« 我が子に飛躍をさせたければ、断食をさせよ | トップページ | 母親たちのための「真夏のダイエット」 »

暑い夏だからこそ汗をかこう!

●夏風邪は体の冷やし過ぎ

 夏は暑いと決まっている。暑いからこそ、体の動きが良くなり、運動量が最も多くなるものだ。とこが夏は暑いからといって、冷やしてしまう輩が余りにも多過ぎるのだ。冷夏になれば食料の生産量がガタ落ちし、途端に大問題になってしまうものだ。人間だって、暑い夏を強制的に冷やしてしまえば、途端に大問題になって来るのだ。

 例えば、子供たちが罹る夏風邪などは典型的に体を冷やし過ぎたから起こってしまった病気だ。冷房をつけて部屋を冷やし、いつも薄着でいて、冷たいジュースや冷たいアイスクリームを食べていれば、体温が急激に下がってしまうので、季節的に本来ならひく筈のない時期に風邪をひいてしまうのだ。

 女性の場合、夏に体を冷やしてしまうと、深部体温が下がり、冬には冷え症という形で出て来てしまうのだ。冷え症は治りにくいといわれるが、それは体の芯が冷えてしまっているからであって、ゆっくりと深部体温を上げないと、なかなか冷え症が治らないのだ。夏は深部体温をあげる絶好のチャンスなので、夏だからこそ温かい格好をして、体を冷やさないようにすることだ。夏に深部体温を上げておくと、冬には冷え症しらずの体になるのだ。

 妊婦などは、夏は安産になる確率が急上昇するので、この時期にこそ運動をして汗を流しておくことだ。体内に余分な水分があると、体の動きが悪くなってしまい、そのために子宮口がなかなか開かず、難産になってしまうのである。自分が妊婦であるなら、夏は冷房を拒否し、長袖長ズボンの格好をして、絶対に体を冷やさないようにすることだ。

 夏だからこそ汗をかこう! 汗をかくということは、体温が上がっている証拠であり、汗をかくことで火照った体を冷やしているのである。だから夏は汗をかきまくるのだ。夏だというのに、汗をかかなければ病気になっていくのは当然なのである。汗をかいているのは健康の証拠であって、汗をかけばかくほど健康になっていくのだ。

●朝に運動をして汗を流してしまう

 夏を快適に過ごしたいのなら、朝の内に運動をしてしまい、汗を流してしまうことだ。朝にウォーキングをするのもいいし、軽ジョギングをするのもいい。とにかく汗をかけるようなスポーツをして、汗を流しておくことだ。スポーツで汗を流した後、冷水シャワーを浴びると、体はひんやりとし、その日1日中、涼しくすることができ、冷房要らずになるのだ。

 朝は排泄の時間帯であって、朝こそ最も汗を流し易い時間帯なのである。体内に余分な水分を朝の内に出してしまうと、その後は汗を余りかかなくなるのだ。しかも発汗する時に、体内の老廃物や毒素を排出してくれるので、皮膚が非常に奇麗になり、病気に罹りにくくなるのだ。

 朝の内に汗を流しておくと、後は冷房など要らないのであって、暑ければ団扇でパタパタと煽いでいればいいのだ。団扇でも充分に涼しさを感じられるものなのである。もしも日中の気温が高くなり、汗がジワーッと出て来るのなら、日中、体を動かして汗を流した後に、冷水シャワーを浴びてしまえばいいのだ。そうすると非常に涼しくなるのだ。

 夏だからといって肌を露出する格好をするのではなく、夏だからこそ長袖長ズボンにすることだ。皮膚を服で覆ってしまった方が、暑い夏を涼しくすごせるようになるのである。しかも長袖長ズボンでいることで、深部体温をしっかりとあげることができるので、冬には冷え症知らずの体になることができるのだ。

 女性にとっては、年を取って来ると、日焼けの後が消えにくくなったり、シミやソバカスになってしまう危険性が高まってしまうのだ。「白い肌は七難を隠す」と言われるが、夏に日焼けせずに肌を白くしておくと、一年中、美しい姿でいられることができるようになるのだ。夏に薄着をして、真黒に日焼けしてしまうと、シミやソバカスが出て来てしまい、非常に醜い顔になってしまうのだ。通常、女性の顔にシミやソバカスが出て来ていても、男性は絶対に指摘して来ないので、だったら大丈夫だろうと思っていると、見るも無残な顔になってしまうのである。

