« 幸せな結婚を実現したければ結婚相手を間違えるな | トップページ | 結婚したら墓参りと初参りをするべし »

結婚する時期

●結婚適齢期は永遠に不滅です

 結婚を幸せにするためには、結婚相手を間違えないことと、結婚する時期を間違えないことだ。結婚する時期には「良い時期」と「悪い時期」があるのであって、「良い時期」を選び、「悪い時期」を避けるべきなのである。結婚間近になると、吉日大安はどうなのかと気になり出すのは、今から結婚する者として正常の反応なのである。

 では、一体いつの時期がいいのかといえば、それは結婚適齢期が最もいい時期に当たるのである。女性雑誌では「結婚適齢期なんてない!」と主張して来る雑誌もあるが、結婚適齢期は確実に存在する。それは女性ホルモンの分泌量の増大と深く関わっているのだ。女性ホルモンは16歳から19歳の間に増大し、次に26歳から33歳の間も増大して行く。まさにこの2回の時期こそ、結婚適齢期なのである。正常に育って来た女性ならこの時期に強烈な「結婚願望」が湧き起こって来るものだ。

 女子高校生が在学中に妊娠してしまい、高校卒業と同時に結婚するのは、別に悪いことではないのだ。現在では女性に高等教育を施すが絶対に正しいと思い込んでいるために、第一回目の結婚適齢期で結婚する女性たちを差別し蔑視してしまう傾向にある。しかし10代後半で結婚すれば、卵子はピカピカすぎるくらいに健康そのものなので、絶対に不妊症などに罹らないし、健康な赤ちゃんを産む確率は非常に高くなるのだ。

 第二回目の結婚適齢期は26歳以降なので、大抵の女性たちはこの時期に同じ職場で男性と知り合い、仕事を通じて仲良くなり、その後、恋愛に発展して行くパターンを取るものだ。さすがに20代後半だと知識も豊富になっているので、「できちゃった結婚」を避け、きちんと正規の手続きを踏んでから結婚するようになるものだ。

 女性が結婚を意識し出すと、ただでさえ女性ホルモンの分泌量が増大しているのに、更に女性ホルモンの分泌量が増加して、非常に美しくなるものなのである。どんなにブスな女性であっても、一生に一度は美人になれる体験をするものなのである。結婚適齢期はに然るべき男性と巡り会うことができれば、女性ホルモンの影響のために、結婚するに良い時期を誤ることはないものなのである。

●天中殺を避けよ

 結婚する時期でもう一つ注意すべきことは、天中殺を避けるということである。人間の運命は12年周期で回っており、その内の2年間が天中殺となるのだ。天中殺というのは、人間は10年間に亘って神様から利益を受け続けて来たために、天中殺の2年間では逆に自分の利益を放出して行くという時期なのである。

 特に天中殺の2年間の内、1年間は八方塞がりの時期になってしまうので、この時期に結婚してしまうと、どうやっても離婚してしまうことになるのだ。もしも無理矢理に結婚を維持しようとしても、結婚を維持することで夫婦双方に凄まじい悲劇が訪れて来ることになるのだ。

 算命術を使って天中殺を調べておくのは勿論のことであるが、仕事に頑張り過ぎている女性や、仕事を真面目にやっていない女性は、特に天中殺に気をつけるべきなのである。仕事に頑張り過ぎている女性は今までの無理が祟って、天中殺の時期になると、必ずといっていいほど間違った決断をしてしまう可能性があるからだ。逆に仕事を真面目にやっていない女性は、天中殺でない時期に神様から充分な霊的エネルギーを受け取っていないために、天中殺の時に異常として思えない行動を取ってしまうようになるのだ。

 天中殺の話をすると、天中殺さえ避ければいいと思い込んでしまう女性たちが跡を絶たないのだが、天中殺だけが大事なのではなく、天中殺でない時期も大事なのである。日頃から仕事に精進し、自分が貰う報酬以上の働きをすると同時に、体に異常が出るまで働きすぎないということなのである。仕事をしていれば、仕事に頑張り過ぎている女性を見ると輝いて見えてしまうものだし、碌に仕事をせず遊び呆けている女性を見れば羨ましいと思ってしまうものだ。しかしそういう女性たちは天中殺で「悪魔のツケ」を支払うことになるので、そんな連中を気にしないで、真面目になって仕事に取り組むべきなのである。

