« 夫婦の会話を前進させるための会話テクニック | トップページ | ウィークエンドエッセイ『うちの3姉妹のスーちゃんは、なぜ味噌キュウリが好きなのか?』 »

男と女のセックスの違い

●即席セックスと焦燥セックス

 男性脳と女性脳が現実生活に於いて決定的に異なって来るのは、セックス観の違いであろう。独身時代なら異性が違う行動をとっても知らん顔することができても、結婚してしまうとそうはいかなくなる。何しろ毎日顔を合しているのであって、実際の生活でその違いをまざまざと見せつけられてしまうからだ

 男性脳は「恋愛とセックスの分離」を行うことができる。男性の脳は構造上、恋愛を司る機能と、セックスを司る機能が違う部分にあるために、恋愛は恋愛として捉えることができ、セックスはセックスと捉えることができるのだ。だからこそキャバクラにしても、性フーゾク店にしても男性向けに作られているのだ。また痴漢や強姦などの性犯罪をやったりするのも、殆どが男性たちだ。

 女性脳は恋愛とセックスを分離できず、恋愛の過程でセックスを行うことになる。女性が恋愛以外でセックスをしていると、自分の心にネガティブな感情が蓄積されていき、途端に顔が醜くなって来るのだ。女性が恋愛をすると痩せようとするのも、恋愛中枢と食欲中枢が隣接しているからであって、結婚後、余りにも太ってしまうと自分の夫に恋愛感情を持てなくなるので要注意だ。夫は何も変わっていないのだが、妻の体型が余りにも変わり過ぎたことで、妻の脳が恋愛モードにならなくなってしまったからなのである。

 男性にしても女性にしても、栄養バランスを崩すと異常な性行動を取るようになる。この世には淫乱症ではないかと思うくらいに、異常にセックスをしてしまう人々がいるものだが、これは蛋白質を過剰に取り過ぎているためで、脳がセックスをさせることで、過剰なエネルギーを放出させているのだ。意外にも淫乱な人ほど繁殖力が弱く、セックスの回数が多い割には赤ちゃんを生むことがないのだ。これは体が酸化しているためで、非常に妊娠しにくい体になってしまっているのだ。

 栄養バランスが整っているなら、男性は即席セックスをしてくるものだし、女性は焦燥セックスをしてくるものだ。そこに男女の矛盾があるからこそ、恋愛によって様々な会話の遣り取りがあり、距離を縮めて行くことで、男女が互いに納得できる状態でセックスができるようになるのだ。それゆえ、男性の欲望を優先させて早目にセックスをさせていると、その恋愛は破局してしまうものだし、かといって女性の欲望を優先させてなかなかセックスをさせないと、それもまた恋愛を破局させてしまうのだ。こういうのは理屈で学び取るのではなく、実践で学びとって行くしかないのだ。

●オルガズムの違い

 男女がセックスをした場合、最大の違いがオルガズムの違いである。男性は構造上、1回射精すれば充分なのである。それに対して女性は何度もイクことができる。男性が射精するのは女性を妊娠させるためのものであって、女性がオルガズムを感じるのは子宮がその精子を吸い込むためのものなのである。

 男性の性欲は強いものだから、若い時は男性が射精することに重点を置くセックスをするべきである。若い時にそういう男らしいセックスをしておかないと、セックスに関して自信が持てなくなってしまうからだ。若いのならそれでも充分に妊娠させることができるものなのである。

 しかし自分の性欲が治まって来たのなら、女性がオルガズムに行くことを重点に置いたセックスに切り替えるべきなのである。自分がイクことに喜びを見出すセックスをするのではなく、女性を行かせることに喜びを見出すセックスをするようにすべきなのである。そのの転換期は30歳辺りと見ておいた方がいいだろう。、

 結婚したのなら、自分の妻に対して最低でも3回は行かせるようにすることだ。愛撫で1回、性交で1回、後戯で1回行っておけば、妻はセックスに対して満足することだろう。下手にテクニックに走るより着実に行かせる技を身に付け、夫婦で性行為をする時は確実に行かせるようにすることだ。

