« 母親の意見と家庭内喧嘩の科学的考察 | トップページ | マスコミに決して流れることのないニュース『バンクーバー五輪観で負傷した日本人男性』 »

結婚したのなら絶対に学ぶべきは「人生の大原則」

●結婚をしたのに「人生の大原則」を知らなければ、成長して行くことができない

 自分が道に迷った時、盲人に道を尋ねようとはしない。自分に解らないことがあった時、白痴の人に物を尋ねようとはしない。盲人に道を聞いても道を知っている訳がないし、白痴の人に物を尋ねてもまともな答えが返って来ることはないからだ。ところが、不思議なことに多くの既婚女性たちは結婚に於いて問題を抱えた時、結婚について正しく知らない人たちに助けを求めてしまうのだ。

 もしも女性に対してなら、結婚に成功し、たくさんの子供たちがいて、今まさに幸せな家庭を築き上げている既婚女性に訊けばいい。それなのに、結婚に失敗した女性や、離婚してしまった女性や、結婚すらしていない女性に訊いたりするのだ。道に迷ったら盲人に尋ねず、解らないことがあるなら白痴の人に物を尋ねない女性でも、いざ結婚で迷ってしまうと、盲人や白痴の人よりも劣る人たちに自分の結婚をどうすべきか訊こうとし出すのである。

 結婚して問題を抱えてしまう女性は、様々な問題を抱えてしまうことだろう。しかし、その様々な問題は、自分が「人生の大原則」を知らないからこそ発生させているのであって、「人生の大原則」を知ってしまえば、全ての問題が雲散霧消して行くことになるのである。結婚して絶対に学ぶべきは「人生の大原則」なのである。

 結婚したのに「人生の大原則」を知らなければ、結婚に於いて成長して行くことができないのである。自分が成長しないからこそ、問題が発生して来て、「そのままではいけませんよ」と警告を発してくれているのだ。問題が起こるたびに、成長することを促されているのに、問題を抱える既婚女性に限って、成長することをして来ないのである。

 自分が成長しない既婚女性に限って、夫のことを罵倒して来るものだ。恰もこれらの問題の全ては夫が引き起こしたかのように言って来るものだ。確かに問題の中には夫が引き越したものもあることだろう。しかし、「あなたは夫に責任転嫁して、それでその問題を解決できましたか?」と訊いてみると、全く問題を解決できていないものなのである。ということは、その問題で責任を負うべきは、「あなた」なのである。

●自分の人生の出来事は、全て自分の心が作り出したもの ~第一原則~

 人生の大原則は決して難しいものではない。言われてみれば、「なんだそういうことなのか!」と思ってしまう程度のものなのである。しかし、これは自分の精神レベルを上げないと、きちんと解ったことにはならないのだ。精神的に独立した人間にしか「人生の大原則」の本当の意味は解って来ないのだ。

 では、人生の大原則は何かというと、「自分の人生の出来事は、全て自分の心が作り出したものだ」ということなのである。これが人生の大原則の第一原則である。あなたがどんなに悲惨だと思う出来事でも、それは他人が引き起こしたものではなく、実は自分の心が作り出したものなのである。

 人間は精神レベルが低いと、どうしても唯物論的考えに立脚してしまう。曰く「相手が悪い」「環境が悪い」「政府が悪い」と、自分のことを棚に上げて、他人の責任ばかり追及してしまうようになるのだ。馬鹿な人たちほどこういことをしてくるが、高学歴を持つ頭のいい女性たちもこういうことをして来るのだ。

 外界にある知識を幾ら掻き集めても、あなたの心は豊かになることはない。寧ろ、多過ぎる知識のために、心が苦しくなってしまうことだろう。外界の知識に重点を置くのではなく、自分の心を拠り所にするのである。それこそが精神的に独立できたということであり、外界の現象に振り回されることなく、前進して行くことができるようになるのである。

 「夫の稼ぎが少ない」「夫が暴力を振るう」「夫が酒乱である」「「子供が病気がちである」「子供が自分の言うことを聞かない」等々の問題があるものだが、こういう問題は夫や子供たちが引き起こしているように見えて、実はその家の妻であり母親である女性の心が引き起こしたものなのだ。

 結婚したのに、自分の夫を否定的に見ていれば、稼ぎが減少して来るのは当たり前だし、夫婦で会話する度に夫の意見を否定していては、夫が暴力を振るったり、酒乱になるのは当たり前のことなのだ。自分の子供をきちんと尊重せず、いつまでも母親の元にいて欲しいと思っているからこそ、病気なったり、反抗して来るのである。

●人は自分が求めた物しか人生に於いて受け取れない ~第二原則~

 「人生の大原則」の第二原則は、「人は自分が求めた物しか、人生に於いて受け取れない」ということである。自分が何も求めていなければ、何も得ることができないのは、当たり前のことなのだ。自分が何かを求めるからこそ、その物を得ることができるようになるのである。

