« 育児終了後の頭痛対策 | トップページ | 家庭と仕事の両立は絶対に無理 »

仕事復帰は焦らない ~子持ちの母親だからこそ、家族とお客様のために働かなければならない~

●いきなりトップスピードでは進めない

 大家族なら背負わなくていいのに、核家族だと背負ってしまうものがある。その一つが母親の仕事復帰だろう。大家族なら自宅に祖母がいるので、わざわざ仕事を休むことがなく、育児を祖母に任して仕事に行くことができるのだ。しかし、核家族だと我が子を誰かに任して仕事に行くということができないので、産休というものが必要となり、中には産休後に仕事を辞めてしまい、育児に専念し出す母親たちが出て来るのだ。

 育児のために仕事を辞めたり、育児が終わってから仕事を復帰することに悩むのは、贅沢な悩みであるということをまずは知っておこう。大家族に嫁ごうものなら、出産し終わったのに、仕事に動員され、不満タラタラで仕事をせねばならぬのだ。しかし、核家族になってしまえば、悠長に仕事を休んで育児に専念できるし、専業主婦として優雅な日々を過ごすことができるようになるのだ。

 だが、その代償こそが、仕事復帰で悩むことなのである。赤ちゃんを産み育てていても、何かしらの仕事をしれいれば、脳も体も動くようにすることができる。それなのに仕事を辞めてしまい、暫くの間、育児に専念していると、脳は仕事を忘れているし、体は体力が落ちてしまい、脳も体も仕事に追いつけなくなってしまうのだ。

 更に危険なことに、多くの母親たちは育児での経験を活かすことなく、育児で培ったものとは関係のない職業に就き、そのために安い給料で働いしまい、重労働の割には給料が伴わないということになってしまうのだ。如何に多くの母親たちが育児をしている間に世間知らずになり、自分なりのビジョンを何も持っていないかということが解るものだ。

 主婦がパートをして給料を稼ぐというのは、母親たちの仕事でも安易すぎる選択なのだ。だが、なぜこの安易な選択肢を多くの母親たちが選んでしまうかというと、その僅かな給料でも家計の足しになり、家計の運営が非常に楽になるのだ。だからこそ、パートの仕事は幾らでもあり、その誘惑に多くの母親たちが負けてしまうのである。

●職業訓練の必要性

 企業は自由経済の下、自由に経済活動を営んでいいが、それは飽くまでも法の下での活動なのであって、企業が取引をする際は公正取引を行うよう法律で仕向けて行くと同時に、企業が雇用する際には公正に雇用するように法律で仕向けて行くのは、国会に与えられた仕事なのである。国会は最低賃金や労災認定など労働者が安心して働けるように法的整備を行う責務を負うのである。それなのに、国会がやっていないものが、育児を終えた母親たちが仕事に復帰する際、その母親たちの労働上の権利と義務を与え、公正な雇用を確保させることなのである。

 企業が営利目的を最優先させてしまえば、既婚女性など雇う必要性はないし、増してや子持ちの母親など不必要なのである。企業が収益を最大限にしようと思えば、雇用する女性は結婚することなく労働に専念して貰った方がいいのである。実はこの要望に応えたのは女性たちの中でもフェミニストたちであって、だからこそ、普通の女性たちよりもフェミニズムに洗脳された女性たちが多く採用され、それを支援する男女雇用機会均等法が制定されたのである。この法律は稀代の悪法であって、この法律を文面上見れば男女の雇用が均等に確保されるだろうと思ッてしまうが、実際にはフェミニストたちが優遇されるようになっているのだ。それゆえ、この法律が制定されて以降、日本の企業は明らかに異常になり、景気が低迷して行ったのである。

 女性には独身女性と既婚女性と大きく分かれるのだが、漠然と女性と定めれしまうと、独身女性の方が優遇され、既婚女性の方が排除されてしまうのである。「女性の社会進出」「女性の地位向上」とフェミニストたちは多用するのだが、この女性は飽くまでも独身女性のことであって、既婚女性のことではないのだ。事実、マスコミという多くの人々の目に触れる分野では、独身女性ばかり優遇され、たとえその独身女性が結婚しても、。子供を作らないで、高給だけはしっかりと取ることをしているのだ。如何に子持ちの既婚女性が不当に排除されているかが解るものだ。

 結婚すれば専業主婦になるというのは、もうとっくの昔の話なのである。現在では既婚女性の半数以上が働いているのである。それなのにその働く既婚女性の権利が認められず、独身女性や子供のいない既婚女性ばかりが優遇されてしまうという異常事態になっているのだ。フェミニストたちによって執拗に勧められて来た「専業主婦潰し」が、兼業主婦にも大損害を負わしているのである。

