« 父系家族と母系家族 | トップページ | 結婚は最初の3年間が非常に大事 »

恋愛結婚とお見合い結婚の違いについて

●恋愛結婚の良し悪し

 結婚生活を楽しくするためには、「恋愛結婚」と「お見合い結婚」では結婚の過程に大きな違いがあり、その過程を巧く乗り切らないと、結婚生活を楽しくすることができなくなってしまうのだ。恋愛結婚は恋愛の末に結婚があるし、お見合い結婚では最初の出会いから結婚を前提にして付き合い、結婚して行くことになるのだ。どちらが優れていて、どちらが劣っているという訳ではないのだ。

 まず恋愛結婚の最大の利点は、結婚前に恋愛を完全燃焼することができるということである。恋愛をして、その恋愛が完全燃焼したからこそ、最早、恋愛では二人の関係を維持することができず、結婚へと移行するようになるものだ。そのため恋愛を充分に満喫していれば、結婚後は結婚生活の樹立に全力を投入することができるようになるのだ。

 しかし恋愛結婚の危険性は、カップルの中には「恋愛と結婚は別だ」と考えている人たちがいるので、そういう人たちが結婚してしまうと、結婚後に態度を豹変させ、配偶者に冷たくしてくるのである。「釣った魚には餌をやらない」と平然と言って、浮気をするようになってしまうのだ。遊び人のような男女に限ってこの行動を取って来るので、絶対に結婚相手を間違えないことだ。

 恋愛結婚は恋愛モードで結婚生活を立ち上げることになるので、早々に子作りをしてしまうことだ。結婚しても夫婦二人きりの生活を楽しみたいと思っていると、ずるずるとその生活が続いてしまい、その内、互いの欠点が見えてくるようになり、夫婦喧嘩が勃発するようになって来るからだ。

 恋愛結婚では恋愛エネルギーを富に変えて行くことだ。デートをしたり、キスをしたり、セックスをしたりすることにエネルギーを奪われてしまい、肝腎の夫婦の富を作り出すことができなければ、夫婦の生活は苦しいままなのである。結婚する前にやるべきことを全てやってしまった間柄だからこそ、もう無駄なことをしないで、自分たちがすべきことに全力を投入して行かなければならないのである。

●お見合い結婚の良し悪し

 お見合い結婚の最大の利点は、理性的に結婚相手を見つけることができるということだ。男女双方が結婚を前提で相手を選び、そして交際して行くので、きちんとした手順を踏んでいれば、相手を間違うことがないのだ。お見合い結婚では離婚率が恋愛結婚よりも格段に低いのは、これこそが最大の理由なのだ。

 しかしお見合い結婚の危険性は、双方が仲良くならないと、ぎこちなさがいつまでも残ってしまうということだ。特に夫婦の会話が形式的になってしまい、夫婦として話すべきことを話していなかったり、夫婦の性生活にしても少し工夫すれば、よりよいものが得られるのに、双方が遠慮してしまって、ずるずるとマンネリ化したセックスをやってしまうのだ。

 お見合い結婚は最初から結婚する気があるので、結婚してしまうとその結婚生活の立ち上げが断然巧いものなのである。妻は家事をきちんとこなすし、夫はきちんと給料を家計に入れるものだ。お見合い結婚をした夫婦だと一発で解るのが、お見合い結婚をした夫婦は自宅では服装が乱れないということだ。恋愛結婚をした夫婦だと、必ず自宅内での服装が乱れていているものなのだ。

 お見合い結婚がなぜそんなに巧く行くのかといえば、同じような身分や家柄同士の男女が結婚することになるからだ。結婚で一番難しいのは、階級が違う者同士が結婚した時であって、恋愛中は階級差を感じなくても、結婚して日常生活を一緒にすると、その階級差が様々な夫婦喧嘩をもたらしてしまうことになるのだ。

 そういった点で、許嫁制度は評価されてもいいものなのである。身分が高くなれば、結婚相手は非常に限定されるものであって、双方の家柄が釣り合わないと、結婚相手を見つけられないし、結婚生活が巧く行かないのだ。だからこういう場合、親同士が結婚を決めてしまい、息子や娘の同意があれば結婚に踏み切らせてしまうのは決して悪いことではないのだ。裕福な家庭の子供に限って、独身を貫いてしまう男女が多いが、これは自分たちが裕福な家に生まれた結果、結婚相手を選び出すことが非常に難しいということを理解していなかったことの悲劇なのである。

