« 赤ちゃんへの皮膚接触の大切さ | トップページ | おんぶ紐とベビーカーと乳母車 »

赤ちゃんはたっぷりと眠るからこそ脳を成長させることができる

●睡眠時に脳は成長する

 人間の赤ちゃんは脳を大きくしたために、如何に健康に生まれても、動物としては未熟児状態で生まれて来る。他の哺乳動物なら誕生してからすぐさま立つことができるが、人間の赤ちゃんはその日の内に立つことができない。一人で立って歩けるようになるまで、なんと1年以上もの歳月を必要とするのである。では、赤ちゃんはこの間一体何をするのかといえば、それは睡眠をたっぷりと取るのである。

 人間の体は睡眠中に体の傷んだ箇所を修復し、成長しようとする。そのため赤ちゃんは生まれて長らく、起きている時間はごく僅かで、睡眠しまくるという行動を取って来るのだ。この間、ただ眠っているのではなく、眠ることで活動量を抑えて体が傷むのを軽減させ、体を成長させることの方にエネルギーを回すのだ。

 体が成長しているということは、脳も成長していることだ。脳は睡眠中に情報整理を行っており、起きている時間内に見聞きしたものを整理して、不要な情報を廃棄し、必要な情報だけを残して行くのだ。それゆえ赤ちゃんは睡眠時間が多ければ多いほど、脳を成長させていくことができ、生まれた時は泣くことしかできなかったのに、その後、笑いだし、それから喃語を喋り出すのだ。

 新米ママにとっては赤ちゃんの睡眠時間の多さには驚くものだが、母乳には睡眠導入物質が入っているので、母乳を飲むと赤ちゃんは眠たくなってしまうのだ。この母乳も初期は赤ちゃんを眠らせるのに、赤ちゃんが大きくなって来ると、母乳の質を変化させて、母乳を飲んでもそれほど眠くならないようにさせるのだ。

 母乳育児だと赤ちゃんの寝付きがいいものだが、それは母乳で育てているからなのである。赤ちゃんは母乳を飲んで、ウンチをして、就寝を繰り返している以上、母乳こそがそのサイクルの重要な役目を担っているのは当然のことなのである。母親の乳房の方も、赤ちゃんの成長の具合を見て母乳の成分を変えて来る以上、これ以上の飲み物は他に存在しないのである

●赤ちゃんは寝まくるもの

 赤ちゃんにとってこの世は刺激的すぎるものだ。今まで胎内にして外界を見ることができなかったのだから、視るもの聞くもの全てが新鮮なのである。母親の方はこの世の景色は当たり前のものであっても、赤ちゃんの方は決してそうではないのだ。だから赤ちゃんは何に対しても興味を抱いて来るのだ。

 しかしその分、小さな脳はフル稼働してしまい、脳は疲れ切ってしまうのだ。そのために赤ちゃんは睡眠時間を多くすることで、脳のオーバーヒートを防ぐのである。赤ちゃんが散々興味をしてみて遊んでいたのに、その内に瞼が重たくなってしまい、眠ってしまうのは、もうこれ以上、脳を使うことができないからなのである。

 赤ちゃんは寝まくるものだということが解れば、育児はそんなに大変なものではないことが解って来る。ただ初期に於いては、赤ちゃんが起きて来る時間が2時間置きなので、その不慣れな生活パターンに参ってしまうだけであって、赤ちゃんがオッパイを欲しがる間隔が伸びて来れば、育児は楽になってくるものなのである。

 小さな赤ちゃんを育てている時は、睡眠時間を纏めて取るのではなく、赤ちゃんが寝た隙を利用して、自分も寝てしまえばいいのだ。睡眠時間を小分けにすることで、合計して必要な睡眠時間を取ればいいのだ。特に夜泣きをされて起こされてしまったら、半分寝ながら母乳を与え、オムツを交換して、再び寝かせるという作業ができれば、夜泣きされても、へっちゃらになるのである。

 育児をし始めれば、赤ちゃんの世話以外にもやるべきことはたくさんあるので、赤ちゃんが寝ている間にやるべきことをやってしまえばいいのである。赤ちゃんは母親が自分の側にいると安心して眠ってくれるので、赤ちゃんの側にいながら、テキパキと作業をこなしてしまえばいいのだ。

●赤ちゃんの睡眠不足が知能を下げてしまう

 たとえ赤ちゃんが生まれても、早寝早起きの生活リズムは絶対に崩さない方がいい。両親が早寝早起きをしていれば、赤ちゃんもいずれその生活リズムに合わせなければならなくなるからだ。それにそもそも人間にとって夜の方が睡眠に適しているので、夜に時間帯に赤ちゃんが起きていれば、当然、質の悪い睡眠ばかり取ってしまうことになるのだ。

 赤ちゃんが寝ているというのに、深夜に母親がテレビをつけていたら、赤ちゃんは深い睡眠を取ることができないのだ。当然に睡眠は浅くなるし、睡眠時間そのものが短くなってしまう。そのために赤ちゃんでいながら睡眠不足になってしまい、赤ちゃんは途端に病気を発症して、その異常を母親に知らせて来るのだ。

 恐ろしいのは、赤ちゃんは睡眠不足のために脳が疲労しきってしまい、突然死を起こしてきたり、心臓や脳といった重要な箇所に疾患を生じて来ることなのである。睡眠不足のために脳や体の傷んだ箇所を修復できなかったために、生命の危機に直面してしまうことになるのだ。

