« 子供への過保護や過干渉の防止法 | トップページ | 二世代同居や三世代同居が子供の脳に与える影響 »

大卒の夫婦が共働きなら、家政婦を雇うべし

●家事の分担の問題は家政婦を雇えば全て解決できる

 時折、女性雑誌などで夫婦間の家事の分担の特集などが組まれるのだが、この特集は既婚女性にとっては非常に関心のある話題らしく、毎年、定期的に特集が組まれるものである。平等イデオロギーに取りつかれれば、家事の分担は夫婦が平等に分担するという発想になってしまうのだが、実際の夫婦たちは妻が家事の殆どを切り盛りし、夫は殆どしないというのが実情なのだ。

 通常、子供が1人や2人の時は、夫は家事や育児を手伝わないものだ。せいぜい妻から「手伝って!」と言われた場合だけするのであって、それ以外は積極的にしようとしないのだ。なぜなら夫は自分が手伝うことは必要ないと判断しているからだ。しかし子供が3人生まれてしまうと、夫は家事や育児を手伝うことは必要だと判断して、家事や育児を手伝って来るのだ。だから、子供が少ない状態で幾ら夫に家事や育児を手伝ってといっても無駄なことなのである。それよりも子供を多く産んで行くべきなのである。

 専業主婦なら妻が家事や育児を行ってしまうのは当たり前のことだ。しかし結婚しても仕事をしている既婚女性にとっては、家事や育児を自分が全てこなすということは事実上不可能なことなのだ。どうしても夫に頼らざるを得ないのだ。しかし夫の方も仕事が忙しいので、家事や育児を妻に代わって見られるほど暇ではないのだ。

 そういう時はお金を出して家政婦を雇えばいいのだ。働く母親たちにとって、家事の分担の問題というのは、家政婦を雇えば全て解決できてしまうのである。仕事で忙しい夫に家事や育児を無理矢理頼んでも夫婦喧嘩になるだけであって、それよりもお金を支払って家政婦を雇った方が効果的な解決策を得ることができるものなのである。特に妻が大学卒で高収入の仕事をしているのなら、産休と育児休暇を取った後は、すぐさま仕事に復帰しなければならないので、こういう時は家政婦に頼んで家事や育児のことをやって貰うしかないのである。

 女性雑誌の特集で、「夫婦の家事の分担で問題があるなら家政婦を雇おう」ということは絶対に言わないので、要注意なのである。それもその筈、女性雑誌の編集長や編集員たちはそれほど給料が高くないために、家政婦を雇うという発想が出て来ないのだ。夫婦の収入が少なくて家政婦を雇えないのなら、その場合は家事の分担の問題なのではなく、夫婦の収入が少ないということを問題にすべきなのである。

●夫が頭脳労働の場合、帰宅後に家事をやる余裕はない

 大卒の女性たちが絶対に覚えておいた方がいいのは、男性というのは仕事に全力投球してくるのであって、帰宅後には家事や育児などを行うエネルギーは残っていないということなのだ。女性であるなら、仕事には適度に働き、仕事で疲れても帰宅すれば家事や育児を行えるだけのエネルギーは残っているものだ。だから働く母親たちは仕事で働いても、帰宅後は家事や育児ができるのである。しかし女性である自分ができるからといって、男性である夫もそれができるとは限らないのだ。

 特に夫が頭脳労働の仕事に就いている場合、絶対に家事や育児を手伝わないし、帰宅しても仕事をするか、明日の仕事のための準備をしているものなのである。政治家や高級官僚、会社経営者、学者や作家などは、仕事で脳をフル稼働させてきたために、帰宅後に家事や育児を手伝うことはないのだ。それどころか職場ではこなせなかった仕事をしたり、仕事のために読書をしたりするのだ。、

 妻にしてみれば、「自宅にいるのなら、家事や育児を手伝ってよ!」と言いたくなるが、頭脳労働の疲労は違う知的刺激を与えることでしか解消できないのだ。肉体疲労なら、帰宅して多少休めば、体力が回復してきて、家事や育児を手伝う余裕も出て来るのだが、頭脳労働の疲労は休んだ所で回復できないのだ。昼間の仕事とは違う仕事をしてみたり、読書をすることで、仕事では使っていない脳の分野を刺激し、そうやって脳の疲労を取り除いているのだ。脳が疲労している者にとって、家事や育児の手伝いが駄目なのではなく、新聞やテレビを見ることすら駄目なのである。

 頭脳労働に従事する者が、帰宅後に家事や育児を手伝っていたのなら、脳の疲労が取れないので、仕事の成果が上がらなくなるし、脳疾患で重傷を負ったり死亡してしまうことになってしまうのだ。大体、政治家や高級官僚や会社経営者が、帰宅後に家事や育児をしていることなどまず有り得ないことなのだ。学者や作家にしても、日中、仕事で高度な思考を展開したのに、帰宅後に家事や育児などしていたら、知的活動などできるわけがないのだ。

 夫が頭脳労働を行ってお金を稼いで来ているというのに、もしも妻が夫に家事や育児の手伝いを頼むのなら、それは夫の仕事を妨害するだけでなく、夫を破滅させているようなものなのである。もしも自分だけで家事や育児ができないというのなら、脳を疲労させている夫に頼むのではなく、家政婦を雇うべきなのである。

 頭脳労働に従事している男性が結婚している場合、家政婦を雇っているか否かというのは、その者の能力を見極める上で、貴重な判断材料となるのだ。家政婦がいるなら、まずその男性は家事や育児を行うことがないから、仕事に専念できるようになるのだ。しかし家政婦がいなければ、妻に依頼されれば、家事や育児を手伝わざるを得ないから、いずれ仕事に支障が出始めて来るようになるものなのである。