 仕事をしていて、職場に冷房がかかっていると汗を流すことができなくなるので、帰宅後はお風呂に入って体を温めておくことだ。風呂で汗を流すということをやっていれば、職場の冷房のために病気に罹るということはなくなるのだ。職場の冷房のために体が不調であるというのなら、定期的に長風呂やサウナに入って大量の汗を流すようにすることだ。これをやると体の不調が吹き飛んでしまうのだ。

●夏だからこそ熱いお茶を飲む

 夏は暑いからといって、水をガブガブと飲みまくるべきではないのだ。水を飲み過ぎてしまうと、体内の塩分バランスを崩してしまい、体の動きが非常に鈍くなってしまうのだ。気をつけるべきは、子供がいる場合で、子供たちは大人よりも遥かに水分を欲しがり、それに釣られて親である自分も水を飲みまくっていると、水太りになってしまうのだ。

 まず暑い夏なら「麦茶」が定番だ。麦茶は冷蔵庫で冷やしたものではなく、煮出した麦茶に黒砂糖を入れて飲むようにすればいいのだ。暑い夏に熱い麦茶を飲むと、逆に汗をかかなくなるのだ。しかも黒砂糖を食べることになるので、黒砂糖に入っているミネラル分を補給することができ、夏バテを引き起こさなくなるのだ。

 子供には不向きだが、大人には緑茶がお勧めだ。緑茶は体を冷やす効果があるので、夏に緑茶を飲むと、体がひんやり冷えて来るのだ。出来れば抹茶をたてて、抹茶を飲んでしまうと、お茶の葉っぱそのものを食べることができるので、大量にビタミンを補給することができるのである。

 夏に運動をして、大量に汗をかいた場合は、レモンジュースを作るなり、カボスジュースを作るなりして、果物の果汁を補給しておくことだ。喉が渇いたからといって、清涼飲料水を飲んでしまうと、大量に消費してしまうことになるので、家計を徐々に圧迫して来るのである。清涼飲料水を飲まないようにすると、お財布の中にはお金が常にいっぱいとなるものなのである。

 夏の風物詩にビールがあるが、ビールを飲む時はビールを冷やさないようにすることだ。自宅でビールを飲むなら、かなり前にビールを冷蔵庫から出しておき、冷たくない温度になった時に飲むようにすることだ。ビールを飲む時は、すきっ腹に飲むので、冷たいビールを飲んでいれば、胃にダメージを与えてしまい、胃癌の原因となるのだ。

●サッパリ系より油物

 猛暑で食欲がなくなると、サッパリ系の料理を食べたくなるが、そのような食事をやっていると、夏バテを引き起こしてしまう。サッパリ系の食事では栄養バランスが崩れているので、スタミナがなくなってしまうことになるのだ。夏だからこそ油物なのである。肉や植物油をしっかりと摂取しておかないと、スタミナはつかないのである。

 夏になったら、さすがに米食に関しては食欲が落ちてしまうものだ。そこで麺類を多用することだ。お勧めは「油素麺」であって、その変形の「油冷麦」はもっとお勧めだ。油素麺とは、奄美大島の料理で、肉や野菜を油で炒め、そこに素麺を入れて絡めるのだ。油冷麦は素麺よりも歯ごたえがあるので、麺好きの人は冷麦にした方がいい。油素麺はさすがに奄美大島で産まれた料理なので、猛暑で食欲のない時でもこれなら食べられるのだ。

 冷やし中華にするのも結構であるが、それよりも、肉や野菜をたっぷりと使って中華あんかけを作り、茹であげたラーメンの上に置くのだ。こうすると冷やし中華よりも栄誉バランスが良くなるし、通常のラーメンのように汗を流しまくりながら食べなくて済むようになるのだ。

 夏は暑さで体力を消耗するので、定期的に焼肉を食べるようにすることだ。夏にバーベキュウをする家庭も多いが、夏だからこそ焼肉を食べるとスタミナがしっかりとつき、夏バテを引き起こさなくなるのだ。夏バテで体が動かないといっている人に、肉をしっかりと食わすとピンピンになるものなのである。

