« ヤル気は伝染する。馬鹿も伝染する。 | トップページ | 教育の技術は劣化するくせに、それがばれにくいもの »

男性と女性とでは教育の仕方が異なる

●女子は初潮から、男子は精通から変わって行く

 男女は小学生低学年までなら一緒に授業を進めても買わないのが、性ホルモンが大量に分泌され始める頃から男女の成長に大いなる変化が見られ始めるので、一緒に授業を受けさせるのは得策ではないのだ。女子は初潮の開始時期から、男性は精通の開始時期から明らかに変わって行くのだ。性ホルモンが男女を変えてしまうのだ。

 どこの国に於いても、女の子の方が成長は早い。女性は子供を産むという大きな役割を持っているので、早い内から成長して、それに備えるようにするのだ。女性ホルモンが大量に分泌されてしまった女の子は、女性特有の人間関係を維持しない限り、勉強を嫌いになってしまうのだ。特に巨乳の女の子や、デカ尻の女の子は、女性ホルモンが大量に分泌されているために、担任が嫌らしい態度で接すると、途端に拒絶反応を示してきてしまうのだ。女らしい体になりすぎたために、感情が激しくなっていくのだ。

 一方、男の子は成長が遅いが、成長した時に急成長して来る。小学生高学年の中でも、1人や2人は男性ホルモンが多く出てしまい、最早、大人の男性と変わらないくらいに男らしくなってくる子供も出て来るのだ。男子の場合は、公平に接するよりも、特別扱いしてあげる方が、その男子との人間関係をきちんと形成することができるようになるのである。

 担任は自分がもう既に大人なのだから、性ホルモンが急激に分泌されていった時期を完全に忘れているものだ。そのため、愚かな教師に限って性教育を施そうと躍起になり、第二の目覚めが起こっている子供たちに性への関心を強めてしまうようになるのだ。それではセックスエネルギーを浪費しているとしかいいようがないのだ。だから性教育を施すと、成績が急低下していくことになるのである。

 大事なことはセックスエネルギーを使って、成績を上げて行くことなのである。セックスエネルギーを巧く使うと、勉強やスポーツで大いに成績を上げることができるのだ。若者が急激に成長していくのは、全てセックスエネルギーの産物なのであって、それを巧く活かして行くべきなのである。

●女子はネットワーク

 女子生徒は女性性を持っているために、教師であっても対等と思い込む傾向にある。そのため教師と尊大に振る舞うのではなく、基本的に女子生徒と対等であるが、自分が年齢的に上なので、少しだけ上に立っているという態度を取るべきなのである。女性の脳は対等に接してくれると、理解力が最大化されるのである。

 女子は上下関係によって人間関係を築くのではなく、ネットワークによって人間関係を築くのである。だから教室内に教師を中心にしてネットワークが出来ていると、全ての女子生徒たちの成績が良くなり、誰一人として落ち零れが出て来なくなるのだ。女子生徒の凄さは、その教室の中で或る一定数の女子生徒たちが解ると、全ての女子生徒たちが解るようになってくるということなのだ。

 できれば教師は女性がなった方がいいのだ。教師が男性であると、どうしても女子生徒の方が身構えてしまうので、女子生徒をリラックスさせるためには、女性の教師を用いた方がいいのだ。そのため学校教育では女性の教師を多く必要とするのであって、女性を多く抜擢しyていかなければならなのだ。

 但し、女子生徒たちは全員一致を求める傾向にあり、この世には如何に正しい意見であっても、必ず反対意見が存在するということが解っていないのだ。これは女性特有の行動パターンで、自分たちが正しいと思っているなら、全ての人たちに対しても正しいと思ってしまうのだ。反対意見を知ることで、逆に正しい意見の正しさが解って来るのだが、反対意見を封じてしまうと、その正しさがイマイチ解らなくなってしまうのだ。

 女子生徒を教育する際、みんなが正しいと思っていれば、それは科学的に正しいと思い込んでしまう危険性には要注意することである。科学というのは、大方、人々の常識を覆す発見をしてくるものだからだ。だから女性の思考の危険性を解っていないと、幾ら優秀な女子生徒であっても」、科学の発展になんの役にも立たなくなってしまうのだ。

●男子は上下関係

 男子生徒は男性性を持っているために、教師と自分の関係を上下関係によって形成して行こうとする。そのため教師は存在に振る舞い、自分は凄い人物であって、生徒たちに凄いことを教えていると思い込ますべきなのである。男性の脳は上下関係を形成すると、理解力が最大化されるのである。

 男性はネットワークで人間関係を形成するのではなく、上下関係で人間関係を形成して来るのである。だから教師が教室の中で頂点に立ち、その下に生徒たちを置くと、男子生徒たちの成績は良くなり始めるのだ。大体、教室はこれに対応するようにできており、だからこそ教壇が置いてあり、教師が生徒たち一段高い所から、物を言うようになっているのだ。

