« タマティーへのロングインタビュー ~『幸せ色の出産ラブストーリー』を書き終えて~ | トップページ | ブログ作りの成功テクニック »

『幸せ色の出産ラブスト-リー』の制作エピソード

 『幸せ色の出産ラブストーリー』は1年半以上に亘って執筆し続けて来たために、たくさんのエピソードがありました。そこで今回は主な制作エピソードを紹介! タマティーがどのようにしてこのブログを作っていたかが解ると思うよ。

●執筆スピードが速くなった

 まず、執筆スピードが速くなった。前回の『不妊症バトルロワイヤル』では記事の正確性を期すために執筆時間が延びてしまい、執筆時間が2時間以上経ってしまうと、途中までは記事の内容がいいのに、オチが暗くなってしまって、自分でもこれはイカンと思って、執筆時間を1時間30分に制限しました。これが良かったのか、それ以降は出来のいい記事を書くことが出来ました。

 その後に始まった『幸せ色の出産ラブストーりー』では、1時間30分で書けるものが、早い時は1時間で書けるようになった。書く時は一心不乱になってキーボードを叩いているので、気付くと出来上がっている感じでした。ブログ制作は1時間半以内に収めるというのが、出来のいいブログを作るコツだと思う。

 執筆スピードが速くなると、自分の考えをきちんと纏めることができるようになった。要は執筆スピードが遅かったから、自分の考えがダラダラしたものになってしまうんで、執筆スピードが速ければ、内容が引き締り、自分の考えを的確に言えるようになります。これは速筆の作家ほどいい作品を作り、遅筆の作家ほど碌でもない作品を作って来るのと同じことだと思う。

●育児に関しては母親の体験記が一番良い

 『幸せ色の出産ラブストーリー』の記事を書いていくに当たって、育児書は本当に役に立たなかった。育児のことを調べると、育児書というのは本当にアホらしいです。日本で出回っている育児書は、既にアメリカでは否定されている『スポック博士の育児書』が元ネタになっており、それを日本バージョンに書き直しているだけ。作者が自分が調べて考えて作っているのではないので、本当に無価値なものだと思う。育児書を読んでノイローゼになった母親たちは多いというけど、これは当然の現象だろうと思う。

 育児に関してはやはり育児を実際に体験した母親たちの体験記が非常に役に立った。文章的には圧縮したものが少ないので、内容が浅いと思ってしまいがちだが、実際の育児ではそんなに深い内容は要らないからね。基本さえできていればきちんとできてしまうもんだよ。

 実を言うと、息抜きをする時は、育児漫画を読んでいた。松本ぷりっつさんの『うちの3姉妹』とか、高野優さんの『吾輩ハ母デアル』なんかも読んでいたよ。両者とも育児の仕方はひどいものだけど、笑えることは笑えるので、リラックスできましたね。ただ、育児の仕方は間違っているので、クレグレも参考にしないように。

●並行して白血病の研究をやっていました

 この『幸せ色の出産ラブストーリー』を書いている際、不妊症の研究をしている時ほど、妊娠や出産や育児に関しての書物を読んでいなかったために、余りにも暇なので、このブログを制作しながら、白血病の研究をしていました。癌研究の過程で白血病の原因も推定できていたので、こっちの方をせっせとやっていました。

 だから、このブログにも白血病のことが出て来る訳で、白血病というのは、医者の治療を受けなければ治るというもの。癌と同様に医者が手を出してしまうからこそ、患者の寿命を縮めてしまう結果になってしまうんだ。癌にしろ、白血病にしろ、人間が果実食動物であることを忘れてしまったがために起こって来る病気であって、体を弱アルカリ性に保つことを忘れて、酸性状態にしてしまうと、この手の死の病に襲われてしまうことになるんだな。

