« 育児終了後の二重顎対策 | トップページ | 仕事復帰は焦らない ~子持ちの母親だからこそ、家族とお客様のために働かなければならない~ »

育児終了後の頭痛対策

●頭のいい母親ほど頭痛になる

 夫の収入も良く、妻には優しくしてくれて、子供たちにも恵まれ、健康に育っているのに、外から見れば幸せを絵を描いたような家族に見えても、母親が一人自宅で頭痛に悩んでいて、幸せどころではないという家族がいるものなのである。頭痛というには、外見的には健康そのものなので、家族の理解を得ることがなく、下手をすると仮病ではないかと疑われてしまうのだ。しかし、そうではないないのだ。頭痛はすべての幸福を破壊してしまうほどの威力を持つ恐ろしい病なのである。

 頭痛というのは、頭の悪い女性や、ブスやデブのような女性には発症して来ることはない。よりによって、頭のいい女性や、美人の女性に限って発症して来るのだ。これらの女性は女性ホルモンが大量に分泌され過ぎてしまい、それによって体が冷え、頭が締め付けられ、有り得ないような頭痛に苦しめられてしまうのである。

 人間には大きく分けて、「陰性体質」と「陽性体質」の二種類の人々がいる。陰性体質の女性は、運動が苦手で、社交的になるより、自宅で静かにしていたいことを好む女性だ。頭痛の罹るのは大抵がこの陰性体質の女性だ。陰性体質が悪いのではなく、自分が頭痛に成り易い女性であるということは頭の中に入れておいた方がいい。

 人間の脳は無制限に活動できる訳ではなく、その能力量には限界がある。陰性体質の女性の場合、陽性体質の女性よりも、多くの脳を使う傾向にあり、それはそれで高い知能を発揮するということが起こるのだが、その反面、脳が疲労しきってしまい、それによって頭痛が発生してしまうという弊害を生んでしまうのである。

 陰性体質の女性は日常の些細な問題でも、「あれや」「これや」と考え過ぎてしまうので、どうしても脳が使われ過ぎてしまうのだ。体を動かしていないにも拘わらず、頭ばかり使っていてば、血流が悪くなるので、当然に脳内に発生した疲労物質や毒素を排除することができなくなり、それでズキンズキンと痛み始めるのである。

●頭痛持ちは背骨が曲がっている

 まず頭痛を抱えている女性は、頭の形がズレている。頭を使い過ぎてしまい、脳の比重が重くなり、創造性豊かな女性なら右に頭が傾いているし、理屈っぽい女性なら左に頭が傾いているものだ。自分の頭の形のズレは自分では解りにくいので、今まで撮った写真を見てみることで、その頭の形のズレを把握しておこう。

 それと、育児による背骨の歪みというのも、頭痛の大きな原因の一つになっている。乳幼児は小さいために、母親はどうしても下を向く態勢を取ってしまうのだが、そのために猫背になり、いつの間にか下を向く姿勢になってしまっているのだ。猫背の姿勢でいると、視力も低下してくるので、どうしても更に猫背になるという悪循環を生んでしまうのである。

 頭痛持ちの女性は、背筋の筋肉量がそもそも少ないのだ。背筋を鍛えておけば、いくら頭を使っても頭の形はズレないし、猫背にもならないものだ。そのため、まずは背筋を鍛えることだ。自宅でせっせと背筋に筋肉トレーニングを施していけばいい。最初は100回から始めて、徐々に回数を増やして行き、1000回ぐらいやって、背筋にしっかりとした筋肉を付けるようにすることだ。筋肉トレーニングは毎日やるのではなく、週に2回か3回で充分である。

 それと縄跳びを行って、背骨の骨に刺激を与えて行くのだ。縄跳びをやると、背骨に刺激が行き、背骨の歪みが解消されて、背骨の歪み取れて行くのだ。縄跳びは汗がうっすらと出るくらいまでやればいい。10分~30分程度で充分である。それを地道にやっていくと、背骨の歪みが取れるし、無駄な贅肉も落ちて痩せて行くようになるのだ。