 暑い夏に家族の中から夏バテ者が出て来tら、食事が悪すぎたと思った方がいい。気温が高いからこそ、体力を消耗してしまうものなのだ。だからこそスタミナがつく料理を出さなければならないのだ。それなのにサッパリ系の食事ばかり出していては、夏バテ者が出て来るものなのだ。暑い夏に夏バテ者を出さなければ、夏を楽しく過ごせるようになるので、料理にはくれぐれも気をつけることだ。

Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 Toy Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2

販売元:メガハウス
発売日:2010/08/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 我が子に飛躍をさせたければ、断食をさせよ | トップページ | 母親たちのための「真夏のダイエット」 »

妊娠」カテゴリの記事

子育て」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

結婚」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

タマティーさま
アドバイスありがとうございました。
ちょうど疲れがたまってきていたので本日の話題もためになりました。
最近、夜寝苦しいですけど扇風機つけないで頑張りました。夜汗だくになります。
ゆきねこは基礎体温をつけているのですが、不思議なことに低温期の体温が以前より高めなんです。多分、体幹部があったまってきているんですね。
あとは運動ですね。頑張ります。

投稿: ゆきねこ | 2010年7月 7日 (水) 10時46分

タマティーさまがなんで扇風機を使っているのかわかるのか不思議なんですけど、息子が今度は家にあった数珠に手を合わせておじぎしているんです。数珠はそのときに初めてみせたし、そういうことはぜんぜん教えていなかったのでビビりました。昨年のお墓参りのときに見ていたかもしれませんけど、ビックリしました。

投稿: ゆきねこ | 2010年7月 7日 (水) 10時52分

なんでうちの息子が落ち着きがないかと思ったかといいますと、親子リトミック教室に行っているのですが、うちの息子だけうろちょろして、我が道を行くという感じです。
あと私が抗鬱剤とか飲んでいたので大丈夫かなぁと思ったもので。

投稿: ゆきねこ | 2010年7月 7日 (水) 10時57分

 ゆきねこさん、競争をしようとするな。
 というか、親子リトミック教室って一体何?
 リュウタロスは母乳育児で育ったんだから、他の赤ちゃんよりも元気ですよ。
 それにゆきねこさんは頭がいいし、旦那さんも高学歴なので、夫婦が楽し会話していれば、リュウタロスはそれを聞いて、脳のシナプスを増やして行くことができるようになるんです。
 但し、夫婦喧嘩をしなければの話ですけど。

 ゆきねこさんは冷え症なので、冷房を使っていたら、精神病院行きですよ。
 だから扇風機を使うんだけど、扇風機の風って機械的な風だから、その風に当たり続けてしまうと、体が疲れてしまうんですよ。
 しかも睡眠中に扇風機をつけていたら、体が疲労してしまいますよ。
 ゆきねこさんの冷え症はゆきねこさん自体が肌が白くて女性ホルモンが多い事、それと新潟県出身のために白米を食べ続けたからなんです。白米は体を冷やす効果があるので、食べ続けてしまうと、体の芯から冷えてしまうようになるんです。
 女性ホルモンを安定化させるためには、とにかく豆類をしっかりと食べることですね。
 白米をどうして食べなければならない時は、海苔を一緒に食べることですよ。

 ADHDに関しては既に調べ上げて、もう記事を書き上げてしまいました。
 ADHDについて改めて調べてみると面白いことが解ったので、楽しみにしておいて下さい。
 来週にはASHDの記事を公開するつもりです。
 妊婦なら抗鬱剤を飲むなって。
 抗鬱剤の影響はどう出るか解らないけど、母乳育児で育ているわけだから、たとえADHDの症状が出ても、その症状は低いものになると思います。
 今後、第二子以降の赤ちゃんのために、抗鬱剤だけでなく、他の薬も飲まないようにすることですよ。


happy01 happy01 happy01

投稿: タマティー | 2010年7月 7日 (水) 16時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/496414/35518207

この記事へのトラックバック一覧です: 暑い夏だからこそ汗をかこう!:

« 我が子に飛躍をさせたければ、断食をさせよ | トップページ | 母親たちのための「真夏のダイエット」 »