 世の中には相性がいいカップルだったのに、天中殺の時期に結婚してしまったばかりに不幸になってしまった男女もいれば、結婚前は見すぼらしいカップルだったのに、結婚した時期が夫婦双方にとって幸運の時期であったために、幸福だらけの人生を歩んでしまう夫婦もいるものだ。だから科学的には証明できない運命というものを勉強しておいた方がいいのだ。

●結婚するなら自分の転機を大事にすること

 自分に最も相応しい時期に結婚する場合、自分の人生に必ず転機が訪れて来るものだ。例えば自分が仕事で手掛けていたプロジェクトが成功し、その際に今までとは全く違った男性と出会ってしまい、その男性と交際すると、結婚へと一気に突き進んでしまったとかいう例なども、人生の転機が結婚へと誘ったパターンであろう。

 自分の親が病気になったり、亡くなったりして、その後に自分が結婚してしまうというのも、人生の転機が結婚へと誘ったパターンである。自分の親は自分の人生に大きな影響を与えて来るので、病気になったり死亡したりすると、必ず娘の方に何かしらの転機が訪れて来るようになるものなのである。

 恋愛達者の女性が婚期を逃してしまうのは、恋愛だけが結婚に発展して行くのではなく、自分の人生の転機が結婚へと発展して行くということを知らないからだ。独身女性なら数多くの恋愛をしている女性を羨ましいと思ってしまう。しかし意外とそういう女性に限って婚期を逃してしまい、気付いてみれば自分は結婚して、もう子供たちがいるのに、その女性は未だに独身生活をやっているものなのである。人生の転機を無視してしまうと、意外と結婚できなくなってしまうものなのである。

 女性の年齢が上がってしまうと、自分の親、特に母親から「結婚しなさい!」とせっつかれるものだ。こういう女性は人生の転機を無視して来たために結婚に出遅れてしまったのだが、かといって母親から結婚をせっつかれると、異常に腹が立ってしまうものだ。こういう時はまずは母親の話を聞いてみることだ。その上で「自分は結婚しない気はないが、然るべき男性と巡り会っていない」ということを正直に説明しておくことだ。母親の意見を「嫌だ」「嫌だ」と言っていると、それがマイナスのエネルギーになってしまい、益々結婚できなくなってしまうものなのである。

 自分の人生にどうも転機が訪れないと思っているのなら、「断食」をしてみることだ。飽食を繰り返して来たために、自分の運気が正常に作動しなくなっているのだ。断食をすることで、体内の老廃物と毒素を排出してしまい、体を浄化させてしまうと、感覚が敏感になって自分の人生に転機をもたらす切っ掛けを掴めるようになるのだ。断食を経験した後に、自分の人生に転機が訪れ、結婚してしまったという例はかなりあるものなのである。

●大卒の女性はスタートダッシュで働くべき

 大卒の女性が気をつけるべきことは、「技術というものは10年かけて物になる」ために、自分が普通に働いていては、技術を習得した時点で33歳になっているということなのである。2回目の結婚適齢期の最後の歳なので、この時期を逃すと後は非常に苦しくなるのだ。女性の勘が加齢によって鈍るし、しかも自分の体が老化し始めることで、身体障害者の赤ちゃんを産んでしまう危険性も高まるし、不妊症に罹ってしまう確率も高まってしまうのだ。

 会社という組織は、どこの会社でも最初の3年間は雑用係を経験させられるものだ。最初の3年間に雑用をこなさせることで会社の仕事を理解させ、その者の能力を査定して行くことになるからだ。そのためこの3年間を真面目になって仕事をしていないと、上司は絶対に評価してこないので、いつまで経っても大きな仕事が与えられないし、出世することもできなくなるのだ。

 馬鹿な女子社員は必ず影で上司の悪口を言って来るものなのだが、そういう悪口は上司の耳に届くものなのである。自分の悪口を言われれば、その上司は更にその女子社員への評価を低くし、絶対に出世させないように手配するものなのである。断言してもいいが、上司の能力を上回る部下など絶対に存在しないものなのである。部下を持つ上司というのは、会社が能力ある人物だと認定したために抜擢したのであって、その上司に対して入社して3年も経っていない女子社員がとやかく言うべきではないのである。

 入社して3年の間は上司から命令を受ければ素直になってその命令をこなしていれば、自然と仕事の能力が身について行き、3年後からはその上司に評価され、抜擢されて行くものなのである。それ以降はどんどん大きな仕事が与えられるようになるので、その仕事を猛スピードでこなしていくべきなのである。