 国会は働く母親たちのために法律を定め、仕事復帰をする際は職業訓練を施すとか、子持ちの母親たちを雇用した企業には税制上の優遇措置を与えるなどかすべきなのである。そうでもしなければ、働く母親たちはどのように振る舞っても、フェミニストたちに自分が就ける仕事を奪われ、損害を被ってしまうのである。法律は飽くまでも公平に適用されるべきであって、その法律が最初から誰か特定の人々に利益が行くようであるなら、その法律は悪法なのである。

●失敗してもいいから、ゆっくりと仕事をする

 実際問題として仕事復帰をする際は、職業を決して間違わないようにすることだ。仕事というのは何もかもできるというものではなく、自分の得意分野で勝負を挑むべきなのである。お金の誘惑に負けて、自分が不得意の分野に就職しても、巧く行かないものなのである。人間、歳を取れば、自分の才能がはっきりと出て来るので、自分の得意分野で仕事をすべきなのだ。

 今まで育児をしてきた場合、脳も体も追いついて行けないものだ。最初から仕事が巧く行くと思うのではなく、仕事に慣れるまで失敗するものと思い、ゆっくりと仕事を進めて行くことだ。仕事というのは、或る程度の経験値を積み重ねないと、何をやっても巧く行かないものなのである。

 子持ちの母親が仕事復帰をすると、若い独身女性たちに嫉妬を抱いてしまうものだが、若い独身女性と自分を見比べないことだ。そんなことをやるより仕事に専念してしまった方がいいのだ。碌な働きをしない母親たちの最大の特徴は、まずは自分の与えれた仕事をきちんとこなすというのが出来ないということなのである、仕事を真面目に取り組んでいれば、周囲の人々のことは気にならなくなる筈だ。

 仕事が順調に進んで来たら、主婦としての能力も発揮して、更に仕事が巧く行くように仕向けることだ。それは「掃除」をきちんと行うことだ。独身の男性社員や独身の女性社員はこの掃除というのが大の苦手で、独身者の多い企業はなんとなく不潔なものなのである。そのため人間性が腐敗し、モラルが低いものとなってしまうのだ。そこで自分が率先して掃除をすることで職場を清潔にしてしまうと、ギスギスした人間関係がなくなり、穏やかなムードに成って行くものなのだ。

 掃除というのを何もせず、ただ働いて給料を貰えばいいと思っていると、その内、上司から馬鹿にされ、年下の社員たちからは邪魔者扱いされてしまうものだ。清潔でない職場ではそういうことが四六時中起こっているものなので、自分だけが不当に扱われたとは思わないことだ。通常の出勤時刻よりも少し早目に出勤して来て、自分がテキパキと掃除をしていれば、いずれ自分を認めてくれる人たちが現れて来るものなのである

●職場では育児の成功は問われないもの

 子持ちの母親にとっては、結婚をしたり、子供たちを産み育てたので、それが自分の自信になっているものだが、残念なことに職場では結婚の有無や育児の成功は問われないものなのだ。飽くまでも企業がその経済活動を展開するために必要な人材の一人にすぎないのだ。

 それゆえ、まずは謙虚になることだ。謙虚になって我が身を低くしていれば、その内、頼まれる仕事が増えて来て、その仕事をこなして行くことで、能力が向上して行くというものなのである。「結婚しているから」「子供がいるから」ということで、踏ん反り返っていると、誰でも出来る仕事しか与えられず、その仕事すらもまともにこなすことができず、仕事でトラブルを発生させてしまうことになるのだ。

 本来なら、独身女性よりも、既婚女性の方が高い能力を発揮できるものなのである、なぜなら、家族という自分が帰る場所があるからなのである。独身女性だと家族がないために、どこかで無理をしてしまう生き方をしてしまうものなのである。その不安定な部分を競争相手から突かれてしまい、転げ落ちて行ってしまうのである。

 自分のために働くというのではなく、家族のために働くという気持ちになれれば、家族のいない独身女性よりも高い能力を発揮できるものなjのである。結婚しているのに、夫のことを考えず、子供たちがいるのに、子供たちのことを考えず、自分の事ばかり考えていては、仕事が巧く行かなくなるのは、当然のことなのだ。

 仕事というのは、お金のために働いていると、大して儲からないものなのである。お金のことを忘れ、家族のために働き、仕事を誠実にこなし、お客様に奉仕し貢献するという姿勢を保つからこそ、仕事が成功し始めるのだ。この姿勢に立つことができれば、お金など幾らでも入って来るものなのである。仕事復帰する時は、自分のことで手一杯にならすに、家族やお客様たちのことを決して忘れないようにすることだ。

|

« 育児終了後の頭痛対策 | トップページ | 家庭と仕事の両立は絶対に無理 »

