« 感情ママと冷静ママ | トップページ | 感情ママと感情パパの相性 »

感情パパと冷静パパ

●結婚すると、結婚相手の本性が解って来るもの

 既婚女性たちは、「うちの旦那はどうしてああいう性格なんだろう?」と愚痴を垂れて来るものであるが、結婚以前は決して自分の旦那となるべき彼氏にそういう不満は足れなかった筈だ。結婚すると、恋愛中では解らなかった相手の本性が良く解って来るものなのである。それが結婚したからこそ、距離が縮まり、仲良くなると同時に、相手の欠点も見えてしまっただけのことなのである。

 女性の場合、恋愛中は恋愛に夢中なので、相手のことがよく解っていないものなのである。愛し愛されることに全力を注いでしまうと、相手の性格を見極めるという肝腎な作業をして来ないのだ。愛は人間を感情的にさせてしまうので、どうしても理性の力が弱まってしまものなのである。

 しかし、自分たちの結婚は、結婚に辿りついた恋愛であって、結婚相手の性格の問題は少なくとも結婚そのものを否定するような欠点ではないということのである。自分にとって受け入れがたい欠点があるなら、結婚前に気付くし、自分が気付かなくても周囲の人々が忠告してくれて、その相手との交際を強制的に終了させる筈だ。「誰かと付き合うなら、必ず自分の両親に紹介しろ」と言われるが、これは恋愛の相手を間違えないための重要な防御システムなのである。

 自分の夫の性格に関してぼやく場合、その妻が夫の性格を正しく見て、きちんと受け入れていないことにこそ、本当の問題があるのである。夫の性格の片鱗しか見ていないのに、それを夫の性格の全てだと思い込んでいる妻たちは多いし、また夫の性格がこうだと解っているのに、それを受け入れていない妻たちもまた多いのだ。

 夫の性格は決して複雑なものではないし、受け入れがたいものでものない。夫の性格も妻の性格と同じく、基本的にはたった2つのパターンしかない。様々な男性たちはいるだろうが、基本的には2つのパターンしかなく、しかも結婚できているということは、独身男性のように未熟な男ではないということなのである。自分が夫がどのような性格の持ち主であったとしても、成熟した男性であることには変わりないのだ。

 では、そのたった2つの性格とは何かというと、「感情パパ」と「冷静パパ」の2つのタイプなのである。

●感情パパの基本的性格

 感情パパは、脳を全体的に巧く使ってはいるが、やや右脳優位なために、感情的な男性である。体には筋肉がしっかりとついていて、行動的である。声は大きく、ハキハキとしている。家庭よりも仕事中心に生きる男で、原則として家庭のことは妻に任すタイプである。妻が家庭のことをきちんとやってくれれば、細かいことは何も言ってこない。

 若い時は。体育会系で体を鍛えたか、遊び人として遊び回ったかの2つに1つである。感情的になってしまうので、どのような高学歴を持っていたとしても、それほど頭は良くない。要領がいいので、試験の時などは友達の手助けを借りたりして、高得点を取って来るタイプである。勉強に関心がないと、勉強は全然駄目になってしまい、落ち零れて行くタイプである。

 ナンパや合コンは大好きで、いざ女性と付き合う時、グループ交際から始めるのが特徴的である。デートの際は女性に面白いことをいって笑わせるが、セックスは下手である。女性をベッドまで誘い込むことに長けていても、女性を裸にしてしまうと急速に性欲が萎えるタイプなのである。

 結婚して大きく変わるのは感情パパの最大の特徴で、独身時代は遊びまくっていたのに、結婚してしまうと途端に性根を入れ替え、良き父親になる。妻子を養うために一生懸命になって働くので仕事中心になってしまうが、家族を何よりも大事にする父親なのである。

 基本的に組織の中で大活躍するタイプのなので、社長になったり、経営管理者になったりすれば大いにその能力を発揮して来る。しかし、個人戦には弱く、自営業などでは不利な立場に置かれてしまう。自営業を遣る場合は、決して一人でやろうとせず、必ず妻を巻き込んで来て、サポート役に変えてしまわないと、成功することがない。

