« 特別講義『主婦にも解る社会学』 ~自生的秩序こそ、最大の自由を生み出す~ | トップページ | 母親が無我になる瞬間、全ての世界が変わって行く »

赤ちゃんが生まれて来た理由

●赤ちゃんは母親を選んで生まれて来る

 赤ちゃんはどうやって生まれて来るのだろうか? 科学的説明をするというなら、卵子と精子が結合して生まれて来る。しかし、この説明は科学的には正しくても、実践的には正しいものではない。多くの不妊症の夫婦は、卵子と精子が結合しても、妊娠することができないからだ。妊娠するためには、肉体的理由とは別のもう一つの精神的理由が必要となって来るのだ。

 結論から言えば、赤ちゃんは母親を雲の上から見ていおり、母親の心身が妊娠可能な状態になった時、雲の上から舞い降りて来て、母親の胎内に入り込むのである。この雲の上というのは、気象上の雲のことではなく、飽くまでも霊的な雲のことであって、赤ちゃんというのは、その霊的な世界から遣って来るのである。

 この雲の上では赤ちゃんが一人だけいるのではなく、多くの子供たちがいて、遊び回っているのだ。恐らく子供の大きさからいって、幼稚園児程度で、これは乳幼児が4歳から5歳の時に乳幼児の記憶が消えてしまう事実と符合して来る。子供たちが遊びつつも、時折、雲の上にある下界を覗く窓のようなものから自分の母親を見ており、母親の準備が整うまでは、遊んで暮らしているのだ。

 母親の心身が妊娠できるようになったら、その子供は神様に告げて許可を貰い、「天使の翼」をつけて降りて行こうとする。その天使の翼は母親の胎内に入った時には消えてしまい、後は胎児のような格好をして、母親と妊娠生活を共にするのである。子供がいつ母親の胎内に入り込むか厳密なことは不明だが、この霊的な現象が起きない限り、母親の体には妊娠という現象が起きないのである。

 雲の上の子供たちは、何も全ての子たちが順序良く降りて行くのではなく、中には生き急いでいる子もいて、その子は母親の準備が充分に整っていないのに降りて行ってしまうために、流産してしまったり、早産で産まれて来てしまったりするのだ。逆にのんびり屋の子供たちもいて、その子はゆっくりと舞い降りて来て、10月10日の妊娠期間では生まれず、妊娠期間が11ヵ月になったり、12ヵ月になったりするのだ。だから、出産予定日を過ぎても、絶対に焦るべきではないのである。そういう性格の胎児なのである。

●母親に命の素晴らしさに気付いて貰うために生まれて来た

 では、どうして、赤ちゃんは多くの女性たちの中から、自分の母親だけを選んで生まれてきたのだろうか? それは母親に「命の素晴らしさに気付いて貰うために生まれて来た」のである。出産した母親たちが、「生命の神秘がなんたらかんたら」と言い出すのは、赤ちゃんの霊的な作用のために、自分の心に重大な変化が生じたからなのである。出産経験のない女性なら生命の神秘など関係なくても、出産経験のある女性は、生命の神父というのが痛いほど解るようになるのである。

 人間はそもそも罪深い生き物であるのだ。人間は自分の命を保つためには、他の動植物を殺して、その命を奪うことでしか、自分の命を維持することができない。そのため、多くの人間たちが命の素晴らしさを忘れてしまい、残虐なことを平気でやってしまうのだ。人を殺したり、人を傷つけたり。人の物を盗んだりと、人間の「生存上の罪」に気付かぬ限り、平気で悪行をやりまくってしまう動物なのである。

 だから、赤ちゃんは母親に命の素晴らしさに気付いて貰い、人間は他の動植物の命を奪って生きざるを得ないが、でも、人間は成長するためにはそれはどうしても必要であって、自分が成長し続けることで、その罪を消し去り、この世に奉仕し貢献して行かなければならないのである。

