« 結婚する時期 | トップページ | そもそもお金って何? »

結婚したら墓参りと初参りをするべし

●結婚のスタートは地味に開始すべし

 何事も最初が一番肝腎である。結婚もスタート時が一番重要なのである。結婚相手という「人の和」、結婚の時期という「天の時」、そして結婚する場所という「地の利」の三つが揃わないと、結婚は巧く機能してくれないのだ。いざ、結婚するという時には、「地の利」を大いに活かした結婚をするべきなのである。

 結婚する場所はその結婚する場所に於いて発生する「空間のエネルギー」をその夫婦が貰い受けることになり、その結婚の良し悪しがダイレクトに出て来るのである。結婚する時期が間違った時期に行っていても、結婚する場所が良かったために、そのマイナスを補ってしまい、逆に素晴らしい結婚にしてしまったという例は幾らでも存在するのだ。しかしその反面、結婚する場所が余りにも悪かったために、良い時期に結婚したのに、結婚する場所が悪かったために、結婚を台無しにしてしまった例も幾らでも存在するのだ。

 神道では結婚式を重視していない。これは日本民族は平安時代まで「妻問い婚」を行っていたために、結婚式を挙げて女性が男性の家に嫁ぐという習慣がなかったからなのである。では鎌倉時代以降どうやって結婚式を挙げていたかというと、「祝言」という形で自宅で結婚式を行ったのである。どちらかというと結婚式よりも披露宴の方が主体だったのだ。

 だから結婚式で重視すべきは、結婚式自体なのではなく、披露宴の方なのである。披露宴に出席された方々が楽しんでくれるような結婚式にしたのなら、それで大成功なのである。披露宴を充実させるためには、とにかく出席者を絞り、新郎新婦にとって余り親しくない人の参加を控えさせることだ。人数を絞り込めば、形式的な披露宴にならなくなるので、それで披露宴が活性化し、出席者全員が楽しめる披露宴になるのだ。

 とするなら結婚式も披露宴も小規模にしてしまった方がいいのだ。人数が多くなればそれだけ多くの不満が出て来るからだ。「地味婚」という言葉があるが、結婚するなら地味な結婚式にしてしまった方がいいのである。結婚式や披露宴が地味であっても、新郎新婦が工夫を凝らせば、幾らでも楽しいものにすることができるからだ。寧ろ危険なのは大金を使って巨大な結婚式や披露宴を挙げることであり、その方が出席者たちに不満が残るものなのである。

 それから結婚届けは出来ることなら午前中に出すということだ。最近では夜間に於いても役所が結婚届けを受け付けてくれる所があるのだが、これから結婚するというのに夜間に結婚届けを出すべきではないのだ。矢張り朝一番に役所に行って結婚届けを出した方がいいのだ。仕事に忙しい男性は仕事を理由に結婚届けを出すのを後回しにしてしまうものだが、そういうことをやっていれば、その後の結婚が巧く行かなくなるのは当然のことなのである。

●必要なのは墓参りと初参り

 神道で重視しているのは、結婚後に墓参りに行き先祖に結婚の報告をすることと、赤ちゃんができたら初参りに行って、赤ちゃんが出来たことを神様に報告することなのである。女性が男性の家に嫁いで来た場合、女性は飽くまでも男性の一族から見れば余所者なので、男性の先祖に挨拶をしておかねば先祖の御守護を得ることができないのだ。新婚早々墓参りに行くのは縁起でもないと避けるのではなく、結婚したからこそ墓参りに行くべきなのである。

 女性が男性の家の墓参りに行ったら、その後は自分の実家の墓には手を出さないようにすることだ。実家の墓に墓参りをしてはいいが、墓を弄るようなことは今後しないようにすることだ。男性のご先祖たちは既に新婦を自分たちの一族に加えたと判断しているので、それなのに妻が実家の墓を弄ると、様々な霊障が起こって来るようになるのだ。

 それと男性の家に妻の先祖の霊を絶対に祀らないことだ。新興宗教の中には男女平等に立脚して、夫婦双方の先祖の霊を祀ることを勧める教団があるのだが、これをやってしまうと双方の先祖が霊界で喧嘩をしてしまい、その夫婦に生き地獄のようね悲劇を連発させるようになるのだ。

 赤ちゃんが生まれたら、1ヵ月後に赤ちゃんを連れて、神社に初参りに行かなければならない。この際、妻は赤ちゃんを抱いてはならず、姑が赤ちゃんを抱いて参拝するのが作法となる。ここでも「妻問い婚」の名残が変形した形で残っているので、姑に赤ちゃんを抱かせることで、姑を主人公にするような形で参拝した方がいいのだ。

