« 夫が妻にして欲しい事があるなら、会話をしてからにすべし | トップページ | 夫婦の会話を前進させるための会話テクニック »

夫婦喧嘩を起こさないための会話の仕方

●主要話題を1つに絞る

 結婚してから夫婦が会話してとしても平等の量を話すことはない。夫婦は対等な立場で話し合ったとしても、必ず不平等が生じるのが夫婦の鉄則なのだ。大体、どの夫婦でも夫は会話量の2割か3割しか話していないのに、妻は7割や8割を話すというのがお決まりのパターンなのだ。

 女性脳は男性脳に比べて言語能力が遥かに上回っているために、妻の方がベラベラと喋りまくるのだ。妻は会話の主導権を握り、自分が喋りたいことを話すと同時に、夫は聞き役に回り、必要最低限以上の事は話すというのが、夫婦円満の秘訣なのだ。夫が妻の喋る量よりも上回ってしまえば、途端に妻はストレスを感じてしまうし、その夫の話ですら無駄の多い、要領を得ていないものになってしまうのだ。

 夫婦の会話が夫婦喧嘩に悪化してしまう最大の要因が、夫が会話の主導権を握って、妻が喋りたいことを喋れないということなのである。夫は仕事で疲れている以上、家庭内の会話の主導権を握って、ベラベラと喋る必要性はないのだ。そんなエネルギーがあるなら仕事で使うべきであって、家庭内では妻に会話の主導権を与えてしまえばいいのだ。

 但し、妻が会話の主導権を握って絶対にやってはならないのが、会話の主題をあちこち変えてしまうことだ。女性同士の会話ならこれでよくても、夫婦の会話でこれをやってしまうと、夫は頭を混乱させ、会話をしようとしなくなってしまうのだ。男性脳は幾つもの話題を展開できるようにはできていないのだ。夫婦で会話する時は話題を1つに絞り、その話を面白可笑しく進めていけばいいのだ。

 夫婦の会話量が減少してしまったというのなら、それは夫の愛情が冷めたからではなく、妻の方の会話の仕方に何かしらの問題があると見た方がいい。自分が喋り過ぎて、相手に話す機会を与えていないとか、会話の話題をあちこちと展開してしまい、夫がついてこれなくしてしまえば、夫は会話に乗って来なくなるものなのである。

●感情パパには話の乗りを大切にする

 自分の夫が感情パパの場合、話の乗りを大切にした方がいい。感情パパは乗りのいい話なら幾らでも乗って来るからだ。会話の冒頭に面白い話を持ってくれば、感情パパはその話を面白がって乗って来るものだ。話の掴みさえ巧く行けば、後は話の勢いで会話を進めていけばいいのだ。

 しかし感情パパは深刻な話が苦手なので、重要な話になると、途端に及び腰になってしまうという欠点を持っている。そのため妻にとっては育児や子育てや教育に関する話をしようとしても、夫は身を乗り出して来ないし、会話しても質が低いものしかできず、不満を抱えてしまうことになるののだ。

 感情パパに本腰をいれさせるためには、他の夫婦と競争させる状況に持って行くことだ。他の夫婦と接触することで、自分たち夫婦の遅れが解れば、夫は途端に張り切り出し、積極的に対策を講じて来るようになるからだ。感情パパの持つ潜在的な競争力には凄まじいものがあって、それを巧く活用すれば、妻の方はストレスを抱え込まなくても済むようになるのだ。

 感情パパのジョークというのには、下らないジョークが非常に多い。それが好きという妻なら問題はないのだが、その下らないジョークを毛嫌いする妻にとっては、この手のジョークは頂けないものなのだ。その下らないジョークを言って来る度に、会話の質が低下してしまい、レベルの高い会話をすることができなくなるのだ。

 感情パパの下らないジョークを防止させるには、会話のテンポをよくしてその下らないジョークが出て来ることを封殺するか、大勢がいるパーティーなどに出て、その下らないジョークが如何に失笑を買っているかということを恥晒しにさせることで解らせることだ。妻にとっては夫の下らないジョークを耳にするたびにストレスを溜め込んでしまい、それが夫婦喧嘩の原因になってしまうのだ。

●冷静パパには論理的に話す

 冷静パパは夫婦とじっくりとした会話をしたい傾向にあるので、そもそも頭の悪い女性とは結婚しない。学校の成績に於ける頭の良し悪しではなく、人間が生きていく上での頭の良し悪しに於いて、頭のいい女性が妻になる傾向が高いのだ。冷静パパが相手だと、会話の知的レベルは一気にあがるものなのである。

 冷静パパには論理的に話すことだ。無駄な言葉を削って、重要なことだけを話すと、夫は馬の話に耳を傾けるものだ。夫は妻が論理的なことを言ってこないのなら、その話は重要ではないと認定してしまうので、それで妻の話を聞こうとしなくなってしまうのだ。妻としては如何に論理的な話をしながら、それを面白可笑しく進めていくかが腕の見せ所なのだ。

 冷静パパは感情的な話が苦手である。妻が余りにも感情的に成り過ぎると、夫は拒絶反応を示して来るのだ。自分の感情を感情的になって話すのではなく、その感情を論理的に話せば、夫にその感情が伝わり、夫は妻の気持ちを理解するようになるのだ。冷静ママならこれが巧いのだが、感情ママになるとこれが下手なので、実践の中でどうすれば自分の気持ちを夫に伝えていけばいいのか掴み取って行くことだ。

 冷静パパはブラックユーモアを言って来る傾向がある。会話の場では余りにも予想外の笑いを取って来て、大爆笑を誘うのだ。しかもその笑いが持続してしまい、会話が終わった後も思い出し笑いをしてしまうほど、面白いユーモアを言って来るのだ。自分が大爆笑できたのなら、夫にその面白さを伝えて褒めてあげることだ。