 朝起きた時に、背骨を伸ばしてストレッチを行うのもいい。猫が背伸びをする要領で、背骨を伸ばすのである。普段の生活でも、体が重くなってきたら、椅子から離れて背伸びをして、リラックスするように努めることだ。頭痛持ちの女性に限って、長時間に亘って椅子に座り続けてしまう傾向にあるので、そのために背骨に負担がかかり過ぎてしまい、背骨が歪んでいくのである。

●食事の改善

①果物と野菜の不足

 陰性体質の女性ほど肉食を好む。体が冷えているために、肉食を多くすることで、体を温めようとするのだ。美人の女性に限って、肉食を好むのはこのためだ。しかし、肉食が多過ぎてしまうと、体内で肉を消化吸収するために酵素水分が大量に使われてしまい、酵素水分が不足してしまうことになるのだ。それで奇麗な水分が脳に行かず、頭痛を引き起こしてしまうのだ。

 肉食をする時、必ず果物や野菜を多目に取って行くことだ。但し果物は夜に食べると体を冷やすことになるので、朝食や昼食に食べるようにすることだ。野菜は出来る限り生野菜を多目に取るようにし、糠漬けやキムチなどを多目に取って行き、体内を酵素水分で満たしてあげることだ。

②排便が出る量の穀物をしっかりと取る

 頭痛持ちの女性の食事で気になるのが、穀物をしっかりと取っていないということだ。頭がいいということは、それだけ脳を使うので、脳のエネルギーとなる穀物をしっかりと摂取しないと、エネルギー不足から頭痛になってしまうのは当然のことなのだ。お米を食べる際は、朝食や昼食を多目にして、パンや麺類を食べる時は夕食で多目に食べ、充分な炭水化物を補給しておくことだ。

 炭水化物はビタミンB1がないと脳に送られないので、味噌汁をたっぷりと取っておくことだ。味噌汁の味を濃くしてしまうと、余り多く飲めなくなるので、少し味を薄くして、味噌汁を多目に飲めるようにして、ビタミンB1をより多く接種して行くことだ。頭がいいのに、味噌汁を小さなお椀で飲んでいるようであるなら、頭痛になるのは当然のことなのである。

③卵醤を飲む

 陽性体質の女性は塩分を多く取る必要性はないが、陰性体質の女性なら塩分を補給することが必要となってくる。塩分不足のために、体温を上げることができず、更に塩分濃度が低いために、血圧を安定したものに保てないのだ。塩分は充分に足りてしまえば、それほど欲しがらなくなるので、塩分補給はそこで控えていけばいいのだ。

 頭痛持ちの女性にお勧めな塩分補給が「卵醤」である。これは生玉子に醤油をかけて、それを飲むというものだ。但し、醤油は天日塩入りの本格的な醤油を使うことだ。最低でも7日間に亘って卵醤を食べ続けると、頭痛がピタリとなくなるものである。それだけ塩分不足であったということなのである。

●考えずぎる生活を見直す

 頭痛を治療するために、是非ともやって欲しいのが、日々の考え過ぎる生活を看做すということだ。頭痛持ちの女性は要は頭を使い過ぎているのであって、頭を使うべき所には使うべきだが、頭を使うべきではない箇所には頭を使わないようにし、脳の負担を軽減してあげることだ。

 まず、手帳を持ち、日々の生活のスケジュールを管理することだ。毎日を予定もなくダラダラと過ごしてしまうのではなく、手帳に予定を書き込むことで、事前に自分が何をすべきかが解り、書き込んでしまえば、自分はそのことを忘れて、他の作業をすればいいのである。予定は自分のだけでなく、夫や子供たちの分まで書き、妻として母親としてやるべきことはきちんとやってしまえば、それほど脳に負担がかからなくなるのである。

