« 親が親たりえる理由 | トップページ | 脳のシナプスの形成 »

「甘え」と「甘やかし」

●子供の成長に必要な「甘え」

 子供は従属時代に於いて親に従属するからこそ、母親からは母性愛を、父親からは父性愛と父性厳を貰うことができ、健全に成長して行くことができるのだ。子供は親に甘えることで、心の中に愛を蓄積して行くのである。子供の成長には甘えが必要であって、如何に巧く甘えさせるのかが親の腕の見せ所なのである。

 親は子供を従属させ、依存させることで、子供が甘えてくれば愛を与えればいいのであって、無闇に愛してはならないのだ。愛は子供を成長させるけど、愛の与え過ぎは子供を駄目にさせてしまうからだ。子供は愛を蓄積して行けば、少しずつ自治領域を拡大して行き、親に従属しながら、自分のことは自分でするようになるのだ。

 親は子供が自分でできるのなら、自治を認め、自分でやらせるようにすればいいのだ。子供ができることなのに親が過干渉してしまえば、子供は反抗してきて、親に逆らってくるのだ。気をつけるべきは、愛を与え過ぎてしまい、子供の方が一家の主と錯覚し、自分の思い通りに親が動いてくれないから反抗して来るということもあるので、そういう時はその錯覚を粉砕しなければならないのだ。

 親が子供を巧く甘えさせて、健全に育てているのが解るのが、オヤツに関してだ。きちんと子供を甘えさせている親は、オヤツをなかなか与えないものだし、オヤツで与えたとしても僅かなお菓子しか与えないのだ。育児の経験則上、オヤツを与え過ぎてしまうと、子供は正規の食事を食べなくなり、そこから得体の知れない反抗が始まるので、育児をちゃんと行っている親なら、そんなにオヤツを与えないものなのである。

 小学生のように子供が大きくなってくると、正しく甘えさせることができている親は、子供に必要以上のお小遣いを絶対に与えないものだ。子供は労働をしていない以上、大金を持つべきはないからだ。かといってお小遣いを与えないと子供も子供同士の付き合いができないので、子供なりに困ってしまうのだ。そこで必要最低限のお小遣いを与えて、それで済ましてしまうのだ。

●甘やかし

 ところが親の中にはきちんと甘えさせることができず、甘やかしをやってしまう親たちが出て来てしまう。これはその親自身が子供の頃にきちんと親に従属せず、反抗を繰り返してしまい、心の中に愛を蓄積できなかったから、いざ自分に子供が生まれてしまうと、子供をきちんと甘えさせることができず、子供を甘やかしてしまうという行動に出てしまうのだ。

 子供を甘やかす親は、きちんと子供を従属させていないものだ。親と子供は上下関係なので、育児に於いて子供を服従させない限り、子供は自分こそ一家の主と勘違いしてしまい、親と子供の立場が逆転してしまうのだ。子供に散々振り回されながら育児をしている場合、子供は親を言いなりに出来ると錯覚しているのである。

 子供を従属させることができていないのだから、子供は親に依存するのではなく、過剰依存してしまう。親として親らしくない母親に限って過保護と過干渉を繰り返し、子供に対していつまでも甘えて来るように仕向けるのだ。これが甘やかしなのである。子供が甘えて来るのではなく、甘えて来るように仕向けているだけなのである。

 母親が過保護と過干渉を繰り返してしまうと、子供の自治を認めないということになってしまい、子供は自分のことを自分ですることができなくなってしまう。そのためその子供は我儘に育って来るか、いつもおどおどした子供に育って来てしまうのだ。子供が異常に育ってきているのだから、母親の方はいつまでも子供に対して手を出していいのであって、そのために子供自体が精神的に何も成長していないことに成ってしまうのだ。

 子供を甘やかす母親は、子供に対して大量のオヤツを与えるものだ。栄養バランスなど全然考えることなく、炭水化物中心の食事を送り、しかも穀物は少なく、糖質が多い食事を取ってしまうのだ。子供に過剰なお小遣いを与えてしまうのも、子供を甘やかす母親の特徴である。子供に大量のお小遣いを与えておけば、子供を繋ぎとめておくからできるからだ。しかしこの母親は子供に大量のお金を与えても、決して愛を与えることはないのだ。

