« 敗者復活組、プレゼントの当選者発表! | トップページ | 新連載の予告 »

タマティーの一人で反省会 ~小冊子制作編~

●「ですます調」で難しいことを考えることの難しさ

 今回は「タマティーの一人で反省会」を行う。反省すべき点は小冊子制作に関してだ。このブログを見続けてくれた人々にプレゼント用として、『今の結婚を千倍以上も幸せにしちゃう「秘密の魔法」を作ったのが、もうトラブル続出ですよ。

 休日を巧く利用してせっせと書いて行ったのだが、書いている時は出来のいい物ができるんじゃないかなと思っていたら、そうではなかった。読者が全て女性、しかも結婚して子持ちの女性たちなので、お堅い文章となる「である調」ではなく、優しい文章となる「ですます調」で書いたら、逆にこっちがヘトヘトになってしまいました。

 今回の件で解ったのは、難しいことを考える時は、常に「である調」で考えているものだということなんだ。「ですます調」では難しいことは考えられないんだな。だから、「である調」で考えて、それを「ですます調」に翻訳して、それを書き綴って行くという二重の負担を強いる作業になってしまった。

 「ですます調」だとどうしても相手に同意を求める文章になってしまって、「である調」みたいに自分の頭の中で複雑な思考を展開して行くという風にはならないんだな。俺が様々な本を読んで思うのは、この本を良書だと思うのは、全て「である調」の文体で、「ですます調」の文体ではないということだ。もしも「ですます調」で書いた本に良書があるなら、その作者は物凄く文章が巧いということだ。これは文章を書いてみるとよく非常によく解ることなのだ。

 勿論、口語に近づけようとするなら、「ですます調」になってしまうんだけど、文章というのは別に口語である必要もないからね。余りにも日常から掛け離れた文語体では困るけど、文章である以上、それを圧縮して貰わねばならないからね。そうなると「である調」の方が断然優れているという訳だ。

●誤字脱字の嵐

 原稿を書き終わった後、ちゃんと推敲をして、誤字脱字をチェックしたのですが、その推敲された物を印刷してみると、御死脱字の嵐ですよ。印刷ホヤホヤの物を、一字一句調べて行って、誤字脱字を赤いボールペンでマークして行ったら、半分以上のページに誤字脱字を発見してしまった。

 この誤字脱字のために、再度印刷し直して、結局、A4の紙を大量に使用してしまった。エコロジーに敵対するかのような悪行ですよ。まあ、駄目になった紙はメモ用紙に回すけど、大量のメモ用紙が出来てしまった。しかも、7人に印刷するとなると、大量に紙を使うので、印刷している最中にA4の紙がなくなってしまい、俺一人で買いに行く羽目に。

 紙を折る時は、充分にインクが乾いてから折ったのだが、その後、読者に読み易いように折り目をしっかりとつけたら、インクが次のページに微かについてしまい、逆効果に。折り目をつけすぎた訳だ。しかし、今更印刷し直す訳にも行かず、そのまま製本へ。悔しいけど読めないほどのものではないので、その辺りは我慢して貰わないと。

 ただ良かったのは、印刷機の印刷スピードが早かったということだ。我が家には印刷機が2台あるのだが、最初にパソコンに接続していた印刷機は、印刷もコピーもスキャンもできる優れ物なのだが、この印刷機の印刷スピードが遅いのなんのって。そこでこの苦情を友人に話していたら、旧式の物ではあるんだけど、Canon社製の「PIXUS850i」を貰ったんだ。これが早いのなんのって。この印刷機のお蔭で、印刷は短時間で済みましたよ。

 印刷した時期は、丁度、バンクーバー五輪に重なったために、家族の者どもがテレビを見ている最中に、一人でせっせと印刷していた。したら、「何やってんの?」だって。見れば解るだろう! 印刷してんじゃないか!? 印刷機の前にカチャカチャと作業を行い、印刷し終えた紙を、インクが奇麗に渇くように、一枚一枚テーブルに広げていたのから、見れば一体何をやっているか解るものだろう!?