 女性は赤ちゃんを産むと、自分の精神が一変してしまうのは、このためだ。それゆえ、女性が赤ちゃんを産まなければ、幾ら口先で「愛」を唱えようが、「個人の尊厳」を唱えようが、それは偽りの物にすぎないのだ。それは単なる知識なのであって、心の奥底から本当に解っていることではないのだ。もしも、その女性に本当の愛があるなら、赤ちゃんを産む筈だし、その女性に個人の尊厳が解っているなら、赤ちゃんをしっかりと育てて行く筈なのである。

 女性にとっては出産が最大の通過儀礼となる。出産することで自分の心が変わってしまい、やっと一人前の大人に成って行くのである。男性の場合、女性のような妊娠や出産という経験をできないために、人為的に通過儀礼を作り出し、その通過儀礼を経験することで、死と再生を果たし、自分が生まれ変わることで、一人前の大人に成って行くのだ。

●自分自身が前世でのカルマを現世で清算し、精神を向上させるために生まれて来た

 赤ちゃんは可愛いものだが、しかし、赤ちゃんは既に前世のカルマを背負っており、マイナスの状況にあるのだ。人間は決してプラスの状態から出発する訳ではなく、人間はマイナスの状況から出発するのだ。前世のカルマが酷い場合、身体障害者になったり、難病奇病になってしまったり、死んでしまったりするのだ。そういう赤ちゃんたちはその現象が現れることで、カルマ落としをすることができ、それで前世のカルマは消えてしまうのである。

 赤ちゃんはマイナスの状況にあるために、母親の手助けなくしては生きて行くことができないのだ。母親が愛情を注げば注ぐほど前世のカルマは消えて行き、だからこそ、その赤ちゃんが大人になった時、母親にだけは感謝をするようになるのだ。どの人間にとっても、母親だけは特別な存在なのである。

 若い時に不遇の時期を迎え、なかなか頭角を現わせない人も、前世のカルマを清算しきれていないから、立身出世して行く時期が遅れてしまうのだ。人間には早熟型と大器晩成型の二種類がいるが、早熟型は早くから頭角を現わして来るが、その分、行動力はあるが深い思索をすることができず、大器晩成型は遅咲きではあるが、その分、深い思索をし、他の人々では成し遂げることができないようなことを成し遂げてしまうのだ。

 人間は自分自身が前世でのカルマを清算し、自分の精神を向上させるために生まれて来たので、前世のカルマを清算したからといって、自分の精神を向上させなければ、この世に生きている意味はないのだ。若い内から有名になってしまうと、贅沢三昧の生活で堕落しきってしまい、そのために精神の向上を怠ってしまうので、晩年になると運勢が急低下して行ってしまい逆に現世でカルマを作り出してしまうのだ。

 自分が順境にいようが逆境にいようが、地道にコツコツと自助努力を重ね、自分の精神ベルを向上させて行くことだ。人間の肉体は19歳で成長を止めてしまうが、人間の精神は死ぬまで向上し続けて行くことが可能なのである。それなのに精神の向上は目には見えにくいために、多くの人々が精神の向上を怠ってしまい、それがカルマ作りとなってしまうのである。

●神様からの使命を果たすために生まれて来た

 赤ちゃんの中には神様から特別な使命を与えられた赤ちゃんもいるのだ。みんなと同じように生きて行くのではなく、普通の人たちとは違う生き方をし、この世での特別な役割を果たすことで、この世に奉仕し、貢献することで、神の栄光をこの地上に実現しようとするのだ。

 子供の中には子供の頃から歌が上手で、幼い頃から「歌手になりたい!」と言って来るような子であるなら、その子は歌手になることが定められていた子供なのだ。子供の頃から読書が大好きで、子供のくせに一丁前の文章を書いて来るなら、その子は作家か学者になることが定められていたのだ。

