« タマティーからのお知らせ | トップページ | 結婚する時期 »

幸せな結婚を実現したければ結婚相手を間違えるな

●相性こそが結婚の要

 幸せな結婚を実現したいのなら、絶対に結婚相手を間違えないことである。結婚相手さえ間違えなければ結婚生活は基本的には巧く行くものなのである。結婚相手を間違えるからこそ、結婚が不幸になり、離婚してしまうことになるのだ。冷静になって考えれば解ることなのに、なぜだかいつの世でもこのことが解らない人たちが大勢いるのだ。

 では、女性は何を基準に結婚相手を見つけ出せばいいのかといえば、それは「直感」で結婚相手を見つけ出すべきなのである。不思議なことに幸せな結婚生活を実現した多くの女性たちが出会った瞬間に、「私、この人と結婚する!」と思ったというのだ。科学的には永遠に証明されないものであっても、現実はそのような現象が起こるものなのである。

 なんで相手の男性のことをよく知らないのに、出会った瞬間に結婚する思ってしまったのかというと、運命学的に言うと「それは前世での因縁があるから」と答えるしかないのだ。そいうい夫婦は前世に於いても夫婦であったり、恋人同士であったりと、前世で楽しい結婚をしたから、現世でもより楽しい結婚をしようとか、前世では結ばれなかったが、現世では結婚して結ばれたいと思っているからなのである。我々は出生と同時に、前世の記憶を失ってしまうために、直感という能力を頼りにするしかできないのだ。

 女性が直感を高めるためには、とにかく女らしい行動を取って直感を高め続けるべきなのである。例えばオシャレをして沢山の洋服を購入するとか、料理教室に通って料理の腕でも磨いておくとか、気の合う女同士でお喋りをしまくるとか、女性なら当たり前の行動を、当たり前なものとして行うべきなのである。

 それと掃除をすることだ。勘のいい女性に不潔な女性はいないものだ。自宅を掃除することは勿論のこと、職場でも早目に出社して掃除をしておくことだ。幾ら自分が先天的に勘のいい女性であっても、不潔な状態を放置しておくと、その勘の良さが逆に自分を不幸にしてしまう結果になってしまうものなのだ。掃除と勘の良さが結びついていることを絶対に忘れるべきではないのだ。

●相性が良ければ性格は一致しない

 自分にとって相性がいい男性を見つけるとどのようなことが起こるのかといえば、それは自分の視野が一気に広がるということだ。例えば優柔不断な女性なら大胆な男性と結びついてしまうものだ。行動力のある女性なら論理的思考能力の高い男性と結びついてしまうものだ。自分が今まで知っている人間たちとは明らかに違うために、その男性と付き合っていると、自分の考えがドンドン変わって行き、顔の相が明らかに晴れ晴れとしたものになるのだ。

 通常、相性のいいカップルというのは、外見上は非常にアンバランスだ。例えば身長の低い女性なら、身長の高い男性と付き合うものだし、美人の女性なら、不細工な男性と付き合うものだ。逆に身長の高い女性だと、自分よりも身長の低い男性と付き合ってしまったり、ブスな女性に限って、イケメンと付き合ってしまったりするのだ。

 男女の間では「アンバランスこそバランス」なのである。女性同士だと自分と似たような女性と仲良くなってしまうものだが、その感覚で彼氏を作ってしまうと、悲惨極まりないものになるのだ。自分が美人なのに、イケメンと付き合ってしまうと、そのために不幸になってしまうものだし、自分と同じような身長の男性と付き合ってしまうと、どうやっても不幸な出来事が起こって来るのだ。

 気をつけるべきは、「相性がいいということは、双方の性格は一致しない」ということなのである。相性がいいということは、自分の外見や性格とは違っているからこそ、自分の足りない部分を相手の男性が補っているということであり、当然に性格は一致する訳がないのだ。女性がきちんと自立していないと、相手の男性に性格の一致を求めるという馬鹿げた選択肢を取ってしまうようになるのだ。