 男性社員は10年かけてゆっくりと技術を物にしていくのだが、女子社員はそんな悠長なことをしていることができないのだ。そんなことをやっていたら結婚適齢期が終わってしまうので、男性社員よりも早く仕事を習得して行く必要性があるのだ。技術を物にしてしまえば、数多くの選択肢を持てるようにになり、後はどうにでも人生を進めて行くことができるようになるものなのである。

 20代に夜遊びをしまくってしまったために、30歳をすぎて自分の仕事の技術を物にしていない女性は必ずいるものだ。仕事でやり残したことがあるために、交際している男性がいても結婚に踏み切れないものだし、たとえ結婚しても結婚に全力を投入することができなくなるのだ。

 大卒の女性は大学で高等教育を受けてしまっために、,先知後行の傾向があるものだ。頭では解っているのに、行動に移せないということを延々と繰り返してしまうようになるのだ。仕事をする時は一心不乱になって働くべきなのである。20代なら仕事をしまくり、家に帰ったら寝るだけの日々を送るべきなのである。もしも「いい出会いがいない」と嘆いているのなら、恋愛や結婚を気にせずに働きまくるべきなのである。そういう働きをしていると、自然と仕事が上達してくるので、その後に良縁に巡り会えることができるようになるものなのである。

Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 Toy Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 

販売元:メガハウス
発売日:2010/08/25

Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 幸せな結婚を実現したければ結婚相手を間違えるな | トップページ | 結婚したら墓参りと初参りをするべし »

妊娠 妊婦 子育て 育児」カテゴリの記事

子育て」カテゴリの記事

家計」カテゴリの記事

結婚」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

タマティーさま

コメントありがとうございました。
いちじくですね。早速、食べます。ありがとうございます。
今日のお話しですが、自分(女)のレベルをあげないと、レベルの高い男性には出会えないんですよね。

話は変わりますが携帯やっていると手がしびれたり、耳が痛くなるんですよ。電磁波のせいかも。

リュウタロスも元気いっぱいです。色の白い子で女の子と間違わます。言葉はバナナとかうんこなど言うようになってきました。(笑)

投稿: ゆきねこ | 2010年10月27日 (水) 11時39分

 ゆきねこさん、子供ってどうして「うんこ」って言葉を平気で言うんだろう?happy01
 子供は「うんこ」が笑いのツボですからね。

 女性は仕事をしているのなら、猛烈に働いて、自分のレベルを上げて行くと、いい男性に巡り会うことができるようになるんです。
 会社では入社して3年間は雑用係になるので、この間は真面目になって働いた方がいいんです。
 上司は必ず見ているし、同僚とかもきちんと見ていますからね。
 
 携帯電話は使いすぎると手が痺れるし、耳も遠くなります。
 電磁波の影響なんですが、余りにも携帯電話の使用頻度が高いと、人間として反応が非常に鈍くなります。
 その方が問題だと思います。
 反応が鈍いと、夫婦で会話していても、話が噛み合わなくなってしまい、それが夫婦喧嘩に悪化するので、要注意ですよ。
 電磁波の害を避けるためには、携帯電話の使用を控えると同時に、糠床に手を突っ込んだり、素足で芝生の上を歩いたりしたりするといいですよ。


heart01 happy01 heart01 happy01 heart01 happy01 heart01

投稿: タマティー | 2010年10月27日 (水) 17時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/496414/37366529

この記事へのトラックバック一覧です: 結婚する時期:

» 不妊症でも50日以内に妊娠する「ある方法」を限定無料公開中 [情報商材ガイド]
私は「不妊医療業界が絶対に教えない」極秘情報を手にしてしまいました。 108人が全員【妊娠した】方法です。 はい、しかし、今だけ「無料」の限定公開なので、 見逃さないようにして下さいね。 ■ 不妊症でも自然妊娠で元気な赤ちゃんを授かる方法 不妊治療の通院は「不要」です。 実は・・・不妊治療や高額なサプリメントでは妊娠しないんです。 もし、19年も不妊と流産に苦しんだ47歳の女性でさえ、 まさか本当に『53日間』で 元気... [続きを読む]

受信: 2010年10月29日 (金) 19時44分

« 幸せな結婚を実現したければ結婚相手を間違えるな | トップページ | 結婚したら墓参りと初参りをするべし »