 神様から特別な使命が与えられた子供も、親が平等イデオロギーに毒されてしまうと、我が子に特別な使命があるというのに、しかもその才能を子供は親の前で見せているというのに、人間は全て平等だと思い込む余り、我が子の才能を破壊してしまうものだ。特別な才能を持っている子供が、親から自分の才能を破壊されてしまうと、その子は親を怨むようになり、非行に走ったり、親を殺害しようとしたりするのだ。親が精神的に独立していなかったり、精神ベルが低いと、「人間は平等ではない」という当たり前すぎる事実ですら、解らなくなってしまい、我が子を犠牲にすることで、平等イデオロギーを実現して行こうとしてしまうのだ。

 一体、どの子が特別な使命を持って生まれて来るか解らないものだ。親馬鹿になる必要性はないが、「もしや我が子には特別な使命が与えられているのかも?」と思うことがあったら、我が子に賭けてみればいいのである。相手は子供なので、もしも間違っていても、人生の修正は充分に効く筈である。もしも我が子に特別な才能があるなら、その才能を開花させてあげることが、その子の人生にとって最善の選択に成るし、親としても最高の育児が出来たということなのである。

 出産時に感動した母親でも、育児をしていると、時間がゆっくりと過ぎて行くために、我が子が自分を選んで生まれて来た事実や、前世のカルマを清算するために必死になっていることや、特別な使命が与えられていることなど、忘れてしまうものだ。そうならないためにも、我が子が寝た後に、少しの時間だけ瞑想でもして、自分の心を落ちつけて、我が子のありのままの姿を見るようにしてあげることだ。我が子のありのままの姿は一生懸命になって成長しているということであって、自分も母親として成長しなければ、その成長をきちんと受け止めることができないのである。

|

« 特別講義『主婦にも解る社会学』 ~自生的秩序こそ、最大の自由を生み出す~ | トップページ | 母親が無我になる瞬間、全ての世界が変わって行く »

子育て」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

タマティーさま
ご無沙汰しております。ゆきねこです。
今年はタマティーさまにとてもお世話になり、大変ありがたく思っております。今年は赤ちゃんが来てくれて生活が激変して、ドタバタしているうちにあっという間に一年が終わりそうです。
また来年もよろしくお願いします。

投稿: ゆきねこ | 2009年12月31日 (木) 17時59分

 「ゆきねこ」さん、明けましておめでとうございます!happy01
 去年はゆきねこさんにとって激変の一年でしたね。
 赤ちゃんを産むと女性は人生が変わるものですよ。
 そろそろ、赤ちゃんは一人立ちができたかな?
 赤ちゃんの成長を楽しみながら育児をすれば、育児は楽しくなるものですよ。
 今年も宜しくお願い致します。
 ゆきねこさんにとって、今年は去年よりももっと良い年でありますように!

happy01heart04happy01heart04happy01

投稿: タマティー | 2010年1月 1日 (金) 10時11分

あけましておめでとうございます。昨年中は大変お世話になりました。タマティーさんの沢山の助言に心から感謝しております。今年もよろしくお願い致します。

昨日大晦日に離婚届けを出しました。ひと区切りでき、すっきりした気分です。早速ですが、新しい出会いの可能性がありましたら教えて下さい。元気になりたいです。

投稿: りあ | 2010年1月 1日 (金) 14時17分

 「りあ」さん、明けましておめでとうございます!happy01
 今年はりあさんにとって良い年でありますように!

 「新しい出会いの可能性を教えて下さい」って、そこが利己的なのじゃ~ッ!
 人が死ねば喪に服すると同じように、離婚したのなら少しは反省して静かにしていることです。
 別れた旦那さんとは基本的には相性がいいのであって、ただそれなのに天中殺という悪い時期に結婚してしまったり、旦那さんの現在の職業が旦那さんの能力を発揮できない職業なので、どうやっても結婚が巧く行かなかっただけなので、いい出会いを巧く行かせなかったことに関しては大いに反省しておくことです。
 無闇にいい出会いを求めても、それを活かす能力がなければ、無駄になってしまうし、それどころか損害が出て来るものです。