 通常、恋愛結婚をした場合、結婚前に恋愛で盛り上がり、その盛り上がった状態のまま結婚に突入するものだ。しかし一緒に生活してみると徐々に性格の不一致が明らかになってきて、それで夫婦喧嘩をしたり、挙句の果てには結婚の危機を迎えるものだ。しかし大半の夫婦は結婚によって自立し独立していったので、この危機を乗り越えることができるものだ。

 だが結婚したのに親から独立せず、精神的な自立すらできていないと、「性格の不一致」を理由に離婚してしまうものだ。よく芸能人が離婚する時、性格の不一致をあげるものだが、そうやって離婚した女性タレントは、その後、結婚できないものだし、再婚しても再び離婚してしまうものだ。折角、自分と相性がいい男性を見つけたのに、相手に性格の一致を求めるという幼稚な行動を取るからこそ、結婚すらまともに行うことができないのだ。

●占いによる補強

 女性が恋愛をしたり、結婚を考え出したりすると、「この男性で本当にいいのかな?」と思ってしまうものだ。自分と相性が良ければ良いほどそう思ってしまうのだ。なぜなら性格が一致していないから、今まで女性の友達のように自分の性格と一致することで仲良くなれたのとは違い、男性だと性格がまるで正反対なのに仲良くなって行ってしまうからだ。不安が出て来ない女性の方がおかしいのである。

 こういう場合、占い師に占って貰うことだ。占いをする場合、これまた自分の直感で占い師を探し出した方がいい。占い師にも自分との相性があるので、相性の悪い占い師に占って貰うと、その占い師は占いの結果を良い方向で解釈するのではなく、悪い方向で解釈してしまい、その占いが外れている訳ではないのだが、的確な答えにはならないのだ。

 信用できる占いは「算命術」「九星占い」「手相」の三つだと思っておいた方がいい。西洋占星術は主に西ヨーロッパで発達して来たので、西ヨーロッパ人には良くても、日本人には会わないのだ。中国では四柱推命が重んぜられるが、九星占いのようなものは重んぜられない。しかし九星占いは日本人に好まれた占いであって、決して馬鹿にしたりしない方がいい。

 手相に関しては、男性は右手、女性は左手の結婚線を見ればいい。殆どの女性たちは結婚性が1本か2本、多くて3本が刻まれている。結婚性は不変のものではなく、女性が理想的な結婚相手が出て来ると、結婚線が変わったりするので、よく注意深く見るべきなのである。

 時代状況が変わってしまうと、折角に立派な結婚線があるのに、それを巧く活かしきれないという現象が出て来る。大方の女性たちには10代後半に激しい恋をした経験があると思うが、実はその時の彼氏は結婚する可能性があった男性なのだ。昔なら10代で恋愛してしまえば、そのまま結婚しただろうが、現代だと大学に進学したり、中には大学院に進学する女性もいるので、結婚線に相当する男性が出て来ても、その男性と幾ら交際しても、結婚に持って行くことができないという事態になってしまうのだ。そのため立派な結婚線の内、1本は無駄にしてしまうのである。

 自分の左手に立派な結婚線が刻まれていて、時期的にも彼氏が出来た時と合っているのなら、結婚を決意してしまった方がいい。それがあなたにとって「運命の相手」だからだ。結婚線があるのに、結婚を躊躇していると、その交際は破綻してしまい、もう二度と自分にとって理想的な男性と巡り会うことができなくなってしまうからだ。

●家族や上司に紹介してみる

 自分と相性が良く、占いでも補強できたのなら、交際を結婚前提の交際に切り替えることだ。相手の男性からプロポーズを受けたのなら、すぐさま承諾してしまうことだ。プロポーズは男性がすべきものであって、女性がプロポーズをすべきではない。女性がプロポーズをしても結婚することはできるが、そういう結婚をしてしまうと、夫の甲斐性なくなってしまい、普通の夫婦でなら当たり前に得られる幸福を得られなくなってしまうのだ。女性雑誌には時折、女性がプロポーズをするのがブームだとか特集を組んで来たりするので、そういう馬鹿げた女性雑誌は今後購読することを止めるようにすることだ。

