« 子供は遊ぶことで自分の脳を鍛えている | トップページ | 子供にとって家事手伝いは勉強以上に大事 »

子供にとって絵本や昔話はなぜ大事なのか?

●絵本は「話の映像化」を引き起こす

 人間は言語を言語として捉えるのではなく、映像化して捉えている。子供にとってはこれが基本であり、言葉を聞くなり話す時には必ず頭の中に映像が浮かんでいるのだ。例えば、子供が「ママ」と言ったら、必ず子供の頭の中には母親の顔が浮かんでいる筈だ。しかも母親の映像は笑顔であるために、子供は「ママ」という時は必ず明るい口調で言って来るものだ。

 しかし、子供がそうだからといって、大人もそうだとは限らないのだ。大人の方は学校や大学の勉強のために、言語を映像化して捉えるよりも、言語を言語として捉えてしまう機能を発達させてしまったのだ。そのため頭の中で映像化せずに喋って来る女性の話は要領を得ず、「一体あなたは何が言いたいのですか?」と訊き返したくなるような話をしてくるのだ。

 母親が子供ときちんと会話をするために非常に重要なアイテムが「絵本」だ。絵本には文章と絵が描かれているために、母親の方としては話の映像化がし易くなるのだ。絵本は子供向けに作られていても、子供は文字の読めないから、絵本を読むのは母親の役目となるのだ。絵本をきちんと読み聞かせ、絵本の内容が自分でもきちんと解っている母親は、通常の生活でも話の映像化がし易くなるので、子供との会話が非常にスムーズになるようになるのだ。

 子供にとっても絵本は話の映像化をより強化してくれる有難いアイテムなのだ。子供は頭の中に映像が浮かんではいるが、それを言葉で表現する能力が低いために、母親と様々なトラブルを起こしてしまうものなのだ。そこで絵本を読めば読むほど、こういう映像の時はこういう表現をすればいいということが解り、会話能力が上達していくことになるのだ。

 それと絵本の中で繰り広げられる話は現実生活から掛け離れている空想の物語だ。そのため子供は絵本の話を聞かされると、頭の中で現実生活から抜け出すことができ、空想の世界の中で遊ぶことができるのである。この行為を知能を大いに高めることになるので、子供の頃に絵本に親しんだ子供は当然に高い知能を持つことができるようになるのだ。

●昔話は子供たちが理解し易い話

 昔話というのは、本来、祖父母が子供たちに昔の話を解り易く教え聞かせたものだ。そのため子供に理解し易いようにできているのだ。子供には子供が好む物語というものがあるのだ。例えば男の子なら「冒険旅行の物語」だし、女の子なら「お姫様の物語」である。それは子供の成長にとって必要な話だからこそ子供たちは積極的に聞くようになるのであって、必要でない話なら聞くわけがないのだ。

 昔話には必ず「隠された秘密」が存在している。その昔話を表面的に聞くならただ単に物語が巧く展開しているのだが、その昔話を突っ込んで調べてみると、「隠された秘密」が存在し、その「隠された秘密」があればこそ、子供たちは惹きつけられ、何度もその話を聞きたくなるのだ。

 例えば「桃太郎」では、表面的に見れば、桃太郎が鬼を退治して、宝物を持ち帰った話になっているが、実はこれは男の子にとって自立していくお話なのである。まず桃太郎はお婆さんから黍団子を持って出かけるが、男の子が自立するためには母親の愛情が必要だと言っていることを暗示しているのだ。桃太郎はその黍団子を使って、犬や猿や雉を仲間に加えるのだが、男の子が自立するために複数の友達が必要であるということを暗示しているのだ。そして鬼退治。鬼というのは、実は自分の心の中にある上位自我のことで、この上位自我を破壊しない限り、男の子は自立できないのだ。だから、男の子は桃太郎の話を聞くと興奮するのである。

 シンデレラの方は作られた時代が新しいために、もっと具体的だ。シンデレラというのは、「灰かぶり」という意味で、実は先妻の子供なのである。シンデレラは母親が死んでしまい、その後、父親は後妻を迎え、後妻は新たに子供を産んだために、シンデレラは除け者にされたのである。実際のシンデレラは残飯を貰うなり、乞食をすることで飢えを凌いだという凄まじい体験をしているのである。

