« 冷静ママの子育て | トップページ | ウィークエンドエッセイ『日本がオリンピックでメダルラッシュをするための戦略』 »

病院と助産院での出産の違い

●新米ママを悩ます出産場所

 妊婦生活や出産は、出産場所でその良し悪しの大半が決まるものである。妊娠は健康な赤ちゃんを安産と言う形で生むためにその生活があるわけだし、出産はそれを実践するための最重要の時間えあるわけである。どんな妊産婦でも健康な赤ちゃんを安産で産めば、その妊婦生活や安産は大成功なのである。

 それなのに出産場所を厳しくチェックする新米ママは非常に少ない。初めての妊娠であるなら、妊娠や出産に対して無知であるがゆえに、明らかに自分が悲惨となってしまう場所を選んでしまうのだ。妊娠は病気ではない。出産も病気ではない。それなのに平気で病院に訪れ、そこで生もうと即断即決で決断していまうのである。それが自分の妊婦生活や出産に悲劇をもたらすことになるのである。

 医者が妊娠や出産に手を出してから、妊娠や出産に関するトラブルは続出するようになった。これは当たり前のことなのである。医者は人間を見れば病人だと思い込むような人たちであるので、如何に健康な妊婦でも医者の手にかかれば、入院させられてしまうのである。入院中は運動できないから、当然に運動不足になり、胎児に充分な血液が送られないので、早産だの難産だの流産などを引き起こして来るのである。

 少子化を引き起こした直接の原因は、産婦人科の医者たちの粗悪な医療であると断定しても構わないだろう。本来、妊娠や出産は健康な体だからこそできるのであり、医者が手を出すべき分野ではないのだ。だから、まともな治療を行わないし、夜間勤務が嫌だからといって陣痛を起こしている妊婦の受け入れを拒否したりするのだ。大体、出産というのは夜中に行われるものになのに。

 矢張り出産は何度か経験して、やっと自分が納得できる出産ができるものなのである。1回目の出産は健康な赤ちゃんを生めればそれでいいのであって、次回からは自分が納得できる出産場所を探すことである。妊娠期間は10ヵ月あるのだから、自分が「ここで生みたい!」と思える場所を探す時間を多く費やすべきなのである。

●病院は冷静型

 健康な女性は病院には行ったことがないために、病院の実情というものを知らない。妊娠して産婦人科に行くことで、初めて医者と接触する女性たちも多いことであろう。現代の日本の病院は、国民健康保険制度で手厚く保護されてしまい、医者たちは裕福であるが、医療そのものは競争力を喪失し、先進国の中でも質の低い医療が行われているのである。

 妊婦にとって最も恐るべきは、医者たちの大半は世襲によって医者になっているということなのである。医学教育には莫大なお金を必要とするために、裕福な医者の息子が医者になるという状況になっているのだ。このために我儘なお坊っちゃまたちが非常に多いのだ。

 医者の多くは長男であるがために、感情型の人間と育つべきなのだが、現代の医学は高度な医学的知識を必要としているので、どうしても冷静型の人間に変わらざるを得なくなってしまうのである。そのため人格的に大いに問題のある人物となってしまい、産婦人科の医者なのに、どこか冷たく、感情ママにとっては最悪の場所になってしまうのである。

 産婦人科の医者の中でも成功しているのは、感情型の医者である。感情ママたちこそ母親らしい母親なので、妊娠や出産を担当する者は、本来、感情型の人間を回すべきなのである。その病院に行って、殺風景ではなく温かい雰囲気の内装になっていて、子供向けのオモチャや絵本をきちんと整えているかをチェックすることだ。これを見るだけでも、その医者が産婦人科医として向いているのか不向きなのか解るものなのだ。

 しかし、産婦人科医で成功している医者は、感情型の人間であるために、本を書かせると論理的な文章になっていないので、非常に程度の低いことをやっているのではないかと思ってしまうのだ。医学書を纏めるためには、冷静型の人間の力がどうしても必要となって来るのである。

 病院で出産する際、気をつけるべきは、冷静ママたちである。冷静ママにとっては、医者が妊娠や出産のことを論理的に話してくれるために好意を持ってしまうのだが、妊娠や出産では医学的知識よりも先祖伝来の知恵の方が役に立つものなのである。美辞麗句に騙されて「論理のドツボ」に嵌ってしまい、医者のいうことを全てきちんと聞いたのに、妊娠や出産で失敗してしまったという事態が起こってしまうのである。