 それと現在は「重症筋無力症」の研究をやっています。タマティーの母親の知り合いがこの病気に罹ったのですが、病院でとんでもない治療を受けさせられることが解ったので、タマティーはそれはイカンということで、この難病の研究を行っています。重症筋無力症は現在では医学の進歩の結果、病死する確率は非常に低くなっているのですが、治療費が全額国庫負担のために、医者が高額な医療費をふんだくるために、適切でない治療をやってしまう傾向があります。今回のケースのそのタイプなのですが、医療費を政府が全額無料にすると、こういう弊害が出て来るので、全額無料というのは絶対にやめた方がいいと思う。莫大な治療費が請求されれば、患者の方も真剣になってその病気のことを考えるようになるのであって、それをしなければ、医者の思うがままなんだってことに、一刻も早く気付いて欲しいね。

●テレビを見る時間が激減した

 早朝からブログをやり、それから仕事をし、帰宅すれば読書をするので、テレビを見る時間が激減した。特に早朝からレベルの高い記事を書いてしまうと、その後の仕事も出来のいい仕事ができるようになるので、帰宅してからテレビを見ると、本当に下らないと思ってしまう。

 「いい仕事ができるようになると、テレビを見なくなるよ」と、とある億万長者の方に言われたことがあるのですが、それを初めて聞いた時は「そんなことある訳ないじゃん!」と思って反発していたのですが、実際に自分がいい仕事をし始めると、テレビというのはバカ臭くて見ていられないんだな。せいぜい見るのはNHKぐらい。後は自分が好きなフィギュアスケートぐらい。

 テレビを見なくなると、本当に時間が有り余るようになるので、生活が質的に豊かになったような気がする。要はテレビを見てしまうからこそ、時間がなくなり、自分がやるべきことに充分な時間を注げなくなり、そのためにトラブルが続出して来る訳だからね。「豊かになりたければ、テレビを消せ!」というのは、タマティーが実体験から得た貴重な教訓であるので、くれぐれもテレビの見過ぎにはご注意を!

●チャングムブーム

 しかし、我が家で全くテレビを見なくなったかというとそうではなく、タマティーの母親だけが我が家で唯一テレビを見まくるので、これが非常に困った。というのは去年の秋頃から仕事の関係上、本を大量に読まねばならなくなり、机の上に常時10冊以上の本が溜まってしまい、それをせっせと読んでいく日々になってしまった。それなのに母親がテレビを見て、その音がうるさいし、しかもテレビを見るとアホバカオーラを発して来るので、これほど迷惑なものもない。我が家ではタマティーが口うるさく「テレビを見るな!」と言っているので、家族の者はテレビを余り見ないのですが、母親だけが母親特権を乱用してテレビを見るんですな。

 そこで母親のテレビ好きを粉砕したのが、『宮廷女官チャングムの誓い』! この韓国ドラマを見て、ダラダラとテレビを見させないようにした。このドラマは出来が非常にいいので、我が家では家族全員がテレビの前に集結して、食い入るように見ていました。このドラマは内容が濃いくにせ、放送時間が70分もあり、しかも韓国では週2回放送されていたので、本当に驚いてしまった。時期的にNHKの『天地人』と重なってしまったので、日本の最高峰のドラマですら、チャングムを見てしまうと、色あせてしまうほどに。『天地人』は原作も良かったし、出演者たちも良かったのに、脚本や演出が異常で、それが視聴者をゲンナリさせてしまったので、本当に勿体なかった。監督は脚本家や演出家の暴走を絶対に許してはならないよ。

 将来的にはマジでイ・ヨンエに会いたいね。それとハン尚宮を好演したヤン・ミギョンにも。ヤン・ミギョンって名前は日本語的には言いにくい名前だけど、女優さんとしては立派でしたね。ああいう熟女女優がいれば、日本でもレベルの高いドラマを作れるからね。まずは日本の女優さんにはちゃんと結婚して、赤ちゃんを産んで育てて貰わないと。いつまでも独身だったり、結婚しても子供がいなければ、程度の低い女優にしかならないもんだよ。『チャングム』を見たお蔭で、タマティーも再び映画やドラマを作りたくなってしまったくらいにいい刺激を貰えた。

