« 子供は風の子 | トップページ | 子供の心を育てるのに最重要の役割を果たすのは「母親」である »

ウィークエンドエッセイ『「済みません」より「有難う」』

●電車の中でネタを考え中

 俺の仕事の哲学に於いて「通勤ラッシュを避ける」というのは重要な考えの1つだ。朝の大事な時間を通勤ラッシュに使っていては、労働の大きな損出になるからだ。俺は現在でもラッシュアワーとは関係のない仕事をしているし、そのため朝早くから仕事をすることができ、午前中にはなんの疲労もなく大量の成果を上げ続けている。

 大体、仕事の経験則で朝のラッシュの時間帯は解っているので、その時間帯に出勤すべきではないのだ。もっと朝早く起きて出勤するとか、逆に朝に行っても仕事をする必要性がないのら、ラッシュ時に電車に乗るべきではないのだ。ラッシュの時間帯に電車に乗るからこそ、通勤で疲れ切ってしまうし、服はグシャグシャになってしまうし、女性は痴漢の被害に遭ったりするのだ。それらはラッシュの時間帯に乗った自分が悪いのであって、他人に責任を転嫁すべきではないのだ。

 俺もたまにではあるが電車を使うが、ラッシュ時を避ける時間帯で使用している。すると必ず座席に座れるものだし、非常に快適な旅になるのだ。俺は電車に乗る時、車両の端っこである連結部分にある座席に座るようにしている。ここに座ると物を置けるし、乗降客に邪魔されずに読書できるので、非常に有効な時間をとして使えるのだ。

 俺はこの座席でこのブログのネタを考えていることもある。いいアイデアが浮かんだらメモを取り、書き綴っているのだ。それを帰宅後、パソコンに入れて、後は毎朝そのアイデアを元に記事を書くのだ。そのため今まで一度たりともネタに詰まったことがないので、他のブロガーの人たちがブログのネタに詰まった話を聞くと、どうしても不思議でならないのだ。

 仕事ができる人とできない人を分けるものに、電車内での時間の使い方というものがある。仕事のできる人はこの時間を有効に使って仕事を進めているし、仕事のできない人は新聞や漫画雑誌を読んだり、音楽を聞いて無駄に過ごしているのだ。若い頃は仕事の移動にグリーン車を使うのは勿体ないではないかと思っていたが、グルーン車に乗れば、その間、確実に座れて仕事ができるようになるので、お金を払ってでも行う価値はあるのだ。

●通勤ラッシュ時に子供を連れて乗り込むのは無謀である

 俺が好きな座席で困るのが、2分の1の割合で優先席だということである。優先席というのは、仕事をしている俺を優先してくれるのではなく、妊婦や老人や身体障害者を優先するということである。車両の端っこの座席は仕事がし易いので、優先席など定められても困るものなのである。それなら優先車両を作ってほしいものだ。それなら他の人々はなんの気兼ねをする必要性がなくなるし、優先車両を使う人々もその車両に行けば確実に座れるようになるからだ。

 大体、電車に乗っていても、身体障害者はまず乗ってこない。1度だけ、身体障害者ではないが、かなりの重病を患っている人が看護する人に付き添われて乗って来たことがあったが、さすがにこの時は座席を譲った。老人も乗って来ることは乗って来るが、最近の老人たちは座席を譲っても座ろうとせず、立っているのだ。自分が老人なのに老人扱いされたくないのである。

 問題はベビーカーを持った母親が乗って来た時である。さすがに子連れの母親が乗ってくれば、誰もが座席を譲るのだが、母親は若いものだから座ろうとしないのだ。座席に座るほど疲れてはいないのだ。そしてベビーカーを持っている以上、座席は必ず2つ要ることになるので、2人分どいてくれなければ、座ってこないものなのである。

 こういう座席の譲り合いは優先席の思想が現場に於いて機能したことになるのだが、これは飽くまでも車両がそれほど混んでいない状態での話である。時たま育児をしている母親などから通勤ラッシュ時に電車に乗ってしまい、大変な目に遭ったという話を聞くが、通勤ラッシュ時に子供を連れて乗り込むのは無謀というものである。誰もが身動きが取れなくなっている以上、誰もが自分のことで精一杯なのである。

 子供がいるなら、通勤ラッシュ時を避けて、早く家を出るか、遅く家を出るかして、通勤ラッシュ時に遭わないような配慮をすべきなのである。満員電車の中で子供がグズろうものなら、大変なことになってしまうからだ。育児をしていると、自動車が重宝するのは、確実に電車の通勤ラッシュを避けることができるからだ。勿論、渋滞に巻き込まれることはあろうが、通勤ラッシュ時の混雑さに比べれば、なんでもないことなのである。