 病気にならなくても、睡眠時間の少ない赤ちゃんは脳を発達させることに障害が出て来てしまう。脳は睡眠時に成長して来るものである以上、赤ちゃんにはたっぷりと寝て貰うことこそが、脳を成長させる近道なのである。赤ちゃんは眠たくなれば、母親に「眠たいよ」という顔をしてくるので、そういう顔をすればもう弄るのはやめて、寝かしつけてしまえばいいのだ。

 赤ちゃんの時に睡眠時間をたっぷりと取った赤ちゃんは、大きくなってから知能を大いに伸ばして来ることになる。脳そのものを大きくしているので、高い知能を発揮することができるのである。睡眠時間というものは、田舎に行くと長くなり、都会に行くと短くなるものだが、そのために田舎から高い知能を持った人たちが突然に出て来たり、都会に生まれ育ったのに、意外と頭の悪い人たちが出て来てしまうのだ。もしも都会に住んでいるのなら、都会のリズムに惑わされることなく、赤ちゃんには睡眠時間をたっぷりと取らせることだ。

●赤ちゃんが寝れば後は自由時間

 母親にとってみれば、赤ちゃんが就寝してくれれば、後は自分の自由時間なのである。自由時間を有効に使えば、育児をしていても自分のために出来る時間を持つことができるのである。育児が大変だと騒ぎだす母親たちは、この自由時間を有効に使わないからこそ、自分の時間が消滅してしまうことになるのだ。

 赤ちゃんが寝てくれたというのに、テレビを見て時間を無駄に使っていたら、自分の時間がなくなるのは当然のことなのである。もしも何か視たい番組があるなら録画して短縮してみるとかすればいいのである。それ以外はテレビを消して、自分が育児をしていてはできなかったことをやるようにすればいいのである。

 できれば自分の手帳に自分がやりたいことを事前に書いておき、それを実行していくようにすることだ。更に日記などもつけて、自分の1日の行動を記録しておくことだ。こうすると自分の改善点も見つかり、自由時間をより有効に使うことができるようになるのである。育児をしているのに、毎日同じ作業ばかりだなと思うようであるなら、自分の作業になんの改善も加えられていないから、非効率的な育児をやってしまうことになるのである。

 育児を論ずる時、育児だけのことを取り上げざるを得ない。そうしないと育児のことを理解することができなくなるからだ。しかし実際の育児では育児をすると同時に、家事もやらなければならないし、夫との付き合いもあるし、舅や姑との関係や、ママ友との交友もあったりする。仕事をしているのなら、これらのことに仕事が加わるのだ。

 そういう生活全般を巧く運用して行くためには、赤ちゃんの睡眠時間を利用して、テキパキと活動するしかないのである。テキパキと動いていれば、自分がやるべき仕事は全て遣り終えてしまうことができてしまうので、結局、生産力を拡大してしまうことになるのである。育児をしていて大変だと思うなら、それはテキパキと動いていないからなのである。赤ちゃんはのんびりと生きているが、母親は忙しいものなのである。母親なら自分のやるべきことがたくさんあるのだから、テキパキと動いて1つ1つこなして行くことだ。そうすれば育児の期間中の方が、出産前よりも生産力が飛躍的に高くなるという不思議な現象が起こって来るものなのである。

Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 Toy Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2

販売元:メガハウス
発売日:2010/08/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 赤ちゃんへの皮膚接触の大切さ | トップページ | おんぶ紐とベビーカーと乳母車 »

妊娠」カテゴリの記事

子育て」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

結婚」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

こんにちはhappy01
生姜湯など飲み始めて生理痛が何時もよりキツくないです!
アドバイスのおかげですhappy01前までは ギュッと子宮を絞られる感じでしたsweat01
最近 生理の血に固まりがありますsweat01 500円玉位です 時々 小さな固まりが出る事もあります 去年の検診では小さな子宮筋腫 が沢山あると言われました 問題はないそうですが…これも不妊に影響あるのでしょうか?
筋腫を小さくする方法ってありますか?
何個もって言われると怖くなりますsad
もうすぐ 排卵日です 通院してた時は生理後、9日後にタイミングをとるように言われましたが 排卵日はその月によって違いますよねsweat01
今までは お腹が痛くなってから 2日おきに三回位タイミングをとったりしてましたが 駄目でした
一度、一週間生理が来なくて婦人科に行ってしまいましたが…生理起こしちゃう?って言われて…妊娠の可能性はないのかって思った途端生理きました
すごく虚しい早とちりでしたsad
何か排卵日の目安になるものって体温の他にあるのでしょうか?
アドバイスお願いしますm(_ _)m

投稿: あやのん | 2010年4月14日 (水) 20時22分

タマティーさんこんばんは。
うちの子は生まれて1カ月するとほとんど寝なくなりました。
おっぱいを飲んで寝ても、10分もすればキョロキョロと目を開き、よく母に母乳出てないんじゃないのと言われたものですが、普通に体重も増え、1歳になるまで風邪も引かず元気に育ちました。たまに1時間位寝た時は、有難い~と私も横で爆睡していました。
今は夜は8時半頃寝て、朝5時に起きる生活です。この生活で高熱を出したのも一度だけだし、毎日止まることを知らないように外を走り回ってるので、これがこの子のペースなんだと思っています。
ただ睡眠時間が短いことで、脳や体が休まっているのか心配です。元気な子を心配ばかりしていても仕方ないですね。