 シンデレラの話は表面的には空想的なお話なのであるが、実はこの話は女の子にとって自立のお話なのである。まず女の子というのは年頃になれば母親に嫌われてしまうということだ。母親の元を離れない限り自立は始まらないのだ。そしてシンデレラは魔女から魔法を使わして貰うのだが、女性が自立していくためには魔法を使いなさいと言っているのだ。具体的には化粧や洋服や靴といったもので、自分を奇麗に飾り立てろと言っているのだ。そしてその魔法で王子様に近づくことはできるけど、午前0時になってしまうと、その魔法は効果がなくなってしまう。魔法を使って男性に近づくことはできても、男性の心まで掴むことはできませんよと言っているのだ。シンデレラの話は自立できた女性なら、非常に納得が行く物語なのだ。だから母親になったら、シンデレラの話を自分の娘に聞かせるのだ。

●現代の童話の問題点

 昔話に対して、童話作家が作った童話というのは、非常に問題点が多いものだ。子供向けに童話を作ると、碌でもない童話が出来上がるものなのである。昔話は表面的には幼稚な話かもしれないが、実はその話の背後には「隠された秘密」が存在しているので、非常に奥が深いのである。ところが現代の童話作家が作った童話はただ単に幼稚な話になっているだけなのである。

 その童話の出来がいいのか悪いのかを判定するためには、まず音読してみればいいのだ。いい童話は音読してみると、非常にスムーズに流れ、話し易いのだ。童話を読むのは、母親の役目なので、母親ですら喋るのに困るような童話は悪い童話に決まっているのである。

 次に物語の内容をきちんと確かめるべきだ。童話だからといってただ単に幼稚な話では困るものなのだ。子供の成長のために必要な話が隠されているからこそ、子供に聞かせる価値があるのであって、そうでなければ意味がないのだ。これは子供では判定できないので、しっかりと母親が判定すべきなのである。

 そして童話作家自体を確かめることだ。その童話作家が結婚して子供がいるのは当たり前であって、その子供が健全に育っているか確かめることだ。独身者が書く童話など絶対に避けるべきであって、既婚者であっても子供のいない作家の童話など読むべきではないのだ。

 現代の童話作家が書いている童話には優れた物が少ないために、将来的にはこの分野で大物の童話作家が出て来る可能性は非常に高いものなのだ。童話作家が穏当に子供たちの成長を願って、子供たちが喜ぶような童話を作れば、必ずや大ヒットするようになると思う。

●繰り返し読み聞かせることの大切さ

 絵本や昔話は1度読み聞かせればそれで終わりではない。子供たちは何度も同じ話をすることをせがみ、母親は何度も同じ話をしなければならないものだ。同じ話を何度も読み聞かせることで、子供の脳の中に記憶の回路ができあがり、子供はその物語を理解いするだけでなく、更に難しい話に耐えられるようになるのだ。

 母親としては同じ話を何度もするのは飽きるだろうが、これは子供の脳の成長にとって非常に大事なことなので飽きずにやることだ。子供が同じ話をするのをせがんでいるのに、母親が違う話をしてしまえば、子供の脳は鍛えられず、記憶力が非常に弱い子供になってしまうのだ。漠然と同じ話をするのではなく、その話を調べてみて、より深い話ができるようにすることだ。

 女の子は脳の構造上、記憶力がいいために、大きくなってくると、他の話に目移りしていくが、男の子は脳の構造上、記憶力が悪いために、大きくなっても、同じ話をせがんでくるのだ。これには母親はしぶとく付き合うことだ。男の子の脳を鍛えないと、何にも記憶しない子供になってしまうからだ。男の子には男の子の方が飽きるまで何度も何度も同じ話を繰り返すべきなのである。

 子供たちも自分で文字が読めるようになれば、自分で本を読み出すようになるので、母親が子供に本を読み聞かせる時期というのは、実は非常に短いものなのである。しかしこの時期は脳の成長の時期にピタリと合っているために、この時期に母親が読み聞かせることをしないと、子供の脳は充分に発達することができなくなってしまうのだ。母親が飽きずに何度も何度も話をするからこそ、子供の脳は発達することができるようになるのだ。

 子供の知能を高くしたいのなら、本屋に行って絵本や昔話や童話をじっくりと選んで購入することだ。質の高い本を多く購入していれば、それだけ子供の知能を高くすることができるのだ。それ以外にもママ友とかにいい本があるなら紹介して貰うことだ。他の母親が勧める本の全てがいいわけではないが、勧められた本の中にはいい本が入っているものなのである。

Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 Toy Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2

販売元:メガハウス
発売日:2010/08/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 子供は遊ぶことで自分の脳を鍛えている | トップページ | 子供にとって家事手伝いは勉強以上に大事 »

妊娠」カテゴリの記事

子育て」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

結婚」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/496414/34991472

この記事へのトラックバック一覧です: 子供にとって絵本や昔話はなぜ大事なのか?:

« 子供は遊ぶことで自分の脳を鍛えている | トップページ | 子供にとって家事手伝いは勉強以上に大事 »