« 夫婦喧嘩を起こさないための会話の仕方 | トップページ | 男と女のセックスの違い »

夫婦の会話を前進させるための会話テクニック

●問題がないのなら素直に同意する

 夫婦の会話というのは、常時接近しているために、他の人たちと話すのとは違う仕方を用いなければならないのである。通常の人々なら気に食わなければ距離を置けばいいのだが、自分の配偶者に対して気に食わないから無視するとはいかないのである。自分にも相手にもストレスが溜まらないような会話の仕方をし続ける必要性があるのだ。

 まず、夫の意見に対して無闇に反対することは絶対にやめることだ。夫の意見に問題がないのなら、素直に同意することだ。夫が提案して来る話に、自分が躍起になって否定しなければならない話は、非常に少ないものなのである。この当たり前すぎる事実を受け入れると、劇的に夫婦の会話は面白いものになっていくのだ。夫だって妻から否定されなければ、面白い話を続々と持って来るものなのである。

 自分が夫の意見を肯定しておけば、自分の意見も夫に肯定されるものなのである。自分が常日頃、夫の意見を否定しているからこそ、夫も妻の意見を否定して来るのであって、自分が夫の意見を肯定しておけば、いざ自分がどうしても賛成してほしい意見に対して夫が肯定してくれるようになるのだ。

 気をつけるべきは、夫の意見を表面的に肯定していても、夫に対して何かしら不満があると、無意味枕詞が出て来てしまうのである。無意味枕詞とは自分が言え意見の冒頭に、「え~」という言葉をつけてから話すのである。この無意味枕詞は絶対にやめることだ。これをやられると、夫は自分の意見だけでなく、自分の存在まで否定されたかのように感じてしまうのだ。

 結婚して不幸になる女性たちの共通項は、口癖が常に「え~」なのである。自分が意見を言う際に必ず「え~」といっているからこそ、自分が正論を述べたとしても、相手はその正論を受け入れることなく、それどころか全ての意見を否定しようとし出すのである。結婚しているのだから、自分の夫に何を言ってもいいだろうと思っていると、とんでもない報復措置を食らってしまうものなのである。

●問題があるなら受容した後で否定する

 夫の意見は全て問題がないわけではない。問題がある意見も出て来るものである。夫の意見に問題があるなら、受容した後で否定することだ。まずは「そうだよね」と言って受け入れる振りを見せて、その後に「でもね、その意見にはこのような問題があるよ」と否定するのだ。こうすると夫は自分の意見を一旦は受け入れられたと思うし、自分の意見の問題点が明らかになり、そこで活発な議論を展開して行くことが可能になるのだ。

 夫婦に於いて絶対にやっていけないのは、夫の問題ある意見を頭ごなしに否定することだ。これをやられると夫は妻の反対意見を捩じ伏せ売ることに躍起になり、実りある議論ができなくなるのだ。国会などで野党が与党の意見に「絶対反対!」と言ってしまうと、その後、どうやっても実りある議論ができなくなるものだが、あの馬鹿げた光景が家庭の中で再現してしまうことになるのだ。

 人間の心理の恐ろしい点は、否定する意見を言って来る者に対して、その意見を改めようとするだけではなく、その存在まで否定しようとし出すということなのである。夫婦喧嘩が縺れて妻が夫に暴力を振るわれたとか、殺されてしまったとかいうのは、その妻が日頃から夫の意見を否定していたために、夫に過剰なストレスが溜まってしまい、それを暴力や殺人で発散させる以外に解決手段がなくなってしまったのである。刑事事件を引き起こせば、その事件を引き起こした夫の方が刑事的に悪いものなのだが、妻が日頃から夫に対して言葉の暴力を振るっていたという責任も問われて然るべきなのである。

 夫婦は常に距離が縮まっている状態なのだから、無闇に相手の意見を否定してはならないのである。妻が自分の父親に対して何かしらの不満を抱えている場合、妻は自分の夫にその不満をぶつけてしまい、夫の意見を否定するようになってしまうものだ。そうなれば夫婦で実りある会話など一切できなくなってしまうものなのである。そうならないためにも、まずは受容し、その上で否定する話し方をしゅうとくすべきなのである。