 だから、自分が何を求めているのか、はっきりさせることだ。自分が欲しい物を紙に書き出し、それをいつまでに欲しいのか明確にしておくことだ。この作業をするからこそ、自分が欲しい物は、その期日までに得ることができるようになるのである。結婚しているのだから、夫婦で話し合って、夫婦として一体何が欲しいのか明確にし、期日をきちんと定めておけば、必ずその物を得ることができるようになるのである。

 世の中には貧乏を嘆く夫婦は非常に多い。しかし、貧乏な夫婦に限って、自分たち夫婦が欲しい金額を明確にしていないのである。だからこそ、いつも家計が火の車で、その内、借金で首が回らなくなり、夫が蒸発したり自殺をしてしまうなり、一家離散になってしまったりするのである。

 豪邸に住む夫婦は偶然にその豪邸を手に入れた訳ではないのだ。高級車に乗る夫婦は偶然にその高級車を手にれた訳ではないのだ。自分たち家族が住むためには、こういう豪邸が欲しいと思い描いたからこそ、その豪邸を手に入れることができたのである。高級車を得た過程も、豪邸を手に入れた過程と全く同じことを遣ったのである。

 結婚したのなら、少欲知足など愚かな考えに取りつかれず、貪欲に自分たち夫婦が欲しい物を追い求めて行くべきなのである。夫婦二人が力を合わせれば、簡単に実現できてしまうのである。独身者が不可能なものでも、既婚者なら短期間でやってのけてしまうものなのである。

●心の持ち方次第で出来事を変えることができる ~第三原則~

 「人生の大原則」の第三原則は、「心も持ち方次第で出来事を変えることができる」ということなのである。自分の心の持ち方次第で、自分の人生はバラ色にもなるし、地獄にもなるのだ。客観的事実は1つかも知れないが、それを解釈するのは自分自身なのであって、自分が巧いように解釈してしまえば、人生は常にバラ色で有り続けるのである。

 例えば、リストラで解雇されたり、派遣切りで解雇されたりして、失業者になった場合、自分が失業したことを悔んだり、覇権村で物乞いをしたり、政府に救済を求めているようであるなら、その人の人生は地獄になることであろう。しかし、失業したということは、今までの陳腐の仕事から解放されたということであり、次の仕事を探すなり、自分で起業してしまえば、その人の人生はバラ色になるものなのである。

 例えば、病気になって入院してしまった場合、自分が病気になったことを嘆いたり、政府に治療費を全額負担してくれと叫んでいるようでは、その人の人生は地獄となることであろう。しかし、病気になったことで、その病気のことを勉強できるし、病気を理由に休むことができるし、治療費が出て行くことによって他の余計な出費を抑えることができるのである。そのように考えれば、病気になっても人生はバラ色になるのである。

 客観的事実があるからといって、それをそのまま受け取ることは必要だが、それに縛られることはないのだ。自分の心によって巧いように解釈してしまえば、どのような出来事が訪れてしても、その出来事を自分にとって都合のいいように変えて行くことができるのである。

 ということは、自分が思っていることは、絶対に正しいことではないのだ。自分の心が頑なになってしまえば、自分の心によって出来事を変えて行くことができないから、不幸が連発して来ることになるのである。絶対に正しいのは「人生の大原則」であって、自分の心ではないのだ。

●自分が変わらない限り、自分の現状を変えることができない

 「人生の大原則」が解っていれば、自分をいつでも成長させていくことができるのである。自分が成長し続けていれば、幾らでも幸福が遣って来るのである。幸福だけを追い求めているのに、自分が成長していなければ、幸福を得ることができる訳がないのだ。幸福というのは、自分が成長した結果として得られるものなのである。

 自分が変わらない限り、自分の現状を変えることができない。他人のせいや、環境のせいにしていては、いつまでも不幸は続くものなのである。自分の不幸は自分が作り出してしまったことに、一刻も早く気付くべきなのである。自分が心の中で不幸を望んでいたからこそ、不幸が襲いかかって来てしまったのである。

 夫婦には様々な夫婦がいるものなのである。しかし「人生の大原則」はたった1つしかない。「人生の大原則」に忠実になるからこそ、幸福を幾らでも作り出せるようになるのでる。自分たちの結婚に一本筋が貫かれていなければ、幾らでも結婚が動揺しまくるものなのであり、その内、結婚が破綻してしまうことになるのである。

 既婚女性は赤ちゃんを産んでしまうと、赤ちゃんを育てている内に、自分も幼稚化していまい、結婚した時は精神的独立がなされていたのに、その精神的独立が融解してしまい、独身女性とさして変わらない精神レベルになってしまう危険性があるものなのである。結婚しているのに、精神的独立をしていなければ、幾らでも不幸が発生して来るのは当たり前のことなのである。

 「人生の大原則」が解っていれば、精神的独立を維持できるし、成長して行くことができるようになるのである。結婚生活で如何なることが起ころうとも、成長して行くことを忘れないことだ。自分が成長するからこそ、幸福に包まれるものであって、我が身から幸福が溢れて出してしまえば、夫や子供たちも幸福になって行くものなのである。

機動戦士ガンダムUC#ユニコーン# 1 [Blu-ray] DVD 機動戦士ガンダムUC(ユニコーン) 1 [Blu-ray]

販売元:バンダイビジュアル
発売日:2010/03/12
Amazon.co.jpで詳細を確認する

幸運の印を見つける方法 Book 幸運の印を見つける方法

著者:森田健 山川健一
販売元:幻冬舎
発売日:2010/02/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 うぐいすポット&小鉢セット<!--掲載終了日:2010/05/07--> うぐいすポット&小鉢セット<!--掲載終了日:2010/05/07-->
販売元:ディノス オンラインショップ
ディノス オンラインショップで詳細を確認する

|

« 母親の意見と家庭内喧嘩の科学的考察 | トップページ | マスコミに決して流れることのないニュース『バンクーバー五輪観で負傷した日本人男性』 »

妊娠」カテゴリの記事

子育て」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

結婚」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

  この通り!!!