 それと日々の行動を日記として残しておくことだ。人間、生きていれば、嬉しいことや悲しいことが多々あるものだ。そういったことをいつまでも覚えておくのではなく、日記に書くことで一旦脳から忘れさせてしまい、他の作業ができるようにしておくことだ。これをするだけで脳の負担は軽減するので、いつまでも過去のことを覚えているのではなく、新しいことにチャレンジしようとし出し、脳が活性化して行くのである。

 そして何か物事を始めようとする際は、考え過ぎる前に体を動かすようにすることだ。頭のいい女性に限って体を動かさずに、考え込んでしまうので、そのために行動量が異様に少なくなってしまい、そのために血流が悪くなり、頭痛が発生し始めるのだ。考え過ぎてしまうと、その内、否定的な考えで埋め尽くされ、挙句の果てには、自分が遣ろうとしていたことを否定してしまうようになるのだ。

 頭痛を治すのは簡単なのだ。要は自分の思考量と行動量がアンアバランスを起こしており、そのために脳が本人に「考え過ぎだよ」と教えてくれているのだ。ところがそれを無視して、生活を何も変えないからこそ、頭痛がより激しくなり、その内、自宅のテーブルの前で、両手で頭を抱えながら、苦しんでしまうことになるのだ。

 自分が脳疾患でも罹っていない限り、頭を開いてその頭痛の原因を取り去ることはできないのだ。頭痛の原因は自分の日常の思わぬ悪習にあることに気付くことだ。考えている割には、行動していないってことだ。元々は頭がいいのだから、体を動かしていれば、頭痛が吹き飛び、それがいい方向に使われるものなのである。

|

« 育児終了後の二重顎対策 | トップページ | 仕事復帰は焦らない ~子持ちの母親だからこそ、家族とお客様のために働かなければならない~ »

子育て」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。先日はアドバイスありがとうございました。
あれから夫を毎回外まで見送りしています(夫は戸惑いつつもなんだか嬉しそうです)

私は以前ひどい頭痛持ちだったのですが、最近食生活を変え、運動をよくするようになってから頭痛がさっぱりなくなったことに気づきました。特に果物の摂取と天日塩を使った塩分補給がとても効いているように思います。
果物の効果はすごいですね。果物を食べていないから甘いお菓子が欲しかったんだという事を知った時は、本当に頭の上で電球がピカーンと光ったような素晴らしい感動を覚えましたヽ(´▽`)/
お菓子を食べていた時はやはり頭痛があったような気がします。その頃果物をほとんど食べていなかったから、きっと果物不足だったのでしょう。

ええと、またまた質問させてもらってもよろしいでしょうか?
最近あまりお腹が空かないのでよく朝食べると昼食を抜いて夕方4時ごろ食べ、それ以降は食べないようにするのですが、これって体にはあんまりよくないのでしょうか?
週2〜3日はこんな感じです。
ちなみに野菜ジュースに根菜の煮物にぬか漬けに魚、玄米と夕方には野菜中心でたくさん食べています。
朝、夕とも体を温める食材を多めにとっているつもりです。
コーヒーは結局寒い期間だけはやめることにしました(^-^;

前にも書きましたが、今回の生理周期が20日以上過ぎても高温期に上がる事がなく、朝も36度ギリギリ、日中も36.5を下回るという低体温が続いてちょっと困っています。先月まではとても順調だったのに今月だけなぜかおかしいのです。
ウォーキングも筋トレもやっているので他に体に悪い事をしているという自覚はないのですが・・・
あ、それとももしかして精神的な部分が関係してるんでしょうか?
丁度今回の生理が始まった時に実家の祖母が亡くなり、しばらく毎日のように泣いてました(ρ_;)

いつも生理が順調なので今回だけこんな調子が悪いのは、食事のせいか気温が急に低くなったせいなのか、それとも精神的ショックのせいか、何が原因なんだろうと考えすぎて困っています(;´Д`A ```
タマティーさん、すみませんが何かわかる事がありましたら教えてください。