●子供は自立しないもの

 不思議なことに子供を甘やかす親に限って、子供に対して自立を強制するのである。子供がいつまでも親に対して過剰に甘えて来るから、鬱陶しくなるのだ。そのため子供は母親から拒絶されたと思い、更に親に対して過剰依存を繰り返し、明らかに異常な様相を呈し始めるのだ。

 人間の子供は従属時代には絶対に自立してこない。自立は中学生から始まるものであって、それまでは子供は親に従属することで、心の中に愛を蓄積して行くだけなのである。それなのに子供を無理矢理自立させてしまえば、子供の心が異常化して来るのは当然のことになってしまうのである。

 子供はただひたすら自治の領域を広げていくだけなのである。自治領域を広げることは自分でできることは自分でしているだけであって、決して自立ではないのだ。自立というのは親元から巣立って行くものであって、家族と一緒に暮らし、労働することすらしていない子供に自立するわけがないのだ。

 自分がきちんと精神的自立をし終えた母親なら、子供に無理矢理に自立させるということはしないものだ。子供に自立を強いるということは、その母親自体が自分の親から自立していないのだ。恐ろしいのは子供に自立を強いる育児書が存在しているので、その育児書を読んでその学説を鵜呑みにしてしまうと、子供に自立を強制する理論を得てしまったので、子供に対して更に自立を強制して来るのである。

 育児書を書いたからといって、その著者が自立しているとは限らないのだ。育児書を書くのは医者が多いために、裕福な家庭であるがゆえに親から甘やかされて育って来た人々が非常に多いものなのである。そのため自分が精神的に自立できないまま医者になってしまい、出鱈目な育児理論を書いている場合があるのだ。育児書を読む時は、子供が自立するとか、子供に自立を強制させるような記述があるなら、その著者こそが自立していないのであって、そういう育児書は絶対に読まないようにすることだ。その育児書を実践すれば、自分が家庭内が地獄の様相を呈するようになるのだ。

●きちんと親に甘えると、いずれは親から離れていく

 子供は親に甘えて来るが、いつまでも親に甘えて来るのではないのだ。親からきちんと甘えさせて貰った子供ほど、自治領域を拡大して来るから、自分一人で遊び、母親が過保護や過干渉をしなくても済むようになるのだ。その内、母親の家事を手伝い始め、母親の力に成ろうとし出すものなのである。

 子供が小学生に成り始めると、母親よりも友達を大事にするようになり、徐々にではあるが母親から離れていくものなのだ。母親からきちんと愛されたからこそ、友達ときちんと友情を育めるようになるのだ。女の子であるなら初潮を迎えれば母親から明らかに離れていくし、男の子であるなら中学生になれば母親から明らかに離れて行くのだ。その時期こそが自立の始まりなのである、

 子供が従属時代にきちんと親に甘えることができた場合、その子供が大人になって精神的自立をすることができると、親にお金を渡してくるものだ。自分が自立できたことは、自分が悪戦苦闘して自立できたわけであるが、自分を産み育ててくれた両親に対して、お金を渡すことでその感謝の意を示すものなのである。如何なる親といえども、自分の子供からお金を貰ってしまえば「親子関係の終焉」を迎えたことになるのだ。これができた子供はいずれ結婚して、自分の両親から独立して来るものなのである。

 一方、子供が従属時代にきちんと親に甘えることができなかった場合、その子供は大人になっても余程のことがない限り、精神的に自立できなくなる。自分が自立するために、心の中の愛の蓄積が決定的に不足しているからだ。子供を甘やかして育てた母親というのは、我が子が大人になっても甘やかしてくるので、我が子が結婚し所帯を持っても、お金を与えてしまうのだ。そのために、より一層自立することができなくなり、言っていることは支離滅裂で、遣っていることになんの合理性もない行動を取ってしまうようになるのだ。

 自分が親から独立していれば、親が寝たきりになった場合、親の介護は当たり前にできるものだ。なぜなら自分を産み育ててくれたのは自分の親だから、自然と親孝行ができるようになるのだ。ところが、自分が自立すらしていないと、親に対して孝行する気は更々ないので、親が寝たきりになっても介護をしようとしなくなるのである。