●恋愛至上主義は非常に危険

 世の中には恋愛だけを賛美し、恋愛至上主義に走る連中が必ず出て来るものだ。恋愛だけが最善の結果を得られる訳ではないのだ。恋愛が最高潮に達したら、最早、恋愛を維持し続けることができず、結婚へと移行して行くものなのである。結婚を否定し、恋愛だけを賛美するような人々は、自分の両親が冷めきった関係だった筈であり、だからこそ、その反動で恋愛だけを賛美しているにすぎないのだ。

 大体、人間が一生の内に行える恋愛はそれほど多くない。手相に出て来る結婚線の数が、その人が一生の内に行える恋愛の数なのであって、殆どの人々は1本から3本しかないのである。しかも運命の相手に巡り会えても、自分の恋愛能力が劣っているのなら、その恋愛を巧く処理して行くことができなくなってしまい、破局してしまうものなのである。

 人々の中には恋愛結婚ができない運命を持った男女も存在する。手相に結婚線のないような人は恋愛結婚ができないのだ。そういう男女は独身を貫いて仕事をしまくるか、お見合い結婚をして結婚するしかないのである。そういう人は恋愛が決して重要な意味を持つのではなく、寧ろ恋愛以外のことで自分がすべきことをしなければならない運命を持っているのである。

 恋愛至上主義は丁度、芸術至上主義のように、恋愛を賛美しながら、まともな恋愛に出会えなくさせてしまうものなのである。芸術至上主義は理論的には立派なものであっても、芸術至上主義に走る芸術家たちほど、優れた作品を作ってこないものだ。恋愛至上主義もそれと全く同じで、恋愛至上主義に走る人ほど、運命の相手に巡り会うことができず、恋愛を完全燃焼することができないものなのである。

 もしも恋愛が完全燃焼した場合、莫大なエネルギーが生まれるものだから、それを経験した者は恋愛こそが素晴らしいものだと思ってしまう。しかし恋愛が完全燃焼すれば、次は結婚にステージを移すものなのであって、そこからは初心者として結婚生活を進めて行かなければならないのである。恋愛は素晴らしいかもしれないけど、結婚はそれ以上に素晴らしいものなのである。

●愛を結果に変える努力

 愛というものは人間を感情的にさせてしまうものだから、「愛こそ全て!」と言い出す人々は跡を絶たないものだ。愛が全てではないのだ。結婚してみれば解ることだが、愛だけで結婚生活を運営して行くことは決してできないのだ。確かに愛は必要である。しかしそれ以外にお金も必要だし、商品も必要だし、子供たちだって必要なのである。

 愛を唱えてラリるのではなく、愛を結果に変える努力をすることだ。結婚をしたのなら、まずは子供を作ることだ。肉体的に許せる範囲内で、出来る限り多く作って行くことだ。結婚しているのに、子供がいないのなら、それは愛を形に変える努力をしていないからなのである。

 次に結婚生活をすれば様々な物を必要とするから、それらの物をどんどん購入して行くことだ。新居に引っ越せば家具が必要だし、赤ちゃんが生まれればベビーグッズが必要だし、子供たちが勉強し始めれば教材が必要となってくるのだ。家族が欲しいといっている物を買えなければ、愛しているとは言わないのだ。

 それからなんといっても「お金」が必要なのである。金欠に苦しんでいたら、どんなに愛し合っている夫婦でもいずれ愛が冷めてしまうものだ。結婚生活を楽しむためには、お金は絶対に必要なのである。行き成り大金など必要ない。今あるお金よりも僅かなお金があれば、どの夫婦も結婚生活をより楽しいものにすることができるのである。

 恋愛結婚をしたのなら、その恋愛エネルギーを具体的に形にして行くべきなのである。お見合い結婚をしたのならその夫婦愛を具体的に形にして行くべきなのである。その夫婦が本当に愛し合っているのなら、その家庭には子供たちが沢山いるものだし、家の中には物が溢れているものだし、生活に必要なお金をきちんと持っているものだ。世界の中心で愛を叫ぶよりも、冷静になって愛を形に変えて行く努力をし続けるべきなのである。

Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 Toy Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION トニートニー・チョッパーVer.2 

販売元:メガハウス
発売日:2010/08/25

Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 父系家族と母系家族 | トップページ | 結婚は最初の3年間が非常に大事 »

妊娠 妊婦 子育て 育児」カテゴリの記事

子育て」カテゴリの記事

家計」カテゴリの記事

結婚」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/496414/37366559

この記事へのトラックバック一覧です: 恋愛結婚とお見合い結婚の違いについて:

» 婚活 [婚活]
婚活(婚カツ)最中の30代未婚OLがネットの結婚相談所を徹底比較し、それぞれの相談所でのコンカツ体験をレポート [続きを読む]

受信: 2010年11月12日 (金) 13時32分

« 父系家族と母系家族 | トップページ | 結婚は最初の3年間が非常に大事 »