 プロポーズを受けたのなら、自分の家族に紹介してみることだ。その時、彼氏の対応を良く見ておくことだ。まともな男性なら緊張しつつも、真面目に対応するものだ。自分の父親の前に出して、礼儀作法に反するようなことをやっていたら、その結婚はやめた方がいい。自分の父親にすらきちんとした礼儀作法をできなければ、結婚しても自分に対してきちんとした礼儀作法をして来ることがないからだ。

 また自分の母親の意見は充分に尊重しておいた方がいい。自分の母親は自分の倍以上年齢を重ねて来ているので、男性を見る目は非常にシビアなものなのであって、母親の意見は大方当たっているものが多いのだ。自分は恋愛で盛り上がっているために、彼氏への評価が甘いのであって、母親はそうではないので、冷静に相手の男性を見ることができるのである。

 家族の中でも姉妹の意見は信用できない。姉妹といってもそんなに年齢が離れていないので、自分の能力とそう変わらないのだ。しかし兄弟の意見は信用できる。男性として彼氏を見て来るので、不審な点があればすぐさま伝えて来るから、その意見は充分に考慮しておいた方がいい。男兄弟に信用されなければ、結婚してもその結婚は破綻してしまうものなのである。

 男性は結婚すれば出世して行って貰わねばならないので、出来ることなら自分が働いている職場の上司に自分の彼氏を紹介し、その評価を聞いてみることだ。上司はその結婚に全然関係ないので、逆に的確な評価を下して来るのだ。若い女性は上司のことを馬鹿にしたいするからこそ、平気で駄目な男性と結婚してしまうことになるのだ。上司の眼鏡に適う男性なら、結婚相手としても相応しいし、出世していくだけの能力は持っているものなのである。

 結婚する場合、頭でっかちになって、理性的に結婚を考えてしまうのは、非常に危険なのだ。理屈を捏ねていると、運命の出会いができたとしても、その運命の出会いを結婚を持ち込むことができないのだ。結婚に必要なのは「女の直感」であり、「占い」であり、「家族の評価」なのだ。それが本当に運命の出会いなら、水が流れるようにスムーズに結婚して行ってしまうので、それまでに自分がすべきことはきちんとしておくべきなのである。

Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 Toy Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2

販売元:メガハウス
発売日:2010/08/25

Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« タマティーからのお知らせ | トップページ | 結婚する時期 »

妊娠 妊婦 子育て 育児」カテゴリの記事

子育て」カテゴリの記事

家計」カテゴリの記事

結婚」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
タマティーさんのブログは1ヶ月くらい前から読ませていただいております。
現在43歳です。子供は一人で、15年間二人目不妊です。
子供が5歳のとき離婚して、4年後また同じ人と再婚しました。
その頃主人は仕事で毎日午前様で、休日も出勤する日が多かったため、子供を作ることはできませんでした。
再婚して2年目、主人が医療事故で4ヶ月の入院と2ヶ月の自宅療養を強いられました。その後は夫婦生活も控えめになり、もう子供は望めないかも。。。と諦めていましたが、ここへ来て猛烈に子供が欲しくてたまらなくなっています。
妊娠できるタイムリミットが近いせいもあると思います。

子供は受験生ですが、私が精神的に成長していないばかりに、学力を伸ばしてあげることが出来ませんでした。良い高校に入ることは望めません。本当に申し訳ないです。彼には共に成長する兄弟も作ってあげられませんでした。優しいですが、積極性のない、世間に出たらどうなるのか心配な子です。

最近始めた仕事でも失敗ばかりで、職場の方々に迷惑ばかりかけています。辞めたほうが良いのかもしれませんが、それも迷惑がかかるため、どうしようか悩んでいます。
自分は何をやってもダメなのだと、精神的にかなりヤバい状態になっているのが分かります。