  一般法則論のブログを読んでください。
     一般法則論者

投稿: 一般法則論者 | 2010年3月 6日 (土) 01時43分

 一般法則論者さん、ブログを読まして頂きました!

 非常に頭の良い方ですね。
 久々に「レベルの高いブログを見たッ!」って感じです。
 この調子で書き続けて下さいね。
 タマティーは応援していますよ。

投稿: タマティー | 2010年3月 6日 (土) 06時22分

こんにちは。最近だめです。主人の嫌な部分ばかり目に付きます。帰りに半額のお弁当やお惣菜を買って自室で食べてゴミを外で捨てていること。子供の些細な失敗をネチネチ叱って泣かせること。TVや明りを点けたまま朝まで寝てしまったり休日も昼間は寝てばかりで夜になると起き出すこと。ゴミを溜め込んで、処分すると怒ること。今までは直視せずにいた主人の嫌いな所が最近目に付いてたまりません。タマティーさん、私は自分をどう改めたら良いでしょうか?

投稿: smile-larch | 2010年3月20日 (土) 12時03分

 smile-larchさん、本当にテレビ中毒患者が自宅にいると恐ろしいもんです。
 自分一人でテレビ中毒に陥って不幸になるのではなく、家族全員を不幸にして行きますからね。
 タマティーの場合、姉がテレビ中毒に罹り、家族中が迷惑したので、姉を自宅から追放しました。
 smile-larchさんは結婚しているので、夫を追放することができないので、アドバイスを与えておきます。
 選択肢その1
 「夫の部屋に手榴弾を投げ込む」
 選択肢その2
 「夫の部屋に塩素ガスを散布する」
 選択肢その3
 「夫の部屋に核地雷を敷設する」
 
 これら3つの選択肢を取らないから、タマティーの言うことを聞きなさい。
 休日は家族そろって、外出すること!
 休日に外出しないからこそ、昼まで寝ているんであって、そんな休日は非常に無駄ですよ。
 それにそういう堕落している姿を見ると、こっちが無性に腹が立つもんですよ。
 旦那さんに事前に休日に外出の予定を組んで貰い、もしも旦那さんが嫌だというのなら、自分と子供たちだけで出かけてしまうことですよ。
 自宅にいれば、トラブルが起こるだけなんだから。
 
 それと赤ちゃんの夜泣き対策をしているかな?
 smile-larchさんも赤ちゃんの夜泣きで大変だろうけど、旦那さんも赤ちゃんの夜泣きで熟睡できないんじゃないかな?
 仕事で疲れて帰って来ても、赤ちゃんの夜泣きで熟睡できないと、疲労が取れないんですよ。
 まず赤ちゃんにボディーマッサージをしてあげることです。
 赤ちゃんが夜泣きをするのは肩が凝っているからで、その凝りをほぐしてあげると、夜泣きが少なくなるし、夜泣きをしてもそれほどひどくなくなるんです。
 夜泣きが止まらない時は、テレビが放送を終了した後の、ザザザーッと流れて来る音を聞かせると、赤ちゃんの夜泣きは泣きやみます。
 それから朝起きたら、旦那さんに「赤ちゃんの夜泣きがうるさくなかった? 睡眠妨害して御免ね」と言って下手に出ておくことです。別に自分が悪いことをやったわけではないけど、こうやって下手に出られると、相手は強い態度は取れなくなってしまうんです。

投稿: タマティー | 2010年3月21日 (日) 06時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/496414/33470012

この記事へのトラックバック一覧です: 結婚したのなら絶対に学ぶべきは「人生の大原則」:

» 結婚したのなら絶対に学ぶべきは「人生の大原則」 [離婚]
[続きを読む]

受信: 2010年3月 5日 (金) 07時33分

» 結婚したのなら絶対に学ぶべきは「人生の大原則」 [離婚]
[続きを読む]

受信: 2010年3月 5日 (金) 08時28分

» 沢尻エリカ たかの友梨ビューティクリニックCMで復帰 [沢尻エリカ たかの友梨CMでついに復帰]
沢尻エリカ たかの友梨ビューティクリニックCMでついに復帰 [続きを読む]

受信: 2010年3月 6日 (土) 02時38分

« 母親の意見と家庭内喧嘩の科学的考察 | トップページ | マスコミに決して流れることのないニュース『バンクーバー五輪観で負傷した日本人男性』 »