投稿: フラワー | 2010年4月14日 (水) 20時44分

 あやのんさん、低体温で生理が重ければ、子宮筋腫はできますって!
 とにかく体を温め、生理の時は月経血をきちんと出しておくことです。
 それと牛乳は絶対に飲まないようにすることです。
 牛乳は体を最も冷やしてしまう飲み物なので、牛乳を飲むと体が冷えて、子宮筋腫が出来るようになってしまうんです。
 もしも牛乳を飲みたいのなら、チーズやヨーグルトにして食べるようにすることです。

 排卵日には余り拘り過ぎないように。
 不妊症の女性が妊娠に失敗してしまうのは、余りにも排卵日に拘り過ぎて、自律神経を異常にさせてしまうからです。
 そのため交感神経にシフトして、体温が下がってしまい、妊娠に失敗してしまうんです。
 排卵日は低温期が続いた後に、体温が低下する日が1日だけあるのですが、その日が排卵日ですよ。
 体温計で計るのもいいけそ、女性なら「子宮がうずく」という現象が起こるので、気をつけていれば解るんじゃないかな?
 要は排卵日ではなく、大雑把に排卵期に於いてセックスすればいいんですよ。
 そういう時は夫婦でデートでもしてみて、盛り上げてみることですよ。
 赤ちゃんが欲しいからという理由だけでセックスしようとすると、夫婦共々、心では冷めきっているものなんですよ。

 大事なことは、夫婦でセックスを楽しむことですよ!
 
happy01happy01happy01

投稿: タマティー | 2010年4月15日 (木) 06時55分

 フラワーさん、健康に育っているのだから、余り気にしないように!happy01
 多分、最初の赤ちゃんということえ、乳房が発達していなかったのでしょう。
 そのために余り質の良くない母乳が出たんだと思います。
 次回からは乳房も発達していると思うので、質の良い母乳が出て、熟睡してくれると思います。

 睡眠時間には個人差があるので、短すぎる場合だけ気にすればいいです。
 フラワーさんとこは、多少短いと思うけど、多分、昼寝もしていると思うので、睡眠時間は充分取れていると思います。
 後、第一子長女というのは、大抵が元気なので、とにかく外で遊ばせることですよ。
 なんで第一子長女がこんなにも元気なのか不思議だけど、次女以下の子供たちよりもなぜか元気ですよ。
 まあ、とにかく外で遊ばせることで、脳や体を鍛えていくことですよ。

happy01 happy01 happy01

投稿: タマティー | 2010年4月15日 (木) 07時06分

お返事ありがとうございます。
娘は昼寝はする時としない時はありすますが、しない時は7時には寝るので、彼女なりに睡眠は足りてるんでしょうね。
あまり心配せず、たくさん遊ばせます!
母乳に関しては病院選びを大失敗しました。ミルク会社と提携していたらしく、母乳で育てたいとお願いしたのにすぐにミルクを勧められました。ミルクも飲むためなかなか乳腺が開通せず、おっぱいはパンパンになり…。ケアもしてもらえなかったので、行き場のない母乳のせいで脇の下に副乳まで出来てしまいました。
結局2カ月で娘は哺乳瓶を嫌がって完母になったので良かったですが。
今度こそはたくさん良い母乳が出して、赤ちゃんにたっぷり寝てもらいたいと思います。(まだ妊娠もしてませんが)
どうもありがとうございました。

投稿: フラワー | 2010年4月15日 (木) 20時25分

私は四歳の長男、一歳九カ月の長女の母です。
今日もそうですが私はよく感情で叱ってしまいます。
今日はがんばろう!と決意して一日をスタートして静かにしないといけないところで騒いでも大きな声で叱りとばさないように自分を抑えながら「もう少しで終わるから静かにしとこうね」などと、がんばっても夕方六時ころになると自分が抑えられないくらいイライラして、子供たちにも「もう、近くによってこないで、向こう行って」
とかひどいことをいってしまいます。
そして、長男は一日に何度も「ママ、好き」と、まるで私の機嫌をとるかのように言ってきます。
長男はお友達の嫌がるようなことをよくしますし、私のそばからすぐにはなれどこでも行ってしまう子なのに、超恥ずかしがり屋で小心者です。お友達の嫌がるようなことをしたりするのが本当に私にも本当に理解不能です。
それとこれは二歳くらいからですが、私の目をぬすんで台所にある白砂糖を食べていたことが何度もありました。
ちょうど三歳になった時に長女がけがをしたため長男にはだいぶ我慢をさせ、甘えさせてあげられなかったのが原因なのか幼稚園が原因なのか、爪をかみだし一年がたちました。
足の爪が剥がれてしまい出血するほどです。
幼稚園での写真や発表会ではいつも自信がない、まゆげがはの字になっています。
長女も大人の私が抱っこをしても暴れたら落としてしまうくらい力も強く、すぐにたたくし、すごく凶暴です。
こんなふたりのこどもを受け入れられず悩んでいます。
受け入れるということはいったいどうゆうことなんでしょうか
間違ったことをしたり、悪いことをした時にどういう対応をすることが受け入れていることになるのでしょうか

投稿: ひめ | 2010年4月24日 (土) 00時41分

 ひめさん、深刻な問題を抱えているみたいですね
 しかも、息子さんの異常は、薄々自分に原因があると解っているみたいなので、母親としての自信を喪失しつつあると思います。
 
 まず育児云々以前に、夫婦仲は巧くいっているのかな?
 育児でトラブルを起こしてしまう母親たちの殆どが、夫婦仲が巧く行っていないんですよ。
 子供のことばかり構ってしまい、夫に対してきちんと配慮できないからこそ、自分が一杯一杯になってしまうんです。
 子供たちに比べれば、夫など非常に扱い易いので、夫婦仲を良好にしておくことですよ。