幸い主人は同じ職場に復帰できて、現在生活に困っているわけではありません。ただ、タマティーさんのブログを読み進めているうちに、私が未熟なゆえに家族に苦労をさせているのだということが分かり、いたたまれない思いです。特に息子は将来、学力で差別される日が来るのです。特技も作ってあげられなかったし。。。

そして子供が出来ない。子供の受験に集中しなくてはとも思うのですが、そのことばかり考えてしまいます。
(主人はあまり積極的ではありません。私が性交渉の回数や方法を説明すると、医師でもない人のブログをなぜ信用できるのか、と言います)

長々と失礼いたしました。

投稿: りんご | 2010年11月 1日 (月) 15時45分

 りんごさん、コメント有難うございます!happy01

 多分ね、これは二人目不妊ではないと思いますよ。
 不妊症の女性たちを治して来た経験上、不妊症の臭いは全然しませんからね。
 りんごさんは二人目の子供が欲しいということなので、その理由を説明しておきます。

1、夫婦の関係の問題
 結婚した時期は解らないけど、年齢的に旦那さんは「運命の相手」だと思います。
 ただ双方が精神的に未熟だったために、その運命の出会いを一旦離婚という形で破壊してしまい、その後再婚した訳ですよね。
 その再婚後に医療事故で6ヵ月も働けなくなったというのは、その天罰を旦那さんは食らってしまったのでしょう。
 運命の出会いができたのなら、とにかく離婚しないことだし、夫婦仲良くすることですよ。
 旦那さんが女心を理解しないことにも一因はあるけど、りんごさんも自分の精神レベルをあげて、自分が旦那さんにできる限りのことをした方がいいです。

2、最初の出産の問題
 どの既婚女性たちも最初の出産は訳も解らず突入しますから、どの母親たちも失敗だらけですよ。
 しかし恐らくりんごさんは病院で出産したと思うのですが、そこでいい出産ができなかったと思うんですよ。
 いい出産というのは、陣痛促進剤を使わず、赤ちゃんを自然な形で安産で産んで、しかも出産後に赤ちゃんを抱いて、オッパイを吸って貰わないとならないんですよ。
 それなのに病院で出産すると、陣痛促進剤を使うし、会陰切開をするし、赤ちゃんを別室に持って行ってしまうので、そのために自分の母性愛がなかなか目覚めないんです。
 最初の出産の思い残しが、息子さんへの過剰な心配に著決していると思うんです。

3、更年期障害の問題
 時期的には更年期障害は少し早いけど、子供を1人しか産んでないと、この年齢でも更年期障害は出て来ますからね。
 更年期障害にならないためには、まず温泉やサウナに行って、汗を思いっきり流すことです。要は体が冷えているからこそ、更年期障害になるのであって、体が温かければ更年期障害は発症して来ないものです。
 それと豆料理を沢山食べることです。
 大豆には女性ホルモンの不足を補う効果があるので、大豆を始め、豆料理を沢山食べておくことです。味噌汁や納豆だけでなく、黒豆やお多福豆やインゲン豆の料理を纏めて作っておき、それを少しずつ食べていくようにすればいいんです。

 それと女性は40代になると、妊娠できる最後の年代なので、異様に性欲が高まり、赤ちゃんを産みたくなります。
 もしもりんごさんが赤ちゃんを欲しいと思うなら、その感情に正直になった方がいいです。
 恐らく赤ちゃんが出来ない体ではないので、排卵期の時期に「愛のあるセックス」をすれば、赤ちゃんができるだろうと思います。

heart01 happy01 heart01 happy01 heart01 happy01 heart01

投稿: タマティー | 2010年11月 1日 (月) 17時50分

早速のお返事ありがとうございます。
不妊ではないとのお言葉に、救われました。

最初の出産は、助産院でしました。
当時その選択は珍しかったのですが、主人も快諾してくれ、自分の両親も説得してくれました。出産もずっと付きっ切りでいてくれて、臍の緒も切ってくれました。初乳も飲ませましたし、生まれたその日から川の字になって眠りました。とても幸せな出産だったのです。