●ホチキスの跡が気に成って仕様がない

 紙を折って、いざ製本しようとすると、その厚さから、通常のホチキスでは無理だということが判明! そこで10年以上前に使ったことのある、大きなホチキスを引っ張り出してきた。俺の机の中で10年以上使われず仕舞われていたこのホチキスは、10年以上前に一体何使ったかのすら思い出せない逸品なのだ。

 大きなホチキスだから巧く行くかなと思ったら、最初の1回目は失敗! しかも、失敗の跡が表紙についてしまったために、急遽、表紙だけ印刷し直すことに! 丁寧にやろうと思って、ゆっくりと遣ると失敗してしまうので、思いっきり力を入れて、一気に遣ることに。こうすると巧く製本することができるようになった。

 が、製本してみると、今度はホチキスの出来具合がどうも気に成って仕様がないのだ。三つのホチキスが奇麗に平行に並んでくれないのだ。居間のテーブルだとテーブルクロスがあるために、ここでホチキスを使うと巧く行かないので、俺の書斎で印刷した紙を持って行って、そこで製本することにした。

 3箇所で止めるとどうしても、その3つが平行になってくれないので、ホチキスは2箇所で止めることにした。これだどどうにか平行に成ってくれたような気がするのだ。このために小冊子には3箇所バージョンと、2箇所バージョンがある訳なんですね。どっちにしても内容は同じですから、気にしないで下さいね。気になっているのは、タマティーの方だけですから。

 いざ、投函しようとしたら、天気予報では雪が降るということなので、急遽、小冊子をビニール袋に入れて、雪への対策を施した。でも、丁度いいビニール袋が見当たらず、スーパーで使われるビニール袋で代用することになった。まあ、小冊子が雪で濡れなければいいのだから、余り気にしないことだ。

●何事も遣ってみないと解らないもの

 小冊子を入れた封筒は定型外郵便物なので、郵便局の窓口に行って出すことになった。混雑していたために、よりによっていつも担当している若い女性ではなく、その隣の窓口に行くことになった。デブではないが、やや太り気味の女性で、なぜか対応がそっけない。もうちょい愛想を良くしようよ。でも、ここでトラブルを起こしては台無しになってしまうので、我慢して手続きを終えることにした。

 郵便局から出て来たら、疲労困憊になってしまい、気休めに公園を散歩して気を紛らわすことにした。頭の中では素晴らしい小冊子が出来上がっていたのだが、実際に遣ってみると、トラブル続出ですがな。何事もやってみないと、解らないものだ。トラブルを一つ一つ処理して行かないと、前進できないもんだね。

 小冊子は書籍ではないから、それほど大変な作業になるものではないと思っていたら、実際にやってみると大変な作業になってしまった。しかも、小冊子を制作し終わった後に、印刷所で小冊子を印刷してくれる値段を調べたら、10数万円でやってくれるということが発覚! ギョエ~ッですよ。あの労力を使うなら、10数万円を支払った方が楽ですがな。ただ、最低印刷部数1000部なので、今度はその1000部の小冊子を発送する作業が非常に恐ろしいものになることでしょう。

 インターネットなどに慣れてしまうと、小冊子制作のような手間がかかる作業をやらなくなってしまうが、余り電脳化して楽な生活をしないことだ。情報や知識に対して、なんの労力を使わず、なんのお金も支払っていないと、自分にとって本当に重要な情報や知識を集められないと思う。

 今回の小冊子もブログで公開すべきでない重要な話だからこそ、小冊子にしてのであって、その小冊子を作るのに、大変な労力を必要とするし、お金でだってかかるものなのだ。やっぱり優れた物であればあるほど、手間暇がかかるものだし、お金だってかかるものなんだ。今回はそのことを改めて解ったことだけでも、大きな収穫が合ったと思う。

|

« 敗者復活組、プレゼントの当選者発表! | トップページ | 新連載の予告 »

子育て」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

タマティーさん こんにちは。
小冊子届きました。
大変な苦労なさったんですね・・・ありがとうございます(>__<)と思いました。
果物でもお礼に送ろうかと思ったのですが(青果関係にちょっとつながりがあるので…)、突然見知らぬ女から果物が届いたら、ご家族の方がびっくりしてしまうかもしれない!と気付きやめてみました。

小冊子が本当にうれしくって、感謝をどう表わせばいいのか悩んでおります…。

投稿: ちいく | 2010年2月18日 (木) 13時55分

タマティーさん、こんにちは。
わずか7名という狭き門なのに選んで下さりありがとうございます♪
『今の結婚を千倍以上も幸せにしちゃう「秘密の魔法」』昨日届いていたようで受け取りました。