●冷静パパの基本的性格

 冷静パパは、脳の使っている部分が偏りがちであり、やや左脳優位である。そのために感情的になることが苦手で、物事を論理的に進めて行ってしまうのである。体は引き締まった傾向にあり、論理的に理解しないと行動して来ない。声は小さく、ブラックユーモアを言って来る傾向にある。仕事と家庭はきっちりと分けるタイプで、職場では精力的に働くが、帰宅しても妻の家事や育児に注文をつけて来るのが特徴である。

 若い時は個人競技で体を鍛えたか、個人的な趣味の世界に没頭したタイプである。論理的に物事を考えて来るのであって、高学歴なら非常に頭がいいし、低学歴であったとしてもその低学歴のギャップを感じさせないほど、非常に頭が良い。その反面、論理的なものでないと、一切受け付けず、救いようのない頑固者となる。

 ナンパや合コンは嫌いで、女性をレディーとして扱い、いざ恋愛を開始する時、1対1のデートから始めるパターンである。デートコースの選び方やデート中の進め方は巧くないが、セックスに関しては、その方面に興味があるなら有り得ないほど巧い傾向にある。釣った魚には餌をやり続けるタイプで、一人の女性とじっくりと長い交際をする傾向にある。

 結婚しても独身時代の頃と余り変わらないのが、冷静パパの特徴である。結婚は出来て当たり前と思っているので、冷静沈着になって自分が望む家庭を作り上げて行こうとする。家計を妻に任しっぱなしにするタイプではないので、自分の稼いだお金は自分の物と思っており、最低限の生活費を妻に渡す傾向にある。そのため妻が夫の家計運営をしっかりと監視しておかないと、いつまで経っても資産が貯まらないという事態になってしまうのだ。

 基本的には個人戦が得意なので、自営業や小規模な会社の社長に納まるタイプである。大きな組織に入ってしまうと、技術系の職についてしまい、技術屋としては優秀であるが、いざその者に経営を任してしまうと、途端に無能なことを遣り出してしまうのだ。この手の人材をトップに迎える時は、職場を転々とさせ、大局眼を養わせておかないといけない。論理的に正しい意見であったとしても、実践不可能な意見や実践すれば必ず失敗する意見というものもあるのである。

●夫の性格を変えようとするな

 男性の性格には2つのパターンしかないのだから、自分の夫の性格はその内のどちらかである。感情パパか冷静パパである。感情パパが良くて、冷静パパが悪い訳でもないし、感情パパが悪くて、冷静パパが良い訳でもないのだ。それぞれ脳が左右のどちらかに優位したかで、性格がまるで違ったものになってしまうのである。

 女性は結婚すると、一度は必ず夫の性格を変えようと試みるものだ。しかし、妻がどんなに夫の性格を変えようとしても、性格は変わらないのである。夫の脳はその性格になるように育って来たのであって、妻ができることは夫の性格をまずは受け入れることなのである。

 勿論、結婚生活を運営して行く上で、絶対にやめてほしい癖などがあるなら、それは夫に頼み込んでやめて貰えばいい。例えば、子供が喘息で苦しんでいるというのに、夫がタバコを吸っていたのなら、幾ら治療しても治らないからだ。変えていいのは、自分や子供たちに有害となる行為だけであって、夫の性格に関しては絶対に変えてはならいし、変えようとしてはならないのだ。自分が幾らやっても変わるものではないのだ。

 変えるべきは、自分の方なのである。自分の対応を変えればいいだけなのである。感情パパの場合、感情的になるので、その感情を巧く発散させると同時に、自分が論理不足を補ってあげればいいのだ。感情パパの感情を下手に押さえ込むと、感情パパは非常なストレスを感じてしまい、酒やギャンブルにのめり込んだり、浮気して家に帰らなくなったり、或る日突然に蒸発したり、オカマになったりするのだ。