 但し、妻が夫の意見に対して本気になって否定しなければならない意見というものもある。それは「儲け話」である。夫が誰かから儲け話を持って来たのなら、その話を巧妙な形で破壊してしまうことである。儲かるのなら自分がやって億万長者になっているものなのである。「儲け話」ということ自体が、実は絶対に儲からないようにできているものなのである。しかし、欲に目が眩んでいると、いきなり否定しても聞く耳を持たないのだ。そこでまずはその話を夫から聞き、その後、すぐさまその儲け話を調べて、夫にその危険性を報告することだ。もしも妻が何度否定しても夫がその儲け話に乗るというのなら、夫の両親や自分の両親の助けを借りて、その儲け話を潰してしまうことだ。欲に目が眩んでいると、儲け話を潰された時は、「なんてひどい妻なんだ!」と激怒してしまうものだが、時間が経って冷静になると、夫は妻に感謝しだすようになるものなのである。

●必殺の二重選択肢話法

 夫に対して自分の意見を通したい時は、いきなり自分の意見を貫いてしまうのではく、2つの意見を用意しておき、その2つの意見のどちらかを選ばせるようにすることだ。こうすれば自分の意見が非常に通り易くなり、しかも相手にストレスを溜め込まさせないようにすることができるのだ。

 この二重選択肢話法は昔の母親たちならごく当たり前にやっていたものなのである。例えば夫が帰宅してきた時に、「お風呂にする? それとも食事にする?」と尋ねて、夫がどちらを取ってもいいようにしていたのである。妻にとっては夫がどっちを選択しても損害にはならないのである。

 人間の意見というのは、自分の意見を通した場合、その意見が通ったとしても、相手にストレスを発生させてしまうものなのである。しかし自分は自分の意見が通ってしまったために、相手がストレスを抱え込んでしまったことに気付かないのだ。そのストレスが思わぬ場所で爆発して来て、自分が意見を通したことの利益を相殺させてしまうことになるのだ。

 もしも自分が旅行に行きたい時、「国内旅行にする? 海外旅行にする?」と二重選択肢を迫れば、夫がどちらを選択しようとも、旅行に行くことができるものなのである。いきなり「旅行に行こうよ!」と提案すると、否定される可能性もあるし、たとえその意見が通ったとしても、夫は妻の意見ばかり通ってしまったと妻が解らない場所でストレスを抱え込んでしまうのだ。

 二重選択肢話法は夫婦の会話の仕方でも必殺のテクニックなので、必ず習得しておくことだ。夫婦喧嘩をしょうっちゅう起こす夫婦は、妻の方がこの二重選択肢話法を習得していないからこそ、夫はストレスを抱え込んでしまい、それが或る時に爆発してしまい夫婦喧嘩になってしまうのである。

●幾ら会話しても前進しなければ無益である

 夫婦は家族を運営して行くのだから、夫婦だけの話ではなく、子供の話とか、近所づきあいの話とか、色々なことを話し合わねばならない。それゆえ「結果の出ない会話をするな」ということなのである。会話する以上、結果を出さねばならないのである。夫婦で会話をした以上、何かしらの結論を出すべきなのである。

 人間の集中力は90分が限界なので、夫婦で会話して90分経っても結論が出ない場合、その話し合いをお流れにしてしまうことだ。それ以上、議論してもまともな結論は出て来ないのだ。その議題そのものが間違っていたか、話の進め方が間違っていたか、どちらかに問題があったのである。

 通常の夫婦の会話では、重要な問題でも和気藹藹とやるものなのである。夫婦双方が深刻な顔して話し合わなければならないとするなら、その時点で問題があると判定していいのだ。夫が夫としてやるべきことをやっていないとか、妻が妻としてやるべきことをやっていなければ、幾ら会話したとしても解決できるものではないのだ。まずは自分がやるべきことをやるべきなのである。