投稿: トモ | 2009年12月14日 (月) 22時02分

 トモさん、偉いです!good
 お見送りを早速実践するなんて!
 実際にやってみると、僅かな時間なのに、結構、夫婦で喋れるでしょ。これって夫婦を円満にするには、物凄く効果がありますからね。是非ともその調子で続けてく下さいね。

 玄米食になると、腹持ちがいいために 昼を過ぎてもお腹がすかなくなるんです。
 そのため、トモさんのような食事パターンになってしまうんです。
 1日2食でも充分に生きていけますので、別に気になさらなくても結構です。
 但し、1日2食だと、1日3食のような感じで食事をしてしまうと、足りない栄養素も出て来るので要注意です。
 特にカルシウムは通常の食事ですら不足しているので、意図的にカルシウムの入った食品を食べないと、カルシウムが不足してしまいます。
 これから妊娠するためにお勧めなのが、味噌汁に煮干しを多く入れ、それをバリバリと食べてしまうこと。それに海苔を毎回出して、しっかりと食べて行くことです。
 タマティーの知り合いの女性に、矢鱈と海苔が大好きの女性がいて、その女性は出産時は無痛分娩で出産しました。海苔は妊娠や出産に物凄い効果があるんです。

 冬に体温が下がるのは、人間の体に冬眠の名残りが残っているからなんです。
 人間は冬眠はしませんが、人間が人間になる前、冬眠をする哺乳動物であった頃に冬眠をしていたので、その機能が現在冬眠をしなくても、冬場に於ける体温低下となって現れて来るんです。
 男女とも秋口から食欲が増すのは、秋に大量の食べ物を食べることで体重を増やし、それによって体温低下と冬の寒さに対抗して、体の機能を維持させようとするからなんです。
 女性が秋から冬にかけて妊娠し易いのは、豊富な栄養素があるために、受精卵が子宮に着床し易くなり、順調に胎児が育つからなんです。
 だから、夏や秋の出産が多い訳なんです。
 トモさんの場合は、高温期の体温がどうのこうのより、起床時の体温が低い方が問題です。
 朝、目が覚めたら、布団の中でウダウダしているのではなく、足の指を折り曲げて、血行を良くしてあげるんです。
 そして布団から出たら、裸になって乾布摩擦をして、体温を上昇させてあげることです。
 これらのことをするだjけで朝の体温が上昇し、高温期の時でも体温が上昇してくる筈です。
 
 以前、トモさんは足がブヨブヨと言っていたのですが、足にしっかりとした筋肉をつけると、体温は確実に上昇して行きます。
 足は「第二の心臓」というくらいで、足に筋肉がちゃんとついていれば、体温は正常化し、体温のことは気にならなくなります。
 ウォーキングも必要ですが、足を鍛えるためには、軽ジョギングがお勧めです。
 最初は短い距離をゆっくりと走り、徐々に距離を長くしていけばいいんです。
 毎日やらなくてもいいから、最低でも週に2回~3回はすべきです。雨が降ったらやめるというように、余り張り切らずにやると、持続することができます。
 足が引き締まって来ると、体温があがって来るだけでなく、熟睡できるようになるし、ピジティブな考えを持つことができるようになります。
 是非ともチャレンジしてみて下さい!

happy01heart04happy01heart04happy01

投稿: タマティー | 2009年12月15日 (火) 06時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/496414/32473292

この記事へのトラックバック一覧です: 育児終了後の頭痛対策:

» ドトール [食欲の四季]
はじめまして。今日食べたものでブログを書いています。まだ始めたばかりなので内容薄いですが、今後も更新頑張っていこうと思っています。もしよろしければトラックバックお願いします。いきなり失礼しました。 [続きを読む]

受信: 2009年12月14日 (月) 10時33分

« 育児終了後の二重顎対策 | トップページ | 仕事復帰は焦らない ~子持ちの母親だからこそ、家族とお客様のために働かなければならない~ »