 毎回同じようなセックスをしていれば、飽きて来るので、たまには強烈なプレイをしたり、遊びを混ぜたプレイをしたりすればいいのだ。そのための投資は決して怠らない方がいい。性愛術のことを真面目に扱っている本を買ってきて読むとか、コスチュームを買ってきて、それを妻に着させた上でやってみるとか、そういう探究心や遊び心が必要なのである。

●セックス後の余韻で女性は男性を判断する

 男性は射精すると、今まで抱いていた女性を突き放したい衝動に駆られるものだ。これは性行為をしている時が最も無防備になるので、射精すれば女性を突き放すことで、外敵からの攻撃に備えるためなのである。太古の昔の機能が未だに男性の体には備わっているのだ。

 かといって男性が射精の後に女性を突き放してしまうと、女性は愛を感じられなくなり、幾ら本番で努力しても女性の評価はゼロになってしまうのだ。セックスが終わった後にタバコを吸うのは最もタブーなのであって、これをやられると女性は男性に対して幻滅してしまうのだ。「タバコを吸う男性にセックスの巧い奴はいない」と言われるが、それはこの程度の配慮ができないのなら、どんなに頑張っても性愛術を高めていくことができないからだ。

 女性はセックス後の余韻で男性を判断して来るので、ともかく愛を感じられるセックスをすることなのである。妻だからといって当たり前のようにセックスを行うのでなく、セックスに持ち込むまで優しく扱い、セックスの最中はサービスに徹し、セックスが終わった後もじゃれあったり話したりして、妻に愛を感じさせるようなセックスをするべきなのである。

 男性が気をつけるべきはアダルトビデオであって、若い時にアダルトビデオを見まくってしまうと、自分の妻に愛のないセックスを平気で行ってしまうものなのである。結婚してからアダルトビデオを見るなど言語道断で、いい加減にこの手の俗悪物からは卒業した方がいい。アダルトビデオは飽くまでも男性のオナニー用に作られているのであって、そこで本物のセックスが行われている訳ではないのだ。

 女性は愛を感じることができるからこそ、男性とセックスをしようとしてくるので、妻に対しては常に愛を出し続けることだ。ベッドの上のことばかり考えているのではなく、日常生活に於いて盛んに会話をしたり、じゃれあったりすることは非常に大事なことなのだ。夫婦で歩く時は手を繋いで歩くぐらいのサービスをしておいた方がいい。そんなの恥ずかしいと言っていると、いずれセックスレスという事態に陥ってしまうのである。

●女性の言葉を鵜呑みにするな

 男性が女性に最高のセックスをさせようとするなら、女性を信じないことである。女性を信じなければ、逆に自分が信用できる女性が浮かんできて、その女性とだけなら深い関係を築くことができるようになるからだ。無闇に女性を信じている男性に限って、たった1人の女性と深い関係を築けないものなのである。

 若い時は女性の言葉に敏感になっても致し方ない。しかし自分が歳を取って来れば、女性の言葉に対して冷静になることだ。まず「セックスが好き」と言って来る女性はいないものだ。だからといって女性がセックスに関心がないわけではないのだ。大ありなのだ。それゆえ女性に気付かれない所で性愛術をせっせと磨いて、いざベッドの上に持ち込んだ時、女性を無条件降伏させるようなセックスをすべきなのである。

 若い女性に限って「優しい男性が好き」と言って来るものだが、そういう意見を鵜呑みにするな。こういう女性に限って我儘なものであり、厳しく接してその我儘を破壊しない限り、幾らでも勝手気儘な行動を取って来るのだ。優しい男性が好きということは、自分の父親から厳しく接して貰えたことがなかったということなのである。

 男性にとって性愛術の巧さは生涯の財産となるし、死ぬまで男としての自信を持ち続けることになるものだ。性愛術が下手だからこそ、口が達者になったり、高級車を乗り回したり、高級ブランドの服を着て誤魔化そうとするのである。性愛術を上達させるのは、スポーツで上達するように長い年月と多大な努力を必要とするから、その苦労を厭い、拒んでしまう男性たちが続出して来るのである。自分の性欲に惑わされず、地道に精進して行くしか、性愛術を上達させる方法はないのである。