長期の放置プレイにお尻ペンペンの刑でお許し下さり感謝です。
お勧め下さった本も読もうと思います。
この歳で初妊娠だったので嬉しい反面、高齢ゆえ流産が心配で心配でタマティーさんになかなか報告出来ませんでした。ごめんなさい。
でも先週初めて胎動を感じて初めてここ(赤ちゃんが私のお腹の中)にいると実感する事が出来、とてもホッとしてジーンと感動してやっと報告する事が出来たのです。

本名のご指摘がありましたが20代の頃姓名判断してもらった時に水子がどうのこうの言われたことがありその時はまだ結婚する気はなかったものの子供は欲しいと思っていたのでずっと気になっていました…怪しい宗教で印鑑を売りつけられそうになり運命は自分で切り開くとか言って逃げました。。。今年から天中殺なので赤ちゃんに私の厄が降りかからないか心配です。

大変な労力をかけて送ってくださった事本当にお疲れ様でした。
そしてどうもありがとうございます。
早速正座して読ませていただきます。
感想はまたコメント致します。

投稿: じゃがまる | 2010年2月18日 (木) 14時08分

 ちいくさん、感動して頂いて有難うございます!happy01

 もうね、ホチキスが巧く入らないんですよ。
 ページ数が多くて、紙に跳ね返されてしまうんです。
 しかも巧く出来たと思ったら、ホチキスの位置が微妙にズレているし。本当に気になって仕様がなかったです。

 あのビニール袋で喜んで頂いてマジで嬉しいです。
 雪が降るっていうから、急遽対策を施したんです。
 実は、自宅に金色のビニールシートがあった筈なので、それを探していたのですが、全然見つからず、仕方なくスーパーの袋で対応しました。
 しかし投函後、金色のビニールシートが見つかり、ガックリですよ。
 まあ、世の中、こんなもんですよ。、

 小冊子は無料でプレゼントしたので、お礼なんか必要ないですよ。そんなことで悩まないように!
 それよりも小冊子を読んで、そこに書かれてあることを実践してみて下さい。
 その方がタマティーにとっては嬉しいことなんですよ。
 

heart04 happy01 heart04 happy01 heart04 happy01 heart04

投稿: タマティー | 2010年2月18日 (木) 17時20分

 じゃがまるさん、届いたみたいで本当に良かったです!happy01

 タマティーは今まで数々の姓名判断をしてきましたけど、じゃがまるさんの本名のような名前は初めてですよ。
 出来れば、名付け親が誰だか教えて下さいよ。
 どうしてこういう名前をつけたのか非常に気になるんでね。
 名前は決して悪いんじゃないんですよ。寧ろ名前は良い方なんです。
 じゃがまるさんがモテる理由も良く解ります。
 水子がどうのこうの言うのは、統一教会の得意技ですよ。あそこは本当にひどい宗教団体ですから、じゃがまるさんはよくぞ退けましたよ。拍手! パチパチパチ~ッ

 妊娠や出産に天中殺は関係ありません。
 絶対に気にしないように。
 天中殺で問題が生じて来るのは、生まれた子供が10代になる頃です。
 どうしても、母親との関係で揉めてしまうんです。
 そのため、全寮制の学校に行かせるとかすればいいんです。
 もしも自宅から通わせるなら、必ず運動部に入らせ、ヘトヘトにさせてしまい、親に反抗する気力をなくしてしまうことです。これって意外と効果ありますよ。

 じゃがまるさんは運命上、家庭を非常に大事にする星に生まれたので、赤ちゃんを産むと、人生が一変すると思います。
 今まで子供がいなかったからこそ、本来は強力なパワーがあるのに、巧く出せなかったのだと思います。
 赤ちゃんを育てていると、「私ってこんなにパワーがあったっけ?」と不思議に思ってしまうほど、パワーが出て来ると思います。
 
heart04 happy01 heart04 happy01 heart04 happy01 heart04

投稿: タマティー | 2010年2月18日 (木) 17時21分

いつもお世話になっております。
小冊子製作大変なご苦労があったんですね。
私も応募したかった~!のですが、夫が大のブログ嫌いで、その上他人に住所や電話番号など知られるのもすごく嫌がります。
休みや勤務時間がバラバラな夫にもし郵便物を見られたら…と思うと、怖くて止めました。
昔宗教団体に個人情報を教えたら職場まで乗り込まれたという経験があったようです。
ブログ嫌いは何故だか理解出来ませんが、せっかくタマティーさんがこのように大変な思いをして製作なさったのに、喧嘩しましたなどと報告出来ないなあと思いました。
今回は本当に残念な気持ちですが、いじけずにタマティーさんのブログを読み返して育児と夫婦和合に努めたいと思います。
なんだか小冊子を手にした皆様のコメント欄に水を差すようなコメントで申し訳ありませんでした。

