« 娘に読ませたい本『赤毛のアン』 | トップページ | 子供に霊能力がある場合の対応 »

男の子にとって喧嘩は絶対に必要

●男の子は言語能力の成長が遅いもの

 乳幼児を育ててみると、最初の頃は可愛くても、成長してきて他の子供たちと交われば喧嘩をし出すものだ。喧嘩の原因の殆どは「オモチャの取り合い」だ。乳幼児は母親の下では自分の意見が基本的には通るから、他の乳幼児に対して同じようなことをやれば、それが喧嘩になってしまうのだ。

 だから乳幼児が喧嘩をするというのは、人間関係を学んでいく上で非常に大事なことなのだ。喧嘩をすることで、どのように人間関係を作り、それを維持して行けばいいを学んでいるのである。この時期、母親にとってはハラハラドキドキの連続になってしまう。我が子が喧嘩をすれば、謝るのは母親になってしまうからだ。しかし喧嘩しなければ我が子は人間関係を学べないからだ。

 そうやって喧嘩しまくりの時期をすぎると、女の子の場合、その後も喧嘩をするけど、暴力を伴う喧嘩はなくなり、喧嘩は「口喧嘩」になり、喧嘩に於いて母親が出る幕はなくなるものだ。女の子は言語能力が達者だから、わざわざ暴力を使わなくても、言葉を交わすことで問題を処理できrようになるのだ。

 だが男の子は違う、男の子は暴力を伴う喧嘩を延々とやりまくるものだ。男の子は女の子とは違い、言語能力の発達が遅いために、相も変わらず暴力を使い続けるのだ。母親も我が息子が喧嘩をする度に、謝らなくてはならないので、母親としては冷や冷やもんが延々と続いてしまうことになるのだ。

 とはいっても、もしも母親が息子に喧嘩を禁止してしまったら、どうなるか? 息子は人間関係を構築する機会を失ってしまうのだ。喧嘩というのは、家の外に出れば、自分の意見はそのまま通ることはないということを教えるのに、格好の授業なのである。喧嘩をしなければ、自分の意見は全て通ると思い込む、とんでもない子供に成長してしまうのである。

●喧嘩をすることで友達を作って行く

 母親にとって理解不能なのは、男の子が喧嘩をすることで友達を作って行くという行為である。通常、女性が暴力を伴う喧嘩をした場合、その相手とは絶交状態になる。しかし男の子は喧嘩で友達を作るという、女性には理解しがたい行動を取って来るのだ。勿論、この行為が大人になっても続くのではなく、大人になれば自分に暴力を振るった相手に対しては絶交するようになるのだ。喧嘩をして友達を作るというのは、男の子が若い時期にする不思議な行動パターンなのだ。

 自分の息子が小さい時はしょうもない喧嘩をして、それで仲良くなるという行動を取って来るのだが、これが幼稚園児や小学生になって、相手のことを凄まじいほどまでに憎んでいるのに、喧嘩を切っ掛けにとても親しい友人に変化してしまうのだ。まずこのようなことは女性である母親の身には絶対に起こらないことなので、母親にとっては理解不能なのだ。

 だから、娘には「みんなと仲良くしようね」と教えることが正しいことでも、息子には「喧嘩を売られたら、絶対にその喧嘩に勝て!」と教え込むべきなのである。次いでに「喧嘩に負けて帰って来るような子は我が家には入れません!」と退路を断ってしまうことだ。そうすれば息子は喧嘩をする時は全力で行い、喧嘩に勝てるようになるものなのである。

 もしも自分の息子が喧嘩に負けまくっているようであるなら、柔道や空手やレスリングを学ばして、喧嘩に勝てるようにしてあげることだ。喧嘩に負けることほど、男の子にとって悲惨なことはないのだ。母親としては我が息子が喧嘩に負けることがないように力をつけさせてあげる機会を設けてあげることは非常に大事なことなのである。