 また冷静パパは論理的に面白い話を展開して来るために、その論理的な話の面白さをきちんと楽しめるようにしておくことだ。この話の面白さは知的レベルの高い会話ができないと出て来ないので、日頃、下らないテレビばかり見ていると、夫が面白い話をしているのに、妻がその話を理解できないという事態になってしまうのだ。そんなことをすれば結婚に於ける楽しみの半分は無駄にしていると同じことなのである。

●会話の肉付け

 男性の話というのは、女性の話と違って、骨が多くて肉が少ないものだ。それに対して女性の話は骨が少なくて肉が多いものだ。そのため夫だけに喋らせておくと、重要な話であっても、それを余りに露骨に展開してしまい、トラブルを発生させてしまうことになるのだ。だからこそ妻による会話の肉付けが必要であって、夫の話に妻がかなり加味するからこそ、夫婦の会話が潤滑になって行くものなのである。

 夫の意見を採用する時でも、妻は会話に肉付けし、その会話の結論が妻に有利なように誘導することだ。夫としては自分の意見が通っているのだから、妻がそれに何かを付け加えても、余り文句を言わないものだ。夫を意見を否定して、自分の意見だけを通すからこそ、夫は怒り出して来るのである。

 これが夫婦にとって重要な事態に成って来るのは、育児や子育てをしている時であろう。子供が何か悪いことをした場合、夫が子供を叱っているのに、なんのフォローも入れない母親がいるものだが、これは母親として失格なのである。子供の方が父親から叱られて、自分の非が解っている以上、余りにも追い詰めてはならないのだ。こういう時は母親が子供をフォローするというのが母親として当然の態度なのである。増してや夫婦そろって子供を叱っていては、子供にはどこにも居場所がなくなってしまうのだ。

 子供が習い事をしたり、進学先を決めることは、その子供にとってだけでなく、その夫婦にとっても重要な決断の時である。それなのに妻が夫の意見を無視して、進めていくべきではないのだ。夫の意見を無視しているような妻は、子供の意見も無視しているものなのである。妻の意見が一方的に通ってしまえば、夫は育児や子育てに無関心になってしまうし、子供は子供でストレスを抱え込んでしまい、それがいつの日か爆発してしまうものなのである。

 この世には話の結論が正しくても、実際にやってみて間違いだったというのは幾らでもあるのだ。自分が全知全能ではない以上、自分の意見だけを通して行くのは非常に危険なのだ。家族で色々なことを話しながら進めていくしかないのである。大事なことは有益な結果を出すことなのである。会話ばかりして結果を出せなければそれは駄目だし、行動を起こしても最悪の結果になってしまってはそれも駄目なのだ。有益な結果を出すために、自分の意見を通したり、夫の意見を通したり、その意見に肉付けしたり、問題があれば修正して行くのである。

 この観点から見れば、夫婦が会話して夫婦喧嘩を引き起こしてしまっているというのは、最早、目的意識を失ってしまっている証拠なのである。自分が会話の仕方をきちんと学んでいないがために、不要な部分でエネルギーを浪費してしまっているのである。それゆえ、有益な会話の仕方を身に付け、有益な結果を出せるようにしていくことだ。

figma ブラック★ロックシューター Toy figma ブラック★ロックシューター

販売元:Max Factory
発売日:2010/07/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

シュタインズ・ゲート 1巻ドラマCD付き限定版 Book シュタインズ・ゲート 1巻ドラマCD付き限定版

著者:さらちよみ(原作/5pb.×ニトロプラス)
販売元:メディアファクトリー
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 夫が妻にして欲しい事があるなら、会話をしてからにすべし | トップページ | 夫婦の会話を前進させるための会話テクニック »

妊娠」カテゴリの記事

子育て」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

結婚」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

タマティーさま

おはようございます。いつもありがとうございます。
確かに私の話は頭の中ではつながっているのですが飛ぶと言われます。
あと冷静パパなのでブラックユーモアがすごいです。保健所で間違ってギャルが自分の受付にエイズの検査を申請しにきたときに、おとといおいでなさいねー。とつぶやいてしまったそうです。税金がもったいねぇそうで。最近、笑ったギャグ?は山川のやり直し日本史を読んでいて、聖徳太子の絵が実は違っていて削除された~とか、足利尊氏の絵が騎馬武者になってるぅ~。とかいちいちショックを受けていて、それには私も笑ってしまいました。あれって一種の暴露本ですよね。私が受験のために必死に勉強したのは一体…。とはいえその解釈の違いを楽しむことができてそれもいいかなと思います。

投稿: ゆきねこ | 2010年3月31日 (水) 07時10分

 ゆきねこさん、そういう旦那さんの面白い所は褒めてあげよう!happy01
 褒めてくれれば、もっと面白いことを言って来るものですよ。

 それと妊娠予言の続きです。
 妊娠を安全なものにするためには、「豆腐屋さんの豆腐を食べよう!」。
 大豆は女性ホルモンを整えるし、ニガリは羊水を作るために必要なんです。
 豆腐はスーパーで安い物が売っているのですが、それよりも品質の安全性を考えて、豆腐屋さんの豆腐を食べるようにした方がいいです。
 ついでにオカラも買ってきて、便秘対策で食べるのもいいです。

投稿: タマティー | 2010年4月 1日 (木) 06時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/496414/33953922

この記事へのトラックバック一覧です: 夫婦喧嘩を起こさないための会話の仕方:

« 夫が妻にして欲しい事があるなら、会話をしてからにすべし | トップページ | 夫婦の会話を前進させるための会話テクニック »