 息子さんは、母親が妹ばっかりに愛情を注ぎ、自分には愛情を注いでいないと思っているみたいです。
 それゆえ1日30分間だけでもいいから、家事のことなど忘れて、息子さんと一緒に遊んでみることです。
 これをやると息子さんは「お母さんを独占できた!」と思って、奇行が減少して行き、正常になると思います。
 その分、午前中は家事をテキパキとこなしてしまい、時間に余裕が出るようにしておくことです。
 子供と一緒になって遊んでいれば、自然と受け入れることができます。子供が悪い事をしたらどう叱ればいいかという技術的なことを考えるよりも、まずは息子さんのことをきちんと愛してあげることです。
 
 ひめさんが、夕方頃には感情的になったり、育児のことで悩み過ぎているのは、マグネシウム不足が原因です。
 マグネシウムが不足すると、鬱状態になってしまうので、感情を抑止すべき所で感情を爆発させたり、育児で母親としての自信を喪失してしまったりします。
 女性は出産や授乳で大量のマグネシウムを消費してしまうので、マグネシウムを補給をしないと、どうしても鬱状態になってしまうんです。
 マグネシウムの補給には「ニガリ」がお薦めです。
 朝起きて、ニガリを2~3滴ほど白湯に入れて飲むと、マグネシウムを補給できて、感情を爆発させたりしなくなります。
 是非試してみて下さい。
 因みに、ご飯を炊く時に、ニガリを入れて焚くと、非常に美味しいご飯が炊けるようになります。

happy01 happy01happy01

投稿: タマティー | 2010年4月24日 (土) 06時41分

タマティさま、早速のアドバイスありがとうございます。
タマティさまのおっしゃる通り
夫とは巧くいっていません。

タマティさまがおっしゃる通り、私は子供が一番で、自分が二番で、夫は三番の生活を送っていました。
 
昨日から、気持ちの上で、夫を大切にするように心掛け、食事やいたりの言葉などをかけたり意識しながら生活をしています。
すると少しですが夫婦関係がよくなり、生活の空気がよくなったように思います。
この空気が息子を健康にしてくれるのなら。。。と思います。

あと、にがり、昨日買いにいきましたが、お米やさんだったためか売っていませんでした。
明日スーパーに買いにいってきます。

どうしようもない抑えようがない怒り。。。
自分でも自分が頭がおかしい人間みたいにわかりました。
歯をくいしばり、すごい目つきで睨みつけ、暴言をはき、それでも気持ちが晴れず、頭をかかえこんでイライラ。。。

過去にこういうどうしようもないイライラにかられたことがあります。
たしか、その時は、長女の妊娠の初期に重いつわりのあった時期です。
そして、このイライラの原因なのか。
昨日生理になりました。
私は授乳しているので、ずっと生理がありませんでした。
今年の一月から生理が始まりました。

独身時代から、私は生理前のイライラはすごかったのを思い出しました。
とめどもないイライラに主人からも「精神的におかしい」と言われたこともあります。
私も何度もこの生理前のイライラに悩んできました。
そして、今回も生理になった昨日から、少しずつですが、気持ちが安定してきています。

タマティさま、生理前の精神不安定はどうしたらいいのでしょうか。
いつも生理になる日がピークで思いっきり爆発し、それ以後少しづつ安定していくような感じです。

これから、月に一回このようにイライラし、家族に迷惑をかけて過ごすのは嫌です。
アドバイス、どうかよろしくお願いいたします。

投稿: ひめ | 2010年4月26日 (月) 01時04分

 ひめさん、夫婦仲が改善し始めて、良かったですね!happy01
 家族というのは、夫を頂点にし、妻が家庭内の実権を握り、子供は生まれた順番で序列をつけていないと、誰がどうやっても巧く行きません。
 子供が可愛いことは事実であっても、子供を1番にしてしまうと、家庭内の秩序がひっくり返ってしまって、どうしようもなくなってしまうんです。

 女性は生理の際には感情の起伏が激しくなるので、ひめさんだけが異常だと思わないことです。
 どの女性だってあることです。
 しかし、その起伏の激しさが本当に激しいのでしょう。
 理由は3つほど考えられます。

 まずは栄養不足。
 生理は月経血を輩出して行くので、体内で血液が不足してしまうんです。
 特に「鉄分」「蛋白質」「脂肪」などが不足してしまうんです。
 鉄分は「海苔」をたくさん食べ、蛋白質は玉子や魚を食べ
脂肪はエゴマ油を毎日プーン1杯飲んで下さい。
 ニガリも当然に栄養補給してくれ、生理前のイライラを解消させる効果を発揮してくれます。

 第二に低体温。
 ひめさんが美人である場合、女性ホルモンが大量に分泌されてしまうので、その副作用で体温を下げてしまうんです。
 恐らく体温が「36.5℃」に達していないことでしょう。
 黒砂糖入りの生姜湯を飲んだり、黒砂糖入りの紅茶を飲むなりすることです。
 服装も長袖長ズボンの格好をして、体を冷やさないようにすることです。

 第三にセックスの不足です。
 女性は生理直前に性欲が高まるので、この時期にセックスをしてきちんと性欲を処理しておかないと、生理中に感情が爆発してしまうんです。
 生理の直前には旦那さんときちんとセックスして、何度もオルガズムに行かして貰うことです。

happy01 happy01 happy01

投稿: タマティー | 2010年4月26日 (月) 06時18分

タマティさま、アドバイスありがとうございます。
今日は昨日に引き続き眠気、頭痛、めまい、食欲減退、体が重いなどの症状がありましたが、精神的にはだいぶマシです(*^_^*)