子育て」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

私はずっと専業主婦なのですが、確かに経験もなければ能力もないのでバリバリ働いてらっしゃるお母さんはすごくかっこよくて素敵だなと思います。
だけど家にいると一息ついて子供の学習机を見て、あんなことで怒って悪かったなとかもっとこうしようとか色々な事を考える時間があるのも事実ですごく大切なことだし有り難いと思います。
暇だから考えてるんでしょうけど(笑)
仕事をしている友達は一緒にいる時間が短いこそ優しく出来ると言っていました。確かにな〜と思ったし、母親がいつも家にいるとついつい小言ゆっちゃうんですよねぇ〜。どっちがいいかそれぞれですがゆっくり成長を見守りたい派ではあります。

投稿: さえ | 2009年12月15日 (火) 09時55分

 「さえ」さん、コメント有難うございます!happy01
 丁度、さえさんのコメントが欲しいと思っていた所なんです。
 今回の記事は飽くまでも働く母親たち向けの記事なので、何も専業主婦の人に働けと言っている訳でないんです。
 専業主婦であるなら、専業主婦の仕事に専念すればいいんです。

 実を言いますと、タマティーの母親はさえさんと同じく専業主婦です。
 ただ、うちの母親は子供の頃に大病したために、労働に耐えうる体力がないために、専業主婦になっていただけなんです。
 俺が子供の頃は、年に何度も病気で寝込んでしまい、それが一週間以上続くので、子供としては堪ったものではなかったですね。
 見た目は少し肉がついているために、健康そうに見えるのですが、免疫力がそもそも低いために、すぐ風邪をひいて寝込んでしまうんです。その風邪が矢鱈と長引くんですね。
 その母親も俺が大学を卒業してから、一度だけ働き出たんですけど、仕事の過労で体調を崩してしまい、パ^ート代よりも、治療費が高くついてしまい、結局、仕事を辞めてしまいました。
 自分の母親ながら、バカらしゅうて、笑ってしまいました。
 だから俺は、現在、政府が進めている男女共同参画社会なんて反対だし、フェミニストたちの考え方にも反対なんです。
 この世の中にはこの世の中には働きたくても働く力がない人たちもいるからです。そういう人たちを無理矢理働かせても、命を落とすだけです。その方が、損害がでかくなります。
 専業主婦も外で働くことよりも、自宅で家事や育児を遣っている方が楽しいと言っている訳だから、強制的に専業主婦を潰して、働きに行かせることはないんです。
 矢張り、自分の人生は自分の遣り方で進めて行った方が、幸福を最大化できるというものです。

 それから、さえさんはお子さんたちに怒っているようで、いいアイデアを持ったいなさそうなので、ちょいとアドバイスをしておきます。
 母親がいつも怒っているようであるなら、その子供が悪いことをしているだけではなく、実は母親の方が子供の話を聞いていないということなんです。
 要は「コミュニケーシション不足」なんです。
 だから、まずはは子供たちの話を良く聞くこと。自分の意見は後回しにすることです。
 そのためには、オウム返し戦法が効果的です。
 子供たちが何か言ってきたら、そのまま繰り返すんです。
 例えば、娘さんが「今日の晩御飯はハンバーグが欲しい」と言って来たら、「○○ちゃんは、今日の晩御飯はハンバーグが欲しいのね」とオウム返しで答えればいいんです。
 これをやると、娘さんたちは「お母さんは自分の言っていることを理解してくれた」と思い込むようになるんです。
 女の子が母親に反抗したり、言うことを聞かないのは、母親がこれをやらず、自分の意見を押し付けてしまうからなんです。
 
 それと学習机で勉強させても、女の子の場合、勉強の生産性が上がらないんです。
 女性脳は男性脳と違い、人間関係を重視して来るので、男性のように一人机に向かってコツコツと勉強するスタイルには向かないんです。
 女の子であるなら、居間のテーブルで母親と会話しながら勉強した方が、勉強の効果が出て来るんです。
 この勉強のスタイルでやると、娘さんの脳は母親の顔を見るたびに活性化して、勉強する内容がスラスラと入って来るようになるんです。
 大体、小学生のレベルなら、さえさん自体も付いていけるので、娘さんが解らない所があるなら、さえさんが教えてしまった方が早いんです。
 女の子が二人もいるなら、子供部屋に行かしても、姉妹で喋っているか、漫画を読んでいるかですよ。机に向かっても、勉強なんてしやしないって。
 一流大学に進学して来る頭のいい女性たちは、居間で勉強している率の方が高いと思います。
 娘さんたちの知能を高くしたければ、勉強の仕方を変えることです。