●助産院は感情型

 医者たちに比べて、助産婦には感情型の女性が多い。しかも妊娠と出産の業務に特化しているので、頭が悪くても充分に対応できるのである。出産経験者に助産院で出産して良かったという女性たちが非常に多いのは、助産婦が感情型の女性たちだからであろう。妊娠や出産は全ての女性たち向けに作るべきではなく、感情型の女性向けに作るべきなのである、それができていれば、冷静ママに対してもきちんと対応できるからだ。

 助産院だと妊婦に多少の問題があっても入院させず、自宅で家事をするように勧告するものだ。誰でも自宅の方が安心できるために、多少の問題があっても自宅に居た方が、自律神経が整い、安全な形で出産することができるようになるのである。医学的理論を言えば自律神経云々にならざるを得ないのだが、出来のいい助産婦たちほど理屈抜きで自宅に帰してしまうのである。妊婦に下手に頭を使わせると、逆に良くない結果が出て来ると経験則で解っているからなのである。

 陣痛というのは大抵が昼過ぎに始まり、子宮口が充分に開いた所を見計らって出産を行えば、短時間で終えることができる。子宮口がどのような時間で開くのかを見極めるのが、助産婦の腕の見せどころであって、これができれば安産に持ち込むことができるのである。助産行為は知識よりも経験とか勘が優先するものなのである。

 助産婦の欠点としては、感情型の人間であるがゆえに、助産婦で出来のいい学術書を書く人がいないのである。それができるだけの能力がないために、どうしても助産婦の評価が低くなってしまうのだ。妊産婦は千差万別であるがゆえに、西洋医学のように平等観に立脚して妊娠や出産では画一的にこうすべしとはいかないものなのである。

 この辺りは冷静ママにとっては不満の種になってしまうのだが、妊娠や出産に関して最低限の知識を持つべきだが、余り深く追求しない方がいい。医者になるような膨大な知識を持っていても、実際の出産現場では何にも役に立たないからだ。それよりも助産婦に話を聞いたり、その助産院で出産した女性たちに話を聞いて、耳学問で妊娠や出産の知識を溜め込んでいけばいいのだ。

●医者中心と妊産婦中心の違い

 病院でも助産院でも出産したくなく、自宅出産をしたいと言い出すのは、大抵が冷静ママたちだ。冷静ママは何かしら拘りを持っているので、その拘りを実現するためには、病院でもなく助産院でもなく自宅でということになるのだ。冷静ママにとっては自宅が最も安心できる場所なので、自宅が大きければ自宅で出産すべきなのである。

 自宅出産では自分の夫に最大の負担がかかるために、事前にきちんと説明しておくと同時に、出産時は感情的になって罵倒したりしないことだ。夫といえども初体験なので、解らないことだらけなのである。そして無事に出産が終わったら、夫に感謝の言葉をきちんとかけておくことだ。

 妊娠や出産に関して、計画や準備や段取りに30%のエネルギーを使い、実行に70%のエネルギーを使うと、最大の効果を得ることができるようになる。最初の妊娠だと計画や準備や段取りに余りエネルギーを注がないのだ。そのために多くの新米ママたちが悲惨な目に遭ってしまうのである。

 1度目は大抵の妊産婦がそんなものなので、2度目からは計画や準備や段取りにかけるエネルギー量を増やすことだ。病院と助産院を比べてみれば、病院は医者中心になっているし、助産院は妊産婦中心になっているのが解る筈だ。そうであるなら妊娠に何かしらの問題を抱えた時は病院に行くべきだし、そうでないのなら助産院に行くべきなのである。

 自分が納得しうる出産を行うためには、病院や助産院の情報を多く調べるしかないのである。その時間を費やさず、テレビを見て時間を無駄にしてしまっているからこそ、出産時に最悪の結果となって出て来てしまうのである。出産というのは赤ちゃんを産めばいいというものではないのだ。自分が感動できる出産をすれば、その後の育児が楽しくなるものなのである。

Portrait.Of.Pirates ワンピースシリーズNEO-DX クロコダイル Toy Portrait.Of.Pirates ワンピースシリーズNEO-DX クロコダイル

販売元:メガハウス
発売日:2010/06/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 "☆KIRRILYjOHNSTON/Undergrowth Reather Pant☆"
販売元:BuyMa(バイマ)
BuyMa(バイマ)で詳細を確認する

 fcukジャンプスーツ☆  fcukジャンプスーツ☆ 
販売元:BuyMa(バイマ)
BuyMa(バイマ)で詳細を確認する

|

« 冷静ママの子育て | トップページ | ウィークエンドエッセイ『日本がオリンピックでメダルラッシュをするための戦略』 »

妊娠」カテゴリの記事

子育て」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

結婚」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

タマティーさん、こんにちは。

2ヶ月ほど前から子作りを始めました。
主人は一度で授かるものだと思っており、次の日にはもう赤ちゃんが出来た気分で、出産する産院まで決めてくれました。どうして大病院ではなくて助産院なのか不思議だったのですが、タマティーさんの記事を拝見して、主人の選択は正しいと気づきました。素晴らしい記事をありがとうございます!

