« 子供の心を育てるのに最重要の役割を果たすのは「母親」である | トップページ | 父性厳こそ家族の秩序を作り上げる »

母性愛と父性愛こそ心を育む

●母性愛の役割

 夫婦が我が子に出す愛は同じものなのではない。母親は母性愛を出し、父親は父性愛を出して行く。この全く違う愛があるからこそ、子供は健全に育って行くのである。しかも子供は母性愛を大量に必要とし、母性愛がたくさんある状態で父性愛を必要とするようになる。夫婦に子供が生まれてしまえば、夫婦はそれぞれ別の役割を与えられることになるのである。

 まず母性愛というのは「絶対肯定の愛」だ。母親というものは、我が子がどのような状況になっても絶対に肯定してあげる。なぜなら我が子を産んだのは自分自身だからだ。母親は子供が病気になれば必死になって看病するし、我が子が身体障害者であっても見捨てたりはしないものだ。これこそが母性愛の発露なのである。

 子供の成長と言うのは非常に遅いものだ。徐々にでしか子供の成長は引き起こされないのだ。そのため母親は我が子が少しでも成長したのなら、その成長を肯定してあげて、後退しないようにするのである。ハイハイをしたらそれを肯定し、一人歩きできたらそれを肯定し、喋り出したらそれを肯定してあげる。子供は母親が肯定してくれるからこそ、成長し続けることができるようになるのである。

 子供は自分勝手に成長していくのではないのだ。両親に従属して成長して行くし、その中でも母親から様々な干渉を受け続けるものだ。しかし子供は成長して行けば自分でやりたいことも増えて来るので、自治領域を拡大して来て、自分の自治を犯される時には母親に対してでも反抗して来る。だがその反抗は親子の絆を切ってしまうような反抗ではなく、飽くまでも母親による養育を維持しながらの反抗なのである。

 母親は母性愛の発露として、子供を保護し、子供に干渉すると同時に、子供から反抗を受けて、子供の自治領域を拡大させてあげるという役割を担わなければならないのだ。もしも母親がいなければ、子供はきちんと保護されることはないし、干渉されることもなくなり、自治領域を拡大するために反抗することもできなくなってしまうのだ。

●父性愛の役割

 父性愛というのは、「絶対価値の愛」である。父親というのは我が子だからこそ価値を見出す。母親なら余所の子供でも可愛がるが、父親は原則として我が子にしか可愛がることをしない。父親にとっては我が子だけが価値あるものであり、余所の子供には価値を見出さないからだ。

 母性愛の出し方というのは、どの母親も大体同じようなものであるが、父性愛の出し方というのは、その父親によって大いに異なる。その父親が正しいと判定したものだけにしか価値を与えないのだ。母性愛ならどの子供も母親から貰えるが、父性愛となればそうはいかないのだ。

 母親は妊娠し出産し育児をするという過程を経るために、出産してしまえば母親にならざるをえない。しかし父親にはそのような過程がないために、父親だけの組織に加入しないと、精神的に父親になることができないのだ。父親だけの組織に入ることによって、父親は精神的に父親になっていくのである。だからこそ育児で忙しいというのに、父親は男同士の付き合いを優先して来るのである

 父親は我が子にだけしか父性愛を注ごうとしないので、子供たちの方も必死になって父性愛の獲得を目指すことになる。子供が幼ければ父親にべったりとくっつくことでその父性愛を貰おうとするし、子供が大きくなってくれば何かしらの手柄を立てることで子供は父親から父性を貰おうとするのだ。

 育児や子育てに於いては、父親は母親のように子供に対して深く干渉することはないが、子供の進路を決めてしまうのは、父親の役割だ。そのため父親から父性愛を貰えた子供は父親によって進路が切り開かれてしまい、その道を一直線に進めばいいだけとなり、立身出世が早くなるのだ。しかし父親から父性愛を注がれないような子供は父親から進路を決められることがないので、自ら切り開いていかねばならないという大損な生き方をしなければならなくなるのだ。

●母性愛の蓄積があるからこそ、父性愛を獲得しに行くことができる

 母性愛と父性愛は平等な量を必要とするのではない。子供の心にとっては、母性愛こそが主なのである。母親から母性愛をたくさん貰えるからこそ、父親に近づいていくことができ、父性愛を貰えるようになるのだ。子供は母親が大好きなものである。それは母性愛を蓄積せねばこの世に自分の命を肯定させることができないからだ。子供は父親が大好きである。それは父性愛を貰わねばこの世に自分が生きていく価値を見いだせなくなるからなのである。