happy01heart04happy01heart04happy01 

投稿: タマティー | 2009年12月16日 (水) 06時28分

確かに話は聞いてあげていないです。さっそく実践してみます。わたしが聞いて欲しい時だけ聞いてもらってほんと自分勝手ですね。主人にもよくゆわれるんです実は。子供の話を聞いてないと。その忠告も聞いてないみたいですね…直します。
私が思うにですけどね、精神安定が出来ている子程勉強が出来るあるいは勉強しようとゆう意欲が出てくるんでしょうね。居間でする子が出来るのも母親を近くに感じて安心してるからなんでしょう。
勉強しなさい!とはいいたくないので自分でよし!やろう!とゆう気にさせればいいのかな?
上の子はもう7歳ですがいまからでもやり直せるかな、分かってやりたい気持ちです毎日。
子供の気持ちもっと大切にしてあげないといけませんね。そう思いながら時だけが経ちこれではいけませんね。子育てって大変だなぁ(笑)手がかかるのはどってことない。精神面の子育て永遠のテーマです。

投稿: さえ | 2009年12月16日 (水) 09時35分

初めてコメントさせていただきます。7ヶ月の息子を持つなおいろいろです。現在育児休暇中で4月から職場復帰する予定です。
「家庭と仕事は両立させるものではない」
目からうろこがおちました。
4月からの復帰に際して、家庭と仕事の両立にかなり不安を抱き、雑誌やネットで情報を探し回っていました。うまい時間の使い方などの記事をたくさん読みました。しかし、両立は大変だぞー、という情報ばかりが頭を埋め尽くし、自分じゃこんなの無理だ、と不安ばかりがつのっていきました。
そんな時にタマティーさんのブログを拝見し、つくづく納得しました。
家族が一番だから、そもそも両立させるものではない。
当たり前のことですが、すごく衝撃を受けました。なんというか、引っかかっていたものが取れた感じ。
両立させるって考え自体間違いなんですね。家族が根幹なんだから、仕事してようが家事に対して勝手に体が動いていくイメージが湧き、だいぶ不安が減りました。
4月からも余計な心配したり不平不満を抱いたりする前に、家族のためにがんがん動いていこうと思います。
残された専業主婦生活はあと一月半。子供べったり生活を漫喫しつつ、主婦スキル向上に励みます。
ありがとうございましたhappy01

投稿: なおいろいろ | 2010年2月15日 (月) 18時06分

 「なおいろいろ」さん、初コメント有難うございます!happy01

 「家庭と仕事の両立」は非常に下らない議論なので、絶対に耳を貸さないことですよ。
 この手の議論は、それを吹っ掛けて来る女性たちが、実は独身だったり、子供がいても育児そっちのけで自分の母親任せにやっているものなんです。
 既婚女性は家庭を中心にやっていれば、仕事なんて片手間でできるもんなんですよ。
 育児をしながら家事を巧くこなすコツはと言うと、家事をやる際にはテキパキと行うこと、それに1日30分でもいいから子供と一緒に遊ぶ時間を持つことですよ。
 それと旦那さんには負担がかかるので、必ず感謝しておくことです。
 「有難う!」って言葉を一言いえばいいのに、それを言えないばっかりにトラブってしまいますからね。
 育児をきちんとできている「なおいろいろ」さんなら、仕事なんて簡単にできてしまうものですよ。

投稿: タマティー | 2010年2月16日 (火) 06時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/496414/32567356

この記事へのトラックバック一覧です: 仕事復帰は焦らない ~子持ちの母親だからこそ、家族とお客様のために働かなければならない~:

» パートタイマーの求人募集転職情報ネットナビ [パートタイマーの求人募集転職情報ネットナビ]
とっても待遇のよいパートタイマーの求人募集転職の情報です。 [続きを読む]

受信: 2009年12月15日 (火) 10時50分

» あざ [あざ]
あざやしみ、ほくろなどがレーザー医療の発達によって、簡単に治療できるようになりました。あざやしみ、ほくろなどの治療法を紹介するブログです。 [続きを読む]

受信: 2009年12月15日 (火) 11時10分

» 田中美佐子 出産 [田中美佐子 出産]
田中美佐子の出産についての情報です。 [続きを読む]

受信: 2009年12月20日 (日) 00時12分

« 育児終了後の頭痛対策 | トップページ | 家庭と仕事の両立は絶対に無理 »