●座席を譲られたら「有難うございます」って言おう

 育児をしている母親に座席を譲った時に気になるのが、「済みません」と言って来ることだ。こういう場合は、「有難うございます」と言うべきなのだが、恐らくのその母親の口癖なのかもしれないが、「済みません」と言って来るのだ。こう言われてしまうと、なんだかその母親が悪いことをしているようでもあり、座席を譲った方もすっきりとした気分になれないのだ。

 この手の母親はどこに行っても「済みません」を連発しているのだろう。考えてみると、口癖として「済みません」という母親は結構多くて、何に対しても「済みません」と言って来るのだ。そのためか育児が大変なものになってしまい、どうしてもトラブルを起こしまくってしまうようになるのだ。

 座席を譲られたのなら、素直に「有難うございます」と言えばいいのだ。そうすればなんの気兼ねもなく座ることができるし、座席を譲った方も気分が良くなり、今後もこういう善行をしようとするものなのである。他人から善行を施された場合、自分もそれに見合う善行をしなければならないものなのである。

 子供がいる以上、周囲に多少の迷惑がかかることは致し方ないことなのだ。それは子供がいれば当然に起こることだし、そういう現象が起こっているということは子供がきちんと成長しているということなのである。だから自分が母親としてなんにも悪いことをしないと考えるのではなく、子供を育てている母親だからこそ悪さを仕出かしてしまうものだし、そういう時はお互い様で助け合えばいいと気楽に考えることなのである。

 何事も自己中心的に考えるのではなく、相手の立場に立って考え、相手の行為をきちんと評価することだ。例えば、座席を譲った人は、自分が座席を座り続けることの利益を放棄してまで、育児をしている母親を優先させている以上、「済みません」では駄目だし、座席を譲られることを当たり前と思っても駄目だ。こういう時はやはり「有難うございます」なのだ。

●母親特権を使用せよ

 初めての育児で育児をしていると、下手をすると母親は子供と2人きりになってしまい、家の外に出ても自分の意見が全て通ると思ってしまいがちだ。家の中では自分は自由に振る舞えるために、いつの間にか傲慢になってしまい、世の中は自分の思い通りには決して動いてくれないという現実を忘れてしまうのである。

 そのため外出すると自分の気に食わないことに出くわしてしまい、その都度、怒りまくっているのだ。こういう場合、不人情な人々が悪いのではなく、傲慢になっている母親の方が悪いものなのである。世の中は自分に親切な人だらけだとは決して思わないことだ。この世は決して自分中心に回っているのではないのだ。

 育児をしていて怒りを発することがなくなるためにも、傲慢な生き方を捨てて、謙虚になることだ。自分が謙虚になりさえすれば、自分が育児で幾ら困っていても、自然と他人の手助けが入るものなのである。水は高い所から低い所へとしか流れないように、自分が謙虚になれば、自然と他人の優しさに出合えるものなのである。自分が傲慢になっているからこそ、他人の手助けが入らないのである。

 自分が赤ちゃんを産んで母親になった以上、母親特権を徹底的に使った方がいい。買い物に子連れで行けば、店の人は値段を負けてくれたり、何かサービスの品をくれたりするものだ。そういう善行を受けた時は、「有難う」って言って相手の善行に対して、自分もきちんと善行を積んでおくことなのだ。

 口癖というのは、無意識の内に自分の心の在り方が出て来てしまうものだ。自分が育児で楽しんでいないと、自然と「済みません」という言葉が出て来てしまうものなのだ。だからこそ育児を楽しむ。育児を楽しんでいれば、自然と「有難う」って言葉が出て来るものなのだ。自分が他人に「有難う」って言葉を多く言っていればいるほど、育児を楽しんでいることになるし、自分の人生も楽しんでいることになるのだ。

Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 Toy Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2

販売元:メガハウス
発売日:2010/08/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 子供は風の子 | トップページ | 子供の心を育てるのに最重要の役割を果たすのは「母親」である »

妊娠」カテゴリの記事

子育て」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

結婚」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

私は 何故か照れくさくてつい すみませんと言ってしまいます
でも 本当は有難うの方が相手も良い気持ちになるだろうなと思うのですが…
今日から有難うの数を増やすぞー!
実は最近 眠れませんcrying
多分、凄く嫌な思い出のある元彼 が 結婚し子供が産まれた事を知ってから イライラしてるのだと思いますcrying
かなり昔の事です、相手の母親が占いで色々調べたらしくその結果が悪かったとかで、嫌な事をされ、2人の雰囲気も悪くなって… 相手の男も 今思えば責任感も私への愛情もない人間でした それに気づかないふりをしていた私も最悪でした
でも、かなり辛い思いをした分色々勉強になったし免疫もついた感じて…もう消化していました
もう 忘れていたのに子供 と聞くと 何で!と 思ってしまっているのでしょうか…
腹をたてる価値もない事なのに
同僚や友達の出産はそうか、私も頑張れ!と無理やり思って乗り越えてきたのだし、こんな事で自律神経をおかしくして無意味&時間の無駄とわかっています
友達に話すのも恥ずかしくてタマティーさんに言ってしまいました
読んで貰えただけでも 有難うございますm(_ _)m
これからの季節 妊娠力のupする食べ物はありますか?

