« 結婚に於ける悪の効用 | トップページ | 特別講義『主婦でも解る政治学』 ~減税なき行政改革は絶対に失敗する~ »

結婚後10年目の結婚式

●結婚後10年目の再スタート

 結婚して10年も経てば、新婚当初は大きく状況が変わっているというものだ。子供たちもいるし、夫婦の所有物も増加し、そして何より夫婦の思考や行動まですべてが変わってしまうのだ。本物の夫婦になるということは、新たな誕生と見て間違いないし、それを儀式として現れる形で祝福してあげなければならないのだ。

 結婚後10年目で再スタートだと思っておいた方がいい。必ずしも結婚して10年目に再スタートが起きるのではないのが、そこいらの辺りで再スタートが起きるのである。結婚をスタートさせるために結婚式が必要なと同じように、結婚後10年目でもう一度結婚式を挙げて再スタートを図るのだ。そういう結婚式がどうしても必要なのである。

 世の中には儀式というものを嫌って、結婚式すら挙げないような人々がいるが、儀式というものは、その区切りをつける上で絶対に必要な行為なのだ。結婚式を挙げずに、ただ結婚届けを出して結婚した場合、それがまともな結婚にならず同棲と変わらなくなってしまうように、何か大きな変化が起きる前に儀式を執り行うことで、自分の人生に劇的な変化を起こすべきなのである。

 結婚後10年目にもう一度結婚式を挙げることは、金銭感覚が発達してしまった主婦には、肯定しかねることかもしれない。しかし、ここでその出費をケチってしまえば、その後の結婚はズルズルと老後まで突き進んで行くだけなのだ。ここで区切りをつけるからこそ、再び大きく飛躍して行くことが可能に成るのである。

 もしも20代後半から30代前半という結婚適齢期で結婚した場合、結婚後10年というのは、人生の中でラストチャンスといってもいい時期に差し掛かっているのだ。体力的に衰え始め、美貌も低下しつつある時期なので、ここで何かしらの大きなイベントをしておかないと、後になって何かをしようとしても、もう体力が追いついて来ないのだ。だから、この時期に何もしないでいると、日々世間話をして無駄に過ごしてしまうオバサンになってしまうのである。

●結婚後10年目の結婚式はこのようなもの

 自分たち夫婦が始めて結婚式を挙げた時は、双方が若かったし、お客も多かったし、何もかもがドタバタで進んで行ってしまったし、しかも、金銭も余りなかったので、自分たちが経験した割には、あっという間に過ぎ去ってしまった筈だ。しかし、今回は結婚を友人たちに公示するという目的ではなく、飽くまでも自分たち夫婦のための結婚式なのである。

 たくさんの友人は基本的に呼ばなくていい。仲のいい友人がいたら別だろうけど、友人を最小限に絞って、家族だけで挙げてしまえばいいのだ。規模を小さくすれば、出費も最小限度で抑えることができるので、それほど家計を直撃しない筈だ。結婚後10年目の結婚式は厳粛に執り行うよりは、こじんまりと行う方がいいのだ。

 結婚しているのに、再び結婚式を挙げるのは、何かと訳ありと思われてしまうので、理由をきちんと説明しておくことだ。理由を説明しておかないと、「離婚したの?」とか、「馬鹿じゃないの!」とか言われてしまい、その発言に対してカッカしてしまうからだ。本物の夫婦になれたことを祝うべきものだということをきちんと教えておくことだ。

 小さな結婚式を挙げることと、その後みんなで会食さえ出来れば、それでいいのだ。披露宴なんてものは不要で、それよりもみんなで美味しい料理を食べて、みんなから気楽に祝って貰えばいいのだ。そのためにも人数は絞るべきで、参加者は絶対に20名を超えないようにすることだ。20名以下なら纏まりある会にすることが可能になるからだ。

 結婚式を挙げる際には、両親の参加は必要不可決で、子供たちは両親に預けてしまうことだ。せめて「再度の初夜」は、子供たちから切り離して貰わないと、出来なくなってしまうからだ。一晩だけでもいいから、子供たちのことは奇麗さっぱりと忘れて、思いっきり楽しむことだ。

●但し、体型だけは変動している

 結婚後10年目の結婚式の唯一の欠点は、妻の方の体型が変動して、ウェディングドレスのサイズが昔のサイズでは入らなくなっていることなのである。出産後ブクブクと太ってしまい、ドラム缶体型に成ってしまった場合、ウェディングドレスを着ても、見苦しいだけになってしまうので、この点だけは注意しておいた方がいい。