 りあさんの場合、基本的に利己的な性格なので、利己的なることは必要なことなんです。
 しかし、露骨に利己的に振る舞うと、周囲の反感を食らってしまい、自分を窮地に陥れてしまうんです。
 自分が利己的に振る舞いつつも、その利己的な態度で周囲の反感を買わないようにするテクニックをきちんと身につけておくことです。
 できれば、自分が仕事で成功して、人に知られることなく大金を慈善活動を寄付するぐらいの人物になるようになることです。
 松井秀喜がワールドシリーズでMVPになれたのは、彼は人知れず慈善活動をし続けたからなんです。
 自分の利益にならないことをすると、巡り巡って、自分の所に莫大な利益をもたらしてくれるものなんです。

 今年はりあさんにとって転機の年となるので、正月早々から猛ダッシュしないことです。
 冬が終わるまでは、静かにしておくことです。
 いい出会いは春以降から訪れて来るものです。
 そのためには、下手に人に頼り過ぎないことです。
 自分のことは自分でやる。常に余力を残して、他人に奉仕し、貢献するようにすることです。
 本当にいい相性の人物と出会えば、吸い込まれるように仲が良くなっていきますが、本当に悪い相性の人物と出会っても、結い込まれるように仲が良くなって行くものです。
 だからこそ、自分をしっかりと持って、冷静に相手を見ることが必要なんです。
 それがきちんとできれば、りあさんはいい出会いに巡り会えるし、それを物にすることができることでしょう。

happy01heart04happy01heart04happy01

投稿: タマティー | 2010年1月 2日 (土) 07時10分

[もしも、その女性に本当の愛があるなら、赤ちゃんを産む筈だし、その女性に個人の尊厳が解っているなら、赤ちゃんをしっかりと育てて行く筈なのである。]

そうでしょうか?では産めない事情の人たちはみんな愛がないことになります。
子供を殺してしまったり虐待したり、平気で他人の前でどなり散らす現代の母親は愛があるからやってるのですか。
私の周りにも妊娠してもたばこやお酒がやめられなかったり子供を置き去りにしてコンサートへいったりする人が多いですよ。

投稿: 板御華子 | 2010年1月 9日 (土) 20時52分

 板御華子さん、初コメント有難うございます!happy01
 あなたはネガティブの塊みたいな人ですね。あなたをパラダイスに連れて行っても、あなたは些細なことを見つけ出し、イチャモンをつけることでしょう。

 今回の記事は、タマティーが不妊症の女性たちの治療に当たっていた時、調べに調べ抜いて、考えに考え抜いて、その結果、得た結論なんです。
 だから、板御華子さんのように何も治療に携わったことないくせに、ただ感情的になってイチャモンをつけられても、こちらは困ってしまうだけです。
 不妊治療の場合、医者たちは患者の精子や卵子に問題があると言っているのですが、タマティーが調べた中では、殆どの患者の精子や卵子は正常なんです。しかも精子と卵子は結合して、受精卵になっているんです。
 しかし、なぜか子宮に着床してくれないんです。
 勿論、食事や運動や睡眠に問題があることもあるのですが、大方の不妊症の夫婦には、その夫婦の愛の形に問題があるんです。
 愛が低レベルというか、はっきりと言ってしまえば、通常の夫婦なら出せる愛のレベルには到達していないんです。言葉では表現しきれないのですが、実際に不妊症の夫婦を見ると一発で解るものなんです。
 そのため、不妊症の夫婦に、夫婦の在り方を改善させると、不妊症を克服できるようになるんです。

 児童虐待をする母親にしても、生まれて来た直後の赤ちゃんに虐待を働く母親など一人もいません。当初はちゃんと母親らしいことをやっていたのです。
 しかし、児童虐待を行う母親たちは、自分も母親から児童虐待を受けて来たために、我が子が或る程度の大きさになってくると、虐待を開始して来るんです。
 これはその人が背負うカルマなのであって、自分の力で克服するとか、周囲の手助けを借りて克服していかなければならないんです。