 親が子供をきちんと甘えさせたか、それとも甘やかしてしまったかは、その後、子供が大人になった時に、一方は独立することができ、もう一方は自立すらできないということで、はっきりと現れて来るのである。親自体が政府が出す子供手当に喜んでいるようであるなら、精神的な自立をし終えていないから、自分の子供を甘やかしてしまい、将来に於いて我が子の自立を不可能にさせてしまうのである。自分たち家族がどんなに貧しくても、政府からの子供手当を拒絶していれば、その姿を見た子供たちは親に感銘を受けて、その後、立派な人物として成長して来るようになるものなのである。

Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 Toy Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2

販売元:メガハウス
発売日:2010/08/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 親が親たりえる理由 | トップページ | 脳のシナプスの形成 »

妊娠」カテゴリの記事

子育て」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

結婚」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

有難うございましたhappy01
コーヒー 注意ですね!カフェインはお茶にも含まれますよねsweat01沸かしたお茶を旦那に持たせているのですが 何が一番良いのでしようか?
今は麦茶やルイボス茶などです
カフェインはチョコレートにも含まれますよねsweat01
私も旦那もチョコレートが好きで食後に食べたりしてます
駄目とわかっててもつい食べたくなるんです
チョコレートにはアレルギン?の成分で精子に良いと聞いた事がありますが 本当はどうなのでしようか?

投稿: あやのん | 2010年5月18日 (火) 20時47分


タマティーさんお久しぶりです。
ご無沙汰しております。
お元気ですか?
私の事、覚えていますでしょうか?

blogのタイトル変えたのですね。以前ケイタイを新しくしまして、
タマティーさんのblogのBookmarkがなくなってしまって、一生懸命探して見つけました。

久しぶりの書き込みなのに申し訳ないですが、相談に乗って頂けないでしょうか?

私は今、離婚してから実家に住ませてもらっております。とても助けて頂いてます。ですが、私の寝る所がリビングなのです。何故リビングで寝ているかというと、部屋が足りないんです。私には一つ下の妹が居まして、子供部屋が共同だった為に一つしかないのです。今子供部屋は妹が使っています。この間寝る部屋が欲しいと妹に呟いた所、納戸を部屋にして移動してくれると言われました。子供部屋を使う許可が出たのですが、
その部屋がとんでもなく汚くて、片付けるだけでどのくらいの時間がかかるのだろうってぐらいにひどいんです。片付け嫌いな妹が頼んで片付ける訳でもなく、結局ちゃんとした部屋で寝るのはいつだろうと思っております。
息子も動くようになって来ましたし、テーブルの角とかにぶつけたら大変なので早く広々と子供用のマットを敷いて遊ばせたいです。(実家は全体的に汚いので、息子の遊ぶスペースが私の布団しかありません。)

実際リビングで寝ましても、全然寝た気がしません。朝から夜中まで家族が出入りしてますし、息子は10ヶ月になりましたが新生児の頃と変わらず夜中に2〜3時間ごとに起こして来ます。息子は寝るとき後頭部に汗をかくので、それで起きてしまったりして結局全然寝れないのです。(タオルを敷いたり薄着にしても駄目でした。)

その睡眠不足の積み重ねと寝れないストレスが溜まってしまったのが原因なのか、最近ずっとイライラしていて、何もかもやる気になれないのです。離乳食作るのも面倒くさくて…最低な母親ですよね。そんな自分に嫌気がさしています。息子もイライラしている私に気づいているのか、余計に寝なかったりぐずったりします。

私は一定期間ストレスが溜まると歯止めが効かなくなり、ぶちギレてしまいます。実家に来てからも何回かぶちギレてしまいました。今回もそろそろキレてしまいそうで怖いです。