ただ、夫婦ともども、一度で授かると思っていたのになぜか授からず、焦り出しております。二人とも原因を分析するのが好きな性質なので。。。
家での料理は自然食で二人とも超健康、夫婦関係は亭主関白タイプなので、ピンとくる原因が見つからず、困っております。
作ろうとすると出来ないということを聞いたことがありますが、主人はこのごろ作る気満々ですので、これがいけないのでしょうか・・・。何かアドバイスをいただけると嬉しく存じます。

投稿: うさこ | 2010年3月12日 (金) 14時16分

タマティーさんこんばんは。ちょうど助産院のことを調べていたところでした。
私はタマティーさんの記事にもあります通り、娘の出産の際病院でお産し、散々な目に会いました。
二人目を考えていたので、今回は是非助産院か自宅出産でと考えています。
現在住んでいる所だと電車でなんとか通えそうな所に1件あります。しかし実家の近くには全くなく、一番近い所で車で2時間です。
今住んでいる所で産むとなると、娘を見てくれる人もいないし、実家の母も来れないと言われました。
里帰りすれば娘も寂しくありませんが、病院でのお産になります。
旦那は休みも取れないので、自宅出産は無理と言われました。
産後はすぐに動いてもいいものなのでしょうか。
後全く関係ない質問で申し訳ないのですが、最近小児用の肺炎球菌ワクチンが接種できるとのことですが、まだ情報が少なく、娘に受けさせるか迷っています。タマティーさんは医療にもお詳しいようですので、ご存知のことがありましたら教えていただきたく思います。どうかよろしくお願いいたします。

投稿: フラワー | 2010年3月12日 (金) 20時29分

 うさこさん、初コメントイ有難うございます!happy01

 自然食を食べ、健康体で、せっせと子作りに励んでいる。
 妊娠もしていないのに、助産院に行って、出産場所を決めてしまう。
 それでどうして妊娠できないのですかって?

 それは考え方が根本的に間違っているからです!

 赤ちゃんは作るものではなく、授かるものです。
 神様がこの女性になら赤ちゃんを授けても大丈夫だろうと決断してくれるからこそ、自分たち夫婦のもとに遣って来るのなんです。
 旦那さんが子作りに一生懸命になっているからといって、それに自分も同調するのではなく、もっと謙虚になって、心を大らかにすることです。
 うさこさんは旦那さんの激しい力に流されているだけであって、それを巧く対処することも、巧く受け入れることもしていないだけです。
 子供を欲しいからといって心を頑なにしてしまうのではなく、素直になって心を開くことです。
 そうすれば今まで見えなかった物を見えて来るようになります。、

 うさこさんは原因を詮索するのが好きそうなので、どうして子作りに頑張ってしまうと逆に妊娠できなくなるか、その理由を教えておきます。
 人間には自律神経があって、日中は交感神経が優位し、日没後は副交感神経が優位します。副交感神経が優位した状態でセックスをすると、妊娠する確率が非常に高くなります。
 しかし、子作りに頑張ってしまうと、体が緊張してしまい、交感神経が優位になって、妊娠しずらくなるんです。
 そこで旦那さんの荒だった気を和らげるために、「シャンパン」を飲まして、気を穏やかにさせることです。シャンパンには男性ホルモンを活性化する作用を持ちますので、妊娠する確率をより高めることができます。
 シャンパンを飲む時はオツマミにナチュラルチーズを食べると、お酒の害を最小限に抑えることができます。

 子作りを始めたのは恐らく正月なのでしょうが、女性の体は冬に毒素を溜め込んでしまうために、春の山菜などを食べてその毒素を吐き出してしまうことです。
 その毒素が邪魔して妊娠ができなくなってしまうんです。
 夫婦で山菜取りに行って「フキノトウ」「ゼンマイ」「ワラビ」などを取って来きて、それを食べることです。
 特にフキノトウは良く効き、通常の小さいものを取るのではなく、塔が立った大きな物を食べることです。普通は敬遠されるのですが、こちらの方が苦いので、その苦味成分がより多くの毒素を出してくれるんです。
 フキノトウは天麩羅にすると、苦味を抑えて、美味しく食べられるようになります。

 赤ちゃんが欲しいのなら、頑張らないこと!
 まずは夫婦の生活を楽しむことですよ!