 子供の喧嘩といううのは、身長というものが恐ろしいほどまでに物を言うものだ。それゆえ息子にはカルシウムを多く取らせて、身長を伸ばしてあげることだ。味噌汁に煮干しを多めに入れて、その煮干しを食べさせたり、ヨーグルトを毎回夕食に出したりすることだ。それから縄跳びをさせて、体に刺激を与えることで、身長を伸ばし、骨を丈夫にさせておくことだ。

●やってはならない喧嘩

 男の子は喧嘩を大いにやるべきだが、喧嘩の中にはやってはならない喧嘩も存在する。母親は喧嘩自体を否定するのではなく、やってはならない喧嘩を否定することだ。もしもやってはならない喧嘩をしたのなら、父親に叱って貰うことだ。暴力を使って教え込まない限り、息子には理解できないからだ。

①弱い者イジメ

 まずやってはならない喧嘩の筆頭は「弱い者イジメ」である。喧嘩をやっていいのは、男の子同士であって、女の子には手を出してはならない。女の子は基本的に弱い生き物だからだ。しかし女の子から言葉の暴力を振るわれたら、絶対にその喧嘩を買って、相手を叩きのめさなければならない。男の子の方が喧嘩を控えているのに、言葉の暴力を振るって来るような女の子に容赦すべき理由はないからだ。

 それと身体的欠陥を理由にするイジメである。身体障害者をイジメた時は徹底的に叱っておくべきである。子供は平気で身体障害をバカにしてくるので、身体障害を理由に喧嘩を吹っ掛けてはならないのだ。それは身体障害者にとってどうにもならないことだからだ。できれば身体障害者と友人になり、子供に身体障害者とはどういう人たちなのか教えておくべきだろう。

 それと同じ国籍を持っているのに、出身国で差別するイジメである。外国出身でも日本国民に帰化したのに、その出身国をあげつらってイジメをしたら、絶対に叱っておくことだ。例えばその子が中国出身なのに、日本に帰化した場合、「や~い、中国人!}といえば、喧嘩になってしまうものなのである。そのような喧嘩は許してはならない。同じ国籍を持っている以上、不当な差別はしてはならないからだ。

②凶器を使う喧嘩

 喧嘩は素手でやれということだ。喧嘩の悪い奴に限って凶器を持ちだして来るので、喧嘩に負けっぱなしなら、或る程度まで喧嘩の仕方を教えておくことだ。もしも凶器を使って喧嘩をしたのなら、半殺しにするくらい、殴りつけておくことだ。そうしない限り、息子は理解できないのだ。

③相手に重傷を負わす喧嘩

 喧嘩は相手をダウンさせたり、逃亡させたりすればいいのであって、重傷を負わすべきではないのだ。子供といえども、力の入れ具合や、当った場所が悪ければ、重傷を負わすことになるので、喧嘩は正々堂々と行うことを教え込んでおくことだ。子供の喧嘩といえども、相手の子供に重傷を負わした場合、母親がその弁償をしなければならなくなるので、一体幾ら支払ったかその金額をとくと教えておくことだ。

●男の子の喧嘩については夫に聞け

 母親だけでは男の子をきちんと育てることはできない。特に男の子の喧嘩は、女性である母親には理解不能な行動だからだ。でも息子は喧嘩をしないとまともな男性に育ってくれなのだ。もしも喧嘩をせずに育ててしまった場合、碌な大人にはならないだろう。男は喧嘩をすることで、この世で生きて行く術を学んでいくものだからだ。

 息子が喧嘩し出すようになったら、素直に「母親である私には理解不能だ」と夫に知らせておくことだ。そうすれば夫は息子と二人きりで男同士の話し合いをし、喧嘩の勝ち方や、もしも喧嘩に負けた時どうすればいいのかを、父親から教えて貰うのである。父親はこういう時にこそ必要なのである。

 母親だからといって、我が子に喧嘩することなく、みんなと仲良くして欲しいと思っていると、息子はロクデナシに育ってしまうものなのである。男の子なら喧嘩をしなければならないのだ。喧嘩をいなければまともに育って行くことはないのだ。息子が喧嘩をすれば、母親の心は穏やかなものではない。しかしそうやって母親の考えを超えて、息子は育って行くのである。