 結婚自体は飽くまでも男女の個人間で行われるものだ。しかし実際に結婚してみれば、矢張り家同士の結婚になってしまうのであって、先祖祭祀をきちんと行い、先祖の霊的守護を受けた上で子孫繁栄をしっかりと行って行くことだ。先祖祭祀と子孫繁栄を行うからこそ、夫婦がいつまでも仲良くし続けられるようになるものなのである。

●自宅に結界を張る

 結婚したのなら、新居には結界を張って、悪霊や邪気を払い、聖なる気を自宅に充満させることだ。新婚の場合、夫婦仲が深まっていないために、悪霊や邪気に入り込まれ易いのだ。まずは結界の核となる「神棚」と「御霊舎」を置いてしまうことだ。もしも経済的にそれが出来ないというのなら、護符を貼り付けておくだけでも効果があるのだ。

 夫婦が一緒にいる頻度が高い居間には必ず「水晶」を置くようにsることだ。水晶は邪気を浄化してしまう威力を持つので、水晶を居間に置いておくと自然と夫婦の性格は温和になり、夫婦喧嘩を引き起こすことがなくなるのだ。夫か妻のどちらかが気性の激しい人間なら、水晶を3個ぐらいに増やして、気性の激しさを抑えるようにすることだ。

 それから自宅に家電製品がある場所には必ず「木炭」を置いて電磁波の害を抑えるようにすることだ。木炭を置いておくと電磁波を浄化してくれるので、自然と電磁波の害がなくなるのだ。電磁波を大量に浴びてしまうと、まず疲労が取れなくなり、女性だったら頭痛や眩暈や腰痛や生理痛などの症状が出て来るので、電磁波の害を甘く見てはならないのだ。

 自宅に聖なる気を最も多く入って来る場所は玄関なので、玄関の掃除を毎日行い、靴を片づけるのは勿論のこと、採光には充分に工夫を凝らすことだ。玄関が明るければ明るいほど、その家は繁盛して行くことになるのだ。マンションやアパートだと、玄関が北や西の方面にある場合があるので、採光をきちんと得られることができない。そういう時は太陽の写真や太陽の絵などを飾ったり、電灯を付けっ放しにすることで、陽のパワーを補うようにすることだ。

 逆に自宅から最も邪気の出易い場所は、「台所」「風呂」「便所」の水回りのある所なので、この三箇所の掃除も日々行うようにすることだ。特に台所の排水口と風呂場の排水口にはゴミが溜まるので、毎日掃除するように心掛けることだ。便所は毎日使うものなのだから、便所掃除を毎日するのは勿論のこと、良質の芳香剤を使って、便所に悪臭が立ち込めないようにすることだ。

●運気の悪い土地に住んでいるのなら引っ越しをしろ

 土地には運気が存在するので、もしも新居であっても運気の悪い土地に住んでいるのなら、すぐさま引っ越してしまうことだ。幾ら夫婦が愛し合っていても、運気の悪い土地に住んでいれば、いずれ愛が冷めてしまい、憎しみ合ってしまうものなのである。土地から出る悪いエネルギーは愛をも破壊するものなのである。

 新婚の夫婦というものは、大抵が所得の少ない夫婦であるので、お金に任せていい物件を選ぶことができないものだ。例えば賃貸物件を借りるのに家賃が安い場合、大方はいい賃貸物件である訳がないのだ。いい賃貸物件というのは、全て家賃も高いものなのである。だから家を借りる時は、何度も何度も家を探し歩いて回り、出来る限り条件のいい家を探すべきなのである。家を借りる時に絶対にやってはならないのは、即断即決で決めてしまうことなのである。

 実際問題として、赤ちゃんが生まれると引っ越しをしたくなるものだ。夫婦2人では適度な広さであった家でも、赤ちゃんが出来てしまえば手狭になってしまうからだ。赤ちゃんは聖なる気の塊みたいなものなので、家を探しに行く時は赤ちゃんを連れて行くことだ。悪い物件だと赤ちゃんがグズったり泣いたりするが、いい物件だと赤ちゃんが笑ったりはしゃいだりするようになるので、いい物件を探知することができるようになるのだ。

 第一次産業で働いていない限り、夫婦というものは何度か引っ越しをするものだ。そのため日頃から「家相学」や「風水」を勉強しておいて、いざ引っ越しする時に役立てるようにすることだ。「家相学」や「風水」は科学的な学問ではないが、科学的でないからといって馬鹿にしていると、「空間エネルギー」を全く手に入れることができない家に住んでしまい、それで家族全員に不幸が訪れるようになってしまうのである。

 もしも自分たち夫婦の住んでいる家が、家相学的にも風水的に大吉の家なら、その家に住む家族は繁栄して行くものなのである。常に「空間エネルギー」を得ているので、他人よりも圧倒的優位に立ち続けることができるようになるのだ。人生に成功している夫婦は「やっぱり!」と言いたくなるくらいにいい家に住んでいるものだ。だからといってその夫婦が新婚当初からそこに住んでいたのではないのだ。その夫婦が何度も引っ越しをしながら、土地や住宅について様々なことを学んで行ったために、結果的にいい家に住めるようになったのである。