●妻に高収入が期待できるなら、家政婦を雇った方が収入は激増する

 夫婦共働きで、妻に高収入が期待できるのなら、家政婦を雇った方が断然お得なのである。家事や育児というのは、やろうとすれば幾らでも時間が食われてしまうので、仕事どころではなくなってしまうのだ。自分が家事や育児を行うよりも、家政婦を雇って、家政婦に任した方が、家政婦に支払う出費が高くても、充分に採算が取れるようになるものなのである。

 この世の中というのは、お金を持った者が圧倒的に有利になるようにできているのである。夫婦共働きであっても、妻に高収入が期待できないのなら、家政婦など雇わず、自分で家事や育児をした方がいいのだ。もしも働きに出るなら、自分の母親や、夫の母親に家事や育児を頼むとかするしかないのだ。昔の庶民の母親たちはみんな働いていたが、自分の母親や夫の母親が家事や育児を手伝ってくれたからこそ、働きに出ることができたのである。その伝統を奇麗サッパリと忘れたからこそ、家事の分担で不要な苦悩を抱え込んでしまうのである。

 自分が仕事をしつつも、或る程度の家事や育児をこなせるのなら、定期的に家事の代行業者を頼んだり、子供を保育園に預けることで、家事や育児の負担を軽減すればいいのだ。家事の代行業者に仕事を頼むと、恐ろしいほどの金額を要求されるが、仕事の出来は想像以上で、家中をピカピカにしてくれるのだ。

 女性が大卒であるというのに、高収入を取れないというのは、学生時代に遊び呆けたり、就職してもまともに働かなかったからなのである。ビジネスの世界に於いて学歴差別は如何なる差別よりも強烈で、大卒の女性は高卒の女性よりも圧倒的に収入が高いものなのである。それなのに、自分は大卒であるけど、きちんとした実力をつけていなければ、当然に高収入など取れる訳がないので、家政婦など雇えなくなってしまうのだ。

 自分が高収入であるなら、家政婦を雇うという選択肢も出て来るし、夫とのトラブルを回避できる措置をも取ることができるのである。子供がいるのなら、勤務時間中までに全ての仕事を終えてしまい、残業をしないようにすれば、子供と遊べる時間も充分に確保できて、育児を楽しめることができるようになるものなのである。

 もしも家政婦を雇わなかったら、夫婦の関係は破綻してしまうことだろう。しかも妻には高収入があるので、平気で離婚してくるのだ。家政婦を雇わなかったばっかりに、自分の結婚生活を破壊してしまったのだ。頭が良く、仕事もできる女性であるかもしれないけれど、人生をよりよく生きる知恵を持っていない女性であることを暴露しているようなものなのだ。

●家の中に大人の女が2人以上いると、男に家事を手伝わせようとはしなくなる

 家政婦に派「住み込み」と「通い」の2種類があるが、住み込みの家政婦の方が圧倒的に忠誠度が高い。仕事をきちんとこなすし、無理な注文もきちんと受けてくれる。しかし料金も高くなる。通いの家政婦は、忠誠度が低く、決められた仕事しかしてこない。家政婦を雇う場合は、その家政婦をきちんと調査しておくべきであって、信用できない家政婦を雇ってしまうと、家の中からお金や貴重品が消えたという事件が発生して来るのだ、勿論、空き巣が入った訳ではなく、家政婦が盗んだのである。

 家政婦が自宅にいると、女性特有の現象が起こって、男性である夫に家事や育児を手伝わそうとしなくなる現象が起きて来るのだ。大人の女性が家の中に2人いれば、女性たちで家事や育児をやってしまった方が合理的なのである。それゆえ、夫は仕事に専念できるので、夫の収入も高くなっていくようになるのだ。

 子供にとってみれば、母親が育児疲労をしていないために、いつも明るく元気でいてくれるし、母親がいなければ家政婦が相手をしてくれるので、子供の脳にとってはいい刺激になるのだ。母親一人だけなら、当然に話す語彙も限られてくるが、母親と家政婦がいれば、使われる語彙が爆発的に増えて行くものなのである。

 古来より、有能な政治家を産んだ家は、殆ど全てといっていいくらい、母親だけが育児をする環境で育って来なかったというのことは、絶対に忘れない方がいい。乳幼児期に母親以外の女性が自宅にいたからこそ、脳を大いに発達させることができ、政治家として大成して行ったのである。民主主義の世の中に成ってしまうと、家政婦のいない家から政治家になる者たちが出て来てしまうので、当然に政治が巧く行かなくなってしまうのである。

 人間が高収入を獲得するということは、誰かが下支えをしているからこそ、後顧の憂いなく働けることができるのである。夫が高収入を得ているなら、妻が下支えしているものだ。もしも夫だけでなく、妻も高収入を得ているなら、家政婦を雇って下支えして貰うしかないのである。家政婦を雇わず、夫婦で家事や育児の分担で揉めているようなら、夫婦双方の収入が激減して行くのは当然のことなのである。妻であるなら、夫には仕事を最優先させてあげることだ。そして自分が働いて高収入を得たいのなら、家政婦を雇って家事や育児を行って貰えばいいのだ。それが知恵ある生き方というものだ。

Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 Toy Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2

販売元:メガハウス
発売日:2010/08/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 子供への過保護や過干渉の防止法 | トップページ | 二世代同居や三世代同居が子供の脳に与える影響 »

妊娠」カテゴリの記事

子育て」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

結婚」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/496414/34887269

この記事へのトラックバック一覧です: 大卒の夫婦が共働きなら、家政婦を雇うべし:

« 子供への過保護や過干渉の防止法 | トップページ | 二世代同居や三世代同居が子供の脳に与える影響 »