●体調の変化が解るようになった

 ブログをこれだけ長くやっていると、早朝の時点で、今日の体調の変化が解るようになった。体調がいい時には執筆スピードが速いし、体調の悪い時は執筆スピードが遅くなるから、すぐさま解る。体調のいい時は仕事を思いっきり進めていけばいいし、体調が悪ければ仕事の進め方を送らせればいいからね。

 体調というのは一定ではないというのが、男性ではなかなか解りにくいもんなんだね。女性の場合、生理があるために、否が応でも体調の変化が解るのだけれども、男性の場合はそれがないために、体調が悪いのに遂々無理をしてしまい、そのために早死にしてしまうというケースが多々発生するからね。

 長寿を実現したいのなら、ブログをやって、その日の体調を確認するというのは有効だと思う。体調が良くない時は、どう考えたって無理をしてはならないんだから、仕事を控えるとか、結婚式や葬式の類には出ないようにすることだよ。長生きをしたければ、義理を欠くということは本当に大事なことだと思う。

●健康に気を使うようになった

 ブログを書き続けるためには、なんといっても本人が健康でないとね。健康に気を使うようになったね。特に「食事」! 夕飯の如何によって、翌朝のブログの出来が決まるといいっていいくらいに。白米は絶対に禁止。必ず麦を入れないとね。麦に含まれるグルテンが脳にとっては栄養となるので、これがないと頭が巧く働かないんだ。麦以外にはお蕎麦。お蕎麦を食べると本当に頭が良くなるね。脳が疲れた時はお蕎麦を食べて、脳の疲労を取っていました。

 白米は禁止していたのだけど、客人が自宅にやってきた時に、手巻き寿司を御馳走しなければならなくなったので、仕様がなく食べたんだけど、その後、3日間ほどウンコが臭くて困りましたね。いつも「押麦入り玄米」を食べているので、いざ白米を食べるとこの有様に。白米というのはつくづく健康に悪いと思う。

 いいブログを作るためには睡眠をしっかり取らないとね。タマティーの場合、春夏秋は6時間睡眠で、冬は7時間30分睡眠に成ります。そのため冬は本当に早寝になりますね。それと定期的に睡眠調整が行われて、一気に9時間ぐらい寝てしまう時があるので、その時は一気に寝てしまいます。育児をしていると、赤ちゃんの夜泣きがあるので、この睡眠腸ができず、母親というのはフラフラになってしまうんだと思う。睡眠調整をした後は、疲れが全て吹き飛んでしまうくらいになるので、赤ちゃんの夜泣きが治まったら、睡眠調整をしっかりとしておいた方がいい。

 タマティーはブログを書き終わると、必ずウンコをします。ウンコをしないと絶対に朝食を取らないので、午前7時までには排便をしっかりと行っています。朝食は排便が終わってからです。しかも、タマティーは1日に2回は排便をするので、お腹が出ていませんよ。人間は1日2食の名残りが未だに残っているから、健康であるなら1日2回排便するようになります。1日に2回の排便をコンスタントに行うのが、健康を維持し、奇麗な体型を維持する基本だと思う。

●食中毒

 健康にはあれほど気を使っていたのに、起こってしまったのが食中毒! しかもよりによって大好物の玉子で起こってしまった。これは近所のスーパーで玉子の安売りがあって、俺以外の家族全員がその玉子を買いに行ったために、我が家の冷蔵庫では常時60個以上の玉子が保管されることに! 玉子がこんなにたくさんあると、逆に玉子を食べたくなくなるという不思議な現象が起こり、そのため賞味期限が切れた玉子が続出する羽目になった。

 その賞味期限切れの生玉子を食べて、食中毒になってしまった訳。玉子の食中毒は恐ろしいというけど、本当に恐ろしかったです。とにかくお腹が痛くて、立っていられない状況に成る。高温にはならないので、これは風邪ではないとはっきりと解る。食中毒の際は、吐いた方がいいと思う。俺は吐くのは勿体ないから吐き気が来ても吐かなかったけど、吐いた方が楽だったと思う。