 男性は大人になれば、妻子を守り養わなければならない立場に置かれるのである。それゆえ男性は強くなければ、妻子を守ろうとはしなくなるし、それどころか結婚すらしないことであろう。母親である自分は夫から守られている立場にあるからといって、息子も母親と同じ考えでいては困るものなのである。今は小さな子供であっても、いずれ妻子を守る立場に立たなくてはならないのである。

 息子が喧嘩に勝てば、それで万々歳ではなく、相手の親が怒鳴り込んで来るものだ。しかしその時は謝りながら、「うちの息子は良くやった!」と心の中では思っていればいいのだ。もしも息子が喧嘩に負けたら、「喧嘩には必ず勝てと言っただろうが!?」と怒鳴りつけてしまうことだ。そうすれば次の喧嘩には勝つことができるようになることであろう。

 母親としては非情な行為であっても、そうやって息子を育てて行くからこそ、息子は強くなっていくことができるのである。男の子にとって喧嘩は絶対に必要なものなのである。どうせ喧嘩をするんだから、喧嘩をすることを止めるのではなく、喧嘩を勝てるように仕向けてあげるのが、母親が我が子に与える本物の愛情というものなのだ。

Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 Toy Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2

販売元:メガハウス
発売日:2010/08/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 娘に読ませたい本『赤毛のアン』 | トップページ | 子供に霊能力がある場合の対応 »

妊娠」カテゴリの記事

子育て」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

結婚」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

 ナオさん、それでは運命鑑定の結果を報告します。

①結論
 「どんどん妊娠して、たくさん赤ちゃんを産みましょう。」

②ナオさんの性格
 ナオさんはとても可愛くて、のんびりやさんで、社交的です。
 表面的にはやんわりとしているのですが、考え方は保守的で、頑固になると梃子でも動かなくなります。
 目標を実現するためには如何なる努力をも惜しまず、若い時には凄まじいほどのエネルギーを発してきます。

③旦那さんの性格
 旦那さんはよく気が利き、お喋りが上手で、仕事を進めて行く時の集中力は非常に高いです。
 伝統を尊重しますが、物事を合理的に考えて来るので、斬新なことをも平気でしてきます。
 どうしても先走る傾向にあるので、みんなと同じという場所では大した能力を発揮できません。住職のような、人とは違う職業でなら、幾らでも能力を発揮することができます。

④夫婦の相性
 出合った時から何かピ~ンと来るものがあった筈です。
 それもその筈、相性が抜群にいいからです。
 話をすると、他の如何なる男性よりも話が会った筈です。
 夫婦双方共に、宿命上は「愛を与える」宿命を持っているので、二人の波長がピタリと一致する訳です。
 但し、考え方が多少異なり、ナオさんは保守的で論理的に考えてきますが、旦那さんは合理的に理屈を積み重ねて来るので、どんなに意見が対立しても、夫婦共々言っていることには一理あるわけです。
 それを「性格の不一致」と考えるのではなく、単なる考え方の相違として受け止め、相手の意見を取り入れることができれば、夫婦の仲は益々良くなって行きます。

⑤娘さんの運勢
 娘さんの「美百合」とは本当に美しい名前です。多分、可愛い女の子なので、旦那さんが可愛がる理由も良く解ります。
 恐らく姓名判断の本を読んで命名したのでしょう。
 美百合は地格で「21画」で、総格だと「33画」になってしまうので、これでは女性としては運勢が強すぎます。
 男性でも危険な組み合わせなのに、女性なら悲惨な出来事が連発してしまうんです。
 しかも、ナオさんと、娘さんは、共に「美」の文字を使っているために、母親の運勢が良くなると、娘の運勢は悪くなり、娘の運勢が良くなると、母親の運勢が悪くなるということを繰り返してしまうんです。
 できることなら、改名をお勧めします。