 母性愛の蓄積があるからこそ「自己肯定」ができるようになり、父性愛の蓄積があるからこそ「自己価値」を見出せるようになるのだ。この自己肯定と自己価値があるからこそ、この世がどのような状況になっても自信を持つことができ、知恵に導かれた思考をすることができるようになり、勇気を以て行動を起こすことができるようになるのである。

 もしも母性愛が不足してしまえば、自己肯定できないから、勉強でもスポーツでも常に自信を喪失してしまい、落ち零れてしまい、更には些細なことで自殺してしまうようになるのだ。もしも父性愛が不足してしまえば、自己価値がないから、常に他人の言動に振り回され、淫祀邪教を信仰したり、平等イデオロギーに洗脳されてしまうようになるのだ。

 子供にとって家の外というのは「未知なる領域」だ、そこに対して毎日出撃していき、色々なことを知って行くようになるのだ。それは子供を大いに疲れさせることになるので、子供は帰宅次第、母親に甘えて母性愛を貰い、父親に甘えて父性愛を貰うのだ。そうやって自己肯定し、自己価値を見出して行く。その繰り返しを行うからこそ、子供は成長して行くことができるのである。

 もしも母性愛や父性愛が不足しているのなら、子供は家の外に出て冒険をしようとしなくなる。家の中で遊ぶことだけしかなくなり、テレビゲームにでも熱中することしかしなくなるのだ。そういう子供は自分に自信がないので、大きくなっても常に他人と比べるだけの生き方をしてしまうようになるのだ。

 受験は確かに受験生同士で競争するが、その競争があるからこそ切磋琢磨できるのである。しかし自信がない人にとっては受験が受験戦争になってしまうのだ。自由経済には市場があるから企業同士で競争するが、その競争があるからこそ企業はより良い商品やサービスを提供できるようになるのである。しかし自信のない人にとっては企業間の競争が過当競争になってしまうのだ。外界の現象は同じものでも、人間は自分の心の状態でしか物事を認識できないのだ。

●両親に育てられた子供と片親に育てられた子供

 子供は母性愛と父性愛をきちんと貰って育つからこそ、健全に育って来るようになるのである。それゆえ両親に育てられた子供と片親に育てられた子供というのは、全然違う大人として育って来るものなのである。親のどちからがいなけらば、母性愛か父性愛のどちらかが欠落していまうからだ。

 政治家のように国家の命運を握る職業に関しては、絶対に両親の下で育った人物でなければならない。政治家には片親のもとで育った人物を絶対に採用してはならない。母性愛か父性愛のどちらかが欠落してしまえば、健全に育って来る訳がないからだ。健全に育って来るなら人は必ず結婚し、子供をたくさん産むようになるから、政治家には結婚と子供が多数いることをその条件とすべきなのである。絶対に独身者を政治家にしてはならないし、結婚していても子供のいない人物を政治家にしてはならない。

 母子家庭で育った子供というのは、父性愛が欠落するが、母性愛を大量に持つことになるので、組織を作ることは下手だが、ネットワークを作ることは得意だ。芸能界は母子家庭出身者が圧倒的に有利だ。水商売に関しても母子家庭出身者が圧倒的に有利だ。この手の世界は組織戦ではなくネットワークを作ることが勝利に直結するからだ。

 父子家庭で育った子供は母性愛が欠落するが、父性愛を大量に持つことができる。そのため、父子家庭で育った人物は家庭中心の生活をまず営もうとする。母性愛の欠如で家庭に潤いがなかったために、その欠如を克服しようとするのだ。父子家庭出身者は、官庁のように組織が明確になっている職業に於いて最も能力を発揮し易くなる。父性愛の蓄積があるために、組織重視の職業なら、自分の能力を大いに発揮することができるようになるのだ。