 なぜ独身時代は無駄な時間が多かったのかといえば、自宅で実りある議論ができなかったからなのである。自分の意見をそのまま通してしまうために、その意見が通ったとしても、周囲から反発を食らってしまうからなのである。ところが結婚して夫婦で話し合う習慣をつければ、自分の意見がどんなに正しくても、無闇に通してしまうことは危険だということに気付くものなのである。

 そういう既婚女性の巧妙な遣り方が独身の若い女性tちには解らないものなのである。独身女性の時の遣り方と、既婚女性になってからの遣り方は、全く違うものなのである。新婚時代は夫婦の仲がよくても、時間が経って来れば、相手の欠点が目につき、それを軸に会話を台無しにしてしまうものだ。しかしそれでは夫婦としての面白さを何一つ堪能していないことになってしまうのだ。

 夫婦の会話の仕方を習得しなければならないのは、妻の方なのである。妻こそが夫婦の会話の主導権を握っているのだから、妻が夫婦の会話の仕方を習得してしまえば、その後は夫婦で実りある会話ができるようになるのである。会話の仕方というのは、頭で解ったとしてもすぐさまできるものではないので、なんども現場で訓練しながら習得してくことだ。そうすれば夫婦で実りある会話ができるようになり、夫婦に多大な恩恵をもたらすことになるのだ。

figma ブラック★ロックシューター Toy figma ブラック★ロックシューター

販売元:Max Factory
発売日:2010/07/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 夫婦喧嘩を起こさないための会話の仕方 | トップページ | 男と女のセックスの違い »

妊娠」カテゴリの記事

子育て」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

結婚」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

タマティーさま

いつもありがとうございます。
私が4月か6月に妊娠って、今日もう4月ですよぉー。うゎー。頑張ります。昨日は旦那さんのマッサージしました。それにしても赤ちゃんマッサージしたあとに旦那さんをマッサージすると旦那さんがとてもでかく感じられます。
お豆腐も豆腐屋さんに買いに行きます。最近、豆腐屋がなくなっていっているから貴重ですよね。
今日のブログは以前のうちのことかと思いました(笑)

投稿: ゆきねこ | 2010年4月 1日 (木) 16時06分

 ゆきねこさん、無意味枕詞を消すだけで、夫婦の会話は充実したものになりますよ!happy01
 これって無意識レベルでいっているらしいので、とにかく会話の始まりに「え~」は言わないようにすることですよ。
 夫婦喧嘩を頻繁にする既婚女性たちは必ずこの無意味枕詞を使っていますからね。無意味枕詞を使うと、相手は否定された感じになってしまうのが、解らないんですね。
 
 それと昨日の夜から強い風が吹きまくっているんですけど、桜の花びらが散ってしまわないように。
 今度の土日が満開になるみたいのなので、その前に散ったら御花見が台無しですよ。
 世間の連中は「花より団子」であっても、タマティーにとっては「団子より花」ですから、今度の土日は「桜を見まくりツアー」を企画しているんです。お願いだから桜の花が散ってしまわないでね。

 ゆきねこさんも家族そろって花見に出かけて、旦那さんを歩き回させることですよ。歩けば痩せます。
 というか、自分の赤ちゃんと一緒に写った写真を見てなんとも思わないのかな?
 赤ちゃんが小さいから、逆に自分のでかさとか目立ちますからね。

投稿: タマティー | 2010年4月 2日 (金) 06時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/496414/33953934

この記事へのトラックバック一覧です: 夫婦の会話を前進させるための会話テクニック:

» 結婚体験談特集 [結婚体験談特集]
結婚体験談についての情報サイトです。よろしければご覧ください。 [続きを読む]

受信: 2010年4月 1日 (木) 12時11分

» 独身ライフを満喫! [独身ライフを満喫!]
独身ライフについての情報サイトです。よろしければご覧ください。 [続きを読む]

受信: 2010年4月 1日 (木) 15時33分

« 夫婦喧嘩を起こさないための会話の仕方 | トップページ | 男と女のセックスの違い »