⑥ナオさんの結婚の命運
 旦那さんの家が住職ということで、さすがに功徳を積んでいるので、結婚日の運勢も非常に良い日を選んでいます。
 ナオさんは旦那さんと結婚して非常に良かったと思います。
 娘さんの身体障害は恐らく医者の意見を真面目に受け入れしまったために起こった事故だと思った方がいいです。
 それと自分の父親との一件はきちんと解決しておいて下さい。ナオさんは父親から運勢を貰う立場にあるので、父親との仲が拙いというのは、自分の運勢を悪くしてしまうことになるんです。
 それよりもナオさんは自分の母親との縁が薄いので、たとえ母親が生きていたとしても、母親とは理解し合えない仲なんです。
 ナオさん自体は、家族を非常に大事にし、旦那さんは子供が多くいればいるほど、運勢が上昇して来ることになります。
 そのため、より多くの子供を産んで、夫婦双方の運勢を高めて行くことです。

⑦自分たちの宿命を果たすこと
 ナオさんも、旦那さんも、愛を与える宿命を持っています。
 他人に奉仕し貢献することに喜びを感じ、それによって運勢が益々良くなって行くのです。
 そこで子供をたくさん産むだけでなく、慈善をしっかりとしておくことです。
 将来、慈善を行う財団法人を設立して、自分の寺院の檀家さんに慈善を施すようにするんです。
 例えば、結婚祝いとか、出産祝いとか、奨学金とかを与えればいいんです。
 資産の運用益を使ったり、バザーなどを開いてお金を集め、それを使うようにすればいいんです。
 仏教でいう「布施」をしっかりと行うことです。法施や身施は旦那さんが仕事でやっているために、財施はナオさんがやるようにすればいいんです。


 こんなもんでどうでしょうか?
 娘さんの件に関してはもっと言いたいことがあるのですが、余りにも長くなってしまうのでやめておきます。
 いずれ記事の方で、「どうすれば赤ちゃんに身体障害が起こらないようにすれないいのか?」を書くことにします。
 何か質問があったら、コメントに入れておいて下さい。

happy01 happy01 happy01

投稿: タマティー | 2010年6月14日 (月) 06時42分

お忙しい中、貴重なお時間をさいて鑑定をしていだだき、本当にありがとうございました!!

私と主人の性格が本当に当たっていて驚きました。
私は保守的な考えで、主人は斬新な考えで行動をするので、意見がよく食い違ったりします。

私たちは非常に相性がよく、結婚してよかったというので、とても救われたきがします。

子供が染色体異常で産まれたときは、結婚したのは間違いだったんだと思い、主人に迷惑をかけるので、子供と一緒に死んでいなくなった方がいいのではないかと考えていたときもありました。

確かに四年以上交際をしていて別れたいと思ったことはないですし、お互い居心地がよく、このままずっと一緒にいる気がしました。

結婚して子供ができてから子育てに協力してくれない主人に不満を持つようになりましたが、
タマティーさんのブログを読み、私が精神的に自立ができていないからだとわかりました。

出産してから子育てに必死になってしまい、主人をたてることを全然していなかったです。
主人を立てるようになると夫婦仲もよくなり、子育ても楽しくなりました!
タマティーさんのブログに出会えて本当によかっです!!

子供の病気は、
父親との不仲が一番の原因ですね。

父親のことを憎んでいたので、母親のこともなんで離婚しないんだとせめていました。

まずは父親との関係を修復したいです。

そうすれば元気な子供が授かりますよね!

子供の名前はよくない運気なんですね。とてもショックです。
改名をしたほうがいいんですか。
主人の祖母が百合子というので、そこからとり名付けたのですが、なかなか名前を変えるのは周りも驚きますし、難しいですよね。

結婚した日は、主人がお釈迦様の誕生日なのでその日にしようと決めたましたが、とてもいい日だったのですね!
結婚する日というのは大事なんですね。

今はまわりからも跡継ぎの男の子を2人は欲しいと言われていて、もしみんな女の子だったらというプレッシャーもあります。

子供をたくさん授かることができ、子育てが落ち着いたら、2人の宿命の慈善活動もしたいと思います!
突然、慈善活動をするのがいいと言われ、戸惑いましたが。
子育てが落ち着いてからでは遅いでしょうか。

タマティーさん本当にありがとうございました!!
今後ともよろしくお願いいたします!

