、どうやっても女の子しか生まれなくなってしまうんです。
 男女の産み分け云々よりも、家系図を書いてしまった方が、非常に解り易いんです。
 
 二番目に大きな要因としては、「食事」ですね。
 女性が肉食に走ってしまうと、体が酸化してしまうので、どうしても女の子が産まれ易くなってしまうんです。
 男の子が欲しいのなら、肉食を控えて、野菜をたくさん食べろと言うことです。
 
 三番目に大きな要因は、「セックスの仕方」です。
 セックスの回数が矢鱈に多いと、子宮は常に精子に晒されてしまうので、子孫を残すという能力が低下してしまい、女の子が産まれ易くなってしまうんです。
 昔から女の子が生まれると、その夫婦はスケベだと言われて来たけど、これは或る程度正しいことなんです。
 セックスの回数を制限して、その代わり、セックスをやる時は充実させて形で行うと男の子が産まれ易くなるんです。

 ただ、こういうものを付き詰めていくと、やっぱり未来に生まれている子供は、雲の上から両親を見ているということですね。
 子供は親を選べないというけど、子供は親を選んで生まれて来るみたいです。
 何かしら両親に伝えたいことがあるからこそ、その両親のもとに生まれて来るみたいです。

★★ 追伸 ★★
 「さえ」さんの考えを、ゼ~ッタイに聞かせて下さいね。

happy01 happy01 happy01

投稿: タマティー | 2009年11月 6日 (金) 06時05分

ご回答どうもありがとうございます。
もちろん、タマティーさんのおっしゃる通り性別はどっちでもよいのです。必要なものが与えられると思っています。私事ですが上二人が女の子で下が男の子です。私に限りの話ですが順番にも意味があると感じています。酸性とゆうことは健康ではないですよね。健康でないと精神が安定しないしその逆も言えますが、心身共に整って主人に対して気持ちを改めた時男の子が出来たので何か関係するのかな…といつもの事ですが意味付けをしてしまいます(笑)タマティーさんがいつもおっしゃる様に一人産んでいくごとに精神レベルが上がり、とゆうか上がらざる逐えないのですがその通りだと思います。若くして産んでいますから精神的にしんどかったです。でも3人目を産み終えて初めて子育てに限らず目の前の霞みがとれた様なそして自信と希望が持てる自分になれました。子供は3人以上は本当です(笑)これは子供達が与えてくれた財産ですから本当に子は宝ですね。

投稿: さえ | 2009年11月 6日 (金) 10時12分

 「さえ」さん、さすが経験者が語る言葉には千金の値があります!happy01
 精神レベルが上がると、男の子ができるわけなんですね。
 確かに男性は精神作用といって、精神を上げて来る動物なんです。そうなると母親が男の子を産むということは、結婚によって精神レベルが上がっていないと起こらないことです。
 まあ、「さえ」さんが旦那さんに対する心持ちを変えたからこそ、男の子がやってきたわけですね。

 そうなると「一姫二太郎」という昔からの言い伝えも、かなり意味深な教えを伝えて来ていることになりますね。
 実際は、育児は最初女の子の方が育て易いので、まずは女の子の育児を経験してから、次に男の子の育児ということなんですが、精神レベルの話は入って来ると、大抵の夫婦は当初は精神レベルが低いから、女の子を育てることで徐々に精神レベルを上げて行き、精神レベルが或る程度まで上がったら男の子がやってくるということになりますね。
 
 タマティーの意見を言わせていただきますと、女の子だけを育てた母親と、男の子を育てた母親とでは全然違うということでなんす。
 まず、男の子は女の子より物凄く弱いんだということをなんです。これは性ホルモンの関係上、本来は女性ホルモンで出来上がっている体に、男性になるために無理をして男性ホルモンを照射しているわけなんです。そのために、男の子は女の子よりも病気をし易いし、体が弱いんです。男の子が女の子よりも強くなっていくのは、中学生くらいからなんです。この男の子の弱さを知っておかないと、女性が異性を愛する時にまともな愛が出て来なくなってしまうんではないかと思うほどです。
 次に男の子は有り得ないほどに可愛いということなんです。特に3歳あたりの可愛さは、想像を絶するみたいで、どの母親も我が子にメロメロになっているんですね。これを経験しておかないと、母親の方に育児って面白かったという印象が残らないんではないかと思います。
 それから、男の子は飯を大量に食うということなんです。タマティーは未だに母親から飯を食い過ぎていたことをネチネチと言われますよ。自分では覚えていないけど、男の子は確かに飯を大量に食うわけですな。それだけ大きく成長していくためには、食費もしっかりとかかるもんなんです。
 まあ、とにかく、女の子だけを産んで、育児を云々言ってはならんです。女の子も男の子も育てることで、育児のなんたるかが解るみたいです。
 何事もチャレンジ! チャレンジ!

happy01 happy01 happy01

投稿: タマティー | 2009年11月 7日 (土) 05時45分

タマティーさん、私は表現力が上手くないので感覚的にしか感じられずにそれを言葉にするのが苦手なのですがすごく的確に文章にして下さってびっくりしました。拙い説明なのに理解してもらえて嬉しいです。
そのような話を私の母親などにゆっても、何ゆってんの?と中々理解されません(笑)正しいかどうかは別ですが、色々考えたりしますよね。
これからも毎日見させて頂きます。ありがとうございます。

投稿: さえ | 2009年11月 7日 (土) 16時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/496414/31848475

この記事へのトラックバック一覧です: 「子供優先という生き方」と「母親としての能力」:

» ★ \(☆^○^☆)/ ★ マジ☆で ぶっ飛ぶ・副収入♪♪ ★ [週末社長]
=        本業とは別に、もの凄い≪副収入≫    サポートがあったから、私の人生も変わってきました\(~o~)/http://take.or.tv/dai-kichi/ \(☆^○^☆)/月収が【2倍】?【3倍】?? どこまでいくのぉぉ!! [続きを読む]

受信: 2009年11月 5日 (木) 13時38分

« 子供が3人できると、夫は育児を手伝いだす | トップページ | 本物の母親になるための試練 »