腰痛や頭痛などに比べ、精神不安定はもう耐えがたいです。
自分で自分がコントロールできないことは、どうしようもないですから。
今日早速、にがりを購入し、ご飯を炊く時に入れてみました。
明日の朝から白湯ににがりをいれて飲んでみます。

あと、卵や海苔、魚もたんぱく質を摂取するのにいいのですね。
あと、ごま油はスプーンに一杯そのままのむのでしょうか?
油を直接飲むのは抵抗がありますが(・・;)


低体温のアドバイスもいただき、今日より温かくするように心がけています(*^_^*)

あと、残りの一つが問題。。。。

夫とのセックス。。。
長女が生まれてから、まだ一度もないのでもう二年半くらいになります。
長男が生まれた時も二年半くらいなくてちょうど二年半くらいで一度したセックスで授かった命が長女です!(^^)!

寝室が子供と一緒だということもあり、いつ子供が目を覚ますかわからない。。。というハラハラドキドキで、そんな気分になれない。。

確かに生理前性欲があったのは覚えています(^-^)
でも自分から「ねぇねぇ」なんて言えません(ToT)/~~~

この三番目が一番苦手で課題です(>__<)

どうしたら、愛情がつたわるのでしょうか?

投稿: ひめ | 2010年4月26日 (月) 23時52分

 ひめさん、ニガリを早速購入するなんて偉いです!happy01
 ニガリを地道に摂取して行くと、精神不安の症状はなくなりますよ。
 それとニガリを摂取すると便通が良くなるので、便意が来たらすぐにトイレに行って用を足すことです。
 女性にとっては便秘こそ、精神を異常にさせてしまいますからね。

 ゴマ油ではなく、エゴマ油です。エゴマ油はシソ油のことです。
 植物油は生の状態だからこそ、含まれている栄養分を破壊せずに、全て摂取できるようになるんです。
 植物油を生で飲むことに抵抗があるのなら、ミキサーでリンゴ人参ジュースを作り、そこにオリーブ油と天日塩を入れ、それを飲むようにすることです。
 タマティーは毎朝それを飲んでいますよ。
 そのお陰で1週間で3㎏も痩せたし、顔や肌は艶艶ですよ。

 結婚しているのなら、セックスは必ずすることですよ。
 女性の場合、セックスを恥ずかしがっていると、自分の性欲をきちんと処理できなくなるので、それで精神的に異常な状態になってしまうんです。
 子供のことが気になるのなら、夫の両親や自分の両親に子供を預けて、その間、夫婦でセックスをすればいいんです。
 ママ友とかにお泊まり会と称して子供を預けて、1晩だけ夫婦水入らずの生活をするってのも大事なことですよ。
 ただママ友に預けた以上、そのママ友もそういう事をする時は預かっておくべきですよ。
 ともかく夫婦でセックスして、きちんとオルガズムにいかして貰うことです。オルガズムにきちんといければ、精神は落ち着いてきますよ。

 息子さんは。要は母親の愛情不足を訴えているんですよ。
 「ママのことが好き」と訴えてくることは、「ママは僕のことを嫌いなの?」って言っているようなもんです。
 ひめさんの愛情が息子さんには届いていないんでしょうね。
 乳児の時にスリングを長時間し続けても、今は健康な体なんだから、検査する必要なんてありません。
 それよりも息子さんとじゃれあって遊んでみたり、抱っこしたりすることですよ。
 それと息子さんの話をきちんと聞いてあげることです。
 男の子なので言語能力の発達が遅いので、トンマな話をしてきますが、それでも笑顔を以て聞いてあげれば、息子さんは自分のことをお母さんは受け入れてくれたと思うようになりますよ。
 焦らずゆっくりと地道に関係を改善していけばいいんです。

 ひめさん、育児を頑張るのではなく、育児を楽しむことですよ!


happy01 happy01 happy01 

投稿: タマティー | 2010年4月27日 (火) 06時46分

タマティさま、アドバイスありがとうございます。

夫からもだいぶ不満を言われてきましたので、ちょっと勇気を出して夫婦関係をよくするためにがんばりたいと思います。

あと、今日はタマティさまのアドバイス通り、子供とじゃれあうように、私が馬になって、息子たちが騎手になり、お馬さんごっこをしたりしました。
いつも夫がしているような遊びで、私は体を使った遊びは苦手で今まで夫まかせにしていましたが、よく考えてみれば、夫に体を使った遊びをしてもらっている時の子供たちの楽しそうな笑顔はとびっきりです。
今日は子供たちの笑顔がいつもよりたくさん見ることが、できました。そして、私自身も笑顔がたくさんあった一日でした。
そのせいか、今日は息子は一度も「ママ好き」と言わなかったのです。
何度か怒ってしまいましたが、そのときいつもなら、「ママ好き」と言っていましたが、今日は「ママにこにこさんになって」と言いました。
そして、今日一日子供たちと話すときは目線を合わせて話すように心掛けました。

タマティさまのおっしゃる通り私は育児はがんばってきました。楽しんではきませんでした。
ですから、楽しむように心掛けていきたいと思います。

あと、えごま油というのはスーパーにおいてあるのでしょうか?
あと、質問なんですが、おやつはどのようなものにしたらいいでしょうか?
アドバイスよろしくおねがいいたします。