投稿: タマティー | 2010年3月13日 (土) 06時51分

 フラワーさん、状況が状況だけに、旦那さんに産休を取って貰えないのかな?
 自宅出産が無理というのは解るけど、産休が取れないほど、忙しい仕事ではないと思うんですが。
 娘さんを旦那さんに預けて、泊りがけの出産にした方がいいです。
 陣痛を起こしている状態で、電車で行くのは、ちょいキツイですよ。陣痛を起こした時は、自動車で行った方がいいです。

 旦那さんの産休が取れないようであるなら、実家に戻って娘さんを預け、実家から近くの所でするのではなく、どこかいい助産院を探して、そこですればいいんです。
 もしも病院でするなら、小さな病院の方がいいです。
 その時は冷静になって医者や看護婦たちの顔や対応をしっかりと見ることです。それだけでこの病院がどんな病院なのか解りますよ。

 今の段階では選択肢は固定してしまわないで、色々な選択肢を考えた方がいいです。
 とにかく色んな人と話してみることです。
 それをやっていると意外といい情報を貰えたりするんです。

 それと肺炎のための予防接種は不要です。
 というか肺炎は伝染病ではないので、それを実施している意味が解らないです。
 多分、医者たちの金儲けです。この手のものは無視しておくことです。
 子供を病気に罹らせないためには、とにかく外で遊ばせること!
 これに尽きます。

投稿: タマティー | 2010年3月13日 (土) 06時54分

お返事ありがとうございます。
旦那は現在施設の寮長という立場で、しかも結婚している職員は子どもがいる人は誰もいないらしく、休みを取るのは気まずいらしいです。
やはり実家でのお産になるかと思いますが、タマティーさんの仰るように、いろいろな選択肢から選べるように今のうちにしっかり調べたいと思います。
しかし助産院は少ないです。
私の住んでいる市には1つもなく、実家に至っては県内に3件しかありません。
調べれば調べる程助産院の良さが分かるだけに、残念です。
ワクチンの件も受けさせないで、たくさん外で遊ばせたいと思います。
元気の塊のような娘に負けないよう頑張ります!
今回も丁寧なお返事いただき、本当にありがとうございました。

投稿: フラワー | 2010年3月13日 (土) 20時35分

助産院か病院かどっちがいいとゆうのはないと思います。異常があれば病院の方が早く発見できるし対応も出来ます。結果が全てであって必ず助産院で産みたい!って頑なに決めるのは冷静ママに多いのかもしれませんが疑問です。私は3人目の時に上二人の出産パターンをしってる先生のほうが安心だと思いお任せしました。もちろん先生を信頼しているからです。個人病院ですから先生が変わる事はないので安心だしそこはこだわりますけど。病院だと産まされてるみたいだとか言いますけど産むのは自分ですよ。替わりに誰か頑張ってくれるわけではないんですよ。あまり本に書いてあることに洗脳されないで臨機応変にすることが安産の一歩だと思います。楽に産めたらラッキーくらいで母子共に無事に終えたならそれが安産ですよ。
だけど出産でどのように感じながら産んだかが重要です!そのあとの子育てにそのまま反映されます。これは3人産んで分かったことですから是非静かに感謝の気持ちで産みましょう。

投稿: さえ | 2010年3月15日 (月) 19時27分

 さえさん、コメント有難ううございます!happy01
 さすがは3人赤ちゃんを生んでいると、出産のなんたるかが解っているようです。
 臨機応変にすることこそ、安産の第一歩ですよね。

 実は今回の記事は、病院と助産院の双方の長所と欠点を述べ、その上で感情ママと冷静ママがどのように判断すればいいのか述べたつもりなんですけど、ちょい舌足らずでした。
 最近、「春眠暁を覚えず」の状況にあるので、寝坊してしまうので、朝起きたら大急ぎで書いているんですよ。そのため、記事の質がイマイチ上がらないみたいです。
 どうしても病院の出産は、大病院での出産のことを考えてしまうので、大病院と個人医院では違いますからね。
 さえさんの場合、個人医院で信用のおける医者と巡り会えたからこそ、良いお産が出来た訳です。
 妊婦の場合、如何に信用のおける医者と巡り会えるかが、本当に大切だと思います。