 ダイエットでもして、体重を落として行くことだ。お勧めは「日中断食」と「スポーツ」を組み合わせるダイエットだ。朝食と夕食は食べてもいいが、朝食後から夕食時まで一切の院食物を禁止し、その間、軽いスポーツをして脂肪を燃焼させていくものだ。これをやるとどんなに太っている女性でも、効果的に体重を落として行くことができるので、自分が望む体重まで楽に落として行くことができることだろう。

 但し、気をつけることは、極端なダイエットを行い、急激に体重を落として行かないことだ。急激に体重を落としてしまうと、逆に体型が崩れてしまい、乳房が垂れ下がってしまったり、脂肪が見苦しい形になってしまうからだ。減量は1日1㎏程度で充分であって、そうやって徐々に体重を落として行くからこそ、美しい形でダイエットを行うことができるようになるのである。

 日中断食の最大の利点は、朝食と夕食を食べることによって、1日に必要な栄養素をきちんと摂取できるということなのだ。確かに完全断食をさせてしまい、何も食べさせなければ急激に体重を落として行くことができるが、その代償として体がボロボロになってしまい、特に出産経験者だと骨粗鬆症に成り易くなってしまい、骨折の危険性が出て来てしまうのだ。その点、日中断食なら、栄養素に不足するということがないので、健康的に体重を落として行くことができるのである。

 大抵の夫は、妻の体型に何も言わないものだが、そのため、夫が何も言わないからと言って、自分がブクブク太ってしまうと、ウェディングドレスを着た際に、その姿こそが結婚式を台無しにしてしまうので、自分の娘がいたら意見を求めるなり、ママ友に自分の体型について意見を言って貰うことだ。恐らくきつい言葉が返って来るだろうけど、それが自分の現在の体型なのだから、真摯に受け止めて、自分を美しくする切っ掛けにすることだ。

●もう一度、宜しくお願い致します

 結婚式は10年前に挙げたことがあるので、その手順は解っているので、結婚式自体は滞りなく進めることができる筈だ、美味しい料理が出て来るなら、会食も盛り上がることができるだろう。再度の初夜も、相手は長年の経験を積んできただけって、失敗することなく行うことができるだろう。これで結婚後10年目の結婚式はすべて終わったと思ったら、大間違いである。

 妻の方から夫に対して、「もう一度。宜しくお願い致します」と頭を下げ、今後の結婚を更に幸せにして行くよう求めるのだ。自分の妻からこのように懇願されれば、いかなる夫であっても、妻を大事に扱わざるを得なくなってしまうのだ。そして、今後の人生で夫婦共に幸せの連続になってしまう人生を歩むことが可能になるのである。

 既婚女性の多くは、夫の男心に火を点けるということをしてこないのだ。自分ことばかり考えるから、相手に都合よく動いて貰うことだけを考え、自分の意にそぐわなければ怒り出すという幼稚なことしか仕出かさないのである。だから、結婚して長い歳月が経っているというのに、自分の夫に文句を言うだけの結婚にしかならなくなってしまうのだ。

 男性というのは、自分に守るべきものがあれば、勇猛果敢にして獅子奮迅の働きをするものなのである。その守るべきものが自分に大切なものであればあるほど、女性では絶対に出せないパワーを発揮して来るのである。結婚後10年目の結婚式を挙げたなら、自分を身を低く下げることによって、自分は夫から守って貰いたいし、大事に扱われたいことをアピールし、夫の男心に火を点けてしまえばいいのだ。

 折角、本物の夫婦になれたというのに、結婚後10年目の結婚式を挙げないと、どうしても更なる飛躍が不可能になってしまうのである。いくら愛し合っていても、日々の生活に追われるだけになってしまい、あっという間に歳月は過ぎ去ってしまうものなのだ。だからこそ、区切りをつける儀式を挙げることで、自分たち夫婦に劇的な変化を起こすべきなのである。そうすれば、新たな世界が見えて来て、今まで以上に幸せになっていけるものなのである。

|

« 結婚に於ける悪の効用 | トップページ | 特別講義『主婦でも解る政治学』 ~減税なき行政改革は絶対に失敗する~ »

子育て」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/496414/32385794

この記事へのトラックバック一覧です: 結婚後10年目の結婚式:

» 結婚後10年目の結婚式 [離婚]
[続きを読む]

受信: 2009年12月 4日 (金) 08時16分

» 結婚後10年目の結婚式 [離婚]
[続きを読む]

受信: 2009年12月 4日 (金) 09時12分

» 格安ウエディングドレスレンタル販売の情報 [格安ウエディングドレスレンタル販売の情報]
格安ウエディングドレスレンタル販売の情報です。 [続きを読む]

受信: 2009年12月10日 (木) 11時41分

« 結婚に於ける悪の効用 | トップページ | 特別講義『主婦でも解る政治学』 ~減税なき行政改革は絶対に失敗する~ »