投稿: フラワー | 2010年2月18日 (木) 20時42分

こんにちは。
コメント遅くなり申し訳ありません。当選させていただいてとてもうれしいです!!ありがとうございますweep

楽しみにしてます!!

冷え性対策もいろいろ試してみます。冷え性の姉たちにも教えてあげようと思います。
ありがとうございます!!
今日はわけあって短いコメントですが、また来ます!

投稿: smile | 2010年2月18日 (木) 22時52分

タマティーさん、こんばんは。
小冊子が届きました!ありがとうございます!!
私を選んでくれて、本当にありがとうございます!うれしくて主人に自慢しちゃいましたv(^-^)v
主人にはいつもブログのこと話してるので。
まだざっと目を通しただけですが、文字がびっしり並んでいて、すごく丁寧に折って揃えてホチキスされてて、ビニール袋にまで入れられてて感心しました。
大変な手間がかかってたんですね。すごく感激です。
心して読みますね!
楽しみです。わくわくheart04

投稿: よっこりん | 2010年2月19日 (金) 03時41分

 フラワーさん、コメント有難うございます!happy01

 そういう旦那さんの用心深さは必要ですよ。
 タマティーも滅多なことでは教えないですもん。
 今回の募集は飽くまでもタマティーのことを信用してくれたからこそ、応募して来てくれただけであって、そうでなければ応募してこないでしょう。

 ブログ嫌いに関してもタマティーも以前はそうでした。
 でも、真鍋かをりのブログの本を読んだら、彼女なりにちゃんとした意見を述べていたので、それからブログは好きになりました。
 そういう切っ掛けがないと、ブログ嫌いはそのままでしょうね。
 
 そんなんであんなり気にしないことですよ。
 旦那さんも旦那さんなりに何か考えがあるのでしょう。
 小冊子にしても、特別なことが書かれているけど、『幸せ色の出産ラブストーリー』を読んでいれば、充分に解りますよ。

heart04 happy01 heart04 happy01 heart04 happy01 heart04

投稿: タマティー | 2010年2月19日 (金) 06時25分

返信ありがとうございます。
残念だ~とばかり思っていたのですが、夫には夫の考えがあるのでしょうね。
タマティーさんのブログを読み続けたおかげで、お陰様で育児も楽しいし、夫とも仲が良くなりました!
本当にありがとうございます。
新連載も楽しみにしています。

投稿: フラワー | 2010年2月19日 (金) 15時09分

新連載、ありがとうございます。
まだ冊子は届いておりませんが、タマティーさまがこんなに大変な思いをして作って送っていただき、本当にありがとうございます。
タマティーさまを失礼ですが時給うん万としたら一体いくらかかっているのでしょうね。
うちの家宝とします。
楽しみに待ってます。

投稿: ゆきねこ | 2010年2月19日 (金) 15時55分

昨日、ポストに届いてました。ものすごく待ち遠しかったです。
タマティーさんのお陰で私自身とっても変われそうです。結婚をしてから先の人生など考える余裕も無かったですが心にも余裕ができました。タマティーさんが手作りで作って下さった冊子、大事にしていきます。
ブログ復活とっても嬉しいです。タマティーさんのブログを見ると子供との向き合い方、旦那さんの接し方と今まで周りから教えてもらえなかったことタマティーさんのブログから沢山教わりました。まだまだ子育てにおいて未熟なのでこれからも沢山のこと教えて下さい。ブログ楽しみにしてます。

投稿: ミホ | 2010年2月20日 (土) 17時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/496414/33415130

この記事へのトラックバック一覧です: タマティーの一人で反省会 ~小冊子制作編~:

» 江角マキコ 出産 [江角マキコ 出産]
江角マキコ 出産についての情報です。 [続きを読む]

受信: 2010年2月18日 (木) 12時06分

« 敗者復活組、プレゼントの当選者発表! | トップページ | 新連載の予告 »