 冷静パパの場合、論理的に話を展開して来るので、その論理を巧く展開させてあげると同時に、自分が感情の不足を補ってあげればいいのだ。冷静パパの論理を下手に押さえ込もうとすると、冷静パパは屁理屈を捏ねて、妻の意見を徹底的に粉砕して来るので、自分が口喧嘩で負けてしまうし、たとえ勝っても自分の方が論理的に間違っている勝ち方をしてしまい、非常に後味が悪くなるのだ。

 結婚して3年以内に、必ずこの試練が遣って来るものなのである。その試練は自分たちの結婚を成功させるための大事な試練であって、既婚女性同士が集まって、夫の悪口を言ってストレスを発散しないことだ。この試練を乗り越えることができなければ、次のステージには上がれないのである。自分たちの結婚をレベルアップさせるためには、夫の性格を受け入れ、自分の対応を変えればいいのである。たったそれだけのことをするだけで、結婚生活はバラ色になってしまうのである。

 iPhone Accessories/エレコム: Ipod 4th Nano用スターティングセット: Avd-ssta4ncrd#クリアレッド# iPhone Accessories/エレコム: Ipod 4th Nano用スターティングセット: Avd-ssta4ncrd(クリアレッド)
販売元:HMVジャパン
HMVジャパンで詳細を確認する

 "【COACH】 POPPY OP ART GLAM TOTE"
販売元:BuyMa(バイマ)
BuyMa(バイマ)で詳細を確認する
 オーストリッチ ハートパース オーストリッチ ハートパース
販売元:QVCジャパン
QVCジャパンで詳細を確認する

|

« 感情ママと冷静ママ | トップページ | 感情ママと感情パパの相性 »

妊娠」カテゴリの記事

子育て」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

結婚」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

タマティーさん、返信ありがとうございました。
いつもタマティーさんの叱咤激励が私の励みになります。
新連載もしっかり読ませていただきます。

我が家は感情パパですね。
やはりタマティーさんのおっしゃるとおり、
恋愛中にはみえなかったところが見えてきてがっかりしてしまったりしたことがありました。当然のことなんですよね。
主人はわが道を行くタイプ。
言ったところで変わらないのはわかっていますので
そんなときは主人のいいところをとにかく考えて、
この部分は、まいっかと思うようにしていました。
その部分だけにとらわれてしまうと悶々としてしまうので。。

旦那さんの愚痴で盛り上がるって光景がよくありますが
あまり見てて感じのいいものじゃありませんね。
そんなふうになりたくないなーと思っていました。
「お父さん」は一番偉い人。
私自身、母から父の愚痴は聞いたことがなく
そうやって教えられてきました。
自分の子供にもそうしていくつもりです。
お父さんを大事にしない子にはさせまいと、
それだけは子供を授かったときに強く思ったのです。

タマティーさんのお話でいろいろ考えさせられるので
これからもっと成長していける気がします。
がんばりますhappy01

投稿: みぃ | 2010年2月24日 (水) 11時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/496414/33344318

この記事へのトラックバック一覧です: 感情パパと冷静パパ:

» 感情パパと冷静パパ [浮気]
[続きを読む]

受信: 2010年2月24日 (水) 06時48分

» 格安の引越し会社〜一人暮らしの引越しプラン [一人暮らしの引越しは段取りや準備など天心ではとても大変。引越し価格を格安に抑えるコツや手順引越し会社への支払い料金]
一人暮らしの学生や単身者は家族持ちやファミリーの引越しと違って、 仕事が忙しく引越し準備に時間が取れないというデメリット [続きを読む]

受信: 2010年2月24日 (水) 15時33分

» 幸せな結婚を掴むたった3つのシンプルな方法とは! [婚活・コンカツ・結婚活動]
あなたは 「幸せになりたい!」 「大好きな彼と結婚したい!」 「理想の男性に出会いたい!」 といったお悩みはありませんか? [続きを読む]

受信: 2010年3月 8日 (月) 12時01分

« 感情ママと冷静ママ | トップページ | 感情ママと感情パパの相性 »