投稿: ひめ | 2010年4月27日 (火) 21時44分

 ひめさん、やってみればできるじゃないですか!happy01
 育児って楽しくなれるものを探すと幾らでも見つかるから、1つ1つ楽しいことを見つけて行くことですよ。

 それと旦那さんの意見とはちゃんと聞いた方がいいです。
 男性の場合、仕事で全力を使い果たして帰って来るので、余程のことがない限り妻に意見など言わないものです。
 疲れている夫があれやこれやと言って来るということは、ひめさんの方に相当な落ち度があるということです。
 まあ、深刻にならずに、夫が無料で自分にアドバイスをくれると思って素直に聞いていれば、夫婦仲は改善していくものですよ。

 えごま油はスーパーでも売っています。
 但し、小さなスーパーだと売っていないかもしれません。
 そういう時はオリーブ油でも構いません。
 オリーブ油はそのまま飲むと苦いので、リンゴ人参ジュースに入れて飲むようにすればいいです。

 オヤツは基本的に食べさせないことです。
 子供には食事できちんとエネルギー補給させて、次の食事まで持たせるようにすることです。
 特にオヤツの時間に自宅にいれば、「オヤツ頂戴」と言って来るので、オヤツの時間が来る前に子供を外に連れ出し、外で遊んでしまうことです。こうすると子供はオヤツのことを忘れて、遊んでいるものですよ。
 すると夕食の時には好き嫌いを何一つ言わず、バクバクと食べまくるようになるので、非常に健康な子供に育つようになるんです。
 但し、たまにはオヤツを出すということをして、生活に変化を与えることも必要です。
 その際には木の実類を食べさせることです。
 木の実類には植物性蛋白質や植物性脂肪が含まれているので、脳に非常に良く、情緒が安定して来るんです。
 子供にオヤツを与えまくっていると、食事の際に好き嫌いを言い出し、我儘になって来るので、オヤツは絶対に与え過ぎないことです。

happy01 happy01 happy01

投稿: タマティー | 2010年4月28日 (水) 06時21分

いつもアドバイスありがとうございます。
今日はイライラすることなく一日過ごせましたが、幼稚園に行く前に三回ほど、例の「ママ好き」がでました(ToT)/~~~

なるべく育児を楽しもうとは思うようにしているのですが、どうしても気分がそうならなくて。。。

それと、今日きづいたのですが、長男はちょっとしたことで気分を害するところをもっています。
今日買い物に行きそこにいた見ず知らずのおばさんが声をかけてきました。「何歳?兄弟はとしご?」と。
「いえ、三つ違いです」「お兄ちゃん何歳?」「四歳です。」
「お兄ちゃん、妹いじめたらあかんで~」
と言われたあと、息子は口をとんがらかしてそのおばさんに「ぷ~」とつばをかけたのです。

私はきっと息子は嫌な気持ちになったんだろうと、「おにいちゃんはいじめたりしないもんね、優しくしてくれてるもんね。」
とフォローをいれましたが。。。
私もこういう言い方をされるおばさんには、息子と同じ感情を抱くのですが、私おかしいでしょうか(・・;)

私はすごく些細な人の言葉や態度で傷つきやすく、気分を害してしまう性格なんです。
そういうところ、長男はとても似ていて、これから先生きていくの大変だろうな~と感じました。

なんでも大げさだし、すぐ気にするし。。。
私のそういう部分がなくなれば子供もそうではなくなるのでしょうか?

ちなみに話は違いますが、今日はするめを買いました。
妹は食べませんでしたが、お兄ちゃんは何分もかかってかみかみしながら食べていました。
えごま油は今日ごま油を買ったお店で注文しました。
今まで油の種類もあまり気にしたことがなかったですが、チェックしてみたら、「なたね油」でした。

タマティさま、パンにぬるのは、マーガリンはやめてバターにしたほうがいいでしょうか?

あと、今日は長女がすごくねぐずがひどかったです。

長男も赤ちゃんの時からねぐずは半端じゃないくらいひどかったです。声もめちゃくちゃ大きいし、体をそらしまくって、抱いてられないくらいの力で暴れるし、大変です。
なにかねぐずのときにいい方法や食べ物などはありますでしょうか?

いつもありがとうございます。
よろしくおねがいいたします。

投稿: ひめ | 2010年4月28日 (水) 21時50分

 ひめさん、子供の性格を変えようとはしないように。
 恐らく、息子さんの性格は母親丸写しなので、自分が変わらないのに、息子さんの性格は変わらないですよ。
 ひめさんの場合は、とにかく旦那さんと仲良くすることですよ。
 夫婦として話すべきことは話し、意思疎通をしっかりと取っておくことですよ。
 それとギクシャクしているのなら、夫婦だけでお風呂に入ってしまえば、仲良くなるもんですよ。

 マーガリンは止めた方がいいですね。バターが宜しいです。
 パンとかも成分表示をきちんと見て買うようにすることですよ。
 パンの中にマーガリンが入っていたりするものですからね。
 本来、マーガリンの使用禁止は法律で定めるものなのですが、日本の国会はいつも権力闘争ばかりしているので、まともな法律が制定されてこないんです。だから自分でやるしかないですよ。