ただ、病院ではないので体を作ることは大切だと思い、その助産院で指導があったように、妊婦のときからマクロビオティックに近い食生活にしていきました。主人にも健康になって欲しくて同じ食事にしていたのですが、それがだめだったようです。
今思えば、主人には普通食を別に用意すればよかったのですね。実家ではステーキとお刺身をいっぺんに食べるような食事をしてたらしいので。。。徐々に普通食に戻していきましたが、つい肉は少なく少なく。。。と作ってしまい、主人が満足する食事ではなかったのです。主人は私が悪い宗教にはまったように感じたそうです。
他にも色々ありますが、それが離婚の一因でした。
さすがに今はステーキとお刺身をいっぺんには食べませんが、玄米押し麦ご飯は絶対に食べてくれません。。。銀シャリ一筋です。

出会ったのは私が18歳のとき、結婚したのは25歳のときです。
結婚するまでにも何度か分かれたりくっついたりしてました。
別れ切れなかったのは、運命の相手だからと思うことにします。
今は私と子供のために働いてくれているのだから、タマティーさんの言うとおり、出来る限りのことはしようと思います。

そして豆も食べます!
主人も子供も何故か豆が大嫌いなので、おかずとして作ってきませんでした(豆腐や納豆や油揚げは食べてくれるのですが)。
体も温め、運動も心がけます。

アドバイス、本当にありがとうございました。

投稿: りんご | 2010年11月 1日 (月) 19時27分

 りんごさん、助産院で出産した!?
 それで子供が一人なら、その食事の問題は相当深刻だった訳ですね、
 マクロビオティックは悪い食事ではないのですが、どうしても動物性蛋白質が欠如してしまいます。
 タマティーは肉食中心の生活は危険だが、肉食をしない生活も危険だと思っております。
 矢張り人間は進化の過程で肉食を行ったのであって、肉を食わないことは非常に危険なんですよ。
 夫婦の食事を変える場合、とにかく夫婦双方が納得してから変えて行かないと、問題は発生しまくりになってしまいますからね。
 取り敢えず、旦那さんに好きな料理を聞いて、その料理を巧く工夫して、栄養バランスを取れるようにしてあげればいいんです。
 肉料理が好きなら、中華料理みたいに野菜を絡めて調理すれば、栄誉yバランスが取れると思います。

 13歳からの出会いなら、もう確実に運命の相手ですよ。
 前世に於いて何かしらの因縁があるからこそ、現世に於いて結婚しているんだと思います。
 まあ、長く付き合い続けているために、ダレた関係にならないように注意することです。
 
 赤ちゃんが欲しいと言っても、年齢的にいって昔のように簡単に妊娠できる訳ではありません。
 とにかくセックスの際はオルガズムに行くことです。
 女性はオルガズムに達すると、子宮口が開いて、精子を大量に吸収するんです。
 旦那さんから充分に愛撫して貰い、オルガズムに行き易い体にしてしますことです。
 オルガズムも一回行くのではなく、何度も行くようにすることです。
 例えばりんごさんが10回ぐらい行った後に、旦那さんが最後の最後で射精すれば、妊娠する確率がかなり上がると思います。


heart01 happy01 heart01 happy01 heart01 happy01 heart01

投稿: タマティー | 2010年11月 2日 (火) 06時08分

タマティーさん、お返事ありがとうございます。
あ、お気づきかもしれませんが、13歳ではなく18歳です(^-^;

ひとつ重要なことを言っていませんでした。
実は去年流産したのです。

焦っていた私はあまり乗り気でない主人と、人工授精で有名な病院に行きました。初診のとき、主人がどうしても同意書にサインする気になれないというので、一度タイミング法で様子を見たいと申し出、指導を受けました。