 男子生徒たちを教育する場合、できれば男性が教師になってしまった方がいいのだ。男子生徒に精通が起こり始めると、男子生徒は明らかに女性教師を馬鹿にし始めるので、女性教師では教えることに無理が生じて来るのだ。そのため学校に女性教師の割合が多過ぎると、男子生徒たちの成績が下がってしまうという現象が発生して来てしまうのだ。女性教師の割合を多くしすぎてはならないのだ。

 男子生徒が危険なのは、平気で暴力を用いて来るということであり、それを放置してしまうと、教室内では喧嘩やイジメが多発してしまうことになるのだ。男子生徒が凶暴化しないためには、とにかく組織を作ってしまうことだ。教室内は担任がトップで、その下に学級委員長がいて、その下に班長がいて、その下に班員がいるという組織図を作ってしまうと、男子生徒たちは凶暴化しなくなるのだ。

 男子生徒はみんなが反対でも、自分だけが我が道を行くということをして来るので、その行動に余り問題がないなら、男性教師はその男子生徒を理解してあげることだ。「自分も若い時はそうだったよ」と言えば、その男子生徒は心の中に異常なストレスを感じなくなり、凶暴化しなくなるのだ。しかし問題があるのなら、それを敢えて諭すということも必要なのである。無闇に理解していいわけではないのだ。

●男子校女子校の優位性

 小学校は絶対に男女共学にすべきである。小学生という時期に男子は男子校に行き、女子は女子校に行くようであるなら、男女双方、自分とは違う性別の持ち主を理解する機会を失ってしまうからだ。かといって思春期に全て男女共学にするというのは、それはそれで問題があるのだ。男女の性が明らかに違う成長をしているのに、男女共学にしてしまい、自分の性の成長を止めてしまうべきではないのだ。

 中学生や高校生なら、男子校や女子校に行かせてしまい、異性のない状況で教育を施した方が非常に高い教育効果を得ることができるようになるのだ。異性がいないのであるならば、生徒たちは勉強やスポーツに集中することができるので、思春期を有効に使えることができるようになるのだ。

 思春期に必要もなく男女交際することは、非常に有害である。中学生ならまだまだ子供だし、恋愛をできるほど、自分の精神は成長していないものだ。それなのに周囲が誰かと付き合っているからといって、無理矢理に誰かと付き合ってしまえば、その時間に於いては勉強やスポーツができなくなってしまうということになるのだ。

 だから男子校や女子校に行かせてしまい、その学校が正常に機能していれば、男女共学の学校の生徒たちよりも、非常に高い教育効果を得ることができるようになるのである。但し、その反面、問題もあって、男子校や女子校の卒業生たちは対人関係に問題があって、異性を友人と看做し、友情を築き上げることが不得手になってしまうのだ。卒業後にその不得手を克服して行かなければならないのだ。

 中学や高校で男子校や女子校は必要であっても、大学や短大での性別による差別を行うべきではない。19歳になってしまえば、男女ともに成長がピークになるので、それ以降は男女で分ける必要性は全くないのだ。日本では男性専用の大学や短大はないが、女性専用の大学や短大は存在するので、だからこそ女子大や女子短大を卒業した女性たちが自立できなくなったり、高い能力を発揮することができなくなってしまうのだ。女性教育を充実させるためには、女子大や女子短大を全て廃止させるというのが、理性的な決断であるのだ。女子大や女子短大は、女性の社会進出が余りなされていなかった当初には意味があったが、現在のように女性の社会進出が当たり前になった世の中では最早その役割を終えたのである。

Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 Toy Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2

販売元:メガハウス
発売日:2010/08/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« ヤル気は伝染する。馬鹿も伝染する。 | トップページ | 教育の技術は劣化するくせに、それがばれにくいもの »

妊娠」カテゴリの記事

子育て」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

結婚」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

こんにわー^^
最近夜は少しずつ涼しくなってきましたね。
寝苦しい日々からやっと開放されそうですよ。

男性ホルモンについて勉強になりました。
ありがとうございます。

投稿: バナナデスク | 2010年8月19日 (木) 16時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/496414/36103532

この記事へのトラックバック一覧です: 男性と女性とでは教育の仕方が異なる:

» あなたの収入のチャンスを増やす!! [永続的「権利収入」]
経済的なストレスがなく、自立した快適な生活を保証! それなら、このリスクのないビジネスをしよう! 選ばれるのは、あなたです!! [続きを読む]

受信: 2010年8月18日 (水) 13時06分

« ヤル気は伝染する。馬鹿も伝染する。 | トップページ | 教育の技術は劣化するくせに、それがばれにくいもの »