 しかし性愛術がどんなに巧くなっても、女性を妊娠させることができなければ、その性愛術は偽物なのである。女性を孕ましてこそ、性愛術の本当の凄さが解って来るものなのである。夫が性愛術にとって妻に最高のセックスを味あわすことができたのなら、妻は楽しみながら妊娠し出産して行くものなのである。そこに辿りついた性愛術こそが本物の性愛術なのであって、そういう本物の性愛術を使いこなせるからこそ、その男性も本物の男になれるものなのである。

シュタインズ・ゲート 1巻ドラマCD付き限定版 Book シュタインズ・ゲート 1巻ドラマCD付き限定版

著者:さらちよみ(原作/5pb.×ニトロプラス)
販売元:メディアファクトリー
Amazon.co.jpで詳細を確認する

figma ブラック★ロックシューター Toy figma ブラック★ロックシューター

販売元:Max Factory
発売日:2010/07/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 夫婦の会話を前進させるための会話テクニック | トップページ | ウィークエンドエッセイ『うちの3姉妹のスーちゃんは、なぜ味噌キュウリが好きなのか?』 »

妊娠」カテゴリの記事

子育て」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

結婚」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

今日、嵐の後に吉祥寺の井の頭公園に行って着たのですが、桜大丈夫でしたよ。私は花より団子なので、桜の木のもとで豆大福を食べました。何でも咲いたばかりの花は花としての機能(役割)があるそうで、風がふいてもある程度耐えられるそうです。女は花なので、私も花のように頑張ります。

投稿: ゆきねこ | 2010年4月 2日 (金) 23時04分

 ゆきねこさん、役得ですな~。
 というか住んでいる場所が非常にいい場所ですよね。
 春になれば、滅茶苦茶楽しめますがな。

 強い嵐でも桜の花は散ってないようですね。
 桜って、花が咲き始めた時と、満開になった時と、桜吹雪が起きる時と、桜の花の絨毯が出来る時と、それぞれ楽しみがあるので、いきなり散ってしまうとショックですよ。

 タマティーはお酒を殆ど飲めないので、お花見と称してお酒を飲む連中の気持ちが解らないんです。、
 タマティーのお花見といえば、本当に花を見るためのものなんです。
 そのため桜の名所をあちこち見に行き、結構、スポーツ並みのお花見になるんです。
 お花見して足腰の筋肉量が増える人もいないと思いますが、タマティーはその有り得ないことをやっているんです。

 桜の花が咲くと、「やっと春が来た!」って感じになりますね。
 ゆきねこさんも、「家族全員でお花見にレッツゴー!」ですよ。

投稿: タマティー | 2010年4月 3日 (土) 06時31分

初めまして。
一つ疑問に思ったのでお聞きしたいのですが、

>蛋白質を過剰に取り過ぎているためで、脳がセックスをさせることで、過剰なエネルギーを放出させている

これに根拠はあるんでしょうか?

投稿: しげる | 2012年6月22日 (金) 17時09分

 しげるさん、質問有難うございます!happy01

 蛋白質には「フェニルアラニン」が含まれており、これが性的興奮を高めます。
 従って蛋白質を過剰に節酒すると、フェニルアラニンも過剰になって、それで性的興奮が高まりすぎ、セックスさせることでその過剰なエネルギーを放出させようとします。

 しかもこういうセックスだとセックスを充分に楽しめないものだし、セックスしても妊娠する確率が低いし、しかも妊娠した場合、奇形児が生まれる確率を高くしてしまいます。

 セックスの前に、栄養バランスの取れた食生活が必要なんです。

投稿: タマティー | 2012年6月23日 (土) 06時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/496414/33953959

この記事へのトラックバック一覧です: 男と女のセックスの違い:

» http://galcolle098.com/ [デリヘルガルコレ]
[続きを読む]

受信: 2010年4月19日 (月) 17時57分

« 夫婦の会話を前進させるための会話テクニック | トップページ | ウィークエンドエッセイ『うちの3姉妹のスーちゃんは、なぜ味噌キュウリが好きなのか?』 »