そのときは普通に生理が来たと思っていたのですが、出血が長引き、ひどい風邪をひいたときのように体がだるくて起き上がれなくなりました。すぐに2度目の診察に行き、「妊娠しているけれどこれはもう流産になるだろう。」と言われ、大変ショックを受けました。
(そういえば去年はナチュラルハイジーンの食事をしていて、野菜と果物とナッツ類しか食べていませんでした。これが原因かはわかりません。今は魚も穀物も食べています。肉も家族の料理の味見のときに食べています)

この場合供養などはするべきなのか、主人と相談しましたが、「自然流産みたいなものだからしなくていい」と却下されました。

私は自然流産でも何かしたほうがいい気はしていました。
どのようにすればよいでしょうか?

投稿: りんご | 2010年11月 3日 (水) 08時40分

 りんごさん、タマティーは全然気付いていませんでした!happy01
 道理で「早いな~」と思っていましたよ。

 結論から言いますと、水子供養はやった方がいいです。
 りんごさんと旦那さんの意見の違いは、流産をするのは女性であるという性差から来るものです。だから話が噛み合わないと思います。
 不妊治療で流産して、その水子の霊は祟ることはありません。
 その胎児が前世に於いて何かしらの罪を犯し、流産という形でカルマを清算したにすぎないんです。
 しかしりんごさんにとってはその胎児をちゃんと赤ちゃんとして産むことができなかったというのは、それはそれで罪なことをした訳です。

 こういう場合、簡単な水子供養としては、その胎児に名前を付けてあげて、墓参りに行って、自分の非を詫びることです。 
 墓参りに行く時は、「白い菊の花」「線香」「ロウソク」を決して忘れないように。
 この程度の供養で、多分、きちんとあの世に行ってくれる筈です。

 それから、矢張り、りんごさんは不妊症ではないじゃん。
 ちゃんと妊娠できたじゃないですか。
 問題は不妊症ではなく、不育症なんです。
 ナチュラルハイジーンでは胎児のためには栄養が決定的に不足してしまいます。
 ナチュラルハイジーンはアメリカ生まれの健康法で、肉食過剰のアメリカでこそ通用する考え方で、日本のように肉食をするけど、アメリカ人ほどまでには肉食をしない民族には、余りにも不健康な健康法です。
 食事は和食に切り替えること!
 それと和食は肉や植物油が不足しているので、きちんと肉や植物油を食べるようにすることです。
 肉でも鶏肉なら、肉の害は少ないものです。
 植物油は「亜麻仁油」や「オリーブオイル」がお勧めです。

 夫婦でセックスをする時は、漠然とセックスをするのではなく、必ずりんごさんがオルガズムに達するようにすることです。
 40代であっても、オルガズムで子宮を活性化すると、妊娠中に出血するという事態を避けることができます。
 赤ちゃんが欲しいからといって、余りにも妊娠目的のセックスをすると、逆に失敗してしまうもんです。
 赤ちゃんが欲しければ、まずは夫婦でセックスを楽しむことです!

heart01 happy01 heart01 happy01 heart01 happy01 heart01

投稿: タマティー | 2010年11月 4日 (木) 06時35分

お返事ありがとうございます。
不妊ではなく不育症なのですね。

主人も何かしたい気持ちはあるようなのですが、お骨があるわけでもないのに、お墓に行くの?と言われました。。。かといってお寺の水子供養とかも違うだろうと言います。

お墓は主人の実家のお墓でよいのでしょうか?
名前をつけるって、心の中でつければいいのですか?
質問ばかりしてすみません

投稿: りんご | 2010年11月 4日 (木) 23時09分

 りんごさんね、これはりんごさん自身の問題ですからね。

 まずはっきりと言っておきますが、水子の供養をどうすべきか質問して来るような女性は、自分で何か悪い事をしたと思っているからこそ、他人に質問して来るんです。
  だから旦那さんの意見は関係ないんです。
 りんごさんの意見の方が大事なんです。
 りんごさんが精神的に自立して、責任を以て処理すればいいんです。