 タバコやお酒は胎児にとっては悪影響を及ぼすものですが、だからといってその母親に愛がないとは言えません。
 子供を置き去りにコンサートに行ったからといって、その母親に我が子に対する愛がないと言えません。
 但し、自分が母親としてちゃんとしたことをやっていなかったら、子供が病気なったり、事故に遭ったり、母親に得体の知れない反抗をして来ることになるんです。

 当フブログ『幸せ色の出産ラブストーリー』は、自然的マテニティーライフの仕方を紹介しているものであって、全ての妊産婦や母親たちを対象にしている訳ではありません。
 タマティーがこの女性は立派な女性だと認めた女性しか対象にしていません。
 残念ながら、板御華子さんはこのブログを閲覧する女性として不適格なので、出来ることなら、このブログを見ることを御遠慮して下さい。
 ブログは他にも無数にあるのですから、そちらの方に行って下さい。
 それでは、御機嫌よう。

投稿: タマティー | 2010年1月10日 (日) 06時49分

タマティーさんご無沙汰しております(o^-^o)

おかげさまで年末に無事出産することができました。
今、育児を必死に取り組んでいるところです。
不器用がゆえなかなかうまくいかないことも多いですが
なんとか頑張っています。

出産を経験してうまくはいえませんが
人生観が変わりました。
日に日に可愛さを感じると同時に
子供を育てるという責任の大きさを痛感しています。
そして改めて両親へ感謝の気持ちでいっぱいです。

合間をみて、タマティーさんのhpは見ていました。
これからも楽しみにしています。

投稿: みぃ | 2010年1月21日 (木) 10時50分

 「みぃ」さん、出産おめでとうございます!!heart04happy01heart04
 パンパカパ~ン!
 タマティーは出産祝いで焼豚を食べています! パクパク。
 みぃさんは出産前後のバタバタで知らなかったろうけど、タマティーは火力発電所を所有することになりました。みぃさんの親子バトルで発生した火力を使って発電しますので、みぃさんが親子バトルをするたびに、タマティーには億単位のお金が入ってきますので、どんどん親子バトルをやってください!(笑)
 
 女性にとって出産というのは、女性にとっての通過儀礼ですからね。これをすることでやっと一人前の女性になれた訳です。ですから人生観が変わって当然なんですよ。
 独身女性と出産経験女性とでは天と地ほどの差が出て来るものです。その差は独身女性が何をしたとしても絶対に埋まらないものなんです。出産を経験しないと、その差を乗り越えることはできないんです。
 働いてお金を稼ぐことは男女ともにできることだけど、赤ちゃんを産むことだけが女性しかできないことですからね。
 出産で女性が「 生命の神秘」を体験することで、大きく自分が変わって、大きな幸せがやってくるようになっているんです。 
 
 生後6ヵ月までに赤ちゃんは母親の母乳から抗体を貰い、その抗体を全身に張り巡らして免疫力を高めて行くので、その間に質のいい母乳を与えて下さい。
 母乳の質を良くしたければ、「葉野菜」「人参」「カボチャ」「アボガド」「アンズ」「豆類」などを食べることです。納豆や糠漬けのようの発酵食品も毎回きちんと食べることです。
 山形県産の「秘伝豆」というのがあって、この秘伝豆を煮て食べると、母乳の質が良くなりますよ。
 タマティーが住んでいる千葉県ではこの秘伝豆が飛ぶように売れて、入手困難になるくらいの人気な豆なんです。
 それから、みぃさんの地元で母乳の出が良くなる郷土料理があるなら、それを食べることです。迷信的なものであっても、意外と先祖の知恵の産物であったりするんでね。