 それと食中毒を起こしている時は、絶対に飯を食ってはならない。食中毒当日はそれほど痛くなかったのだけれども、食中毒なのに食事を取ったからこそ、お腹に激痛が走って、翌日は仕事を休むまでに悪化してしまったのだ。「食中毒の際は断食する」。滅多なことで食中毒は起こらないので、もしも食中毒になった時は、この教訓を思い出して、食中毒を軽減させるように仕向ければ、食中毒はそれほど悪化しないと思う。

●余所の母子をちゃんと見るようになった

 男性は自分の家の子供のことはよく見るけど、他の家の子供のことは見ません。この辺りが女性と違う点なのですが、ブログで妊娠や出産や育児のことを書いていたために、余所の母子をちゃんと見るようになりました。一番気になったのは、「ベビーカー」! 生後6ヵ月未満の赤ちゃんは寝台型のベビーカーに乗せねばならないのに、椅子型のベビーカーに乗せている母親がいたりと、ついツッコミを入れたくなるような悪行をやっている母親たちが多々あり。椅子型のベビーカーでも長時間の使用は避けるべきであって、特に赤ちゃんを坐らせた状態で寝させるなって! 首が曲がるだろうが! 

 それと日本では道路事情が悪いために、乳母車が殆ど使用されていないので、乳母車の必要性は声を出していいたいね。乳幼児は寝ることで血液を生産するのであって、そのためには体を横にして、重力から解放してあげなければならない。そのために乳母車が必要なのであって、子供を横になって寝かさないと、血液の不足が起こってしまうんです。乳幼児の際に、座った状態で寝る癖がつくと、血液不足のために成長の伸びが悪くなるんです。

 乳母車を買っても、住宅が狭いために、乳母車を置くスペースがないという切実な問題があるので、住宅は絶対に広く作っておくべきです。マンションなら玄関の横にシュールームが必要だと思う。そこに乳母車を置けばいいんだから。日本は住宅政策に関しては完全に失敗したので、今後、政治家たちはこの点をしっかりと議論して、日本の現状にあった住宅政策を取って欲しい。大体、東京のど真ん中に平屋の家があるなんて、どう考えたっておかしいからね。

●コメントの良し悪し

 コメントの対応には大いに改善の余地あり。タマティーは記事を書き終わってから、コメントに返答するので、そのためコメントは大急ぎで書くために、質が非常に悪くなってしまうという弊害が多発。誤字脱字は多いし、時には相手の名前も間違えたりと、結構、悲惨なことを連発してしまった。

 それとこっちが質問に答えたら、何かしら返答して欲しい。俺の答えに関して、相手がどのような考えを持ったのか解らなくなってしまうので、この点は俺はどうすることもできないからね。俺も精一杯考えた末に答えている訳だから、質問を出した人が黙っていると、これほど困ることはないからね。

 良いコメントというのは、やっぱり常連客のコメントだね。解らなければ質問すればいいのにって、つくづく思うよ。自分が質問するってことは、ただ単に読んでいる人たちよりは記事を理解しているってことだし、質問して答えが帰って来ることで、「そういうことなのか!」って更に理解が深まるからね。

 まあ、こんな感じでブログを制作していました。

|

« タマティーへのロングインタビュー ~『幸せ色の出産ラブストーリー』を書き終えて~ | トップページ | ブログ作りの成功テクニック »

子育て」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

タマティーさま

ゆきねこです。毎朝ありがとうございます。そして大変ご無沙汰してすみませんでした。
タマティーさまのブログが夏ごろに比べてだいぶ長くなりましたね。毎日読み応えがあります。
また卵の食中毒はサルモネラ菌かな~。サルモネラですと高熱がでるのですが、タマティーさまは出なかったみたいですね。今年は貝類のノロウイルスが流行しています。やっぱり海水温の上昇と汚染ですかね。
とにかく食中毒の苦しさはなった人しかわかりませんからねー。ご愁傷様でした。