 赤ちゃんの頃から凶暴だというのなら、恐らく出産時に母親と離れてしまったから、それで心の傷を負ってしまったのでしょう。
 こういう場合、風呂上がりにボディーマッサージをしてあげることです。
 素手で全身にマッサージをして行くんです。マッサージは頭部から始めて、手の指や足の指まで行います。
 即効性はないけど、地道にやっていけば、心の傷も治って行くものです。
 寝ぐずりへの直接的な方法は、テレビが放送終了時に流れる砂嵐の音を聞かせることです。但し、最近は24時間放送になっている局が多いので、ローカル局とかを探してみてください。
 出来れば自分の心臓音を録音して、その音を聞かせると、泣きやんでしまいます。
 この手の音が子供にとっては胎内にいた頃に聞いた音なので、非常に安心するようになるんです。
 白いビニール袋をクシャクシャにすると、赤ちゃんが泣きやんでしまうのも、同じ理由からです。

happy01 happy01 happy01

投稿: タマティー | 2010年4月29日 (木) 05時46分

タマティさま、お返事が遅くなりました(・・;)

あれから、毎朝にがり白湯を飲んでいます。

まだ、一日に何回か抑えきれないような怒りにおそわれますが。


子供たちにも寝る前にマッサージをしてあげています。
子供たちは「わたしも!わたしも!」と気持ちいいみたいで、言ってきます(^-^)

>>ひめさんの場合は、とにかく旦那さんと仲良くすることですよ。
タマティさまのおっしゃる通りなんですよね。
わたしたち夫婦は4年の交際期間を経て、結婚出産しました。
子供ができるまえから、喧嘩はしょっちゅうありました。

主人にきくと今までつきあった人のなかでこんなに喧嘩をしたのはおまえくらいと、言われました。

わたしは毎日暴力をふるい夫婦喧嘩の絶えない夫婦仲が最悪の家庭環境で育ちました。
主人は夫婦喧嘩は一度しか記憶がないという仲がいい家庭環境で育ちました。

わたしはなぜか、夫婦に限らず、誰でも、対立しようとする、相手を敵対するところがあります。
そして、わたしは、だれにも心を開かないような人間なのかもしれないです。

素直でない。。。

きっとこんな、わたしだから、主人ともうまくいかない、こどもともうまくいかない。

私という人間の問題なんですよね。。。

投稿: ひめ | 2010年5月 4日 (火) 02時41分

 ひめさんの怒りの原因は、どうやらひめさんの両親にありそうですね。
 ひめさんにそのような過去があるのに、それでも結婚してくれた旦那さんには感謝感謝ですよ。
 旦那さんにもマッサージをしてあげて、仲良くなってしまうことですよ。

 自分の両親のことは反面教師にすればいいんです。
 今まで散々夫婦喧嘩を見て来た訳だから、夫婦といえどもこのような言い方をすれば喧嘩になるというのが解っていると思います。
 それと食事。恐らく白米を食べていただろうし、化学塩や白砂糖を摂取していたことでしょう。
 自分が不幸な家庭環境に育ったからといって、自分がその不幸な家庭環境を再現することはないんです。
 自分が不幸な家庭環境に育ったからこそ、夫や子供たちのために幸せな家庭環境を築いてあげれないいんです。

 素直になるためには、とにかく夫婦二人きりになれる時間を作って話し合うことですよ。
 会話量が足りていないんじゃないかな?
 会話する時はあれこれと喋るのではなく、話題を1つに絞って、濃度の濃い話をすることですよ。
 まあ、とにかく、旦那さんは決してひめさんの競争相手ではなく、自分にとって最も頼りになる男性であることを決して忘れないように。
 そのことを間違えていなければ、なんとか巧くやっていけますよ。

happy01 happy01 happy01

投稿: タマティー | 2010年5月 4日 (火) 06時17分

反面教師ですか。。。

そう自分では思っているのですが、なかなかです。
虐待されて育った人間でもわが子に虐待しない親もいてるんでしょうかね。。。

でもそんなこと考えていても仕方ないですよね。
一日一日弱い自分との戦いに勝利して前進するしかないです。

ちなみにお恥ずかしながら、今日は主人と約二年半ぶりにセックスしました。
そのあと一時間ほど一緒にいましたが、会話の中でいつもより優しさを感じましたし、私自身も満足したのか、主人に対していたわりの気持ちというか思いやりの気持ちがありました。


タマティさまのおっしゃる通りセックスが良い夫婦関係をもたらしてくれました。

こんなこと聞くようなことではありませんが、
いったいどれくらいの頻度が夫婦関係のことを思うといいのでしょうか(笑)

あと、質問なんですが、岩塩と天日塩ではどちらがいいでしょうか?あと、タマティさまがおすすめのミネラルたっぷりのお塩はありますか?

あと加工品はあまり買わないほうがいいと書かれていましたが、加工品の中には、ちくわ、ウィンナーやソーセージなどもはいるのでしょうか?

よろしくおねがいしますwink

投稿: ひめ | 2010年5月 6日 (木) 01時30分

 ひめさん、久々のセックスおめでとうございます!heart04
 セックスを無視してしまうと、夫婦関係はどうやっても巧くいきませんよ。
 夫婦が仲良くなるためには、 とにかく定期的にやることですよ。

 夫婦の性行為の頻度は、人それぞれだから、余り気にしないことです。
 毎日やる夫婦もいれば、月に1度の夫婦もいるもんですよ。
 奥さんの性欲が激しい人もいれば、奥さんがセックスに関して非常に淡泊な人もいます。
 大事なことは自分の性欲をきちんと把握すること!
 女性の場合、排卵期と生理直前に性欲が高まるので、月に2回ぐらいはやっておいた方がいいです。
 但し、自分が乗り気でもないのに、余りにも多くやってしまうと、自分の性欲が湧きおこってこなくなってしまい、セックスレスになってしまい危険性があるんです。
 「中庸」と倫理徳目は、ベッドの上でも必要な倫理徳目ですよ。