 新婚の夫婦なら家相学や風水のことなど知らなくて当たり前なのである。だから自分たち夫婦が実際に住んでみて問題があるのなら、その問題を1つ1つクリアして行くしかないのだ。それを繰り返して行けば、最終的に自分たち夫婦にとって素晴らしい家に住めるようになれるものなのである。

Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 Toy Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 

販売元:メガハウス
発売日:2010/08/25

Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 結婚する時期 | トップページ | そもそもお金って何? »

妊娠 妊婦 子育て 育児」カテゴリの記事

子育て」カテゴリの記事

家計」カテゴリの記事

結婚」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

タマティーさま

またまたコメントありがとうございます。
今日の電磁波除け参考になりました。百均に炭打っていたので買ってきます。

天中殺というのはお話しからすると空亡の時期ですよね?

ところで手相で私の両手に仏眼相(瞳入り)、神秘十字、ソロモンの環がありますけど、まだ目覚めていません。

投稿: ゆきねこ | 2010年10月28日 (木) 16時03分

 ゆきねこさんは、御先祖様に守られているってことじゃ!happy02
 というか、ゆきねこさんの手相は良すぎますわ。
 まあ、リュウタロスと出会えたことだけでも運がいいと思わなくちゃ。

 天中殺は空亡のことですよ。
 ゆきねこさんの天中殺は当分の間、来ないので、安心して下さい。

 手相をよりよくするためには、暇な時に手のひらを揉むことです。
 意外と簡単なことなので、気楽にできると思います。
 これって結構知らない人が非常に多いので、ゆきねこさんだけに特別に教えておきます。

 
heart01 happy01 heart01 happy01 heart01 happy01 heart01

投稿: タマティー | 2010年10月28日 (木) 17時01分

タマティーさん、すみません。
新居に向けてタマティーさんの過去のブログを見ていました。

赤ちゃん、一件目の物件、本当にぐずっていました。
今回の物件は、寝ていたのであまり覚えていませんが(^^;;

悪いものを入れたくないので調べていたのですが、土地の真ん中に木炭、
と書いてありましたが、建築中の為できません(*_*)
(もともとは古いアパートだったそうです。国有地になっていた土地です。)

我が家の場合、神棚などはちょっとあれなので、
新しい仏壇を買い直す、ではダメでしょうか?
それと、表札について教えてください。表札は桜の浮彫が良いんですか?
(私が調べただけです。)
苗字が読みにくい場合は、漢字にローマ字なんか足した方が良いのでしょうか?
あと家に1番に入れるものは、万年青なんですか?笑

投稿: 美素 | 2014年3月28日 (金) 02時25分

美素 さん、まあ、仏壇でもいいですよ。happy01

表札は浮彫がいいと言われています。
素材は桜の木でもいいし、他の木でもいいですよ。

ローマ字にするのはやめておいた方がいい。
ちゃんとした家でローマ字表記の家はないです。
なんか、ここ10年で流行している感じがありますね。
多分、英語ができず、英語にコンプレックスを持っているのでしょう。

「あと家に1番に入れるものは、万年青なんですか?」
ってこれ何?
どこの記事? もしかして俺の誤字脱字かも。

投稿: タマティー | 2014年3月28日 (金) 06時14分

タマティーさんコメントありがとうございます。
はい、最近は長方形より正方形が多くて漢字の横書きです!
私も正方形が良いかな〜!なんて思っておりました。

新居に1番に入れるもの・日のいい日に、オモトっていう、植物が縁起物だとネットの検索で上がってきました。これはタマティーさんの記事ではないですよ‼︎(・_・;
勘違いさせてしまってすみません!
やはり、家の中に最初に入れるものは、木炭ですか?笑

投稿: 美素 | 2014年3月28日 (金) 13時30分

美素さん、勘違いでしたか~。happy01

家の中に最初に入れるのは~?
ま、赤ちゃんがいるなら、赤ちゃんを連れて全ての部屋を回っていう風俗があります。
これは赤ちゃんに免疫力を付けると同時に、赤ちゃんの力で家にいい気を巡らせるためだと思います。

投稿: タマティー | 2014年3月28日 (金) 17時54分

タマティーさんいつもありがとうございます。
わかりました˘⌣˘♡
赤ちゃん、お部屋周りさせます‼︎
ありがとうございました(^^)

投稿: 美素 | 2014年3月28日 (金) 18時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/496414/37366539

この記事へのトラックバック一覧です: 結婚したら墓参りと初参りをするべし:

« 結婚する時期 | トップページ | そもそもお金って何? »