 行くべきは旦那さんの実家のお墓です。
 墓参りは里帰りの時にでも行けばいいんです。
 出来ることなら、名前は口に出して言った方がいいです。
 水子の霊は自分が死んだことに気付いていないので、なかなかあの世に行ってくれないんです。
 それで名前をつけることで、この世に生まれたことにし、あの世に行って貰うんです。
 きちんとあの世に送ってあげると、その水子の霊は霊界からりんごさんを霊的に守ってくれるようになり、りんごさんに幸運をもたらしてくれるようになるんです。
 

heart01 happy01 heart01 happy01 heart01 happy01 heart01

投稿: タマティー | 2010年11月 5日 (金) 06時43分

タマティーさん、こんばんは

以前独身生活の心構えについて質問させて頂いたダンボです。

あれからタマティーさんに頂いた助言を少しずつ実行した結果
とても成果が出たのでご報告させて頂きます!

まず報酬以上の仕事をするということについて
出勤時間を少し早めて、デスク回りを簡単に掃除してから、常に
「報酬以上の仕事をするんだ」と念頭において仕事に取り組んだところ、
偶然立ち話しをした上司や社長に仕事ぶりを褒められたり、同僚から褒められたりと
確実に会社の中での存在感が増した気がしてなりません。

次に朝の排便が終わるまで朝食を食べないということについて
もともと便秘がちで朝に排便なんて考えられないのですが、タマティーさんの
ブログに天日塩湯がいいと書いてあったので、朝に飲む習慣をつけて続けたところ
なんとか午前中に排便ができるようになりました。まだまだ不規則ではありますが
確実に体が変わってきているのを感じます。

肝心な運命の出会いはまだなのですが、タマティーさんには感謝の気持ちでいっぱいです。
するべきことがわかると毎日が明るく感じ、生きていくことが楽しくなりますね。
まだ他に助言があればお願いいたします。

お金に関する内容も更新毎日楽しみしています!

投稿: ダンボ | 2010年12月23日 (木) 21時04分

 ダンボさん、おめでとうございます!heart04happy01heart04

 朝の排便は本当に大事ですよ。
 あれさえ出てくれれば、体内の老廃物や毒素がなくなるのだから、物凄く健康になれるんです。
 それなのにこの肝腎なものを無視して、他の健康に走るからこそ、大して健康になれんわけです。

 ダンボさんは、朝の排便は出ることは出ているみたいだけど、不規則らしいので、バージョンアップした方法を教えておきます。
 まずはバナナを沢山食べるようにすることです。
 バナナは食物繊維が豊富に含まれているし、カリウムも豊富にあるために、体内でナトリウムとカリウムのバランスが良くなって、便通が良くなるんです。
 即効性はなんだけど、朝の便通が規則的に出来るようになるまで、5本以上は食べ続けた方がいいと思う。
 便通が規則正しく出来るようになれば、1日1本で充分です。
 
 仕事は朝早くから始めてしまえば、人の3倍以上働けるもんです。
 遅刻して出社してきたり、始業時間ギリギリに出社してくるからこそ、全ての仕事が後手に回ってしまい、碌な仕事ができなくなるんです。
 野球選手のイチローなんか、どの選手よりも早く球場に入ってウォーミングアップしているから、毎年200本安打を達成できるんです。
 スポーツだとフライングは駄目なんだけど、ビジネスではフライングは「大あり」なので、どんどんこの遣り方を使って、仕事をしまくればいいんです。
 会社というのは、「この女性は仕事ができる」と解れば、どんどん重要な仕事を与えてくれるようになるんですよ。それをこなしている内に、自分の未来が開けて来るようになりますよ。


heart01 happy01 heart01 happy01 heart01 happy01 heart01

投稿: タマティー | 2010年12月24日 (金) 06時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/496414/37366479

この記事へのトラックバック一覧です: 幸せな結婚を実現したければ結婚相手を間違えるな:

« タマティーからのお知らせ | トップページ | 結婚する時期 »