投稿: ナオ | 2010年6月14日 (月) 22時29分

 ナオさんの夫は住職だから、旦那さんの家は功徳を積んでおられるみたいです。
 普通の人は運命レベルで問題を起こしているんですけど、ナオさんの場合は、運命レベルを通り越して、もう既に宿命レベルに入っていますからね。
 旦那さんには感謝しておくことです。

 娘さんの名前は本当に出来がいいんです。
 タマティーも「美百合」って名前を使いたいくらいです。
 しかし、総格で問題が出て来てしまうんです。
 総格が33画なら今後の展開は予断を許しませんよ。
 改名が無理なら、「ミユリ」と書くとか、「ミユリちゃん」と愛称で呼ぶようにすることです。

 後継ぎのことを要求されるのは当然のことだけど、まずは次の赤ちゃんを五体満足の形で産むようにすることですよ。
 今のナオさんには自分でも健康な赤ちゃんを産めるんだという自信が必要なんですよ。
 もしも余りにもプレッシャーがしんどいというのなら、「あなたは染色体異常を持った娘を可愛いとは思わないですか?」と問い返せばいいんです。
 これをやられると、多分、相手は黙り込んでしまいますよ。

 既成仏教への批判は、お寺が丸儲けになる構造が原因であって、信者たちが寄付したお金が信者たちに還元されないからなんですよ。
 この信者たちの不満が激しいから、新興宗教が出て来るんです。
 新興宗教は胡散臭いと思われているけど、発展している新興宗教団体ほど信者に対する慈善活動に熱心ですよ。
 もしも慈善活動が無理だというのなら、お寺の便所掃除でもすることですよ。
 繁盛しているお寺はどれも便所が奇麗なものですよ。
 便所掃除をすると、健康な赤ちゃんを産めるようになるので、せっせと便所掃除をすることです。
 BGMには 『トイレの神様』がお薦めですよ。

 
happy01 happy01 happy01

投稿: タマティー | 2010年6月15日 (火) 05時59分

タマティさま、いつもアドバイスありがとうございます。

ダメもとでお願いします。
私も運命鑑定をしていただけないでしょうか(>__<)

投稿: ひめ | 2010年6月16日 (水) 23時35分

 ひめさん、只今タマティーは筋肉痛のため、運命鑑定は休止中です。
 筋肉がムキムキになったのはいいのですが、Tシャツはきついし、体中が痛いので、運命鑑定どころではありません。
 『開運なんでも鑑定団』でも見て、気を紛らわしておいて下さい。

 多分、ひめさんの実家は、食事が悪すぎたんだと思います。
 それと母親の方が「会話の仕方」を習得していなかったんだと思います。
 結婚していて、自分の夫が凶暴になるようなら、刑事事件としては夫のせいにされてしまいますが、夫婦的にはその夫も悪いが、それ以上にその妻も悪いというものなんです。

 夫婦なら喧嘩があって当たり前です。余り気にしないように。
 だが、夫が休日で休んでいるというのに、夫と喧嘩してしまうのなら、それは母親譲りの口の悪さが原因ですよ。
 夫婦だからなんでも言っていい訳ではなく、夫婦だからこそ言葉を選んで物を言うべきなんです。
 
 もしもひめさんが休日の日に、旦那さんと喧嘩しないと約束できるなら、運命鑑定に応じてもいいです。
 家族全員の本名と生年月日と職業、ひめさんはそれに旧姓と経験した職業を加えた上で、コメントで書き送って下さい。
 筋肉痛が治り次第、運命鑑定の結果を報告します。


happy01 happy01 happy01

投稿: タマティー | 2010年6月17日 (木) 07時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/496414/35135506

この記事へのトラックバック一覧です: 男の子にとって喧嘩は絶対に必要:

« 娘に読ませたい本『赤毛のアン』 | トップページ | 子供に霊能力がある場合の対応 »