投稿: ゆきねこ | 2010年2月 9日 (火) 11時39分

すみません。携帯からの投稿です。分割お許しください。

今日は息子の一歳の誕生日です。泣いたり笑ったり、怒涛の一年でしたがあっという間でした。
タマティーさまのアドバイス、本当にありがとうございました。
先週、親戚みんなでお祝いして、一升餅をかつがせて歩かせたのですが、意外とスタスタあるいて、リュウタロスすげぇ~。と親のほうがびっくりしました。最初は寝てばかりでふにゃふにゃしていたのにね。
神さまに私にこのような育児の役目を頂けて大変だけど感謝してます。

投稿: ゆきねこ | 2010年2月 9日 (火) 11時45分

うちの旦那さんは1日三回大便するのですが、なんで太っているんでしょうね。
あと話は変わりますが私も製薬会社で白血病やってました。悪性リンパ腫とかノン・ホジキンとか…。ほとんど忘れてますけどね。これも抗がん剤メインの治療になりますよね。だから体へのダメージははかりかねないと思います。

投稿: ゆきねこ | 2010年2月 9日 (火) 11時50分

それから赤ちゃんの後追いの件ですが、私も早起きして本を読んでいると、いないのを察知して泣かれます。隣の部屋で三メートルくらいしか離れていないんですよ。
ということで息子はお母さんにべったりです。トイレに行くのも一緒です。
今しか味わえないというので楽しんでます。

投稿: ゆきねこ | 2010年2月 9日 (火) 11時56分

 「ゆきねこ」さん、コメント有難うございます! happy01 

 リュウタロス、満1歳の誕生日おもえでとう!
 乳児は弱しく見えて、実は力持ちですよ。
 というか、力の加減が解らないので、有り得ん力を出して来ますな。
 大人が遣ると、事故に繋がるようなことでも、乳児は平気ですからね。
 起きている時に、せっせと体を動かさせると、結構、筋肉がつくとおもいます。乳児のため、ぶよぶよの筋肉ですが、筋肉があると、余り病気をしなくなりますからね。

 食中毒の件ですが、多分、食中毒を起こした日に断食をすれば良かったのですが、夕食を食べてしまったばっかりに激痛ものでした。
 痛くて立っていられないんです。
 それなのに家族から一切の同情なしです。
 見た目は健康そのものなんですよ。仮病を使って寝ていると思われたぐらいです。
 胃の痛みが48時間続いて、その後、2日ほど小腸が痛くて、大腸は2日間かけて通過して行ったみたいです。
 食中毒を起こした物質が「ここにいる!」とわかるんですよ。
 もしも、ウンコをした時に、ヒヨコがピヨピヨと生まれてきたらどうしようって、本当に悩んでいました。
 どんなに鳴こうが、多分、「大」で流しちゃうな、俺は。

 旦那さんが1日3回ウンコをしているのに太っているのは、食事以外で間食をしているからです。
 タマティーもたまに1日3回ウンコが出るのですが、1日3回もウンコが出ると、お腹がペッタンコですよ。
 ゆきねこさんの知らない所で、ムシャムシャと食べている筈です。
 ただ、1日3回ウンコが出ていること自体は健康の証ですよ。
 休日の日とかには、可能な限り、どこか遠出して、歩かせてみることですよ。歩けば、どんなデブでも痩せて行きます。

heart04 happy01 heart04 happy01 heart04 happy01 heart04

投稿: タマティー | 2010年2月10日 (水) 06時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/496414/33269649

この記事へのトラックバック一覧です: 『幸せ色の出産ラブスト-リー』の制作エピソード:

» 『幸せ色の出産ラブスト-リー』の制作エピソード [葬儀葬式]
[続きを読む]

受信: 2010年2月 9日 (火) 06時24分

» 『幸せ色の出産ラブスト-リー』の制作エピソード [葬儀葬式]
[続きを読む]

受信: 2010年2月 9日 (火) 07時20分

« タマティーへのロングインタビュー ~『幸せ色の出産ラブストーリー』を書き終えて~ | トップページ | ブログ作りの成功テクニック »