 新米ママなのだから、育児が巧く行かなくて当たり前、失敗して当たり前ですよ。
 最初の赤ちゃんなのに、育児を完璧にできるのなら、この嫁には隠し子がいるんじゃないかと疑われますよ。
 失敗するならどんどんやって、失敗に慣れてしまうことですよ。実は失敗する度に育児の仕方は巧く成って行っているんです。
 そこでタマティーは、そんな育児が下手っぴなみぃさんに、育児のモットーをプレゼントします。
 それは「明るく元気にちょっとアホ」!
 育児がどんなに大変であったとしても、明るく振る舞い、元気溌剌になって、失敗しても「私ってアホだな」と思っていれば、絶対に落ち込みませんからね。

 育児をするなら、育児を徹底的に楽しむことですよ!


 heart04 happy01 heart04 happy01 heart04 happy01 heart04 

投稿: タマティー | 2010年1月22日 (金) 04時32分

タマティーさん、いつも素敵なメッセージ
本当にありがとうございます。

タマティーさんから教えていただいた育児のモットーで
すごく心がラクになりました。
ちょうど夫の実家に行って
凹んで帰ってきてたところでしたので(´・ω・`)ショボーン

私ってアホだなって思ったらなんか笑っちゃいました。

どんどん失敗して
育児を徹底的に楽しんでいきたいですsmile

投稿: みぃ | 2010年1月26日 (火) 10時32分

タマティーさん!無事に出産いたしました!10分足らずの安産で、元気な女の子が産まれました。入院中は生憎歩行禁止でしたが代わりに寝たまま足首を動かしたり、杏とアーモンドを食べたり塩で歯磨きしたり、ベッド横の窓を毎食後開けて外気を吸ったり、主人や子供達に申し訳無さより感謝の気持ちを伝えたり…タマティーさんのアドバイスを私なりに実行しました。素晴らしいお産ができて嬉しいです。本当に、有り難うございます!!私の元に産まれてきてくれた命、上の子達ももちろん、大事に育ててゆきますね

投稿: smile-larch | 2010年2月24日 (水) 10時56分

 「smile-larch」さん、出産おめでとうございます!heart02happy01heart02
 やっぱ、葉酸は効くな~。
 分娩時間が10分ですよ。
 タマティーから「smile-larch」さんに≪タマティー安産大賞≫を贈りますよ。
 病院とかでも妊婦が安産で産んでくれたら、分娩作業が楽になるんだから、安産で産んだら賞金でも出したらいいのに。
 安産で産んだら賞金100万円にするとかね。
 その代わり、分娩中にウンコを漏らしたら罰金100万円にするとかね。
 その方が出産が面白くなるのに。
 分娩中にウンコが出そうなのに、「ウンコしたら罰金100万円だから、我慢する~!」とかなったら、分娩室は爆笑の渦に包まれますよ。

 今回の出産で非常に参考になったのが、「smile-larch」さんの絶対安静でも足首を動かすということでした。
 タマティーは助産院で出産を想定しているために、病院のように絶対安静にならないようにすることばかり考えていたのですが、絶対安静でも足首は動かせるのですね。
 これは非常に素晴らしい発見でした。
 他の妊婦たちが絶対安静になった場合、足首を動かすように助言するようにします。
 絶対安静でも足首を動かしていれば、子宮が刺激され、安産に持って行くことが可能になりますからね。

 杏やアーモンドはそのまま食べ続けて下さいね。
 母乳の出が非常に良くなるんですよ。
 後、豆類も母乳の出を良くするようです。
 豆料理を多目に作っておいて、それを毎回の食事で小出しにしながら食べると、常に豆類を食べることができるようになるので、非常に便利ですよ。
 味噌汁も豚汁みたいに具沢山にして、それを多目に飲むと、母乳の出が良くなるし、産後の肥立ちも良くなりますよ。

heart04 happy01 heart04 happy01 heart04 happy01 heart04 

投稿: タマティー | 2010年2月25日 (木) 05時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/496414/32649636

この記事へのトラックバック一覧です: 赤ちゃんが生まれて来た理由:

« 特別講義『主婦にも解る社会学』 ~自生的秩序こそ、最大の自由を生み出す~ | トップページ | 母親が無我になる瞬間、全ての世界が変わって行く »