 子供というのは全て同じ環境で育って来るわけではない。両親のいる家庭や、片親しかいない家庭で育って来るからこそ、この世は様々な人材を確保することができ、複雑な社会を形成して行くことができるようになるのである。勿論、片親の下で育った子供たちは大きくなってから、自分の心の歪みに気付くものだ。その心の歪みは自分の力で克服して行くしかないのだ。たとえ両親の下で育った子供であっても、両親がいることの有難味に気付かなければ、自分の能力を大いに発揮して行くことはできないのである。両親にきちんと育てられたのなら、まずは両親に感謝すべきなのである。両親に感謝できれば、自分の能力を大いに発揮していくことが可能になるのである。

Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 Toy Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2

販売元:メガハウス
発売日:2010/08/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 子供の心を育てるのに最重要の役割を果たすのは「母親」である | トップページ | 父性厳こそ家族の秩序を作り上げる »

妊娠」カテゴリの記事

子育て」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

結婚」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

タマティーさんこんにちは。
前の記事のタマティーさんのコメントで、子どもは母性を刺激する匂いを出すとありましたが、本当に独特の匂いがしますね。
私は娘の甘いような、なんとも言えない匂いが大好きで、年中娘の頭の匂いや口の匂いを嗅いで、どこからあんな匂いが出ているのか探しています。
旦那は気づかないようなので、まさしく母性を刺激する匂いなんでしょうね。
反抗期真っ只中の娘ですが、あの匂いに私は騙されています。
最近になって気づいたのですが、私の頭に十円ハゲが出来まして…。誰にも言わないでいたのですが、驚いたことに娘は分かったようで、私が気づいた次の日からブラシを持って来て、私の頭を撫でるんです!
本当に子どもって不思議です。そして癒されますね。

投稿: フラワー | 2010年5月11日 (火) 15時19分

 フラワーさん、子供の匂いをどんどん嗅いでおくことです。
 その匂いが心地いというのなら、母親としてちゃんと成長しているってことです。
 女性でも婚期を逃してしまうと、この匂いが解らないみたいです。
 香水をつけすぎたり、喫煙や飲酒をしまくっていると、嗅覚が麻痺するみたいです。
 子供の匂いは母親の精神を良好にさせ、向上させるので、どんどん嗅いで楽しい育児にしてしまうことです。

 10円ハゲはまじで惨めですからね。
 あれって本当に10円玉のサイズでハゲてくるので不思議ですよ。
 フラワーさんの場合は、夫婦間のストレスが原因ですので、旦那さんが休みの日にはセックスをして、ストレス解消をしてしまうことですよ。
 ストレス解消にはセックスが一番効果的ですよ。

happy01 happy01 happy01

投稿: タマティー | 2010年5月12日 (水) 06時19分

ほんとに十円ハゲは惨めですね。見つけた時はかなり脱力してしまいました。
情けないことに未だにセックスなしの生活です。お互いどう切り出していいのか、分からなくなっています。
二人目も欲しいねと言ってみたところ、鼻でフンっと笑われたのもストレスになっていたかもしれません。まずは子作り関係なしに考えたほうがいいのかもしれませんね。
娘の匂いを嗅ぎながら頑張ります!
ありがとうございました。

投稿: フラワー | 2010年5月12日 (水) 20時39分

 フラワーさん、10円ハゲの原因は夫のその言動にあるのだから、夫の寝込みを襲って、やってしまうべきですよ。
 多分、父親として充分に成長していないのだから、自分の妻子にきちんとした配慮ができないのでしょう。
 この手の男性には、子供を作りまくることで、強制的に父親として成長して貰うべきですよ。

 如何に仕事で疲れていても、妻にパンツを脱がされ、チンチンを握られると、男としての本能に火がついて、肉弾戦に突入することになるので、勇気を出してやってしまうことです。
 躊躇しているだけ時間の無駄ですので、やったもん勝ちですよ。
 
happy01 happy01 happy01

投稿: タマティー | 2010年5月13日 (木) 06時43分

確かに躊躇している時間は無駄ですよね。
娘を妊娠してから3年間何もないので、もう自分から行動しなくてはいけませんね!
頑張ってみます。
再度コメントありがとうございました。

投稿: フラワー | 2010年5月13日 (木) 21時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/496414/34583444

この記事へのトラックバック一覧です: 母性愛と父性愛こそ心を育む:

« 子供の心を育てるのに最重要の役割を果たすのは「母親」である | トップページ | 父性厳こそ家族の秩序を作り上げる »