自分では、このストレスをなんとかしようと思っても全然解消されないのです。うまくコントロールして、穏やかな母親で居たいなと思っております。

どうかいいアドバイスがありましたら、よろしくお願い致します。
くだらない悩みですいません。

投稿: りあ | 2010年5月19日 (水) 01時54分

 あやのんさん、麦茶とかなら安全ですよ。
 カフェインが危険なのは、カフェインには中毒症状があるために、大量に取り過ぎてしまうことなんです。
 男性の場合、缶珈琲が好きな人は1日に何本も飲んでしまうし、アメリカン珈琲のように薄い珈琲を飲んでしまうと、1日に何杯も飲んでしまい、それでペニスやら精子に悪影響が出て来るんです。
 カフェインは少量なら脳を覚醒したりと有益な効果はあるんです。
 あやのんさんの体を温めるためたいなら、紅茶とかでもいいでんす。

 チョコレートはタマティーの大好きです。
 タマティーは素朴に明治の板チョコが好きです。
 チョコレートは精子よりも寧ろ女性ホルモンに働きかけてきます。
 あやのんさんは保育士をやっているので、職業柄どうしえも欲しくなるのでしょう。
 チョコレートを買う時は品質に気をつけて下さいね。
 アメリカ製のチョコは味付けが雑なので、どうしても大量に食べてしまい、そのために肥満になってしまうんです。
 日本製のチョコは日本人向けに作られているので、味付けがきちんとしているので、そんなに食べないもんですよ。
 精子に効くのは「ニンニク」「ヤマイモ」「ゴボウ」「人参」とかですよ。それと魚の精巣とか、鶏の金玉とかも効果ありですよ。
 旦那に精子に効きそうな物を食べさせ、ペニスがどのようになったか自己申告させると、自分の夫にはこの料理が効くんだなというのが解りますよ。 

happy01 happy01 happy01

投稿: タマティー | 2010年5月19日 (水) 06時39分

 りあさん、タマティーはしっかりと覚えていますよ。happy01
 よくぞこのブログを見つけてくれましたね。
 タイトルを変えてもniftyのどこかのカテゴリーでブログを公開しておりますので、安心して下さい。

 りあさん、離婚して出戻って来たのだから、肩身が狭いものですよ。
 実家といえども住まわしてくれるだけ有難いと思った方がいいです。
 赤ちゃんは夜泣きをする以上、りあさんの母親も妹さんも迷惑している筈です。
 子供部屋を貸してくれるというのなら、自分で掃除をしてしまえばいいんです。妹さんの了解を取ってしまえば、後は自分で地道に掃除をしていくしかないですよ。
 それと部屋を譲ってくれた以上、それを当たり前だと思うのではなく、妹さんに何かしらの利益を与えることは必要ですよ。
 妹さんから頼み事があるなら、それを快く受け入れ、頼み事をこなしてしまうことです。
 リビングで寝ていれば、きちんと睡眠できないことは当たり前ですよ。
 早く子供部屋に移って、早寝をするようにすることです。午後10時までに就寝すると、熟睡できてしまうものですよ。自分が熟睡した後に夜泣きで起こされても平気ですが、自分が熟睡する前に夜泣きを食らうと、誰だってヘトヘトになってしまいますよ。

 イライラが募っているのなら、炭水化物不足とカルシム不足と蛋白質不足が原因です。
 穀物は玄米にして、1口30回以上噛むことですよ。食事の際にしっかりと穀物を食べていると、間食はしなくなり、血糖値を安定的にすることができます。
 それとカルシウムが不足すると神経過敏になってしまいますので、些細なことでイライラしてしまうようになります。ヨーグルトを食べたり、小魚を食べて、しっかりとカルシウムを摂取しておくことです。
 トドメは蛋白質の不足で、蛋白質が不足すると脳に傷がついてしまい、鬱病のような症状が出て来てしまいます。そこで肉や魚を食べるということが必要になってくるんです。
 、
 りあさんは自己中心的に物事を考える傾向にあるので、たまには相手の立場に立って物事を考えるってことも必要ですよ。
 相手に利益を掴まして、自分も利益を掴むようにすれば、人間関係のトラブルは激減する筈ですよ。
 GIVE&TAKEの精神を忘れずに!

happy01 happy01 happy01

投稿: タマティー | 2010年5月19日 (水) 06時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/496414/34691708

この記事へのトラックバック一覧です: 「甘え」と「甘やかし」:

« 親が親たりえる理由 | トップページ | 脳のシナプスの形成 »