 岩塩は塩化ナトリウムが99%以上なので、化学塩となんら変わりません。
 天日塩はミネラルをたっぷりと含んでいるからこそ、有難いんです。
 お勧めの天日塩は『海の精」です。これが一番おいしいですね。
 しかし調理用にはスーパーで売っている天日塩で充分です。
 本当に美味しい天日塩は主に天麩羅やサラダを食べる時に使用しています。
 
 加工食品には「ちくわ」や「ソーセージ」も入りますよ。
 加工食品を完全に除去することは現実的でないので、原材料をよく見て買うようにすることです。
 大まかな目安として、ハムとかソーセージは控えた方がいいです。魚介類の加工食品はそれほど使っていないので、まあ大丈夫です。
 ハムとかソーセージで安全な物を食べたいのなら、食品添加物を殆ど使っていない物を買うことです。
 値段は高くなるけど、食べてみると「これが本物のハムやソーセージなんだ」というのが解ります。
 それと危険な加工食品を除去して行くと、スーパーに行っても買える物が限られてくるので、買い物が便利になるし、しかも経済的に安上がりになるもんなんですよ。

happy01 happy01 happy01

投稿: タマティー | 2010年5月 6日 (木) 07時07分

自分の性欲をきちんと把握するんですね。
わかりました(^-^)

あと、海の精という天日塩早速買いに行ってみます(^-^)

それから、毎朝お水ににがりをいれて飲んでいるのですがお白湯でなくても効果は同じでしょうか?

砂糖やするめや油などタマティさまからのアドバイスを実行しています(^-^)
そのせいか、昨日も一度もイライラせず精神がとても安定しているのが自分でもわかります(^-^)

あと、砂糖は今ザラメ砂糖を使っていますが、黒砂糖のほうがいいでしょうか?
私はタマティさまのおっしゃられた黒砂糖を黒糖と勘違いしてしまい黒糖にしょうがを入れてのんでいました(>_<)

あと、質問なのですが、私は朝一の体温は36.4℃くらいあるんですが、そこからどんどん体温が下がっていきます。

朝一が一番温かいのは自分でも実感します。真冬で起きたてでも主人や子供たちが寒い寒い言っていますが私は全然寒くないですし、あったかいのです。
なぜでしょうか(・・;)

投稿: ひめ | 2010年5月 6日 (木) 14時52分

 ひめさん、水と白湯では効果が異なります。
 ひめさんのように、体温が低いなら、白湯にニガリを入れた方がいいです。朝の段階で体温を上げてしまえば、1日中、体温を高くしていられるからです。

 砂糖で危険なのは白砂糖です。これは糖分がほぼ100%なので、この白砂糖を食べると、体内でビタミンやミネラルが不足してしまうんです。
 砂糖の精製過程は、「黒糖」→「黒砂糖」→「三温糖」→「白砂糖」なので、実は黒糖が一番いいんです。
 生姜湯を飲む時は黒糖の方が美味しいので、そのまま飲み続けて下さい。
 ザラメの砂糖は三温糖に属するものなので、使い切ったら黒砂糖に切り替えればいいんです。
 料理とかでは砂糖は砂状になっていないと不便なんです。

 ひめさんの体温が起床時に最も高く、それ以降下がって行く。
 夫や息子たちは真冬に寒いといっている。
 多分、蛋白質不足だと思います。
 ひめさんが真冬の寒さを寒いと感じないのは、北方モンゴロイドの血統が強いからです。タマティーの冬の寒さはなんともないのですが、暑い夏は駄目ですね。典型的な北方モンゴロイですよ。夫や旦那さんたちは南方モンゴロイドの血統が強いんでしょう。
 ひめさんが起床後以降、体温が上がらないのは、蛋白質が足りないから、エネルギー不足のために体温が上っていかないんです。
 玉子や魚や肉をしっかりと食べておくことです。
 但し肉を食べる際は、野菜をしっかりと取って、体内が酸性化しないようにしておくことです。
 牛肉は霜降り肉のような肉を食べるのではなく、筋肉がしっかり詰まっている肉や、内臓を食べるようにすることです。
 その上で筋肉トレーニングをして、自分の筋肉をしっかりとつけるようにしておけば、体温は上昇していくことでしょう。
 

happy01 happy01 happy01

投稿: タマティー | 2010年5月 7日 (金) 06時43分

タマティさま、こんばんは。

もう一度自分の質問した内容をよく確認してみました。
なんとわかりにくい文面で、しかもタマティさまがアドバイスしてくださっているにもかかわらず、そのお礼も述べることなく、新しい質問をしてしまっていました。
なんと自己チューなんだろう。。。
ご迷惑をおかけしてしまい、大変申し訳ありませんでした。

前回のアドバイス、お白湯ににがりを入れたほうがいいこと、卵や筋肉のつまった肉や内臓を食べたほうがいいこと、私が寒さに強いのは北方モンゴロイドだということなど、とてもよく解りました。ありがとうございました。

来週からの母性愛の記事を楽しみにしています(*^_^*)

投稿: ひめ | 2010年5月 9日 (日) 22時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/496414/34120413

この記事へのトラックバック一覧です: 赤ちゃんはたっぷりと眠るからこそ脳を成長させることができる:

« 赤ちゃんへの皮膚接触の大切さ | トップページ | おんぶ紐とベビーカーと乳母車 »