投稿: あやのん | 2010年5月 9日 (日) 04時38分

 あやのんさん、恋愛で別れる時は、自分の感情とは関わりなく、別れて行きますからね。
 タマティーの場合は、恋人の姉が嫌がらせをしてきて別れたことがありました。
 凄く嫌な思い出だけど、矢張り別れるべくして別れたんだなと思えるようになりました。この思いに辿りつくまで時間はかかったですけどね。
 あやのんさん、元彼のことで自分の心を掻き乱されるようなら、まだまだ気持ちの整理ができていないってことです。
 とっとと忘れてしまうことです。

 休みの日に夫婦で海岸に出かけて、そこで釣りをして、魚料理を出す店に入って、旬の魚を食べるようにしたらいいです。
 夫婦2人暮らしなら、魚料理の頻度は少なくなってしまうと思います。
 それで魚料理の専門店に入って、魚料理を堪能すればいいんです。
 どの食べ物でも本当に美味しい期間は、1年の内に10日間しかないんです。
 その10日間を「旬」というんです。
 野菜とかも旬がある筈なんですが、最近はビニール栽培が多いので、旬のない野菜が多くなっているんです。
 その点、魚は養殖でない限り、旬が必ずありますからね。
 旬の物を食べていれば妊娠の確率がアップしていきますよ。

happy01 happy01 happy01

投稿: タマティー | 2010年5月 9日 (日) 07時00分

コメント有難うございましたhappy01
タマティーさんにスッと答えて頂くと胸がスッキリして 単純ですが普通に眠れそうです!
タマティーさんって博学な上に深くて しかもピーチジョンまで知ってるなんて凄いです!
魚は夫も私も好きで刺身もよく食べます
スーパーで買ったものですが…
旬ものを心掛けたいと思います
もし子どもが産まれたら一緒にやりたい事が沢山ありますhappy01
今は保育所の子どもで我慢ですが…自分の子どもなら保護者に色んな遠慮しなくていいし…って当たり前ですねsweat01今まで子ども達に教えてもらった楽しい事を自分の子どもとしてみたいです
その為にも生姜湯!体温up!頑張らねば!
最近 夫が ヒノキアレルギー&花粉症で胸がヒューヒュー鳴ってます 手や胸のツボを押しても気休めで…すぐヒューヒュー…何か 良い方法ありますか?薬も飲んでますが駄目ですsweat01アドレスお願いします
m(_ _)m

投稿: あやのん | 2010年5月 9日 (日) 16時46分

 あやのんさん、凄いですね!
 夫婦二人暮らしだと、普通、魚料理は減るもんですよ。
 因みに、魚の脂は胎児の成長には必要不可欠なので、脂の乗った魚は妊娠に効果ありですよ。

 妊娠を控えている以上、薬は控えた方がいいです。
 しかも効果がない薬は使用しないことです。
 花粉症対策には、「ニガリ」を飲むことです。
 ニガリを数滴お湯に入れて、それを飲むとマグネシウムの補給になって、免疫力が正常に作動するようになるんです。
 朝と晩に飲むようにしてください。

 それから珈琲などのカフェイン入りの飲み物を避けることです。
 健康な体であるなら珈琲は有害ではないのですが、花粉症のように免疫疾患に成っている場合は、珈琲は症状を悪化させるだけです。
 もしも何かしらのカフェイン入りの飲み物を飲みたいのなら、紅茶を飲むようにすることです。

 それとお風呂で体を温めた後に、冷水シャワーを浴びるようにすることです。
 冷水シャワーを浴びると副腎皮質ホルモンが大量に分泌されて、免疫力を高めることができ、花粉症を撃退して行くことができるようになるんです。

 これらのことをやっておけば花粉症は治ることでしょう。花粉症が治ればヒノキアレルギーも徐々に治まって行くと思います。
 旦那さんの年齢を考えると筋力が徐々に衰えていく時期なので、日々の運動を欠かさないようにし、休日などには夫婦でハイキングでもしてみることですよ。
 とにかく体を動かして汗をかくことですよ。
 汗をかけばかくほど健康になっていくもんですよ。

happy01 happy01 happy01

投稿: タマティー | 2010年5月10日 (月) 06時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/496414/34377159

この記事へのトラックバック一覧です: ウィークエンドエッセイ『「済みません」より「有難う」』:

» アップリカ [アップリカ]
ベビーカーをお探しですか?コンビもいいけど、やっぱりアップリカでしょう。アップリカ 抱っこ紐もありますよ。 [続きを読む]

受信: 2010年5月 8日 (土) 15時32分

« 子供は風の子 | トップページ | 子供の心を育てるのに最重要の役割を果たすのは「母親」である »