投稿: タマティー | 2010年3月16日 (火) 05時58分

タマティーさん、
お返事ありがとうございます!
なるほど、春の山菜を食べて、毒素を排出することにします。

あと、わたしもうすうすと、考え方を変えなくてはと思っていたところでした。でも、欲しいという気持ちを持ちつつ、子作りを頑張らないことって、難しいですよね・・・・・。年齢的にも焦ってしまうので。
もっと謙虚になれるように、タマティーさんの過去の記事を読んで、心を落ち着けたいと思います。
なお、主人はとても頑張り屋さんなので、作ると言ったら「作る」という姿勢なのですが(親孝行しなくてはという義務感があるようです)、わたしだけ「授かるものだから頑張らない」という考えになればよいのでしょうか。それとも、主人にもそうなってもらえるように仕向ける必要があるのでしょうか。それも難しくて困っているので、よろしかったらアドバイスをいただけると大変嬉しく存じます。
(ちなみに、お酒は一切飲めない人です)

投稿: うさこ | 2010年3月16日 (火) 09時22分

 考え方を変えるのはうさこさんの方であって、旦那さんの方ではないんです。
 「子作り」というのは男性が考えることであって、女性は「子宝を授かる」という考え方をするんです。
 うさこさんのコメントの文面からは、うさこさんの夫婦がラブラブなのが伝わって来るのですが、そのような関係は恋愛中は良いけれども、結婚してしまうとそれでは無理なんです。
 結婚すれば、妻の方が主導権を握って、赤ちゃんが生まれて来るような環境を作らなければならないんです。
 恋愛中は男性がリードし、女性が男性の考えに同調することは素晴らしいことです。
 しかし、結婚してしまえば、妻としての考え方をしっかりと持ち、妻としてやるべきことをしっかりとするべきなんです。

 旦那さんは亭主関白のようですが、恐らくうさこさんが家事をきちんとやっていないからこそ、仕事で疲れて帰って来ても、家の事にとやかく言わなければならなくなっているんだと思います。
 うさこさんの料理がイマイチだとか、掃除が行き届いていないとか、そういうことを妻からされると、夫はどうしても口うるさくなるものです。
 夫婦にはそれぞれの形があるから、亭主関白のような夫もいてもいいのですが、しかし男子たる者、家庭でそれだけのエネルギーを使うくらいなら、仕事でそのエネルギーを使えと言いたくなります。
 多分、旦那さんは仕事に全力を投入できていないんじゃないかな?
 夫が心おきなく仕事に打ち込めるようにしてあげるのは、妻の大事な役目ですよ。

 お酒が飲めないとは、完璧な下戸のようですね。
 タマティーもお酒が殆ど飲めないので、本当に良かったです。非常に共感が持てます。
 お酒が飲めないなら、料理にニンニクや生姜を多目に使って、炒め物でも作ることです。これを食べると旦那さんのチンチンが活性化します。
 自律神経を活性化するためには、とにかく早起きをすることです!
 午前中にテキパキと家事をこなしてしまうことです。
 夜には風呂に入って体を温めることです。
 そうすれば副交感神経にシフトしてくれて、妊娠し易い体になります。
 それと晴れた日の日曜日などに、夫婦で動物園などにでかけてみることです。日曜日の動物園には家族連れで賑わっているので、「自分たち夫婦に赤ちゃんが生まれたら、赤ちゃんを連れて動物園に来ようね」などと想像したりすると、非常に赤ちゃんが出来やすくなるんです。
 ちなみに、大人になってから真面目に動物園を見てみると、意外と面白いですよ。

投稿: タマティー | 2010年3月17日 (水) 05時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/496414/33708532

この記事へのトラックバック一覧です: 病院と助産院での出産の違い:

» ミス・ユニバース・ジャパン 板井麻衣子 の秘密・・ [ミス・ユニバース・ジャパン 板井麻衣子]
ミス・ユニバース・ジャパン 代表は 板井麻衣子に! [続きを読む]

受信: 2010年3月12日 (金) 09時14分

» こーちゃんの話を聞いとくれ [こーちゃんの話を聞いとくれ]
こーちゃんの話を聞いとくれ [続きを読む]

受信: 2010年3月12日 (金) 10時46分

» 国民健康保険・国民年金の大幅削減マニュアル [元祖無知の知]
『国民健康保険料は高すぎる!!』 『国民年金って将来ちゃんともらえるの!?』 こ... [続きを読む]

受信: 2010年3月15日 (月) 17時09分

« 冷静ママの子育て | トップページ | ウィークエンドエッセイ『日本がオリンピックでメダルラッシュをするための戦略』 »